【2021年 マリンセスデッキ 入門書】テーマのカードが全て初動!?脅威の安定感!

PV 73,098 いいね 3 9

【2021年 マリンセスデッキ 入門書】テーマのカードが全て初動!?脅威の安定感!

はじめに

こんにちは、はみるとんです!今回は「深淵のデュエリスト編」で大幅に強化された【マリンセス】デッキを紹介していきます!

単体初動からの連続展開が魅力のテーマでしたが、新規カードの登場によって展開がさらに強化されています!

なんとあらゆる【マリンセス】モンスターが初動になれるという徹底っぷり、安定感随一のテーマということで、実際どのような動きが出来るのか見ていきましょう!

目次

【マリンセス】デッキレシピ


このデッキレシピで行える具体的な展開はこちら ▼

【 マリンセス 】デッキの特徴

安定した初動

【マリンセス】モンスターは、リンク1の《海晶乙女シーエンジェル》が《海晶乙女の潜逅》によって2体分のリンク素材となり、リンク2の《スプラッシュ・メイジ》が蘇生効果によって3体分のリンク素材となり、そこから出てくる《海晶乙女コーラルアネモネ》がリンクマーカー4つ分の素材となる、といった感じで、少ないモンスター数からどんどんリンク数を増やしていく事が出来ます。

強固な耐性

最終盤面に並ぶ【マリンセス】モンスターは《海晶乙女クリスタルハート》《海晶乙女波動》などによる耐性によってカードの効果から守る事ができ、非常に返されづらい場を形成する事が出来ます。

戦闘面でも《海晶乙女の闘海》によって打点をあげることでケアできるほか、《海晶乙女コーラルアネモネ》によって後続のリソースを手札に持っておく事もでき、耐久面がとても優秀なテーマです。

【 マリンセス 】カードの解説

初動となる【マリンセス】モンスター

【 効果モンスター 】
星3 / 水属性 / サイバース族 / 攻1400 / 守1000
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは「マリンセス」リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から特殊召喚できる。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から水属性モンスター1体を「マリンセス」リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 効果モンスター 】
星4 / 水属性 / サイバース族 / 攻1500 / 守1200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「海晶乙女ブルータン」以外の「マリンセス」モンスター1体を墓地へ送る。
②:このカードが水属性リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
その中から「マリンセス」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードはデッキに戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《海晶乙女の潜逅》の登場によってあらゆる【マリンセス】モンスターが初動となれるようになりましたが、中でも上記の2枚は特に優秀で、連続リンクの過程で1枚分の展開札となってくれるため、最後にリンク数を+1することが出来ます。

これらのモンスターに召喚権を割いて展開することがこのデッキの理想の初動であるため、サーチカードである《サイバネット・マイニング》を含めフル投入するのが望ましいです。

【マリンセス】リンクモンスター

【 リンクモンスター 】
星1 / 水属性 / サイバース族 / 攻1500 / 守2
レベル4以下の「マリンセス」モンスター1体
自分は「海晶乙女ブルースラッグ」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、「海晶乙女ブルースラッグ」以外の自分の墓地の「マリンセス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 リンクモンスター 】
星1 / 水属性 / サイバース族 / 攻1000 / 守8
レベル4以下の「マリンセス」モンスター1体
自分は「海晶乙女シーエンジェル」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「マリンセス」魔法カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 リンクモンスター 】
星2 / 水属性 / サイバース族 / 攻2000 / 守10
水属性モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の攻撃力1500以下の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、「海晶乙女コーラルアネモネ」以外の自分の墓地の「マリンセス」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【 リンクモンスター 】
星 3 / 水 / サイバース族 / 攻1500 /

「マリンセス」モンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
①:手札から水属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「マリンセス」罠カード1枚を手札に加える。
②:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
リンクマーカーの合計が3になるように、自分の墓地から水属性リンクモンスターを任意の数だけ選んで特殊召喚する。
【LINK-3:上/左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【マリンセス】リンクモンスターはリンク1からリンク2へ、リンク2からリンク3へ、といった感じで素材を供給していくことで連続的にリンク召喚を行っていく事が出来るようになっています。

これによって段階的にリンク召喚をし、その効果によって手札に加える事が出来る【マリンセス】魔法・罠カード、および墓地から拾える【マリンセス】カードを後続のリソースとして、最終的に高打点の【マリンセス】と回収したアドバンテージで戦っていきます。

【マリンセス】魔法・罠カード

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
●リンクモンスター以外の自分の墓地の「マリンセス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
●自分のフィールドゾーンに「海晶乙女の闘海」が存在する場合に発動できる。
デッキから「マリンセス」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【フィールド魔法】
①:自分フィールドの「マリンセス」モンスターの攻撃力は200アップし、さらに装備している「マリンセス」カードの数×600アップする。
②:「海晶乙女クリスタルハート」を素材としてリンク召喚したEXモンスターゾーンの自分のモンスターは相手の効果を受けない。
③:自分がEXモンスターゾーンに「マリンセス」リンクモンスターをリンク召喚した時に発動できる。
自分の墓地から「マリンセス」リンクモンスターを3体まで選び、そのリンク召喚したモンスターに装備カード扱いとして装備する(同名カードは1枚まで)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【通常罠】
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:自分フィールドに「マリンセス」リンクモンスターが存在する場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
自分フィールドにリンク2以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、さらに自分フィールドの全ての表側表示のモンスターはターン終了時まで、相手の効果を受けない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【マリンセス】魔法カードはリンク1である《海晶乙女シーエンジェル》からサーチする事が出来るため、【マリンセス】モンスターを引いていれば確実にアクセスする事が出来ます。

