【DBC】B.A.DからNeoを経由して最速レッドゾーンを目指せ!

PV 2,920 いいね 19 コメント 4

【DBC】B.A.DからNeoを経由して最速レッドゾーンを目指せ!

目次

始めに

皆さん初めまして。chippii(ちっぴー)と申します。今回、第一回デッキビルダーコンテストという場をお借りして、僕が考えたデッキを紹介しようと思います。

僕が今回紹介するのは、とても面白くて強いとあるカードを使った赤単レッドゾーンデッキです。

なぜ今のご時世、《ヘブンズ・フォース》からの下バイクでの赤白レッドゾーンではなく赤単なのか?

それは、僕がとあるカードと出会ったところから始まります。僕はデュエキングパックでレッドゾーンを当ててから、デザイン・効果・そして何よりその強さに一目ぼれしてレッドゾーンデッキを組み始めました。そして、デッキのパーツを探していた時にふと目に留まったカードがありました。それは《超音速 レッドゾーンNeo》でした。

【進化クリーチャー】

【種族】ソニック・コマンド/侵略者

【文明】火

【コスト】4

【パワー】5000

■進化-自分の火のクリーチャー1体の上に置く。

■侵略-コスト3以上のクリーチャー(自分のコスト3以上の火のクリーチャーが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に置いてもよい。

■このクリーチャーの、各ターン最初の攻撃の終わりに、このクリーチャーをアンタップする。

なんだこれ?と思い効果を見た僕は、シールドは1枚ずつしか割れないものの、S・Tなどでタップされてももう一度攻撃できたり、ブロッカーにも強い点はかなり使えるのではないかと考えました。しかし、もっとすごいのが効果をよく見ると侵略の対象が「コマンド」限定ではないことです。「コスト3以上の火のクリーチャーが攻撃するときにこのクリーチャーをその上にのせてもよい」と書かれています。そこで僕はたまたま使っていたデッキに入ってた《ゴリガン砕車 ゴルドーザ》を確認してみました。

【ツインパクトカード】

【種族】ビートジョッキー

【文明】火

【コスト】4

【パワー】4000

■スピードアタッカー

■このクリーチャーは各ターンはじめて攻撃する時、アンタップする。

■ラスト・バースト(このクリーチャーが破壊された時、このカードの呪文側をコストを支払わずに唱えてもよい。

-------------【呪文】-------------

■相手のクリーチャーを、パワーの合計が6000以下になるように好きな数選び、破壊する。

《ゴリガン砕車 ゴルドーザ》の効果は「スピードアタッカー」「このクリーチャーは、各ターン攻撃する時、アンタップする」というものです。つまり、このカードを元にして、《超音速 レッドゾーンNeo 》に侵略することが可能になります。

しかもこの《超音速 レッドゾーンNeo》ですが、ソニック・コマンドとなっているため、《轟く侵略 レッドゾーン》などのいわゆる上バイクに侵略することができます。

これは強い!そう思って作ったデッキがこちらです。

デッキレシピ

デッキ説明

  • デッキ構成(上バイク)

まずは、《轟く侵略 レッドゾーン》などの侵略先、いわゆる上バイクの説明から。

上バイクは《超音速 レッドゾーンNeo》《音速 ライドン》《轟く侵略 レッドゾーン》《覇王る侵略 ドレッドゾーン》《超音速 ターボ3》の5種類となっています。

まずは、このデッキのコンセプトである《超音速 レッドゾーンNeo》。そして、同じように上バイクまでの道を作る《音速 ライドン》。これら6枚を入れることによって手札事故をかなり防いでくれると考えています。

【進化クリーチャー】

【種族】ソニック・コマンド/侵略者

【文明】火

【コスト】5

【パワー】7000

■進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
■侵略―火のコスト3以上のクリーチャー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のアンタップしているクリーチャーを1体、このクリーチャーの下に重ねてもよい。
そうしたら、このターンにこのクリーチャーがする最初の攻撃の終わりに、このクリーチャーをアンタップする。

