【ギラサキ】5月CSレポート【使用デッキ】

PV 4,568 いいね 1 -

【ギラサキ】5月CSレポート【使用デッキ】

前回の記事⇒【ギラサキ】2ブロックにおける赤白轟轟轟【デッキ紹介】

目次

はじめに

ギラサキです。今回は5月に参加したCSのレポートです。
基本的に月に1回このタイミングでCSレポートを書く予定です。
使用したデッキレシピとそのデッキを選択した理由、戦績、反省や感想
等を書いていきます。

5/2~5/5のCSについてはメモを取っていなかった為、その期間の戦績は記入していません。申し訳ありません。
5/11以降のCSをメインにレポートを書きます。

5/2 トイコンプCS(殿堂)

使用デッキ


4 x 海底鬼面城
4 x セイレーン・コンチェルト
4 x ガード・グリップ
4 x 卍 ギ・ルーギリン 卍/卍獄ブレイン
4 x 時を戻す水時計
4 x 歩く賄賂 コバンザ
3 x 機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」
4 x 超宮兵 マノミ
3 x 超宮城 コーラリアン
3 x 次元の嵐 スコーラー
1 x シンクロ・スパイラル
1 x ストリーミング・シェイパー
1 x スパイラル・ゲート
超GRゾーン
12 x 越境の意志 ドナート

成績:3位

コメント

赤白轟轟轟を意識したデッキ全般に対して有利が付いていると判断し、青単ムートピアを使用する事にしました。デッキ構築でこだわった点は《時を戻す水時計》4枚+《スパイラル・ゲート》です。そのおかげで《音奏プーンギ》や《イオの伝道師ガガ・パックン》などの呪文メタや《ポクチンちん》や《奇石ミクセル》などの踏み倒しメタへの対応がスムーズに行えるようになりました。環境読みが良かったのか、準決勝までの対面はジョーカーズを中心とした有利なデッキとばかり当たりました。しかし、ベスト4の段階で僕以外3人が赤白轟轟轟を使用しており、準決勝で3ターン目に《正義の煌き オーリリア》を出されてしまいました。

5/3 はっち&兵庫のじぎくCS2019(殿堂)

使用デッキ

4 x 憤怒スル破面ノ裁キ
4 x 剣参ノ裁キ
4 x 転生ノ正裁Z
4 x 集結ノ正裁Z
4 x 超煌ノ裁キ ダイヤモン将
4 x 煌メク聖戦 絶十
4 x 魂穿ツ煌世ノ正裁Z
3 x トライガード・チャージャー
3 x 音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」
2 x 煌世主 サッヴァーク†
2 x 煌龍 サッヴァーク
1 x 偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌
1 x 時の革命 ミラダンテ
超GRゾーン
2 x 煌銀河 サヴァクティス
2 x 白皇角の意志 ルーベライノ
2 x 防護の意志 ランジェス
2 x 制圧の意志 エルグレ
2 x バツトラの父
2 x パス・オクタン

成績:予選1-3でドロップ

コメント

次の日のチーム戦で使用する予定だったので練習も兼ねて使用することに。
《 時の革命 ミラダンテ 》を投入する事で黒緑ドルマゲドンに対しても十分に戦えますし、何よりも絶十というデッキを重く意識していないプレイヤーが多かった印象を受けたのが使用した主な理由です。母数が多くないデッキはこういった面も強さしなります。
戦績としては、予選1回戦~3回戦がチェンジザドンジャングルで《ジャミング・チャフ》を毎ターン使われ何もできなくて負けました。
《音奏 ハイオリーダ》のおかげで《ジャミング・チャフ》を打たれても何かしらのアクションを起こすことはできますが、それでも中々に厳しい試合になりました。

5/4 はっち&兵庫のじぎくCS2019(2ブロック+殿堂)

使用デッキ

4 x ♪銀河の裁きに勝てるもの無し
4 x ♪正義の意志にひれ伏せ
4 x 音奏 プーンギ
4 x ナゾの光・リリアング
4 x ヘブンズ・フォース
4 x 奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
4 x KAMASE-BURN!
4 x ”轟轟轟”ブランド
4 x ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー
2 x ♪仰ぎ見よ閃光の奇跡
2 x BAKUOOON・ミッツァイル
超GRゾーン
2 x ドドド・ドーピードープ
2 x 鋼ド級 ダテンクウェールB
2 x ワイラビⅣ
2 x バッチリ・バッチー
2 x マシンガントーク
1 x 純白の意志 ヴィンチ
1 x シニガミ 丁-四式



