【2020年 霊使い】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

PV 17,847 いいね 39 コメント 0

【2020年 霊使い】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

はじめに

『【霊使い】デッキを組んで遊んでみたい!』

『【霊使い】デッキと相性が良いカードが知りたい!』

この記事はそんな方へ向けて書かれたデッキテーマ解説記事です。

【霊使い】について知らない人でも、この記事を読めば【霊使い】デッキの回し方と相性が良いカードが分かる内容となっておりますので、ぜひ最後までお楽しみください!

目次

【霊使い】デッキの特徴

【霊使い】デッキは、魔法使い族モンスターである【霊使い】と、そのサポートをする『使い魔』のモンスターで構成されています。

戦術としては『相手モンスターのコントロールを奪い戦う』、『相手の墓地のモンスターを蘇生する』という相手モンスターの力を使用した特徴的な方法で戦います。

【霊使い】デッキレシピ

『コピーしてデッキを作成する』をタップして『初手ドローテスト』を行えば、実際の【霊使い】デッキのイメージが掴めまので、ぜひお試しください

【霊使い】デッキカード解説

下級【霊使い】モンスターについて

下級【霊使い】モンスターは【霊使い】デッキで最も特徴的な『相手モンスターのコントロールを奪う』という効果を持っています。

相手モンスターのコントロールを奪い、上級の霊使いとなる【憑依装着】モンスターの展開へとつなげられます。

また、ステータスとしては以下の3点が重要となります。

  1. 魔法使い族である
  2. 守備力1500である
  3. 6つの属性の【霊使い】が存在する

《光霊使いライナ》

【リバース・効果モンスター】
星3/光/魔法使い族/攻 500/守1500
①:このカードがリバースした場合、相手フィールドの光属性モンスター1体を対象として発動する。
このモンスターが表側表示で存在する間、そのモンスターのコントロールを得る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

光属性の下級【霊使い】モンスター。

相手の光属性のモンスターのコントロールを奪うリバース効果を持ちます。

コントロールを奪えば自分フィールドに《光霊使いライナ》と光属性モンスターが揃うため、《憑依装着-ライナ》の展開条件が整います。

《闇霊使いダルク》

【 効果モンスター 】
星 3 / 闇 / 魔法使い族 / 攻500 / 守1500

リバース:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手フィールド上の闇属性モンスター1体のコントロールを得る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

闇属性の下級【霊使い】モンスター。

相手の闇属性のモンスターのコントロールを奪うリバース効果を持ちます。

コントロールを奪えば自分フィールドに《闇霊使いダルク》と闇属性モンスターが揃うため、《憑依装着-ダルク》の展開条件が整います。

《風霊使いウィン》

【 効果モンスター 】
星 3 / 風 / 魔法使い族 / 攻500 / 守1500

リバース:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手フィールド上の風属性モンスター1体のコントロールを得る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

風属性の下級【霊使い】モンスター。

相手の風属性のモンスターのコントロールを奪うリバース効果を持ちます。

コントロールを奪えば自分フィールドに《風霊使いウィン》と風属性モンスターが揃うため、《憑依装着-ウィン》の展開条件が整います。

《火霊使いヒータ》

【 効果モンスター 】
星 3 / 炎 / 魔法使い族 / 攻500 / 守1500

リバース:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手フィールド上の炎属性モンスター1体のコントロールを得る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

炎属性の下級【霊使い】モンスター。

相手の炎属性のモンスターのコントロールを奪うリバース効果を持ちます。

コントロールを奪えば自分フィールドに《火霊使いヒータ》と炎属性モンスターが揃うため、《憑依装着-ヒータ》の展開条件が整います。

《水霊使いエリア》

【 効果モンスター 】
星 3 / 水 / 魔法使い族 / 攻500 / 守1500

リバース:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手フィールド上の水属性モンスター1体のコントロールを得る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

水属性の下級【霊使い】モンスター。

相手の水属性のモンスターのコントロールを奪うリバース効果を持ちます。

コントロールを奪えば自分フィールドに《水霊使いエリア》と水属性モンスターが揃うため、《憑依装着-エリア》の展開条件が整います。

《地霊使いアウス》

【 効果モンスター 】
星 3 / 地 / 魔法使い族 / 攻500 / 守1500

リバース:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手フィールド上の地属性モンスター1体のコントロールを得る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