《超音速 ターボ3》は速攻デッキ使っている人ならわかる手札の死渇問題を解決してくれます。

【進化クリーチャー】

【種族】ソニック・コマンド/侵略者

【文明】火

【コスト】5

【パワー】7000

そして、メインのフィニッシャーである《轟く侵略 レッドゾーン》《覇王る侵略 ドレッドゾーン》の2種類。なぜ《熱き侵略 レッドゾーンZ》を入れないのかと言うと、《熱き侵略 レッドゾーンZ》最大の能力と言ってもいいシールドを墓地に送る効果の条件が「進化ではないクリーチャーの上に置かれている場合」のみだからです。そのため《レッドゾーン Neo》などを経由することによって侵略する今回のデッキではその能力の発動が難しいと判断したため、外させていただきました。

【進化クリーチャー】

【種族】ソニック・コマンド/侵略者

【文明】火

【コスト】6

【パワー】12000

■進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
■侵略―火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
■T・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、一番パワーが大きい相手のクリーチャーをすべて破壊する。 

【進化クリーチャー】

【種族】ソニック・コマンド

【文明】火

【コスト】6

【パワー】9000+

■進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
■侵略:火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
■バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。

  • デッキ構成(下バイク)

続いて、侵略元の下バイクの説明を。

今回のデッキの場合は、下バイクというよりは、進化元と呼んだほうが正しそうですね。

まずは先ほど挙げていた、《ゴリガン砕車 ゴルドーザ》。単体でもかなり強いカードとなってます。もし、S・Tなどでタップ効果が出たとしても、もう一度攻撃できたり、ブロッカー持ちにも強いカードとなっています。しかも、破壊されればラストバーストが発動されます。

続いて、《暴走獣斗ブランキー》《轟速ザ・ゼット》の二枚です。

【クリーチャー】

【種族】ソニック・コマンド

【文明】火

【コスト】4

【パワー】4000+

■スピードアタッカー
■このクリーチャーが攻撃する時、相手のシールドを1つ選ぶ。相手は、このクリーチャーにそのシールドをブレイクさせてもよい。相手がそうしない場合、自分はカードを2枚引く。
■バトル中、このクリーチャーのパワーを+3000する。

【クリーチャー】

【種族】ソニック・コマンド/侵略者

【文明】火

【コスト】4

【パワー】7000

■スピードアタッカー
■W・ブレイカー
■自分のターンの終わりに、そのターンこのクリーチャーが攻撃していた場合、破壊する。

これら2枚はよく使われている下バイクとなっています。《暴走獣斗 ブランキー》は手札問題を解決してくれる、《轟速 ザ・レッド》の完全上位互換となっています。

続いて、今回僕が採用した進化元を紹介します。

まずは《‘‘破舞‘‘チュリス》です。

【クリーチャー】

【種族】ビートジョッキー

【文明】火

【コスト】4

【パワー】2000

■ B・A・D2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

B・A・Dを使うことによってコスト2で《轟く侵略 レッドゾーン》まで侵略することが可能となっています。

続いて《‘‘龍装‘‘チュリス》

【クリーチャー】

【種族】ドラゴンギルド/ビートジョッキー

【文明】火

【コスト】5

【パワー】5000

■B・A・D2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

こちらもB・A・Dによって加速させて、早く侵略させることができます。

これら進化元の効果によってかなり早く《轟く侵略 レッドゾーン》に侵略させることが可能となっています。

  • その他の採用カード

先ほどまでの説明したカード以外の採用カードを紹介します。

まずは《龍装者 バルチュリス》

【クリーチャー】

【種族】ドラゴンギルド/ビートジョッキー

【文明】火

【コスト】5

【パワー】4000

■自分のクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーが自分の手札にあり、その攻撃がこのターン2度目のクリーチャーによる攻撃で、このターン自分の《龍装者 バルチュリス》をバトルゾーンに出していなければ、攻撃の後、このクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

2回攻撃することによってタダ出しできる有能カード。

相手のS・Tの処理が終わってから出すことができます。

続いて《一撃奪取 トップギア》。赤単ならぜひ入れるべきカードです。

【クリーチャー】

【種族】アウトレイジ

【文明】火

【コスト】2

【パワー】1000

■各ターン、自分の火のクリーチャー1体目の召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

そして、《‘‘轟轟轟‘‘ブランド》

【クリーチャー】

【種族】ビートジョッキー

【文明】火

【コスト】7

【パワー】9000

■マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
■スピードアタッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。

殿堂入りしてから値段が大幅に下がった、どのデッキにも入れることができる最強と呼んでも過言ではないカード。このデッキは手札消費がひどいのでこのカードがあれば安心ですね。

