【2020年 堕天使】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

PV 26,673 いいね 47 コメント 2

【2020年 堕天使】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

はじめに

『【堕天使】デッキを組んで遊んでみたい!』

この記事はそんな方へ向けて書かれたデッキテーマ解説記事です。

この記事では【堕天使】デッキの魅力をお伝えしていきます!

また、デッキを組みたくなった方はそのまま【堕天使】関連カードをまとめて購入することもできます!
当日の15時までにご注文頂ければ、即日発送で【堕天使】のデッキパーツをお届けします。

目次

【堕天使】デッキレシピ

『コピーしてデッキを作成する』をタップして『初手ドロー』を行えば、実際の【堕天使】デッキのイメージが掴めますので、ぜひお試しください

【堕天使】デッキの回し方

【堕天使】の回し方①:豊富なドローソース、サーチカードの効果を使用して手札・墓地の状態を整えよう!

【堕天使】デッキはテーマ内にドロー効果を持ったカード、サーチ効果を持ったカードが豊富に存在し、相性の良いドローソースもあります。

まずはそれらのカードを使用して手札の質を上げつつ、墓地を肥やしましょう。

堕天使イシュタム

【 効果モンスター 】
星 10 / 闇 / 天使族 / 攻2500 / 守2900

自分は「堕天使イシュタム」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からこのカードと「堕天使」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カードの効果を適用する。
その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札の【堕天使】カードをコストとして手札入れ替えを行うことができます。

堕天使の追放

【 通常魔法 】

「堕天使の追放」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「堕天使の追放」以外の「堕天使」カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

シンプルな【堕天使】カードサーチ効果。

【堕天使】モンスター、【堕天使】魔法・罠カードをサーチ可能。

悦楽の堕天使

【 効果モンスター 】
星 4 / 闇 / 天使族 / 攻1600 / 守0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「悦楽の堕天使」以外の、レベルが異なる「堕天使」モンスター2体を選び、その内の1体を相手フィールドに守備表示で特殊召喚し、もう1体を自分の手札に加える。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は天使族以外のモンスターの効果を発動できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手の場に【堕天使】モンスターを展開しつつ、デッキから【堕天使】モンスターをサーチする効果を持ちます。

相手の場に特殊召喚した【堕天使】モンスターは《堕天使降臨》で対象を取るモンスターとしてや、《超融合》で素材としたり、《堕天使ルシフェル》の①の効果で出せる【堕天使】モンスターの数を増やすために役立ちます。

トレード・イン

【 通常魔法 】

手札からレベル8のモンスターカードを1枚捨てる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《堕天使スペルビア》《堕天使ネルガル》をコストとした手札入れ替えが可能。

闇の誘惑

【 通常魔法 】

自分のデッキからカードを2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスターカード1枚をゲームから除外する。手札に闇属性モンスターカードがない場合、手札を全て墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【堕天使】モンスターは全て『闇属性』なので、ドローソースとして問題なくこのカードを採用できます。

【堕天使】の回し方②:【堕天使】モンスターをフィールドへ展開しよう!

墓地から【堕天使】モンスターを蘇生する効果を持った《堕天使の戒壇》、または自身の効果で特殊召喚できる《堕天使マスティマ》をフィールドへ特殊召喚しましょう。

堕天使の戒壇

【 通常魔法 】

「堕天使の戒壇」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の「堕天使」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【堕天使】限定の蘇生カード。

《堕天使スペルビア》を蘇生すれば、追加で墓地の『天使族』モンスターを蘇生できます。

堕天使マスティマ

【 効果モンスター 】
星 7 / 闇 / 天使族 / 攻2600 / 守2600

自分は「堕天使マスティマ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からこのカード以外の「堕天使」カード2枚を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カードの効果を適用する。
その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札消費は激しいですが、自身の効果でフィールドへ展開することができます。

【堕天使】の回し方①:墓地の【堕天使】魔法・罠カードの効果を再使用しよう!