地属性の下級【霊使い】モンスター。

相手の地属性のモンスターのコントロールを奪うリバース効果を持ちます。

コントロールを奪えば自分フィールドに《地霊使いアウス》と地属性モンスターが揃うため、《憑依装着-アウス》の展開条件が整います。

下級【霊使い】モンスターについてのおさらい
1、魔法使い族である
2、守備力1500である
3、相手モンスターのコントロールを奪うリバース効果を持つ

【憑依装着】モンスターについて

【憑依装着】モンスターは、下級【霊使い】モンスターと対応する属性のモンスターを墓地へ送ることで、手札またはデッキから特殊召喚することができるモンスター達です。

基本的には下級【霊使い】モンスターの効果でコントロールを奪った相手モンスターを墓地へ送り、【憑依装着】モンスターを展開します。

全ての【憑依装着】モンスターが貫通効果を持っており、【憑依】魔法・罠カードの効果で攻撃力を強化し、ビートダウンをするのが役割のカード達です。

また、ステータスとしては以下の3点が重要となります。

  1. 魔法使い族である
  2. 攻撃力1850、守備力1500である
  3. 6つの属性の【霊使い】が存在する

《憑依装着-アウス》

【効果モンスター】
星4/地/魔法使い族/攻1850/守1500
①:このカードは自分フィールドの表側表示の、
「地霊使いアウス」1体と地属性モンスター1体を墓地へ送り、
手札・デッキから特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚したこのカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分フィールドの《地霊使いアウス》と地属性モンスターを墓地へ送り、手札またはデッキから特殊召喚できるモンスター。

この自身の効果で特殊召喚すると、貫通効果を得ます。

《憑依装着-ウィン》

【効果モンスター】
星4/風/魔法使い族/攻1850/守1500
①:このカードは自分フィールドの表側表示の、
「風霊使いウィン」1体と風属性モンスター1体を墓地へ送り、
手札・デッキから特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚したこのカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分フィールドの《風霊使いウィン》と風属性モンスターを墓地へ送り、手札またはデッキから特殊召喚できるモンスター。

この自身の効果で特殊召喚すると、貫通効果を得ます。

《憑依装着-エリア》

【効果モンスター】
星4/水/魔法使い族/攻1850/守1500
①:このカードは自分フィールドの表側表示の、
「水霊使いエリア」1体と水属性モンスター1体を墓地へ送り、
手札・デッキから特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚したこのカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分フィールドの《憑依装着-エリア》と水属性モンスターを墓地へ送り、手札またはデッキから特殊召喚できるモンスター。

この自身の効果で特殊召喚すると、貫通効果を得ます。

《憑依装着-ヒータ》

【効果モンスター】
星4/炎/魔法使い族/攻1850/守1500
①:このカードは自分フィールドの表側表示の、「火霊使いヒータ」1体と炎属性モンスター1体を墓地へ送り、手札・デッキから特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚したこのカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分フィールドの《火霊使いヒータ》と炎属性モンスターを墓地へ送り、手札またはデッキから特殊召喚できるモンスター。

この自身の効果で特殊召喚すると、貫通効果を得ます。

《憑依装着-ダルク》

【 効果モンスター】
星 4 / 闇 / 魔法使い族 / 攻1850 / 守1500

このカードは自分フィールド上の「闇霊使いダルク」1体と闇属性モンスター1体を墓地へ送り、手札またはデッキから特殊召喚できる。この方法で特殊召喚に成功した時、デッキからレベル3またはレベル4の魔法使い族・光属性モンスター1体を手札に加える事ができる。また、この方法で特殊召喚したこのカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分フィールドの《闇霊使いダルク》と闇属性モンスターを墓地へ送り、手札またはデッキから特殊召喚できるモンスター。

