【2020年 赤青覇道】回し方、対策方法が分かる解説記事!

PV 35,055 いいね 79 コメント 7

【2020年 赤青覇道】回し方、対策方法が分かる解説記事!

はじめに

《”必駆”蛮触礼亞》+《勝利龍装クラッシュ覇道》というエクストラターンを獲得できる必殺ギミックを搭載したビートデッキ、「赤青覇道」。

安定した4ターンフィニッシュ、あるいはエクストラターンを含めた実質3ターンでゲームを終わらせる攻撃力の高さ、《終末の時計ザ・クロック》《異端流し オニカマス》などのトリガーやメタクリーチャーによるしっかりとした防御力、そしてプレイ難度がそれほど高くないという点から初心者にも使いやすく、高い人気と強さを持ったデッキとなっています。

今回は、双極篇初期から根強い人気を持つこの「赤青覇道」について詳しく解説していきます!

目次

「赤青覇道」のデッキレシピ

「赤青覇道」とは

「赤青覇道」は、《”必駆”蛮触礼亞》と《勝利龍装クラッシュ覇道》のコンボギミック「フレア覇道」を主軸とした非常に攻撃的なビートデッキです。

2ターン目に《異端流しオニカマス》等を展開、3ターン目に「フレア覇道」を決め、獲得したエクストラターンに《MANGANO-CASTLE!》をプレイし、そのまま攻め切ってゲームエンドを狙います。

《海底鬼面城》《*/弐幻サンドロニア/*》などのドロー、サーチカードを多く搭載しているためパーツを集めやすく、理想通り、あるいはそれに準じた動きを高確率で行うことができます。

長丁場を戦う場合(もちろん他の対戦シーンにおいてもですが)、どれだけ事故率を下げられるかは非常に重要な問題になります。

安定性という面で、このデッキは非常に優れたデッキであるといえます。

また、攻撃面だけでなく防御面でも一定の水準を達成しています。

《終末の時計ザ・クロック》は長きにわたり活躍を続けてきた強力なシールドトリガーですし、《異端流し オニカマス》《U・S・A・BRELLA》などのメタクリーチャーも搭載可能です。今回は採用していませんが自由枠に《ドンドン吸い込むナウ》などを採用すれば、さらに防御性能は上がります。

こちらが積極的にシールドに対してプレッシャーをかけていくデッキである都合上、メタクリーチャーで相手の動きを縛った状態で「対処できなければ負け」という圧力をかけ続けることが可能で、相対的に防御性能が高くなる傾向にあります。

高い攻撃力と安定性、そして決して低くはない防御力を持つ、非常にバランスの良いデッキです。

「赤青覇道」の回し方

①手札を整えながら小型獣を展開!

海底鬼面城

【 城 】
【文明】 水
【パワー】-
【コスト】1
城-自分のシールドをひとつ選び、このカードを付けて要塞化する。その要塞化されたシールドがシールドゾーンから離れた時、このカードを自分の墓地に置く。(「S・トリガー」能力を使う場合は、このカードを墓地に置く前に使う)
自分のターンのはじめに、相手はカードを1枚引いてもよい。その後、自分がカードを1枚引いてもよい。さらに、バトルゾーンに自分のサイバーロードが1体でもあれば、カードを1枚引いて、自分の手札を1枚山札の一番下に置いてもよい。

1ターン目にプレイしたいカードは、強力なドローソースである《海底鬼面城》です。

「フレア覇道」のコンボは極めて強力ではありますが、片方だけでは何ら機能せず、またコンボに成功してもエクストラターンと攻撃の代償に、一気に3枚もの手札を消費する大技です。

先攻2ターン目にクリーチャーかオーラを出してスタートすると、3ターン目のマナチャージを終えた段階で手札は3枚となり、「フレア覇道」を放った時点で手札が0になってしまいます。

この状況では、エクストラターンを取ったはいいものの次のターンにすることがない、という状態にもなりかねません。

しかし《海底鬼面城》を使うことができれば、そのような事態には陥りません。

コンボパーツ集め、手札管理の面からみてぜひともプレイしたいカードになります。


ただしこのカードは使う相手を選びます。

先攻であればまず使って問題ありません。

ですが難しいのが後攻の場合です。

例えば相手が先攻3ターン目に動くタイプのデッキの場合、両者ドローの恩恵を受けた相手がこちらより早く動いてくることが想定されますし、こちらにとって致命的なメタクリーチャー等を先に引かれることもあります。

