新弾テーマ全部組む!プロによるINFINITE FORBIDDEN徹底攻略!

PV 9,865 いいね 11 -

新弾テーマ全部組む!プロによるINFINITE FORBIDDEN徹底攻略!

はじめに

こんばんは、はみるとんです!

皆さん、新パック「INFINITE FORBIDDEN」もう買いましたか?

箱買いして当たったカードの使い道に悩んでる方、パックを買うか悩んでる方、シングルで揃えるために何が必要かまとめてる方、様々な方がいると思いますが、まだ発売したばかりのカードを使ったデッキを組む際は「参考にするデッキレシピが見つけづらい」という事でお悩みの方も多いと思います!

そんなわけで今回は、プロデュエリストはみるとんが「新弾テーマ全部組む」という記事となっています!

MDの方でも好評のこちらの企画、OCGの方でも今後やっていきたいと思いますので新弾発売の際は是非ガチまとめをチェックしてください!

ということで早速順番に組んでいきます!

【デモンスミス 】


【デモンスミス】については詳しく紹介しているのでこちらの記事を参照してください!

【白き森】


新テーマの【白き森】は魔法・罠をコストに展開できるテーマです。

今回は魔法・罠ゾーンにセットする事が出来る【トイ】カードと組み合わせる事でコストを確保しつつ、更にコストになった【トイ】側にも展開能力があるので組み合わせて展開していきます。

最終盤面の強度も初動の安定感も非常に大きいので、環境入りが期待できるテーマと言えます。可愛いし。

【光と闇の竜】


今回登場したテーマの中でも非常にどう組んでいくのかが難しいテーマでしたが、今回は【烙印】と組み合わせる形で構築しました!

注意点として《神炎竜ルベリオン》《烙印竜アルビオン》の効果ではレベル10の《光と闇の竜王》を出す事が出来ないため、《烙印追放》を構える事で相手ターンに出していく事になります。

展開としては《デスピアの導化アルベル》1枚から《氷剣竜ミラジェイド》+《深淵の獣ルベリオン》+墓地《烙印竜アルビオン》の流れを作り、エンドフェイズにセットした《烙印追放》で相手ターンに《光と闇の竜王》を出すパターンのほか、《烙印竜アルビオン》が出たところで《陰の光》もしくは素引きで《光と昇華の竜》を出して融合効果で《光と闇の竜王》を出す動きが上振れ展開となります。

非常に強力な無効効果を持ったモンスターなので純の【烙印】以上の制圧能力を得る事が出来ます。

【天盃龍】


新規カード《幻禄の天盃龍》が登場した事によって元々高かった展開力・貫通力が更に倍増しました。

単に通常召喚して効果でリクルートを行う事で既存の【天盃龍】の初動を増せるほか、《蛇眼の炎燐》のような特殊召喚効果を持っているため、《深淵の獣マグナムート》や《金満で謙虚な壺》、《灼熱の火霊使いヒータ》などからサーチした場合にも特殊召喚する事ができ、召喚権に依存しない追加の動きが増えました。

【メメント】


新たな融合モンスター《冥骸王-メメントラン・テクトリカ》のお陰で相手ターン融合の妨害手段が増えたほか、出すだけで墓地肥やし効果、墓地効果での《冥骸府-メメントラン》へのアクセスなど物凄い数のリソースを増やしに行く事が出来る優秀な新規によって既存の展開の中での動きの幅がものすごく広がったほか、《メメント・スリーピィ》の登場で融合召喚の手数も増え、全体的に今までやりたかった動きの通しやすさと通ったあとの強度とリソースが増えるという全てにおいて満点の強化を貰う事が出来ました。

【ドライトロン】


リリースを必要とせず墓地から出た上でさらに【ドライトロン】にアクセスできる《竜輝巧-νII》の登場で同じような展開から経由して《天極輝士-熊斗竜巧α》を噛ませる事でさらに【ドライトロン】カードに繋げていき、既存の展開の中で増やせるリソースが各段に増えました。

また新規の《竜儀巧-メテオニス=DAD》のお陰で相手ターン中の妨害効果を持った機械族【ドライトロン】儀式が登場し、《竜輝巧-ファフμβ’》の妨害を構えるために【ドライトロン】儀式モンスターを絡める動きが無理なく採用できるようになった他、《流星極輝巧群》によってリソース回復もしやすくなりました。

【蕾禍】


《蕾禍ノ姫邪眼》の登場により召喚権を使い切っても手札の植物・昆虫・爬虫類族のモンスターを特殊召喚できるようになったことで、《ローンファイア・ブロッサム》などの召喚権が必要なギミックを複数採用しても腐りづらくなりました。誘発を引き込んで妨害に変換できるエンドフェイズのドローも強力です。