この自身の効果で特殊召喚すると、貫通効果を得ます。

また、自身の効果で特殊召喚に成功すると、デッキからレベル3、4の魔法使い族・光属性のモンスターをサーチ可能。

今回であれば《光霊使いライナ》《憑依装着-ライナ》をサーチ可能。

《憑依装着-ライナ》

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 魔法使い族 / 攻1850 / 守1500

①:このカードは「光霊使い-ライナ」1体と光属性モンスター1体を自分フィールドから墓地へ送り、手札・デッキから特殊召喚できる。
②:このカードが①の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「憑依装着-ライナ」以外の守備力1500の魔法使い族モンスター1体を手札に加える。
③:このカードの①の方法で特殊召喚したこのカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分フィールドの《光霊使いライナ》と光属性モンスターを墓地へ送り、手札またはデッキから特殊召喚できるモンスター。

この自身の効果で特殊召喚すると、貫通効果を得ます。

また、デッキから守備力1500の魔法使い族モンスターをサーチできます。

テーマ内であれば下級【霊使い】モンスターをこの効果でサーチ可能。

【憑依装着】モンスターについてのおさらい
1、下級【霊使い】+対応する属性のモンスターを墓地へ送り手札またはデッキから特殊召喚できる
2、貫通効果を持つ
3、魔法使い族、攻撃力1850、守備力1500

【霊使い】リンクモンスターについて

【霊使い】リンクモンスターはルール上【憑依装着】カードとしても扱うモンスター達です。

相手の墓地の対応する属性のモンスターを自分フィールドに蘇生する効果と、自身が破壊された際にデッキから対応する属性のモンスターを手札に加える効果を持ちます。

《清冽の水霊使いエリア》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 水 / 魔法使い族 / 攻1850 /

水属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから守備力1500以下の水属性モンスター1体を手札に加える。

【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

水属性モンスターを含むモンスター2体でリンク召喚可能な、2つの効果を持ったモンスター。

①の効果は、相手の墓地の水属性モンスターを自身のリンク先へ蘇生する効果。

相手が水属性をメインとしたデッキなら、リンク数を伸ばし、より強力なリンクモンスターの展開へと繋げられます。

また、デメリット無しで蘇生するため、エースモンスターを奪いこちらの戦力として活躍させることも可能。

②の効果はリンク召喚した自身が戦闘または相手の効果で破壊された際に、デッキから守備力1500以下の水属性モンスターを手札に加える効果。

相手に依存した発動条件ではありますが、対応している属性内でのサーチ範囲が広いのが強み

《崔嵬の地霊使いアウス》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 地 / 魔法使い族 / 攻1850 /

地属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:相手の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから守備力1500以下の地属性モンスター1体を手札に加える。

【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

地属性モンスターを含むモンスター2体でリンク召喚可能な、2つの効果を持ったモンスター。

①の効果は、相手の墓地の地属性モンスターを自身のリンク先へ蘇生する効果。

ほぼ全てのデッキに採用されている《増殖するG》があるため、殆ど腐らずにこの効果を運用可能。

②の効果はリンク召喚した自身が戦闘または相手の効果で破壊された際に、デッキから守備力1500以下の地属性モンスターを手札に加える効果。

汎用性の高い《増殖するG》をサーチ可能。

《蒼翠の風霊使いウィン》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 風 / 魔法使い族 / 攻1850 /

風属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の風属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから守備力1500以下の風属性モンスター1体を手札に加える。

【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

風属性モンスターを含むモンスター2体でリンク召喚可能な、2つの効果を持ったモンスター。

①の効果は、相手の墓地の風属性モンスターを自身のリンク先へ蘇生する効果。

②の効果はリンク召喚した自身が戦闘または相手の効果で破壊された際に、デッキから守備力1500以下の風属性モンスターを手札に加える効果。

《灼熱の火霊使いヒータ》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 炎 / 魔法使い族 / 攻1850 /

炎属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の炎属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから守備力1500以下の炎属性モンスター1体を手札に加える。
【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

炎属性モンスターを含むモンスター2体でリンク召喚可能な、2つの効果を持ったモンスター。

①の効果は、相手の墓地の風属性モンスターを自身のリンク先へ蘇生する効果。

②の効果はリンク召喚した自身が戦闘または相手の効果で破壊された際に、デッキから守備力1500以下の炎属性モンスターを手札に加える効果。

【霊使い】リンクモンスターについてのおさらい
1、攻撃力1850
2、相手の墓地のモンスターをリンク先に蘇生する
3、破壊された際にデッキから対応する属性のモンスターをサーチ可能