【堕天使】モンスターをフィールドへ展開したら、共通効果を発動して墓地の【堕天使】魔法・罠カードの効果を使用しましょう。

堕天使イシュタム

【 効果モンスター 】
星 10 / 闇 / 天使族 / 攻2500 / 守2900

自分は「堕天使イシュタム」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からこのカードと「堕天使」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
その魔法・罠カードの効果を適用する。
その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【堕天使】の最も特徴的といえるのがこの②の効果で、ライフコスト1000を払うことで、墓地の【堕天使】魔法・罠の効果をフリーチェーンで発動することができます。

例えばこの効果で墓地の《堕天使の追放》を対象とすれば、デッキから【堕天使】カードをサーチすることができます。

ここでポイントとなるのは以下の2点。

  • モンスター効果として効果を使用するので、1ターンに1度しか発動できない魔法・罠カードでも効果を発動できる
  • 効果だけを適用するため、発動コストは支払わなくても良い(《堕天使降臨》であればLPを半分支払わなくても効果を使用できる)

この《堕天使イシュタム》が持つ②の効果は《堕天使マスティマ》《堕天使ネルガル》《堕天使アムドゥシアス》等の【堕天使】モンスターが持っています。

この共通効果を使用して【堕天使】魔法・罠カードの効果を使用しましょう。

  • 《堕天使の追放》|デッキから【堕天使】カードサーチ
  • 《堕天使の戒壇》|墓地の【堕天使】を蘇生
  • 《神属の堕天使》|フィールドのモンスター1体の効果を無効化し、LPを回復
  • 《堕天使降臨》|相手の場のモンスターと同じレベルの【堕天使】を最大2体蘇生
  • 《背徳の堕天使》|フィールドのカード1枚を選んで破壊
  • 《叛逆の堕天使》|闇属性融合モンスターを融合召喚

【堕天使】魔法・罠をフィールドで発動し、墓地から再度【堕天使】魔法・罠カードを使用する。
または発動コストが重い【堕天使】罠カードを墓地へ送りコストを踏み倒して強力な効果を使用していきましょう。

【堕天使】の回し方③:《黎明の堕天使ルシフェル》を融合召喚しよう!

《叛逆の堕天使》を発動、または【堕天使】モンスターの共通効果で《叛逆の堕天使》の効果を適用して《黎明の堕天使ルシフェル》を融合召喚しましょう。

叛逆の堕天使

【 通常罠 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「堕天使」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分の手札・フィールドから、闇属性の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。その後、このカードを発動するために墓地へ送ったモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《黎明の堕天使ルシフェル》の融合素材は『天使族・闇属性モンスター3体』です。

【堕天使】モンスター3体を素材として融合召喚を行いましょう。

《堕天使ルシフェル》を融合素材とすれば、①の効果を発動することができます。

黎明の堕天使ルシフェル

【 融合モンスター 】
星 12 / 闇 / 天使族 / 攻4000 / 守4000

天使族・闇属性モンスター×3
このカード名の①③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:「堕天使ルシフェル」を素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドのカードを全て破壊する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの天使族モンスターは相手の効果の対象にならない。
③:自分・相手のメインフェイズに1000LPを払って発動できる。自分の手札・墓地から天使族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

②の効果で【堕天使】全体に対象耐性を付与でき、③の効果でフリーチェーンで【堕天使】モンスターの蘇生・展開が可能となります。

攻撃力も4000と非常に高く、アタッカーとして優秀。

【堕天使】の回し方④:《失楽の堕天使》でデッキ回転率アップ&アドバンス召喚サポート!

失楽の堕天使

【 リンクモンスター 】
星 2 / 闇 / 天使族 / 攻1600 /

天使族モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分がモンスター2体のリリースを必要とする天使族モンスターのアドバンス召喚をする場合、モンスター2体をリリースせずに自分の墓地からモンスター2体を除外してアドバンス召喚できる。
②:手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「堕天使」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
③:自分エンドフェイズに発動する。自分はフィールドの天使族モンスターの数×500LP回復する。
【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

天使族2体でリンク召喚できるモンスター。

①の効果により《堕天使ルシフェル》《堕天使ネルガル》などの上級【堕天使】モンスターのアドバンス召喚をサポートします。

②の効果では手札コストを使用してデッキから【堕天使】モンスターをサーチ可能。

③の効果は共通効果でライフをどんどん支払っていく【堕天使】にとっては貴重なLP回復効果。

①〜③の優秀な効果で【堕天使】をサポートします。

【堕天使】デッキと相性が良いカード

《闇の誘惑》

闇の誘惑

【 通常魔法 】

自分のデッキからカードを2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスターカード1枚をゲームから除外する。手札に闇属性モンスターカードがない場合、手札を全て墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【堕天使】モンスターは全て『闇属性』なので、デッキの回転率を上げるドローソースカードとして採用可能。