こうなると、《海底鬼面城》のプレイが明らかに自分の首を絞めてしまいます。

(「赤青覇道」側が先攻であれば、相手の3ターン目にはどのみちコンボを達成するだけのハンドをキープすることが可能ですし、そもそもこちらが先に「フレア覇道」で動くことができるためプレイしてもほとんど問題ありません)

このように、相手のデッキの動きや採用されているカードを具体的にイメージし、場合によっては使わないということもあり得ます。

そして2マナのカードですが、このデッキには2種類の優秀なカードが採用されています。

異端流しオニカマス

【 クリーチャー 】
【種族】 ムートピア
【文明】 水
【パワー】2000
【コスト】2

■相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。 

1枚目は、言わずと知れた踏み倒しメタにして選ばれない強力なアタッカー、《異端流し オニカマス》です。

このカードは《海底鬼面城》をプレイできた場合、あるいは後攻において特に活躍します。

GR環境において踏み倒しメタは以前ほど輝くことは難しくなりましたが、それでもGR以外の踏み倒しを行う手段を採用しているデッキは確実にあり、相手によってはその動きを止めるほどの活躍をします。

また他の踏み倒しメタクリーチャーたちと違い、このカードには選ばれないという、アタッカーそしてフィニッシャーとして非常に頼もしい能力を持っています。

このカードを残してシールドを割り切ってしまえば9割方勝利が決まります。

あらゆる防御札を悠々とかわし、華麗にダイレクトアタックを決めましょう。

ただし前述の通り、先攻でプレイすると手札0で3ターン目を終えてしまいます。

場合によっては、2ターン目にこのカード以外プレイできないという状態でも召喚を見送る、という選択をすることもあります。

続く相手のターンに確実にシールドを攻撃してくる、という場合にはプレイするのもありです。

【 オレガ・オーラ 】
【種族】 トリックス / デリートロン
【文明】水
【パワー】+0000
【コスト】2

■これをクリーチャーに付けた時、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。

二枚目となる《*/零幻ルタチノ/*》は、優秀なGRクリーチャーを展開しながら手札入れ替えで「フレア覇道」に必要なパーツを狙いに行くことが可能です。

地味ながら打点と安定性を担っているパーツであり、出てきたGRクリーチャーによっては戦況そのものを変えることが可能です。場合によっては2打点以上になることもあり「このカードのおかげで打点が足りた!」というような状況も発生します。


②追加ターンを獲得!決めろ必殺「フレア覇道」!!

”必駆”蛮触礼亞

【 呪文 】
【文明】 火
【コスト】5

■B・A・D・S 2 (この呪文を、コストを2少なくして唱えてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる)
■ビートジョッキーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選ぶ。その2体をバトルさせる。そのターンの終わりに、その出したビートジョッキーを破壊する。


勝利龍装 クラッシュ"覇道"

【 クリーチャー 】
【種族 】ドラゴンギルド / ビートジョッキー
【文明】 火
【パワー】9000
【コスト】10

■B・A・D 2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
■スピードアタッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーが破壊された時、タップしていたら、このターンの後で自分のターンをもう一度行う。
■バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。

2ターン目にクリーチャーを出せている場合は、3ターン目に「フレア覇道」を決めてしまいましょう!

3マナで巨大クリーチャーの踏み倒し+追加ターンの獲得というのはやはり破格のスペックです。

《”必駆”蛮触礼亞》のバトル効果で邪魔なメタクリーチャーやブロッカーを退場させながら一気にシールドを割ってしまいましょう。

「フレア覇道」は非常に強力なコンボで、思わずノータイムで使いたくなってしまいますが、追加ターンを得た先のこともしっかりと考える必要があります。

仮にクリーチャーがいない状態で「フレア覇道」を決めた場合、4ターン目に相手のシールドは3枚残っています。

この状態からダイレクトアタックを決めるには、《MANGANO-CASTLE!》から《グッドルッキン・ブラボー》とWブレイカー(ここが2枚目の《グッドルッキン・ブラボー》でもよい)を出すか、《無限合体 ダンダルダBB》と4マナのジョーカーズクリーチャーを出す必要があります。