使い魔のモンスターについて

【霊使い】達が使役するモンスター達。

自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合に手札から特殊召喚でき、更に追加で使い魔達を展開する効果を持ちます。

【霊使い】デッキでは非常に特殊召喚しやすいですが、同名モンスターはフィールドに1体しか存在できない制約を持ちます。

また、ステータスとしては以下の点が重要となります。

  • 攻撃力1500、守備力200

《ジゴバイト》

【 効果モンスター 】
星 4 / 水 / 爬虫類族 / 攻1500 / 守200

①:「ジゴバイト」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
③:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「ジゴバイト」以外の攻撃力1500/守備力200のモンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

攻撃力1500、守備力200で、3つの効果を持った水属性モンスター。

①の効果は《ジゴバイト》は自分フィールドに1体しか存在できない効果。

②の効果は自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合に手札から特殊召喚できる効果。

【霊使い】モンスターは共通して『魔法使い族』なので、容易に手札から特殊召喚可能。

③の効果はこの《ジゴバイト》が戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた際に、デッキから《ジゴバイト》以外の攻撃力1500/守備力200のモンスターを特殊召喚する効果。

このデッキであれば後述の《ランリュウ》《稲荷火》《デーモン・イーター》を特殊召喚できます。

《ランリュウ》

【 効果モンスター 】
星 4 / 風 / ドラゴン族 / 攻1500 / 守200

①:「ランリュウ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
③:このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、「ランリュウ」以外の自分の墓地の攻撃力1500/守備力200のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

攻撃力1500、守備力200で、3つの効果を持った風属性モンスター。

①の効果は《ランリュウ》は自分フィールドに1体しか存在できない効果。

②の効果は自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合に手札から特殊召喚できる効果。

③の効果はこの《ランリュウ》が戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた際に、墓地の《ランリュウ》以外の攻撃力1500/守備力200のモンスターを蘇生する効果。

《ジゴバイト》を蘇生すれば、《ジゴバイト》が破壊された際にデッキから後続の攻撃力1500/守備力200のモンスターを特殊召喚可能。

《デーモン・イーター》

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 獣族 / 攻1500 / 守200

①:「デーモン・イーター」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
②:自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
③:相手エンドフェイズにこのカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、このカードを墓地から特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

攻撃力1500、守備力200で、3つの効果を持った地属性モンスター。

①の効果は《デーモン・イーター》は自分フィールドに1体しか存在できない効果。

②の効果は自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合に手札から特殊召喚できる効果。

③の効果は、相手のエンドフェイズ時にこの《デーモン・イーター》が存在する場合に、自分フィールド上のモンスター1体を対象として発動できる効果で、その対象としたモンスターを破壊し、墓地のこの《デーモン・イーター》を蘇生します。

自分のモンスターを能動的に破壊できるので、効果で破壊された際に効果を発動する《ジゴバイト》《ランリュウ》《稲荷火》とシナジーするよう設計されています。

また、効果での破壊は後述の《憑依解放》の③の効果の発動トリガーにもなります。

《稲荷火》

【 効果モンスター 】
星 4 / 炎 / 炎族 / 攻1500 / 守200

自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。フィールド上に表側表示で存在するこのカードがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、次の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から特殊召喚する。「稲荷火」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

攻撃力1500、守備力200で、3つの効果を持った炎属性モンスター。

①の効果は《稲荷火》は自分フィールドに1体しか存在できない効果。

②の効果は自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合に手札から特殊召喚できる効果。

③の効果はこの《稲荷火》が効果で破壊され墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに墓地のこの《稲荷火》自身を蘇生する効果。

《デーモン・イーター》の効果でこのカードを破壊することで、フィールドに《稲荷火》《デーモン・イーター》の2体を展開可能。

使い魔のモンスターについてのおさらい
1、攻撃力1500/守備力200
2、自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在すれば手札から特殊召喚可能
3、同名モンスターは1体しか存在できない

