【DM歴代名作デッキ】Vol.23~赤白ジョバンニ~【週刊:神結コラム】

PV 5,060 いいね 12 9

【DM歴代名作デッキ】Vol.23~赤白ジョバンニ~【週刊:神結コラム】

最強のデッキは、世に一つ。  

というわけでこんにちは、神結です。

名作デッキの中にも――仮にそれが過去においてTier1のデッキだったとしても、やっぱり強さにランクは付いてきます。

今回の「歴代名作デッキ紹介」ですが、ランクで言えば最上位、恐らくこれまでのシリーズを振り返っても最強のデッキと言えるものになります。

その名は【赤白ジョバンニ】です。

 

目次

本日の名作デッキ紹介

コンセプトは「デュエマの否定」

今回の名作デッキは最強の名を冠する【赤白ジョバンニ】になります。

(プレミアム殿堂カード) 【 クリーチャー 】
種族 グレートメカオー / ナイト / 文明 光 / パワー1000 / コスト2

ブロッカー(相手クリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーをタップして、その攻撃を阻止してもよい。その後、その相手クリーチャーとバトルする)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
自分のターンの終わりに、自分の墓地にあるコスト1の呪文を好きな枚数、自分の手札に戻す。

そのデッキコンセプトは“デュエマの否定”。ただ同型だけはちゃんとデュエマしてるというのがなんというか、如何にもデュエマだなぁという感じがします。

ガチまとめの私の記事で何度が触れたことはあるデッキですが、その際のリストは基本的に「GP3rdでパタさんが使ったリスト」なんですよ。


初めてこのリストを見た方は、「え? これでどうやって勝つの?」ってなるかもしれません。

結論から言うと《ドリル・スコール》で相手のマナを全て消して、《天雷王機ジョバンニX世》の効果でそれを回収し、自分は《クルトの気合釣り》で山札を回復させて相手の山札切れを待つ、というかなりエグい勝ち方を狙います。

(殿堂カード) 【 呪文 】
文明 火 / パワー- / コスト1

カードを1枚、自分のマナゾーンから自分の墓地に置く。その後、相手はカードを1枚、自分自身のマナゾーンから選び、持ち主の墓地に置く。

「あー、なるほどコンボデッキね。で、何ターンで出来るのそのコンボ?」って思うかもしれないんですけど、そこは安心してください。

このロックは《ドリル・スコール》《天雷王機ジョバンニX世》さえ引けていればいいので、実質的な2ターン目ロックとかも割と可能でしたし、実戦でもそこそこ発生します。

つまりこのゲーム何もプレイしないまま負けた、みたいなゲームも結構な割合で発生するんですよ。

まぁマナがないと何も出来ないですからね、このゲーム。

ちなみにジョバンニを全然引けなくても《ドリル・スコール》《オリオティス・ジャッジ》などでゲームを引っ張りながら、《勇愛の天秤》《ニンプウ・タイフーン》で手札を回して戦う、みたいな長期戦も結構可能です。

リソースは《天雷王機ジョバンニX世》を引けた瞬間に全て解決します。

じゃあこの手のデッキって速攻デッキに弱いんでしょ? と思うかもしれませんが、そこも安心してください。

ランデス+《制御の翼 オリオティス》《オリオティス・ジャッジ》のパッケージが強すぎて、だいたいなんとかなります。

チャンプブロックしても《ライト・ゲート》の受け入れ増えますし、なんなら序盤の手札くれてありがとうまであります。

ちなみにちなみに《フェアリーの火の子祭》を連打してくる相手にも、手札さえそろっていれば《グローリー・ストーン》からの《ドリル・スコール》でなんか割となんとかなるケースもあったんですよね。

もしかしたらジョバンニを知っている人の中でも、「揃ったら勝ち」というイメージの人もいたかもしれません。

しかし実態としては、「まぁ揃わなかったとしても、いつか揃うからだいたい勝ち」みたいな感じでした。

え、じゃあ何に負けるの? 最強じゃん? と言われたら「はい、そうです」というしかないんですよね。

 

「俺は勝つまでやるぞ!」→進化した。

その上で今回紹介するのは、そこから更に研究を重ね、オタクたちによって磨き上げられたリストになります。

それがこちら。


いや、このデッキさ、GP3rdの時点でこのデッキは充分過ぎるほどに最強だったんですよ。しかし、このデッキはまだ進化を残していたんですね。

一応、このデッキにも

・ジョバンニミラー・サソリス・《フェアリーの火の子祭》のような毎ターンマナを伸ばせるデッキ(モルトNEXT)・《暴走龍 5000GT》・時間切れ

みたいな負け筋があって、それは結構デッキ作成時点では考慮しなくてよかったんですよね。

で、ミラー対策だったり、何故か執拗に5000GT対策に拘る人がいた結果、なんかデッキが更に上の段階へ達してしまいました。

同型はともかくとして、5000GTなんて環境にいなかったんですけどね……。

一例として、デッキの深まりによってそこまで優先度が高くなくなった《爆走戦鬼レッド・ライダーズ》は抜けて、《フェアリーの火の子祭》のような呪文ブーストに対抗しつつ同型最強カードである《爆鏡 ヒビキ》が採用されるようになります。

