【メタカードで差をつけろ】メタジャオウガの回し方と必勝テクニック【アナカラー/CRYMAXジャオウガ】

PV 10,063 いいね 24 -

【メタカードで差をつけろ】メタジャオウガの回し方と必勝テクニック【アナカラー/CRYMAXジャオウガ】

はじめに

こんにちは。しおじです。

今回はcsでも大活躍中!《ボン・キゴマイム/♪痩せ蛙ラッキーナンバーここにあり》をはじめとしたメタクリーチャーをふんだんに採用した新型【メタジャオウガ】について解説していきます。

目次

【メタジャオウガ】特徴

【メタジャオウガ】はリソースカード《天災デドダム》、《Disジルコン》をエンジンとして採用し、環境への刺さりがいいメタクリーチャーを複数種複数枚採用していて、フィニッシャーに《CRYMAXジャオウガ》を採用しているデッキを指します。

メタクリーチャーを多く採用したデッキはデッキそのもののパワーが落ちてメタ外のデッキやあまりにも素のパワーが高いデッキに勝てない傾向にありました。

しかし、【メタジャオウガ】はその弱点を《CRYMAXジャオウガ》で完全に克服しています。

複数ならんだメタクリーチャーは《CRYMAXジャオウガ》の敗北回避と除去耐性の種になりますし、フィニッシュの際の打点にもなります。

また、《キユリのASMラジオ》の登場により3ターン目の上振れムーブも可能になっています。

【メタジャオウガ】サンプルリスト

全国的に流行したリストをもとに解説していきます。

環境に合わせてメタクリーチャーの枠は変えることをオススメします。


採用カード解説

コンセプトカード

《CRYMAXジャオウガ》

【 S-MAX進化クリーチャー 】 
種族 デモニオ / 鬼レクスターズ / 文明 闇 / パワー13000 / コスト7 

■鬼S-MAX進化:自分がゲームに負ける時、またはこのクリーチャーが離れる時、かわりに自分の表向きのカードを3枚破壊してもよい。(このクリーチャーは進化元を必要としない。自分のS-MAX進化クリーチャーが2体以上あれば、そのうちの1体を残し、残りをすべて手札に戻す)
■T・ブレイカー
■このクリーチャーが出た時、各プレイヤーは自身のシールドを3枚ずつ選び、残りを墓地に置く。
■このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊し、その後、相手の手札を2枚見ないで選び、捨てさせる。 

今のアナカラーデッキを支えているフィニッシャーです。

盤面に攻撃出来るクリーチャーが1体でもいれば、そのクリーチャーとこのクリーチャーだけでトドメを狙える点はやはり強力です。

出したターンに絶対にフィニッシュを狙う訳ではなく、相手のクリーチャーがタップされていればそのクリーチャーを攻撃しながら、手札と横のクリーチャーを破壊するコントロール気味のプランを取ることもあります。

複数体クリーチャーが並ぶアナカラー系のデッキと相性がよく、このクリーチャーの除去耐性&敗北回避を上手く使うことが出来ます。

《ボン・キゴマイム/♪痩せ蛙ラッキーナンバーここにあり》

【 ツインパクトカード 】 
種族 マジック・マーフォーク / マジック・ソング / 文明 水 / パワー4000 / コスト3 

種族:マジック・マーフォーク
■相手のクリーチャーが出た時、このターン、そのクリーチャーは攻撃できない。そのクリーチャーがコストを支払わずに出ていたら、カードを1枚引いてもよい。

────────────呪文────────────
カード名:♪やせ蛙 ラッキーナンバー ここにあり
文明:水
コスト:2マナ
種族:マジック・ソング
■数字を1つ選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、その数字と同じコストの相手のクリーチャーは攻撃もブロックもできない。 

DOOM型の【サガループ】を見て採用されているカードです。

最近、流行のダンタル型の【サガループ】にはあまり刺さらないので対面の型をしっかり見極めてプレイするようにしましょう。

相手の踏み倒したクリーチャーの数だけ1枚ドローすることができ、【サガループ】のループ前の繋ぎの動きなども牽制することが出来ます。

呪文面を使って【赤単我我我】などの攻撃を止めることもあるので覚えておきましょう。

《極楽鳥》

【 クリーチャー 】 
種族 マナ・バード / 文明 自然 / パワー1000 / コスト2 

■飛行(このクリーチャーは、「飛行」を持たないクリーチャーから攻撃もブロックもされない)
■このクリーチャーはシールドをブレイクできない。
■このクリーチャーを、自分のマナゾーンにあり、すべての文明を持つかのようにタップしてもよい。(この能力を、出たターンに使ってもよい)

2コストのクリーチャーで飛行を持っているので自身の能力でタップしても、飛行を持たないクリーチャーに攻撃もブロックもされません。

シールドはブレイク出来ませんがプレイヤーに攻撃することは出来るので最後の直接攻撃の際には飛行を持たないクリーチャーにブロックされない打点になります。

覚えておきましょう。

《Disメイデン》

【 クリーチャー 】 
種族 スピリット・クォーツ / ディスタス / 文明 水/自然 / パワー3000 / コスト3 

■ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
■このクリーチャーが出た時、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚マナゾーンに置く。
■各ターン、自分がはじめて多色カードを自分のマナゾーンに置いた時、そのカードをアンタップする。 