このいずれかが出る確率は、おおむね三分の一ほどと信頼できる値ではありません。

こうして失敗した後の状況はどうなるかというと、こちらは手札0、クリーチャー0。

相手はシールド1枚もしくは0枚に大量の手札です。

これだけの手札を与えられれば、現在の環境デッキはおよそ2ターン、遅くとも3ターンで何らかのフィニッシュ手段を達成、あるいはこちらの動きを強烈に縛ってきます。

そしてその準備が整うまでにスピードアタッカーを引く可能性は残念ながら低いと言わざるを得ません。

無理にでも攻めなければ確実に負けるというような場面を除いて、「フレア覇道」を撃つのは自分の場にクリーチャーがいる状況が望ましいです。

仮にそのクリーチャーが除去されたとしても、残りシールドが2枚になれば高確率で《MANGANO-CASTLE!》でフィニッシュできます。

*/弐幻サンドロニア/*

【 オレガ・オーラ 】
【種族】 トリックス / デリートロン
【文明】 水
【パワー】+2000
【コスト】3

■これをクリーチャーに付けた時、カードを3枚引く。その後、自分の手札を2枚、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。

力を溜めるモーションとして強力なのが《*/弐幻サンドロニア/*》です。

3枚ものカードをドローできるので、高確率でコンボパーツ、あるいは必要なカードを揃えることができます。

また、3枚ドローして2枚を戻すので、実質手札消費なしで展開することができます。手札消費の激しいこのデッキにはありがたいですね。

【 クリーチャー 】
【種族】 ビートジョッキー / チームボンバー
【文明】 火
【パワー】4000
【コスト】3

■相手のコスト4以下のクリーチャーが、手札以外のどこからでもバトルゾーンに出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを墓地に置く。
■コスト4以下の呪文の効果によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

また、このタイミングでプレイできるメタクリーチャーとして優秀なのが《U・S・A・BRELLA》です。環境に蔓延るGRクリーチャーを利用したデッキを足止めできるため、相手に対応を強いることで実質1ターン以上のターンを稼ぐことも可能です。

前環境トップの【ドッカンデイヤーループ】をはじめとするデッキに痛烈に刺さるため、そういった相手には優先的にプレイしたいですね。

③一気に決めろ!《MANGANO-CASTLE!》

MANGANO-CASTLE!

【 呪文 】
【文明】 火
【コスト】4

■GR召喚を2回する。それらのGRクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。このターンの終わりに、それらのクリーチャーを破壊する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

相手のシールドを減らしたら、《MANGANO-CASTLE!》で一気にゲームを終わらせましょう。

非常に強力なカードですが、出てくるGRクリーチャーたちの種類によってその出力は大きく変わります。

各種GRクリーチャーの特性、打点について詳しく見ていきましょう。

わずか2打点!?《超Ω級ダルタニックB》+《全能ゼンノー》

超Ω級ダルタニックB

【 GRクリーチャー 】
【種族】 ジョーカーズ / ワンダフォース 【文明】 水
【パワー】1000+
【コスト】4

■パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
■自分の手札のカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。
■このクリーチャーが攻撃する時、Jトルネードしてもよい。そうしたら、カードを1枚引く。(Jトルネード:自分の他のジョーカーズを1体、手札に戻す)

全能ゼンノー

【 GRクリーチャー 】
【種族】 ジョーカーズ / ワンダフォース 【文明】 ゼロ
【パワー】2000
【コスト】4

■相手のクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、攻撃できない。

最も残念な結果が、《超Ω級ダルタニックB》と《全能ゼンノー》のうち計2枚が出る組み合わせです。

どちらも1枚しかブレイクできないので、わずか2打点にしかなりません。

基本的には先に《全能ゼンノー》で攻撃し、それを《超Ω級ダルタニックB》の攻撃時にJトルネードすることで手札を増やし、次のターンに備えましょう。

相手のシールドトリガーとして《終末の時計ザ・クロック》が考えられる場合には、《全能ゼンノー》の攻撃を後に回して、もしトリガーした場合にアンタップ状態で場に残すというプレイも考えられます。

この結果が起きる確率が約6%になります。

及第点は3打点?Wブレイカー+ジョーカーズ

ドドド・ドーピードープ

【 GRクリーチャー 】
【種族】 ビートジョッキー / ワンダフォース
【文明】 火
【パワー】7000
【コスト】4

■W・ブレイカー
■このクリーチャーが攻撃する時、自分の手札を2枚捨てる。

グッドルッキン・ブラボー

【 GRクリーチャー 】
【種族】 ビートジョッキー / ワンダフォース
【文明】 火
【パワー】3000
【コスト】4

■マナドライブ4(火):このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンのカードが4枚以上で火文明があれば、このクリーチャーの各ターン最初の攻撃の終わりに、これをアンタップする。