【憑依覚醒】モンスターについて

【憑依覚醒】モンスターは先程の使い魔のモンスターが進化した姿で、自分フィールドの魔法使い族モンスターと対応する属性のモンスターを墓地へ送ることで、手札・デッキから特殊召喚することができます。

【憑依装着】モンスターと似た展開条件ですね。

フィールドから墓地へ送られた際に【憑依】魔法・罠カードをサーチできる、このデッキでも特に重要な効果を持ちます。

《憑依覚醒-デーモン・リーパー》

【効果モンスター】
星5/地属性/獣族/攻2000/守 200
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは自分フィールドの表側表示の、魔法使い族モンスター1体とレベル4以下の地属性モンスター1体を墓地へ送り、手札・デッキから特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで効果を無効にして特殊召喚する。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「地霊術」カードまたは「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

3つの効果を持った【憑依覚醒】モンスター。

①の効果は自分フィールドの表側表示の魔法使い族モンスター1体と、レベル4以下の地属性モンスターを墓地へ送ることで手札・デッキから特殊召喚可能な効果。

【霊使い】等の『魔法使い族』と《デーモン・イーター》等の地属性モンスターを墓地へ送り、特殊召喚できます。

②の効果はこのカードが自身の①の効果で特殊召喚に成功した場合、墓地のレベル4以下のモンスターを効果を無効にして特殊召喚できる効果。

①の効果でフィールドのモンスターを2体消費してこの《憑依覚醒-デーモン・リーパー》を展開しますが、この②の効果によって場に再び2体のモンスターを用意できます。

③の効果はこの《憑依覚醒-デーモン・リーパー》がフィールドから墓地へ送られた際、デッキから【地霊術】カードまたは【憑依】魔法・罠カードを手札に加える効果。

【地霊術】カードの場合は《地霊術-「鉄」》をサーチすることになりますが、基本的にはより強力な【憑依】魔法・罠のサーチとなります。

《憑依覚醒-大稲荷火》

【効果モンスター】
星5/炎属性/炎族/攻2000/守 200
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは自分フィールドの表側表示の、魔法使い族モンスター1体とレベル4以下の炎属性モンスター1体を墓地へ送り、
手札・デッキから特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選び、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「火霊術」カードまたは「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

3つの効果を持った【憑依覚醒】モンスター。

①の効果は自分フィールドの表側表示の魔法使い族モンスター1体と、レベル4以下の炎属性モンスターを墓地へ送ることで手札・デッキから特殊召喚可能な効果。

【霊使い】等の『魔法使い族』と《稲荷火》等の炎属性モンスターを墓地へ送り、特殊召喚できます。

②の効果はこのカードが自身の①の効果で特殊召喚に成功した場合、相手モンスタ1体を選び、その攻撃力分のダメージを相手に与える効果。

相手に依存しますが、その攻撃力分のバーンダメージは強力。

③の効果はこの《憑依覚醒-大稲荷火》がフィールドから墓地へ送られた際、デッキから【火霊術】カードまたは【憑依】魔法・罠カードを手札に加える効果。

【火霊術】カードの場合は《火霊術-「紅」》をサーチすることになります。

《火霊術-「紅」》も大きなバーンダメージを与えらえるので、バーンダメージに特化する構築の場合はこちらも採用してみましょう。

【霊使い】サポートフィールド魔法について

《大霊術-「一輪」》

【フィールド魔法】
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、自分フィールドに守備力1500の魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動したモンスター効果を無効にする。
②:自分メインフェイズに発動できる。
手札の魔法使い族モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターと同じ属性で攻撃力1500/守備力200のモンスター1体をデッキから手札に加え、見せたカードをデッキに戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持ったフィールド魔法カード。

①の効果は1ターンに1度、自分フィールドに守備力1500の魔法使い族モンスターが存在する場合に、相手のモンスター効果を無効にする効果。

下級【霊使い】や、【憑依装着】モンスターが存在すればこの効果を機能させることができます。

無効にするタイミングは選べませんが、チェーンを組まず、コストを支払わずに毎ターンモンスター効果の妨害が可能。

②の効果はメインフェイズに手札の魔法使い族モンスターを相手に見せて、同じ属性で攻撃力1500/守備力200のモンスターをデッキから手札に加え、見せたカードをデッキへ戻す効果。