フィニッシャーが《CRYMAXジャオウガ》なので【アナカラーオービーメイカー】のようにマナをアンタップするカードより、マナを伸ばせるこのクリーチャーを場に出していきます。

【アナカラーオービーメイカー】でも最近は4枚採用されていることが多いですね。

ターンの初めにマナに埋めた多色カードをアンタップインさせることが出来るので、濁ってしまってマナカーブ通りに動けないときや、多色カードをはいておきたいときに活躍します。

また、ターン中に他の多色カードをはじめてマナに置いた後に多色カードをマナに置いてもアンタップさせることは出来ません。

気をつけましょう。

《キユリのASMラジオ》

【 呪文 】 
文明 自然 / コスト4 

■自分の山札の上から5枚を見る。その中から、コスト3以下のクリーチャーを2体まで出す。残りを好きな順番で山札の下に置く。

最速3ターン目に唱えられ、4マナで最大6マナ分のクリーチャーを出すことが出来る呪文です。

マナを伸ばせるカードが2枚めくれた場合、増えた2マナからさらにメタクリーチャーをそのターン中に展開できます。

多彩なメタクリーチャーが採用されているこのデッキなら、対面にクリティカルに刺さるメタクリーチャーを出せるでしょう。

《幻緑の双《幻緑の双月/母なる星域》

【 ツインパクトカード 】 
種族 ビーストフォーク / 文明 自然 / パワー1000 / コスト2 

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚、マナゾーンに置いてもよい。

────────────呪文────────────
カード名:母なる星域
文明:自然
コスト:3マナ

■自分の進化ではないクリーチャーを1体、マナゾーンに置く。そうしたら、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ進化クリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。

クリーチャー面は手札から1枚マナに送ることが出来るマナブーストカード。

呪文面はマナにある《CRYMAXジャオウガ》を踏み倒すことが出来る呪文です。

《キユリのASMラジオ》で展開&マナを伸ばして余った3マナで《CRYMAXジャオウガ》を出すことが出来るのでかなり重宝します。


採用候補カード

《若き大長老アプル》

【 クリーチャー 】 
種族 グランセクト / 文明 自然 / パワー3000 / コスト2 

■G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
■ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーからこのクリーチャーに変更してもよい)
■相手のカードは、墓地またはマナゾーンを離れない。
■相手は、墓地またはマナゾーンから呪文を唱えられない。 

《龍素記号wDサイクルペディア》のような墓地から呪文を唱える能力を止めたり、墓地またはマナのカードの移動を止めてくれるカードです。

ダンタル型の【サガループ】が多い環境では採用したいカードです。

《キャディ・ビートル》が減少傾向な気がするので、代わりにこちらを採用するのはありだと思います。

《悪魔妖精ベラドンナ》

【 クリーチャー 】 
種族 スノーフェアリー / ファンキー・ナイトメア / 文明 闇/自然 / パワー2000 / コスト2 

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、次のうちいずれか1つを選ぶ。 
→相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。 
→自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

ブーストカードのかさ増しと《絶望と反魂と滅殺の決断》のバリューを上げてくれるカードです。

採用すると多色が増えてしまうので採用する場合には枠調整が難しくなります。

回し方

序盤は2ターン目3ターン目にマナを伸ばすカードをプレイして5マナ域で《絶望と反魂と滅殺の決断》をプレイして相手の盤面や手札を刈り取ったり、4マナ域で《キユリのASMラジオ》を唱えてこちらの動きを優先したりします。

中盤は対面に応じて有効なメタクリーチャーを添えていき、負けない盤面を維持します。

《CRYMAXジャオウガ》がなかなか見えないときや、対面のビッグアクションが迫っている際には並べた小型クリーチャーで盾を詰めて殴るプランを取ります。

最後は複数のメタクリーチャーと《CRYMAXジャオウガ》でフィニッシュ。

メタクリーチャーを出す必要のない場面では、いたずらに盤面を作るよりはマナを伸ばしたり、ハンデスをすることを優先します。

《天災デドダム》が絡まない場合細いリソースで戦うことになるので、不必要なタイミングや不必要な対面でメタカードを出していては《CRYMAXジャオウガ》の着地が間に合わなかったり、自分のリソースが枯れてしまってリソース差で負けてしまったりします。

なのでリソース管理は常に意識しましょう。

各メタクリーチャーが刺さる対面

《とこしえの超人》・・・各種【サガループ】、その他の墓地利用系のデッキ

《キャディ・ビートル》・・・【赤単ガガガ】、ダンタル型【サガループ】、【青魔導具】

《ボン・キゴマイム/♪痩せ蛙ラッキーナンバーここにあり》・・・【赤単ガガガ】、DOOM型【サガループ】、【赤緑アポロ】

おわりに

いかがだったでしょうか。今回の記事の内容をまとめると、

● 各種メタクリーチャーで環境デッキを対策

●リソース管理とメタクリーチャーを使いリソース差を付ける

● 最後は《CRYMAXジャオウガ》でフィニッシュ

リソースカード、メタカードの使い方で全然違うデッキになります。

ですので、色んな対面とたくさん対戦してメタカードを出すタイミングとリソースを伸ばすタイミングを覚えて勝率を上げましょう。

また、自分の地域の環境に合わせたメタクリーチャーを採用できるので環境に合わせてメタクリーチャーの枠を入れ替えましょう。


カテゴリ:

タグ:


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

24

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事