2打点持ちのクリーチャー《ドドド・ドーピー・ドープ》《グッドルッキン・ブラボー》《鋼ド級 ダテンクウェールB》のうち1枚と《全能ゼンノー》《超Ω級ダルタニックB》《 無限合体 ダンダルダBB 》のうち1枚が出ることで3打点を形成します。(ただし《鋼ド級 ダテンクウェールB》と《無限合体 ダンダルダBB 》が同時に出る場合は別ケースとする)

前のターンに《勝利龍装 クラッシュ"覇道"》と小型クリーチャーでの攻撃で相手のシールドは2枚にまで削れていると思うので、この組み合わせが出れば、シールドトリガーなどで小型クリーチャーが処理され、場が空の状態からでもダイレクトアタックを目指せます。

48%の高確率でこの組み合わせとなります。

とにかく殴り切る!驚天動地の4打点!!

鋼ド級 ダテンクウェールB

【 GRクリーチャー 】
【種族】 ジョーカーズ / ワンダフォース 【文明】 ゼロ
【パワー】1000+
【コスト】4

■このクリーチャーは、可能なら毎ターン攻撃する。
■自分のターン中、このクリーチャーのパワーを+5000し、「W・ブレイカー」を与える。

《ドドド・ドーピー・ドープ》《グッドルッキン・ブラボー》《鋼ド級 ダテンクウェールB》の中から2枚が出ることで、破格の4打点が形成されます。

2ターン目にクリーチャーを展開して3ターン目にそのクリーチャーでシールドを1枚割った、という状況でダイレクトアタックを決めることが可能となります。

この確率は23%です。


4打点とは言うものの、場にクリーチャーがいない場合、3枚のシールドを砕いてとどめまでもっていくためには《グッド・ルッキン・ブラボー》の存在が必要不可欠となります。

《グッド・ルッキン・ブラボー》含めた4打点に限定すると、15%に低下します。

GRクリーチャーを追加発注!《無限合体 ダンダルダBB》

無限合体ダンダルダBB

【 GRクリーチャー 】
【種族】 ジョーカーズ / ワンダフォース 【文明】 水
【パワー】3000
【コスト】4

■このクリーチャーが攻撃する時、Jトルネードを最大2回する。そのようにして手札に戻したジョーカーズのコストの合計以下のコストを持つ呪文を1枚、自分の手札または墓地から選び、コストを支払わずに唱えてもよい。その呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに山札の一番下に置く。(Jトルネード:自分の他のジョーカーズを1体、手札に戻す)

ジョーカーズクリーチャーを手札に戻すことで呪文を踏み倒すという、明らかに「ヤバい」能力を持つクリーチャー《無限合体 ダンダルダBB》

このカードとジョーカーズクリーチャーが出た場合、さらにもう1度《MANGANO-CASTLE!》を唱えることが可能になります。

このカードの登場によって、《MANGANO-CASTLE!》の強さは1段階上のものに昇華したといっても過言ではありません。

ジョーカーズクリーチャーで攻撃、《無限合体 ダンダルダBB》の攻撃時にそのクリーチャーを戻して再び《MANGANO-CASTLE!》をプレイすることで、相手のシールドが5枚ある状態からダイレクトアタックを狙うことすら可能となります。

このターンに決めなければどうしようもない、というときには狙ってみましょう。

《無限合体ダンダルダBB》とジョーカーズクリーチャーが出る確率が21%で、そのうち計2打点となるのが15%、計3打点となるのが6%です。

このカードの能力が使える出方が最も強いといってまず間違いありません。

「赤青覇道」と相性の良いカード

盤面を掃除して準備しよう!《"乱振"舞神 G・W・D》

【 クリーチャー 】
【種族】 ビートジョッキー
【文明】 火
【パワー】5000
【コスト】6

■B・A・D2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
■スピードアタッカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
■このクリーチャーは、可能なら毎ターン、相手プレイヤーを攻撃する。
■自分のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。

「フレア覇道」が狙えないのに相手に何体かクリーチャーが出ている、といった時に声がかかるのが《"乱振"舞神 G・W・D》です。B・A・Dで4マナで出すとパワー5000でのバトルが最大2回行える上に勝つたびにドローも可能なので、小型~中型を除去しながら次のターンの準備が行えます。おまけに1枚とはいえしっかりブレイクも可能です。