4 x 憤怒スル破面ノ裁キ
4 x 剣参ノ裁キ
4 x 転生ノ正裁Z
4 x 集結ノ正裁Z
4 x 超煌ノ裁キ ダイヤモン将
4 x 煌メク聖戦 絶十
4 x 魂穿ツ煌世ノ正裁Z
3 x トライガード・チャージャー
3 x 音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」
2 x 煌世主 サッヴァーク†
2 x 煌龍 サッヴァーク
1 x 偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌
1 x 時の革命 ミラダンテ
超GRゾーン
2 x 煌銀河 サヴァクティス
2 x 白皇角の意志 ルーベライノ
2 x 防護の意志 ランジェス
2 x 制圧の意志 エルグレ
2 x バツトラの父
2 x パス・オクタン

成績:ベスト8

コメント

2ブロックと殿堂構築の混合レギュレーションで、日本一決定戦を思い出しました。
通常は前日と同様に絶十を使用し、2ブロックは前回の記事でも記載した赤白轟轟轟を使いました。
ベスト8での試合は2ブロック構築で相手のチームが赤白轟轟轟をかなり意識していたデッキタイプ(受けの強いバラギアラ2人+カウンタージョーカーズ1人)だった為、僕は運も良く勝てましたが、他の2人は相性通り負けてしまいました。

5/5 はっち&兵庫のじぎくCS2019(殿堂)

使用デッキ

4 x 憤怒スル破面ノ裁キ
4 x 剣参ノ裁キ
4 x 転生ノ正裁Z
4 x 集結ノ正裁Z
4 x 超煌ノ裁キ ダイヤモン将
4 x 煌メク聖戦 絶十
4 x 魂穿ツ煌世ノ正裁Z
3 x トライガード・チャージャー
3 x 音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」
2 x 煌世主 サッヴァーク†
2 x 煌龍 サッヴァーク
1 x 偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌
1 x 時の革命 ミラダンテ
超GRゾーン
2 x 煌銀河 サヴァクティス
2 x 白皇角の意志 ルーベライノ
2 x 防護の意志 ランジェス
2 x 制圧の意志 エルグレ
2 x バツトラの父
2 x パス・オクタン

成績:予選4-2で予選落ち

コメント

絶十を使用した理由は先述の通りです。

5/11 地下ラボCS(殿堂)

使用デッキ

4 x 海底鬼面城
4 x セイレーン・コンチェルト
4 x ガード・グリップ
4 x 卍 ギ・ルーギリン 卍/卍獄ブレイン
4 x 時を戻す水時計
4 x 歩く賄賂 コバンザ
3 x 機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」
4 x 超宮兵 マノミ
3 x 超宮城 コーラリアン
3 x 次元の嵐 スコーラー
1 x シンクロ・スパイラル
1 x ストリーミング・シェイパー
1 x スパイラル・ゲート
超GRゾーン
12 x 越境の意志 ドナート

戦績

予選
1回戦 チェンジザドンジャングル 先手 負け
2回戦 チェンジザドンジャングル 先手 勝ち
3回戦 ループ特化ジョーカーズ 先手 勝ち
4回戦 絶十 後手 勝ち
5回戦 チェンジザドンジャングル 後手 勝ち
本戦
1回戦 デスザーク 後手 勝ち
2回戦 絶十 後手 負け

成績:本戦2回戦負け(ベスト16)

コメント

GWの連戦が終わり、心身ともにかなり疲れが溜まっていて、環境考察や調整等があまりできておらず、以前よく使用していた青単ムートピアor絶十の2つのうち、流行りの赤入りチェンジザドンジャングルに有利が付いている青単ムートピアを選択しました。戦績の通り、有利な対面ばかりに当たったのですが、最後の試合は《海底鬼面城》《歩く賄賂 コバンザ》のどちらも引けず何もできないまま負けてしまいました。

5/18 デュエマ龍星杯(2ブロック)

使用デッキ

4 x ♪銀河の裁きに勝てるもの無し
4 x ♪正義の意志にひれ伏せ
4 x 音奏 プーンギ
4 x ナゾの光・リリアング
4 x ヘブンズ・フォース
4 x 奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
4 x KAMASE-BURN!
4 x ”轟轟轟”ブランド
4 x ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー
2 x ♪仰ぎ見よ閃光の奇跡
2 x BAKUOOON・ミッツァイル
超GRゾーン
2 x ドドド・ドーピードープ
2 x 鋼ド級 ダテンクウェールB
2 x ワイラビⅣ
2 x バッチリ・バッチー
2 x マシンガントーク
2 x ギラミリオン・ギラクシー