基本的にはデッキから特殊召喚したい【憑依装着】モンスターをデッキへ戻し、対応する属性の使い魔のモンスターをサーチすることになります。

【憑依】魔法・罠カードについて

【憑依】魔法カードは【霊使い】、【憑依装着】モンスターを強力にサポートする効果を持ちます。

また、《憑依覚醒-デーモン・リーパー》《憑依覚醒-大稲荷火》《精霊術の使い手》の効果によってデッキからサーチすることが可能です。

《憑依連携》

【通常罠】
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分の手札・墓地から守備力1500の魔法使い族モンスター1体を選び、表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
自分フィールドのモンスターの属性が2種類以上の場合、さらにフィールドの表側表示のカード1枚を選んで破壊できる。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「憑依」永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドに表側表示で置く。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持った【憑依】罠カード。

①の効果は自分の手札・墓地から守備力1500の魔法使い族モンスターを選び、表側攻撃表示か裏側守備表示で特殊召喚し、更に自分フィールドのモンスターの属性が2種類以上なら、フィールドの表側表示のカードを対象に取らずに破壊可能。

下級【霊使い】モンスターを展開する場合は裏側守備表示でリバースの発動の準備をし、【憑依装着】モンスターであれば攻撃表示で特殊召喚しましょう。

また、追加でフィールドのカードを破壊する効果は属性がバラけた【霊使い】デッキで非常に条件が満たしやすく、このデッキでは殆どの場合でこの破壊効果を使用できます。

②の効果は墓地のこのカードを除外し、墓地の【憑依】永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる効果で、そのカードを自分フィールドへ表側表示で置きます。

後述の《憑依覚醒》《憑依解放》が除去されてもこの効果で再びフィールドへ発動することが可能。

《憑依覚醒》

【 永続魔法 】

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスターの攻撃力は、自分フィールドのモンスターの属性の種類×300アップする。
②:自分フィールドの「霊使い」モンスター及び「憑依装着」モンスターは効果では破壊されない。
③:自分フィールドに攻撃力1850の魔法使い族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

3つの効果を持った【憑依】永続魔法カード。

①の効果は自分フィールド上のモンスターの攻撃力を、自分フィールドのモンスターの属性の数×500ポイント強化する効果。

【霊使い】デッキであれば最大で1500ポイントの攻撃力を強化可能。

②の効果は自分フィールドの【霊使い】モンスターと【憑依装着】モンスターへ効果破壊耐性を付与する効果。

採用されている下級【霊使い】、【憑依装着】モンスター、【霊使い】リンクモンスター全てへ効果破壊耐性を付与できます。

③の効果は、自分フィールドに攻撃力1850の魔法使い族モンスターが召喚・特殊召喚された際に強制発動する効果で、デッキからカードを1枚ドローします。

【霊使い】の展開がそのままドローへ繋がるため、アドバンテージを稼ぐために序盤で発動していきたいカードですね。

自分ターンだけでなく、《憑依連携》を使用することで相手ターンでのドローも狙うことができます。

《憑依解放》

【 永続罠 】

「憑依解放」の③の効果は1ターンに1度しか使用出来ない。
①:自分の「霊使い」モンスターは戦闘では破壊されない。
②:自分の「憑依装着」モンスターの攻撃力は、相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ800アップする。
③:このカードが魔法・罠ゾーンに存在し、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動できる。
そのモンスター1体の元々の属性と異なる属性を持つ守備力1500魔法使い族モンスター1体を、デッキから表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

3つの効果を持った【憑依】永続罠カード。

①の効果は【霊使い】モンスターへ戦闘破壊耐性を付与する効果。

下級【霊使い】モンスターは戦闘で破壊されてしまうとコントロールを奪うリバース効果が機能しないため、この効果によって発動の成功確率をアップすることができます。

②の効果は自分の【憑依装着】モンスターが攻撃する際、その攻撃力を800ポイントアップさせる効果。

【憑依装着】モンスターは元々の攻撃力が1850あるので、この効果によって2650まで強化することができます。

《憑依覚醒》が発動していればより高い攻撃力へ!)