【 クリーチャー 】
種族 ヒューマノイド爆 / 文明 火 / パワー2000 / コスト3

■相手のターン中に、相手が呪文を唱えた時、相手のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。 

加えて3コストチャージャーとのパッケージを一緒に採用することで、一方的にマナ差を付けることも出来るんですね。

そして《暴走龍 5000GT》の負け筋すらも防ぐ《超次元ムシャ・ホール》《勝利のリュウセイ・カイザー》が採用されています。

要するに《勝利のリュウセイ・カイザー》を先置きすることで、「《暴走龍 5000GT》を召喚するための1マナさえ許さないよ」ということですね。

【 サイキック・クリーチャー 】
種族 レッド・コマンド・ドラゴン / ハンター / 文明 水/闇/火 / パワー6000 / コスト6

相手は、自身のマナゾーンにカードを置く時、タップして置く。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)
(ゲーム開始時、サイキック・クリーチャーは山札には含めず、自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、そこに戻す)

そしてこれの副次的な効果として、時間切れケアの《絶対絶命 ガロウズ・ゴクドラゴン》パッケージを採用しています。

こちらはアタック時に相手の山札を2枚にまでするカードですが、《激沸騰!オンセン・ガロウズ》、《激天下!シャチホコ・カイザー》、《激相撲!ツッパリキシ》と全てムシャホールから覚醒リンクまで持っていけます。

《激天下!シャチホコ・カイザー》はデッキの動きの中で出せるのも噛み合ってますね。

カード名:絶対絶命 ガロウズ・ゴクドラゴン
カードの種類:サイキック・スーパー・クリーチャー
文明:光/水/闇/火/自然
種族:レインボー・コマンド・ドラゴン/エイリアン
パワー:17000
コスト:30マナ
マナ:-
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の山札を一番下の2枚を残してすべて墓地に置く。
T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)
リンク解除(このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、そのサイキック・セルのいずれか1枚を選んで超次元ゾーンに戻し、残りのカードを裏返す)
※覚醒リンクするために必要なカード(激沸騰!オンセン・ガロウズ/激天下!シャチホコ・カイザー/激相撲!ツッパリキシ)

強いデッキの完成度を高めると、本当に強いんですよね。

この時期のデッキは【最強のモルトNEXT】、《桜風妖精ステップル》はないものの《蛇手の親分ゴエモンキー!》が4枚使えた【猿ループ】、更に《メガ・マナロック・ドラゴン》《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》が4枚使える【5cバスター】や【デアリバスター】、【天門ループ】に《復讐 ブラックサイコ》4枚の【赤黒ドルマゲドン】……と、環境の他のデッキも歴代屈指レベルで強かったんです。

それでも最強は何だったか、と聞かれたらまぁ【ジョバンニ】ですね。

このデッキのせいで、存在そのものを否定されるデッキが無数に存在しましたからね(天門ループもその類いなんですが、モルトNEXTに強すぎたお陰で使ってる人は何人かいました)。

ただ好きでずっと使っている人は多かったんですが、本当に対戦してて面白くないデッキではあったので、なんかCSで使ってる人は思ったより少なかったです。

いまくらいの頻度でCSがあったらまた話も別だったんでしょうが……。

当時はDMPランキングもなかったですし、CS参加者全員が優勝を目指しているというわけでもなかったんで、「まぁ、強いけど好きなデッキではないよね」って感じで避ける人が多かった、という印象です。

ただジョバンニミラーは本当に元祖デュエマって感じのゲームで、面白かったですよ。

手札1枚が本当に貴重で、要らんところで浪費するとそれが原因で負けたりします。

最終的に《激天下!シャチホコ・カイザー》を維持して戦う、というなんかハンデスみたいな戦い方になったり。

もし興味のある人がいたら、是非デッキを2つ揃えて遊んでみてください。たぶん1つだと、諍いの種になるんで、揃えるなら2つです。

ちなみにジョバンニは約半年ほど環境を歪ませた後、一発プレ殿となりました。それは、そう。

 

"赤白ジョバンニ"の魂を受け継ぐもの

そんなものあるわけないだろ。

 

 

おわりに

「DM歴代名作デッキ」、第23回は最強デッキ【赤白ジョバンニ】でした。

このデッキの強さって意外と正しく伝わってないな、という感じがしているので、もしかしたらコイツもいつか延長戦を書くかもしれません。

というわけで、今回はここまで。

「このデッキを紹介して欲しい」といったリクエストも受け付けておりますので、#DM歴代名作デッキでご感想をお待ちしております。

それではまた来週会いましょう。

 

バックナンバーはこちら!

デュエマの歴史を学びたい方はこちら!


カテゴリ:

タグ:,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

12

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事