¥100から始める!コロコロふろくデッキをお手軽改造!

PV 9,043 いいね 114 コメント 2

¥100から始める!コロコロふろくデッキをお手軽改造!

やあみんな! コロコロふろくデッキはもうゲットしたかな?
せっかくの入門デッキだし、この記事では手軽な改造例を紹介してみようと思う。

「手軽」の定義は難しいんだけれど、今回は

(1)入れ替えは10枚まで(スターティン★ツアールール)
(2)双極篇または超天篇のカードのみ
(3)執筆時点でのカーナベル価格が100円以内のカードのみ

という条件にしてみよう。
入れ替え枚数を制限したことで、熟練プレイヤーのみんなには物足りないデッキになってしまうかもしれない。
そんな時は、お友達やご家族にデュエマを勧めるときのヒントとして役立ててもらえれば嬉しいぞ。

おっと、言い忘れてたね。今回の記事は、解説おにいさんのテンションで進んでいくよ! それじゃあ改めて、レッツゴー!

レッツゴーレッツ&ゴー

目次

1、改造① 一人回しで見極めよう!戦略をサポート

デッキ改造の第一歩は、ズバリ「一人回しをしまくること」だ。
一人回しを通して、スムーズに戦えるのはどんな時なのか? よくマナに置く=使う機会の少ないカードはどれなのか? など、デッキの特徴を見極めてあげよう。

たとえば、コロコロふろくデッキを何度か一人回しすると、スムーズに戦えるのは

【A】2ターン目までにクリーチャー召喚  →3ターン目に《はなさかジェントル》キリフダッシュ 【B】3ターン目までにクリーチャー召喚  →4ターン目に《切札ジョー&モモキング》キリフダッシュ 

のどちらか、いわば”最速キリフダッシュ”を達成した場合、と気が付くはずだ。(ふろくデッキが手元にある人は、さっそく試してみてね!)

4マナ7000スピードアタッカー&Wブレイカーは爽快

この”最速キリフダッシュ”をサポートしてくれるカードを探して、デッキを強化していこう。
”最速キリフダッシュ”に役立つ条件は大きく3つ考えられる。

 (1)コストが軽い(できれば2マナ以下)
 (2)シールドをブレイクできる
 (3)『キリフダッシュ』持ちを引く手助けになる 

火や自然で、これらを同時に満たせるカードが……あった! 《花美師ハナコ》だ!

シールドを減らすから初心者デッキには入ってなかったのかも

シールドからの手札補充と、攻撃担当クリーチャーが増えることで、”最速キリフダッシュ”の成功率がグッと高まるはずだぞ。《花美師ハナコ》《はなさかジェントル》はどちらも花のジョーカーズ、雰囲気も合ってるかも!?

切札ジョーのセンスが光る

花つながりでもう1種類、《切札ジョー&モモキング》の『キリフダッシュ』を1ターン早める《桜風妖精ステップル》を…

解説おにいさんは秋桜バージョンの絵が好きだぞ!

と思ったら予算オーバーしてる!!!?(3/20現在)気を取り直して、だったら《冒険妖精ポレゴン》を使ってみよう!

過去のふろくデッキに収録されているぞ

これで1ターン目に使えるカードが《凶戦士ブレイズ・クロー》に続いて2種類になる。速攻が決まりやすくなるぞ。

1ターン目に使えるカードとしてもう1種類、《トレジャー・マップ》も入れてみよう。

双極篇のスタートデッキに再録されたので価格も手頃なはず

『キリフダッシュ』持ちと《ハナコ》のような下準備クリーチャーのうち、足りない方を引く手助けになるはずだ。

というわけで、完成したデッキがこちら!

抜いたカードは《シェル・キャリアー》《爆獣ダキテー・ドラグーン》《イフリート・ハンド》

《シェル・キャリアー》は攻撃するのが4ターン目以降になってしまい、このデッキには少し遅いからね。(このあたりも、一人回しで気が付けるね!)

それにしても久々の再録

火文明のS・トリガーは強力なのだけれど、文明の枚数バランス調整のために削ることにしたぞ。自然がちょっと少なかったからね。

ちなみに、他の改造アイディアとして《一撃奪取 ケラサス》も面白いぞ。

一撃奪取サイクルの中で唯一の双極篇ブロックマーク持ち

『キリフダッシュ』は召喚扱いなので、《一撃奪取》クリーチャーでコストを下げられるんだ。2ターン目《ケラサス》、3ターン目に『キリフダッシュ』で《切札ジョー&モモキング》!という動きも狙えるはずだぞ。

2、改造② 差別化をめざせ!特徴を伸ばしてみよう

デッキを調整していく中で、忘れてはいけないのが差別化だ。
せっかくのデッキが「劣化○○」になってしまうのあんまりだからね。オンリーワンの特徴を持たせてみよう!

今回は例として、ふろくデッキと同じく火・自然の『キリフダッシュ』デッキである【キングマスター・スタートデッキ】との差別化を目指してみるぞ。

ふろくデッキとスタートデッキを見比べると、ふろくデッキの方がコストが軽いんだ。(高コストのカードは、ほとんどS・トリガー狙いのカードだ)
ということは、カードを序盤から使い切れるので、手札が早くなくなると言えそうだね。この特徴を活かせば、差別化ができそうだ。

1ターン目から動けるのは上でも書いた通り

たとえば、手札の消費をメリットに変えてしまうのはどうだろう?
手札を消費することがメリットになる能力……

G・G・G(ゴゴゴ・ガンガン・ギャラクシー)だ!