戦績

予選
1回戦 赤緑印鑑覇道 先手 負け
2回戦 赤単B我ライザ 後手 勝ち
3回戦 緑ジョーカーズ 後手 勝ち
4回戦 赤白轟轟轟 先手 勝ち
5回戦 カウンタージョーカーズ 先手 勝ち
本戦
1回戦 カウンタージョーカーズ 先手 負け

成績:ベスト32

コメント

使用デッキは前回の記事でも記載した赤白轟轟轟。当日発売のデッキが使えたので、ヴィンチとシニガミの枠は《ギラミリオンギラクシー》にしました。戦績についてですが、特に厳しかったのは先週辺りから認知されてきた、カウンタージョーカーズです。予選5回戦に関しては相手の《7777777》が有効に働かなかった為勝てました。本戦1回戦は相手のシールドを後1枚割るか割らないかの選択肢で、割る選択肢を取り、その結果《ムシ無視のんのん》を踏んでしまいドンジャングルが着地して負け。《マシンガントーク》もバレていたのでしっかり詰められてしまいました。今までの環境と異なりカウンタージョーカーズが一定数いた為、そろそろ2ブロックで使用するのは別のデッキにする必要性があるかもしれないと感じました

5/19 日本橋CS

使用デッキ

4 x フェアリー・ミラクル
4 x 獅子王の遺跡
2 x Dの牢閣 メメント守神宮
2 x ガチンコ・ジョーカー
2 x 煌メク聖壁 灰瞳
2 x 伝説のレジェンド ドギラゴン
1 x 謎帥の艦隊
2 x 古代楽園モアイランド
4 x 闇鎧亜ジャック・アルカディアス
3 x ボーイズ・トゥ・メン
3 x 怒流牙 サイゾウミスト
4 x 蒼龍の大地
3 x ニコル・ボーラス
2 x 偽りの王 ヴィルヘルム
2 x ドキンダム・アポカリプス
超GRゾーン
12 x 越境の意志 ドナート
超次元ゾーン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x ブーストグレンオー/激竜王ガイアール・オウドラゴン
1 x サンダー・ティーガー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x アクア・カスケード〈ZABUUUN・クルーザー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード

戦績

予選
1回戦 墓地ソース 先手 勝ち
2回戦 赤青覇道 後手 負け
3回戦 ロマノフワンショット 後手 負け
4回戦 メタリカミッツァイル 後手 勝ち

成績:予選2-2で予選落ち

コメント

チェンジザドンジャングルが多いという予想はありましたが、環境があまり読めませんでした。5c蒼龍を使ってみたかったという気持ちは前からあり、環境が読めない事を考慮し、幅広く対応できるカードを探したところ、《ガチンコ・ジョーカー》を見つけました。ジョーカーズや各種コントロール(絶十、チェンジザドンジャングル等)に対して有効に働き、6コストのハンデスというのも相手の不意を突けます。こういった動きは何が入っているか分からないビッグマナ系の強みですね。1回戦は相性通り勝利。2回戦は相手の3ターン目の《 勝利龍装 クラッシュ"覇道" 》+《"轟轟轟"ブランド》に対して受けきる事ができませんでした。3回戦は《ガチンコ・ジョーカー》で少しの妨害に成功するも、《古代楽園モアイランド》を中々引けず、相手にフィニッシュを許してしまいました。最終戦は《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》《Dの牢閣 メメント守神宮》の受けが有効に働きました。今回のデッキ選択は自分が使いたいという理由が主でしたが、構築に関しては環境に合わせました。

5/25 はっちCS

使用デッキ

4 x ♪銀河の裁きに勝てるもの無し
4 x 音奏 プーンギ
4 x ナゾの光・リリアング
4 x 超次元サプライズ・ホール
4 x 奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
4 x Dの牢閣 メメント守神宮
4 x KAMASE-BURN!
4 x ”轟轟轟”ブランド
4 x ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー
4 x BAKUOOON・ミッツァイル
超GRゾーン
2 x ドドド・ドーピードープ
2 x ワイラビⅣ
2 x ギラミリオン・ギラクシー
2 x シニガミ 丁-四式
2 x バッチリ・バッチー
2 x 純白の意志 ヴィンチ
超次元ゾーン
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
2 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x アクア・カスケード〈ZABUUUN・クルーザー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
1 x 小結 座美の花/雲龍ディス・イズ・大横綱
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 光器シャンデリア/豪遊!セイント・シャン・メリー