次はこのデッキ最大のフィニッシャーである《伝説の禁断 ドキンダムX》です。

【禁断の鼓動】

【文明】火

【コスト】99

■この鼓動は、ゲーム開始時、封印を6つ付けてバトルゾーンに置く。
■この鼓動はバトルゾーンを離れない。
■禁断解放―この鼓動の封印がすべてなくなった時、クリーチャー側に裏返す。
(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く。コマンドがバトルゾーンに出た時、その持ち主はそのコマンドと同じ文明を持つ自身のカードから封印をひとつ、墓地に置く。クリーチャーが封印されている間、両プレイヤーはそのクリーチャーを無視する。

【禁断クリーチャー】

【種族】

【文明】火

【コスト】99

【パワー】99999

■T・ブレイカー
■このクリーチャーが禁断解放した時、相手は自身のクリーチャーすべてに封印をひとつ付ける。
■コスト4以下の呪文によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。
■このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける。

やはり、レッドゾーンデッキにおいてこのカードは必須でしょう。

そして、最後に今回のデッキ最大のダークホース。おそらくほとんどの方がなぜ入れたのかと考えたことでしょう。

そう。《百万超邪 クロスファイア》です。

【クリーチャー】

【種族】アウトレイジ

【文明】火

【コスト】7

【パワー】7000+

■G・ゼロ―自分の墓地にクリーチャーが6体以上あり、自分の《百万超邪 クロスファイア》がバトルゾーンになければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)■パワーアタッカー+1000000■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)

レッドゾーンデッキはS・Tなどでの一斉破壊や、ハンデスに弱い特性を持っています。なので墓地に落とされたカードを使ってさらに攻撃しようというプランを取るために今回このカードを入れました。

以上がこのデッキの構成となります。

このデッキの動き方

続いてはこのデッキの動き方についてですが、デッキの構成説明中にかなり話してしまったのでかなり省略されてしまっています。

まずは、マナを貯めて2ターン目に《‘‘破舞‘‘チュリス》か《一撃奪取 トップギア》を出せることが目標です。

来なかった場合は、《‘‘龍装‘‘チュリス》《ゴリガン砕車 ゴルドーザ》《轟速 ザ・ゼット》《暴走獣斗 ブランキー》などで出来るだけ進化元を出していきます。3回目のドローまでには《超音速 レッドゾーンNeo》または《音速 ライドン》で侵略できる確率が70パーセント近い確率となっています。ちなみに3回目のドローまでに進化元が出る確率は90パーセントを軽々と超えています。

そして、侵略に侵略を重ねるなどをして何度か攻撃したら、《龍装者 バルチュリス》でさらに追い打ちをかけていきます。また、手札が残り一枚で《轟轟轟ブランド》であれば、さらに追い打ちをかけることができます。

S・Tで大量破壊やハンデスをされれば《百万超邪 クロスファイア》が出てきます。

そもそも侵略先がなかなか来なくても、BADで低コストで出して破壊させれば《百万超邪 クロスファイア》を出せます。

こうすることで、無理やりループにのせられるか、《終末の時計 ザ・クロック》などでターン返された後に全破壊&ハンデスぐらいされない限りはほぼ勝つことができるのではないかと考えています。

採用検討カード

今回僕が採用したカード以外にも採用おすすめのカードを紹介していきます。

まずは、《グレイト‘‘S-駆‘‘》。

【クリーチャー】

【種族】ビートジョッキー

【文明】火

【コスト】1

【パワー】1000

■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)
■自分のターンの終わりに、このクリーチャーがアンタップしていたら、自分の手札に戻す。

手札が少ない場面がとても多くなるこのデッキではG・G・Gはかなり強い効果になると僕は考えます。しかし、今回このカードを僕が採用しなかったのは、コストがかかるからという理由です。

手札補充がしづらく、マナブーストもできないこのデッキでは、マナがとても大切になってきます。なので今回は不採用とさせていただきました。

続いてが、《熱き侵略 レッドゾーンZ》です。

■進化-自分の火のクリーチャー1体の上に置く。

■進化-自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
■侵略―火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
■W・ブレイカー
■このクリーチャーを進化ではないクリーチャーの上に置いた時、相手のシールドをひとつ選び、持ち主の墓地に置く。