《トレード・イン》

トレード・イン

【 通常魔法 】

手札からレベル8のモンスターカードを1枚捨てる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《堕天使スペルビア》《堕天使ネルガル》等のレベル8【堕天使】モンスターをコストとしてデッキの回転率を上げられます。

《トリックスター・ヒヨス》

トリックスター・ヒヨス

【 効果モンスター 】
星 1 / 光 / 天使族 / 攻100 / 守0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが「トリックスター」リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このカードを素材として《トリックスター・ブルム》をリンク召喚し、《トリックスター・ヒヨス》自身の①の効果を発動し、墓地へ送られた《トリックスター・ヒヨス》自身を特殊召喚することで、フィールドに『天使族モンスター2体』を揃えることができるため、そのまま《失楽の堕天使》のリンク召喚へと繋げられます。

《ワン・フォー・ワン》の発動でこのカードを特殊召喚すれば、《失楽の堕天使》を展開した後に召喚権を余すことができるため、そのまま《堕天使ルシフェル》などの上級【堕天使】のアドバンス召喚へと繋げられます。

《超融合》

超融合

【 速攻魔法 】

手札を1枚捨てる。自分または相手フィールド上から融合モンスターカードによって決められたモンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない。(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《悦楽の堕天使》の効果によって相手フィールド上に【堕天使】モンスターを特殊召喚することになるため、相手フィールド上のモンスターを融合素材にできるこのカードは相性が良いです。

《黎明の堕天使ルシフェル》の融合召喚だけでなく、《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》《捕食植物トリフィオヴェルトゥム》などの融合召喚も狙えます。

【堕天使】デッキのオススメの対戦動画

【堕天使】デッキ対策カード

《三戦の才》

三戦の才

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このターンの自分メインフェイズに相手がモンスターの効果を発動している場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分はデッキから2枚ドローする。
●相手フィールドのモンスター1体を選び、エンドフェイズまでコントロールを得る。
●相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んでデッキに戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【堕天使】デッキは《堕天使イシュタム》などが持つ共通効果の性質上、相手ターン中にモンスター効果を使うことが多いです。

そのため、容易に《三戦の才》の発動条件を満たすことができます。

《ブラック・ホール》

ブラック・ホール

【 通常魔法 】

フィールドに存在する全てのモンスターを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《黎明の堕天使ルシフェル》が展開され、【堕天使】に対象耐性が付与されている状況であっても、このカード1枚で【堕天使】を一掃することができます。

《堕天使テスカトリポカ》を採用している構築の場合は、破壊を防がれてしまいますが、《堕天使テスカトリポカ》はレベルが9であるという点と、デッキの展開に関わらない効果であるという点から採用率が低いため、全体除去が弱点となりやすい傾向があります。

《サンダー・ボルト》も同様の理由で対策カードとなります。

《冥王結界波》

冥王結界波

【 通常魔法 】

このカードの発動に対してモンスターの効果は発動できない。
①:相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【堕天使】モンスターのチェーンを許さず、そのターン中の【堕天使】モンスターを沈黙させることが可能。

【堕天使】魔法・罠の効果を使用されることが無いので安全に立ち回ることができるようになります。

おわりに

カーナベルでは【堕天使】カードや相性の良いカードを豊富に取り揃えておりますので、【堕天使】デッキが組みたくなった方はぜひチェックしてみてください!

当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【堕天使】のデッキパーツをお届けします。

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (2)

きいろ

記事拝読しました!新しく増えた堕天使のカードのことを知らなかったのですが、とてもわかりやすく解説されていてありがたかったです。

ところで、【堕天使】対策のなかで破壊耐性が無いという話を挙げておられました。私としては「堕天使テスカトリポカ」が該当するかと考えていたのですが…。なにか、今回の紹介で採用されなかった理由などありましたら、ぜひご教示くださると嬉しいです!

1
ガチまとめ遊戯王担当

嬉しいお言葉ありがとうございます😆

確かに《堕天使テスカトリポカ》は手札から捨てることで【堕天使】の破壊を防ぐことができる能力を持っていましたね・・・・。完全に頭から抜けてしまっていました、申し訳ございません😓

今回の紹介で採用しなかった理由としては、《堕天使テスカトリポカ》が展開に関する効果を持たず、事故率を下げたい【堕天使】デッキでは優先度が低いだろうとの理由でした。

5

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

47