声に出したいキーワード

手札に持っておきたいカードは『キリフダッシュ』持ちの2種だけなので、残りはどんどん消費してしまおう。

というわけで、こんなデッキが完成したぞ!

今回採用した『G・G・G』持ちクリーチャーは《バブバブ・チュリス》

強い赤ちゃん……ジョージ……うっ頭が

『キリフダッシュ』は、シールドをブレイクしないと使えない。 そこで、高いパワーでブロックをためらわせる《バブバブ・チュリス》を採用してみた。

同様に、ブロッカーとのバトルに強い《ビビラ戦車 ギョロンパ》も入れてみたぞ。最悪、ブロックされても相手ブロッカーは倒せるだろうからね。

DM(でかいムカデ)

さらに、『キリフダッシュ』持ちを引きやすくする手段として《増神兵ドコンジョダー》も採用だ。

手札に来てしまったS・トリガーなんかは捨てちゃおう

手札が増えるわけじゃないから、『G・G・G』をジャマせずに『キリフダッシュ』を探しに行けるはずだ。

もう少し手札消費にこだわってみても面白そうなんだけど、やりすぎると今度は「それ、ビートジョッキーの種族デッキでよくね?」となってしまうのが差別化の難しいところだね。今回の方針は、ブロッカーを使わない相手には効果が薄いのもちょっと微妙かもしれない。

ならば、他にふろくデッキで特徴的な点を考えてみよう。たとえば《無頼勇騎ゴンタ》はけっこう頼れるクリーチャーじゃないかな。

実は新枠での収録は初

2マナ4000という性能がパワフルなことは、《炎のたてがみ》と比較すると分かりやすいね。

由緒正しき1弾出身クリーチャー

……

……ん? 種族デッキ……?《無頼勇騎ゴンタ》《炎のたてがみ》……?

……ビーストフォーク!?

3、改造③ 目覚めよ、太古の大勇者!!

ビーストフォークのデッキといえば!歴史にその名を刻みし最古の進化クリーチャー、《大勇者「ふたつ牙」》だ!!

※こっち版だと余裕で予算オーバー

6マナの進化クリーチャーは、ふろくデッキにとってちょっと重い。けれど、ツインパクト化を果たした新バージョンならば、呪文側《ビースト・チャージ》が小回りの利く手札補充になるぞ!2枚しかない《切札ジョー&モモキング》を引き込む手助けになってくれるはずだ。

こちらは予算内だ(執筆時点)

もちろんゲームが長引いたときには、クリーチャー面の出番だ! かつて大暴れした、そのカードパワーを存分に振るってやろう!

《大勇者「ふたつ牙」》と同時にツインパクト化を果たした相方・《幻緑の双月》は、《切札ジョー&モモキング》との相性バツグン!2マナで召喚してマナ加速すれば、次のターンには4マナに到達。コイツ自身の攻撃で『キリフダッシュ』を狙えるからね。

呪文面《母なる星域》は、使う機会は少ないかもしれない。ただ、5マナ時点で《大勇者「ふたつ牙」》を引っぱり出せるので、《ふたつ牙》を出すならこの呪文経由になるんじゃないかな。

というわけで、完成したデッキがこれだ!

もう2枚は《孤高の圧》にしてみたぞ。自然の《爆獣ダキテー・ドラグーン》という枠であり、追加のビーストフォークだ。

《ダキテー》と違ってコモン

同じくS・トリガー持ちで、除去ではなく手札補充をしてくれる《駿足の政》もアリだと思う。このあたりは好みで選んでみよう!

ツインパクト化してほしかった

こんな風に、デッキのカードに共通点を見つけ出して、そこを活用するのもデッキ改造のテクニックだ!

まとめ

今回は
①一人回しでデッキの特徴を知ろう!
②他のデッキとの差別化を目指そう!
③デッキの中の共通点を活用しよう!

という3つのポイントで、デッキ改造のコツを紹介してみたぞ。

もちろん、これだけでCSやGPを勝ち抜けるデッキが組めるわけではない。
だけど、自分だけのオリジナル改造デッキで友達と対戦するのもきっと楽しいぞ! 面白い10枚入れ替えを発見したら、ぜひコメントで教えてね!

それじゃあまた! バイバイ!

《バイナラドア》じゃないぞ!
ガチまとめからのお知らせ

カテゴリ:

タグ:

関連記事

コメント (2)

匿名

この条件だとシューズッキュンとボーボ坊が強そうだなと思うばかりで全然発想になかった入れ替え先がポンポン出てきてビックリした

1
ばにら(スガワラ)

コメントありがとうございます!
挙げてくださった2枚や《タイク・タイソンズ》も考えたのですが、ジョーカーズ率の低いこのデッキでは恩恵が小さいと考えて、今回は採用を見送りました。
ジョーカーズの多いキングマスター・スタートデッキで使ってあげたいですね!

1

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

114