また《蕾禍ノ玄神憑月》の登場で罠デッキに強く出れるようになったのも魅力です。

【マドルチェ】


元来【マドルチェ】は展開ルート新規の罠である《マドルチェ・デセール》により妨害数が増えた上、《ミニャーマドルチェ・ニャカロン》による展開手段の増加、《クイーンマドルチェ・ティアラフレース》によるモンスター展開の妨害への変換など様々な面で強化が施されました。

特に展開力の増加によって《マドルチェ・バトラスク》が絡めやすくなった事が大きく、《魔法族の里》を貼る事で返し札にも非常に強くなりました。

【ギミック・パペット】


既存の【ギミック・パペット】に足りていなかった展開力・先攻でやる事・後手の捲り能力などあらゆる面でスペックが伸び、【ギミック・パペット】名称しか出せない縛りの中で出来る事がものすごく増えました。

特に先攻ワンキルがかなり現実的な確率で出来るようになった事が大きく、さらに他の先攻ワンキル系のギミックを採用したデッキと違って、先攻ワンキル専用のカードの採用というのがほぼ0に近く、メインの動きの中で必要なカードおよびデッキ構成のままで自然に先攻ワンキルを行う事が出来てしまうのがこのテーマの魅力です。

これにより事故率や後手の安定感を全く落とさずに先攻であわよくばワンキルを狙う事が出来てしまいます。

【ミレニアム】


《千年の眠りから覚めし原人》などが出張パーツとして流行る気配がしているこのテーマ。汎用展開手段としての強さは勿論のこと、《千年の十字》からの《幻の召喚神エクゾディア》の展開の強さも見逃せません。

《千年の十字》 が通るだけで召喚権も使わずに《幻の召喚神エクゾディア》の無効効果と《怒りの業火 エクゾード・フレイム》による除去で2妨害が確定します。

この動きの欠点としてそれ以前の展開が全てバウンスされてしまうというものがありますが、ここを《彼岸の悪鬼 ファーファレル》を使って一時的に妨害カードを退かしておくことでケアするプランを取っています。

具体的な展開としては《捕食植物オフリス・スコーピオ》から《捕食植物ダーリング・コブラ》で《融合強兵》をサーチして《ナチュル・ビースト》を効果無効状態で出しつつ、2体で《彼岸の黒天使 ケルビーニ》を作って《彼岸の悪鬼 ファーファレル》《ナチュル・ビースト》を一時除外する事で、効果無効を解除しつつエンドフェイズまで飛ぶので 《千年の十字》 に巻き込まれないというプランを取っています。

これにより魔法での捲りを封じた上でエクゾディアギミックの圧倒的パワーでねじ伏せましょう。

【センチュリオン】


《竜騎士アトリィ》が登場した事によって《重騎士プリメラ》と使い分けの出来る4チューナーが増え、展開が劇的に強くなっています。

今回紹介したのは純寄りの構築ですが、レベル8非チューナーを供給できる【ミレニアム】など新弾で追加された相性の良いカードも多いので、様々なカスタマイズが期待できます。

【ヴァルモニカ】


妨害効果とフィニッシャー性能を兼ね備えた《ヴァルモニカの神奏-ヴァーラル》が登場した事に加え、《ヴァルモニカの神異-ゼブフェーラ》を素材に展開できる【デモンスミス】ギミックが相性が良いことで展開がかなり伸びやすくなり、また《創神のヴァルモニカ》で相手ターンリンク召喚も非常に行いやすくなりました。

ランク4が立ちやすい事で環境上非常に強力なメタ性能を誇る《No.41 泥睡魔獣バグースカ》を出しやすい事もあり環境上の立ち位置が非常に良いといえます。

総評

テーマ単位で組んで強そうな【白き森】【天盃龍】に加え、圧倒的なアド稼ぎ能力によって出張性能が期待されている【ミレニアム】ギミックが【ホルス】のように様々なデッキで見られる予感もあり、非常に環境の変化が楽しみな新弾となりました。

また《マルチャミー・プルリア》や《聖王の粉砕》などのメタゲームに一石を投じ得る汎用カードの登場もあり、今後の大会結果などが非常に楽しみです。

というわけで今回の「新弾テーマ全部組む」企画、いかがだったでしょうか?好評でしたら毎回行っていきたいので是非ハッシュタグや引用での感想ツイート等よろしくお願いします!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!


カテゴリ:

タグ:


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

11

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な22,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事