《熱き侵略 レッドゾーンZ》に関しては先ほども話しましたが、シールド墓地送りの効果が進化ではないという条件がついているため不採用となりました。

続いては、《暴走龍 5000GT》です。

【クリーチャー】

【種族】アウトレイジ

【文明】火

【コスト】12

【パワー】12000

■このクリーチャーを召喚するコストは、自分の墓地のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、サイキック・クリーチャーを全て破壊する。その後、パワー5000以下のクリーチャーを全て破壊する。
■誰もパワー5000以下のクリーチャーを召喚できず、サイキック・クリーチャーをバトルゾーンに出すことができない。
■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
■T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)

現環境で数少ないGRメタと言われる 《暴走龍 5000GT》 ですが、 《グレイト‘‘S-駆‘‘》 と同じく、コストがかかってしまうことから不採用としました。しかし、GRクリーチャーを一掃できるのでかなり使えると思います。単体でのパワーも申し分ないです。

他には、《覇王速 ドレッド》や《禁断の轟速 レッドゾーンX》《轟速 ザ・レッド》《暴走 ザバイク/ブンブン・バースト》なども不採用となってしまいました。

カードの確率について

続いては、このデッキの安定性について説明するために、初期手札の確率について書いていきたいと思います。

まず、前提として《伝説の禁断 ドキンダムX》を抜いた、39枚のデッキとして考えます。

まずは、進化元が最低1枚でも初期手札5枚に来る確率ですが、92.618パーセントになります。

これはかなりの高確率だと思います。また、ドローをすれば確率は上がっていくので、進化元がなかなか引けないという事故は少ないと思います。(ハンデスで死ぬ可能性はあり)

続いて、《超音速 レッドゾーンNeo》《音速 ライドン》の経由バイクたちと、進化元を同時にそれぞれ最低1枚ずつ引ける確率ですが、 63.865パーセント になります。

つまり、軽く60パーセント以上の確率で経由バイクまで侵略できる手札が初期手札にそろっているということです。かなり強いと思います。

そして、最後に上バイク、経由バイク、進化元すべてがそれぞれ最低1枚ずつ初期手札に入っている確率ですが、 40.948パーセント となります。

40パーセント以上の確率で初期手札に上バイクがそろうというのはなかなか強いですね!

ここまでの確率で初期手札がそろっている可能性がある上、ドローすればもっと確率は上がるため、見た目よりもかなり勝利が近いと思われます!

(参考: https://yazirusis.com/calc/probability.html

最後に

さて、今回僕は《超音速 レッドゾーンNeo》を使って新しいレッドゾーンデッキを考えてみましたが、皆さんいかがだったでしょうか?

ちなみにですが、このデッキは2月13日現在のカーナベルさんの値段で、合計1,3525円でデッキを組むことができます。

かなり安い!

面白くて、強くて、安いデッキなんて最高ですよね!

まだまだ強くなれるデッキだと思うので、「こうすればいいよ」「このカード採用するといいよ」などのアドバイスをコメント欄に書いてくださるとうれしいです。よろしくお願いします。

また、質問などがあればコメント欄に書いてください。返信はかなり遅れてしまう可能性がありますが、できるだけ早く返信させていただきます。

また、このデッキが面白い、カッコいい、組んでみたいと思ったら、いいねよろしくお願いします。

このデッキが皆さんのカードゲームライフが少しでも豊かになればいいなと思っています。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (4)

レーン

ミクセル・オリオティス対策にサイドランやヴェルデ積みません?龍装よりパワーの上がる魔渋の方がいいと思います。

1
chippii(DBC)

《超音速 サイドラン》というカードがあることは、知りませんでした。ありがとうございます!
《虹速 ヴェルデ》に関しましては、自然文明を《虹速 ヴェルデ》だけにするとマナ事故が起こる可能性があるため除外しています。

0
sword

ゼンノーとかの小型メタかつ進化元にもなれる
暴走ザバイク/ブンブンバーストを不採用の理由を教えて下さい

1
chippii(DBC)

《全能 ゼンノー》はゼロ文明なので、経由バイクたちに侵略することができません。
《暴走 ザバイク/ブンブンバースト》の不採用理由は単純にほかの進化元のほうが強かったからです。
ですが、《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》や《制御の翼 オリオティス》などのメタが相手のデッキに入っていることが多くて侵略できないなどが起こった場合には入れて、呪文側で破壊していけばいいと思います。
そのあたりは、自分の戦闘スタイルに合わせて、様々なカードでいろいろ試してみてください。

1

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

19