③の効果は自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、そのモンスターと元々の属性が異なる、守備力1500のモンスターをデッキから表側攻撃表示、または裏側守備表示で特殊召喚できる効果。

デッキから任意の【霊使い】モンスターを展開できるので、対応した属性の下級【霊使い】モンスターをデッキからセットし、相手モンスターのコントロールを奪う準備を整えることが可能。

デッキのメインエンジン!《精霊術の使い手》

《精霊術の使い手》

【速攻魔法】
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「霊使い」モンスター、「憑依装着」モンスター、
「憑依」魔法・罠カードの内、2枚を選ぶ(同名カードは1枚まで)。
その内の1枚を手札に加え、もう1枚を自分フィールドにセットする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札コスト1枚で発動可能な速攻魔法カード。

デッキから【霊使い】モンスター、【憑依装着】モンスター、【憑依】魔法・罠カードの中から2枚を選び、1枚をフィールドへセットし、もう1枚を手札に加える効果を持ちます。

幅広いカード種類から状況に応じたカードへアクセスできる、【霊使い】デッキでも特に重要な魔法カードです。

魔法・罠だけでなくモンスターであってもセット可能なので、下級【霊使い】モンスターであればリバースの準備が可能。

【霊使い】デッキの回し方〜概要〜

【霊使い】デッキの回し方①:リバース効果で相手のモンスターを奪おう!

レベル3の下級【霊使い】モンスターはリバースすることによって対応する属性の相手モンスターのコントロールを奪うことができます。

戦闘で破壊されてしまうと相手モンスターのコントロールを奪えないため、《憑依解放》で戦闘破壊耐性を付与して、確実に相手モンスターのコントロールを奪えるようにしましょう。

【霊使い】デッキの回し方②:デッキから【憑依覚醒】モンスターを特殊召喚しよう!

下級【霊使い】モンスターの効果で相手モンスターのコントロールを奪ったら、対応するモンスターをフィールドから墓地へ送り、デッキから【憑依覚醒】モンスターを特殊召喚しましょう!

【霊使い】デッキの回し方③:使い魔のモンスターを展開しよう!

場に【霊使い】、【憑依覚醒】等の魔法使い族モンスターを展開したら、手札の《ジゴバイト》《ランリュウ》《稲荷火》《デーモン・イーター》などの使い魔となるモンスターを展開しましょう。

これらのモンスターは《大霊術-「一輪」》の効果によってデッキから手札に加えることも可能。

【霊使い】デッキの回し方③:デッキから【憑依覚醒】モンスターを展開しよう!

場に【霊使い】と使い魔となる《デーモン・イーター》《稲荷火》を展開したら、それらのモンスターをフィールドから墓地へ送り、デッキから【憑依覚醒】モンスターを展開しましょう!

《憑依覚醒-デーモン・リーパー》は墓地の下級モンスターを蘇生することで【霊使い】リンクモンスターの展開を補助しつつ、【憑依】魔法・罠カードのサーチを行うことができます。

《憑依覚醒-大稲荷火》はバーンダメージを与えつつ、【憑依】魔法・罠カードのサーチへと繋げられます。

【霊使い】デッキの回し方④:【霊使い】リンクモンスターで相手の墓地のモンスターを蘇生しよう!

相手の墓地にモンスターが存在する場合、その墓地のモンスターの属性に対応する【霊使い】リンクモンスターを展開しましょう。

相手の墓地のモンスターを自分の場に蘇生し、リンク素材として活用することもできます。

または蘇生したモンスターは完全にコントロールを得ているため、こちらのアタッカーとしての活躍も期待できます。

【霊使い】デッキの回し方⑤:【憑依】魔法・罠を駆使して【霊使い】の力を引き出そう!