戦績

予選
1回戦 墓地ソース 先手 勝ち
2回戦 赤青覇道 後手 負け
3回戦 ロマノフワンショット 後手 負け
4回戦 メタリカミッツァイル 後手 勝ち
本戦
1回戦 メタリカミッツァイル 先手 負け

成績:ベスト16

コメント

今回のチーム戦はチームメイトと相談の上、環境トップである赤白轟轟轟を3人とも使用する事にしました。殿堂構築での赤白轟轟轟はあまり使用した事がありませんでしたが、2ブロックのノウハウが活かせる部分もあったので、練習段階ではあまりつまずきませんでした。予選は相性が良い相手にも恵まれ好調でしたが、本戦1回戦で相手の1回目の攻撃で《Dの牢閣 メメント守神宮》がトリガーしたにも関わらず負けてしまったので、細かなプレイングミスがあったと思います。普段からビートダウン系のデッキに対する苦手意識があるので、これからはそういったデッキタイプも練習しないといけないなと思いました。チームメイトの2人も戦績は良かったので、赤白轟轟轟を使用する選択に間違いは無かったと思います。

5/26 心斎橋CS

使用デッキ

2 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
2 x 斬隠蒼頭龍バイケン
4 x 龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~
2 x 機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」
3 x ドンジャングルS7
1 x ソーナンデス
2 x 黒豆だんしゃく/白米男しゃく
1 x 神秘の宝箱
1 x フェアリー・ライフ
1 x ディメンジョン・ゲート
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x 奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ
4 x Dの牢閣 メメント守神宮
1 x 真・龍覇 ヘブンズロージア
1 x 時の法皇 ミラダンテXⅡ
1 x ニコル・ボーラス
4 x 怒流牙 佐助の超人
2 x フェアリー・シャワー
超GRゾーン
12 x 越境の意志 ドナート
超次元ゾーン
1 x 百獣槍 ジャベレオン/百獣聖堂 レオサイユ/頂天聖 レオザワルド
1 x 革命槍 ジャンヌ・ミゼル/聖槍の精霊龍 ダルク・アン・シエル
1 x 真聖教会 エンドレス・へブン/真・天命王 ネバーエンド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
2 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ
1 x 聖剣ナ・ベイベー/六剣ロール

戦績

予選
1回戦 シャコガイル+デリート 先手 勝ち
2回戦 チェンジザドンジャングル 後手 勝ち
3回戦 チェンジザドンジャングル 先手 勝ち
4回戦ドルマゲドンNEXT 先手 勝ち
5回戦 黒緑ドンジャングル 先手 勝ち
本戦
1回戦 無色ジョーカーズ 後手 負け

成績:ベスト16

コメント

今まで関西のCSでは赤白轟轟轟を使用しているプレイヤーは少なかったのですが、前日のはっちCSで赤白轟轟轟が多かった印象を受け、赤白轟轟轟に有利で、尚且つ自分が得意なデッキを選択しました。また、赤白轟轟轟に対して受けに回るデッキにも概ね有利が取れている事も追い風でした。2コスブーストは《音奏プーンギ》対策で《霞み妖精ジャスミン》にしています。更に追加で《フェアリー・ライフ》を1枚。序盤にブーストを打つが本当に大事なので、もう少し増やしてもいいレベルでした。《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》や《真・龍覇 ヘブンズロージア》を採用する事によって対応力がかなり高いデッキとなった反面、ホール系の呪文が無い分、ジョーカーズに対しての勝率は落ちてしまいました。実際に今回の予選では、しっかりとブーストカードを引く事ができ、構築で意識した《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》と《真・龍覇 ヘブンズロージア》が活躍しました。しかし、本戦1回戦ではブーストカードを一切引けず、その間に《ジョット・ガン・ジョラゴン》でのループをあっさり決められて負けてしまったのが凄く悔しいです。

最後に

5月は自分自身でも大きな結果が残せなかったのが残念でしたが、アベレージ的には悪くはなかったとも思います。
負けた試合も自分の判断ミスがあったものが多かったので、これからも精進します。
6月は【青きC.A.P.と漆黒の大卍罪】も発売されるので、主に2ブロック構築の環境が大きく変化するのではないかなと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

次回の記事⇒【ギラサキ】「青きC.A.P.と漆黒の大卍罪」注目カードピックアップ【新弾カード紹介】

前回の記事⇒【ギラサキ】2ブロックにおける赤白轟轟轟【デッキ紹介】


カテゴリ:

タグ:, , , , , ,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

1

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事