特に除去したいのが《全能ゼンノー》《U・S・A・BRELLA》《奇天烈 シャッフ》などのメタクリーチャーで、トリガーではなく展開阻害で防御を図るデッキには痛烈に刺さります。

単体でもスピードアタッカーなので、最後の詰めにも使用可能ですね。

まだまだ邪魔者を焼け!《モモダチパワー!!!》

【 呪文 】
【種族】 ジョーカーズ / チーム切札
【文明】 火
【コスト】5

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■キリフダッシュ [ff01](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、この呪文を [ff01]支払って唱えてもよい)
■相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。

相対的に相手より速度を得たいこのデッキにおいて、どうしても除去したいカードというものは必ず出てきます。そんな時に役立つのがこの《モモダチパワー!!!》です。

攻撃さえ通してしまえばわずか1マナでパワー6000まで焼けるという《スチーム・ハエタタキ》を超える性能の除去になります。この範囲は多くのGRクリーチャーやシステムクリーチャーを射程圏内に捉えている上に、額面コストが5のため《U・S・A・BRELLA》も除去できます。

地味ながらS・トリガーでもあるため、メタクリーチャーを除去して逆転の一手になることもあるかもしれません!

さらなる防御策!《ドンドン吸い込むナウ》

【 呪文 】
【文明】 水
【コスト】4

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■自分の山札の上から5枚を見る。そのうちの1枚を相手に見せて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。このようにして見せたカードが火または自然のカードであれば、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。

このカラーリングで昔から使われる防御兼サーチカードの《ドンドン吸い込むナウ》。新入りがたくさん入った今も、その強さは健在です。

手打ち・トリガーともに非常に強く、相手の攻勢を削ぎながらいま一番必要なパーツを手札に加えることが可能です。これで耐えて返しに「フレア覇道」はこのデッキが生まれたときから何度も行われてきたムーブですね。

自分から攻めている時にはやや使いにくいカードなので、環境がビートに寄っていると感じたら追加するとよいでしょう。

「赤青覇道」デッキの対策カード

コンボギミックを壊滅させよ!《異端流しオニカマス》

異端流しオニカマス

【 クリーチャー 】
【種族】 ムートピア
【文明】 水
【パワー】2000
【コスト】2

■相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。

「赤青覇道」に対して、というより《“必駆”蛮触礼亞》というカードに対する強烈なメタとなるのが、このデッキでも採用されている《異端流し オニカマス》です。

他の各種メタカードは《“必駆”蛮触礼亞》のバトル効果や《どんどん吸い込むナウ》などによって除去される可能性がありますが、このカードを退けるのは「赤青覇道」にとって至難の業です。

このカードで攻撃しなければ除去されることはまずありません。

このカードをプレイするだけで勝てるという訳ではありませんが、その出力は大幅に落ち、勝利に大きく近づきます。

まとめ

多くのデッキで採用されているロックギミックこそないものの、攻撃力、速度、安定性を兼ね備えた「赤青覇道」は非常にバランスの良いデッキであるといえます。

その上で大型クリーチャーの踏み倒し、GR召喚の連鎖など興奮できるギミックも採用されており、初心者から上級者まで幅広いプレイヤーが楽しめるデッキです。

あなたも「赤青覇道」を使って、デュエマの王道を楽しみましょう!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (7)

DM

参考にしたいですがGRはもう少し安くできませんかね。

4
匿名

ねーよ貧乏人

0
匿名

貧乏人は言い過ぎだろ
そうやってネットの中でしか人を罵ることができないんだねかわいそうに

8
独迷

ダンダルダが捲れることに賭けて4コスト以上のジョーカーズであるガンマスターやアバレガンを入れてみる…とかがいいかもしれませんね。マンガノがもう一回打てる可能性が上がるので…そうするとしたらデッキ内にモモダチパワーなどのジョーカーズを増やして、マナドライブを発生させることでゴッドガヨンダムを機能させる、とかもいいかもしれません。ガヨンダムが高くなければの話ですが。後は自分の捲りが最強であることに賭けてMt.富士山ックスを突っ込むのもありかもしれません。

2
cs1位つつじ

GRは、高いのであればいれるぐらいの気持ちでいいと思います

1
独迷

長文失礼しました。

1
うちうち46

これって環境デッキに食い込めますかね?
作ろうとしているので誰か教えてくれませんか?

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

79