戦闘・効果破壊耐性の付与、墓地からの【霊使い】の蘇生等、【憑依】魔法・罠カードは様々な場面で【霊使い】をサポートします。

【憑依】魔法・罠カードは『フィールド魔法』、『永続魔法』、『永続罠』とフィールドへ残るものが多く、フィールドへ維持できるほど有利にデュエルを進められます。

《精霊術の使い手》《憑依覚醒-デーモン・リーパー》《憑依覚醒-大稲荷火》の効果で積極的にサーチして、発動していきましょう。

【霊使い】デッキと相性が良いカード

必須級:【霊使い】デッキと相性が良いカード

《太陽の魔術師エダ》

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 魔法使い族 / 攻1500 / 守1500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。手札・デッキから「太陽の魔術師エダ」以外の守備力1500の魔法使い族モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。
②:相手メインフェイズに発動できる。自分フィールドの裏側表示の魔法使い族モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持った守備力1500の魔法使い族モンスター。

①の効果はこのカードが召喚・リバースした場合に発動できるので、手札・デッキから《太陽の魔術師エダ》以外の守備力1500の魔法使い族モンスターを裏側守備表示で特殊召喚できる効果。

リバース効果を持った下級【霊使い】モンスターを特殊召喚し、コントロール奪取の準備を整えることができます。

②の効果は相手のメインフェイズに発動できる効果で、自分フィールドの裏側守備表示のモンスターを表側攻撃表示または守備表示に変更する効果。

任意のタイミングで【霊使い】をリバースさせ、コントロール奪取の効果を発動させることができます。

また、このカードは守備力1500なので、《憑依連携》の効果で裏側守備表示で蘇生し、①の効果を発動する準備をすることができます。

カスタム案:【霊使い】デッキと相性が良いカード

《妖精伝姫-カグヤ》

【 効果モンスター 】
星 4 / 光 / 魔法使い族 / 攻1850 / 守1000

①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスター1体を手札に加える。
②:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
相手はそのモンスターの同名カード1枚を自身のデッキ・エクストラデッキから墓地へ送ってこの効果を無効にできる。
墓地へ送らなかった場合、このカードと対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持った攻撃力1850の魔法使い族モンスター。

まず攻撃力が1850なので、《憑依覚醒》によるドロー効果の発動を狙えます。

①の効果はこの《妖精伝姫-カグヤ》の召喚成功時、デッキから攻撃力1850の魔法使い族モンスターを手札に加える効果。

《妖精伝姫-カグヤ》自身をサーチするか、【憑依装着】モンスターをサーチできます。

②の効果はこの《妖精伝姫-カグヤ》自身と相手モンスターを対象として発動できる効果で、その2体のモンスターを手札に戻します。

相手は同名のモンスターを墓地へ送ればこの効果を無効化できますが、【霊使い】リンクモンスターによって蘇生する候補が増えるため、好都合に働きます。

《海亀壊獣ガメシエル》

【 効果モンスター 】
星 8 / 水 / 水族 / 攻2200 / 守3000

①:このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
②:相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
③:「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
④:相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手モンスターをリリースして相手フィールドへ展開できる【壊獣】モンスターの1体。

相手の厄介なモンスターを除去しつつ、下級【霊使い】で相手モンスターのコントロールを奪う準備を整えられます。

また、高い攻撃力の【壊獣】を相手の場に展開すれば、《憑依覚醒-大稲荷火》のバーンダメージもこちらでコントロール可能になります。

《簡易融合》

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:1000LPを払って発動できる。レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

1000ライフを支払い発動可能な通常魔法カード。

EXデッキからレベル5以下の融合モンスターを融合召喚します。

特に相性が良いのは魔法使い族である《サウザンド・アイズ・サクリファイス》で、相手モンスターを除去しつつ、手札の《稲荷火》《デーモン・イーター》《ランリュウ》《ジゴバイト》を展開可能となります。

《魔法族の里》

【 フィールド魔法 】

自分フィールド上にのみ魔法使い族モンスターが存在する場合、相手は魔法カードを発動する事ができない。自分フィールド上に魔法使い族モンスターが存在しない場合、自分は魔法カードを発動する事ができない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

魔法使い族モンスターが存在する限り、相手の魔法カードの発動を封じるフィールド魔法カード。

モンスター効果を封じるフィールド魔法、《大霊術-「一輪」》と好みで使い分けましょう。

おわりに

カーナベルでは今回の記事内で紹介した【霊使い】カードや相性の良いカードを豊富に準備しております!

当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【霊使い】のデッキパーツをお届けします。

オマケ:【精霊術の使い手】収録トークン

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

39