元々《海晶乙女の闘海》によって最終盤面の【マリンセス】の打点をあげるだけの動きしかなかった《海晶乙女シーエンジェル》のサーチ効果が《海晶乙女の潜逅》の追加によって大幅に強化され、展開1枚分の動きを増す事ができるようになり、これによって《海晶乙女コーラルアネモネ》から先の動きに繋がりやすくなりました。

また、デッキの妨害の要である《海晶乙女波動》は相手の妨害と自分のモンスターの防御の2つの役割を持ち、《海晶乙女コーラルアネモネ》をはじめとしたさまざまなカードで墓地から拾って再利用する事が出来るため、一度アクセスできればデッキの動きが非常に強くなるカードでしたが、《海晶乙女コーラルトライアングル》によってついにサーチが可能となりました。

【 マリンセス 】デッキと相性が良いカード

《サイバネット・マイニング》

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:手札を1枚墓地へ送って発動できる。デッキからレベル4以下のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

このデッキは《海晶乙女ブルータン》1枚で初動として非常に高いリターンを得られるうえ、展開の途中で《海晶乙女コーラルアネモネ》の墓地効果などで墓地の【マリンセス】カードを拾える機会が多いため、コストにした1枚がそのまま帰ってきやすい点が非常に相性が良いです。

《おろかな副葬》

【 通常魔法 】

「おろかな副葬」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《海晶乙女波動》を墓地へ送る事で《海晶乙女コーラルアネモネ》によって拾う事が出来るため、実質的なサーチとして機能します。

また、《氷結界》を落とすことによって《海晶乙女スリーピーメイデン》にアクセスする事もできるため、展開用のカードとしても使う事が可能になり、更に便利なカードとなりました。

【 マリンセス 】デッキの回し方

【マリンセス】は《海晶乙女シーエンジェル》《海晶乙女シーホース》のおかげで非常に初動の条件が緩いテーマです。

何でも良いので【マリンセス】モンスターさえいれば《海晶乙女シーエンジェル》から《海晶乙女の潜逅》をサーチしてリンクの展開を繋げていく事が出来ます。

【使用カード/条件】

  • 任意の【マリンセス】モンスター

【結果】

  • 《海晶乙女コーラルトライアングル》
  • 《海晶乙女波動》

【手順】

  1. 【マリンセス】モンスターを召喚し、《海晶乙女シーエンジェル》リンク召喚
  2. 《海晶乙女シーエンジェル》効果で《海晶乙女の潜逅》サーチ
  3. 《海晶乙女の潜逅》を発動し、【マリンセス】モンスターを特殊召喚
  4. 【マリンセス】モンスター+《海晶乙女シーエンジェル》《海晶乙女コーラルアネモネ》をリンク召喚
  5. 《海晶乙女コーラルアネモネ》効果で【マリンセス】モンスター特殊召喚
  6. 【マリンセス】モンスター素材に《海晶乙女ブルースラッグ》リンク召喚
  7. 《海晶乙女ブルースラッグ》効果で【マリンセス】モンスター回収
  8. 《海晶乙女コーラルアネモネ》《海晶乙女ブルースラッグ》で《海晶乙女コーラルトライアングル》リンク召喚
  9. 《海晶乙女コーラルアネモネ》効果で《海晶乙女の潜逅》回収
  10. 《海晶乙女コーラルトライアングル》効果で【マリンセス】モンスターを捨てて《海晶乙女波動》サーチ

【盤面の解説】

《海晶乙女コーラルトライアングル》が存在することで《海晶乙女波動》を発動する事ができ、相手のモンスターの効果を止めつつ《海晶乙女コーラルトライアングル》をカード効果から守る事が出来ます。

【マリンセス】の最も基本的な初動であり、ここに最初に初動にした【マリンセス】モンスターの稼ぐアドバンテージ分も含め、更に展開していく事が出来ます。

【使用カード/条件】

  • 《海晶乙女ブルータン》
  • 《海晶乙女の闘海》

【結果】

  • 《海晶乙女アクア・アルゴノート》(耐性持ち)
  • 《海晶乙女波動》

【手順】

  1. 《海晶乙女ブルータン》を召喚し、効果で《海晶乙女シーホース》を墓地送り
  2. 《海晶乙女ブルータン》を素材に《海晶乙女ブルースラッグ》をリンク召喚
  3. 《海晶乙女ブルースラッグ》効果で《海晶乙女シーホース》回収
  4. 《海晶乙女ブルータン》効果で【マリンセス】カードがデッキトップ3枚にあれば手札に加える
  5. 《海晶乙女シーホース》効果で自身を特殊召喚
  6. 《海晶乙女シーホース》を素材に《海晶乙女シーエンジェル》リンク召喚
  7. 《海晶乙女シーエンジェル》効果で《海晶乙女の潜逅》サーチ
  8. 《海晶乙女ブルースラッグ》《海晶乙女シーエンジェル》《スプラッシュ・メイジ》をリンク召喚
  9. 《海晶乙女の闘海》を発動
  10. 《海晶乙女の潜逅》を発動し、《海晶乙女スプリンガール》を特殊召喚
  11. 《海晶乙女コーラルアネモネ》+ 《海晶乙女スプリンガール》 で《海晶乙女コーラルトライアングル》リンク召喚
  12. 《海晶乙女コーラルアネモネ》効果で《海晶乙女スプリンガール》回収
  13. 《海晶乙女コーラルトライアングル》効果で《海晶乙女波動》サーチ
  14. 《海晶乙女スプリンガール》効果で自身を特殊召喚
  15. 《海晶乙女スプリンガール》+《スプラッシュ・メイジ》《海晶乙女クリスタルハート》リンク召喚
  16. 《海晶乙女コーラルトライアングル》+《海晶乙女クリスタルハート》で《海晶乙女アクア・アルゴノート》リンク召喚
  17. 《海晶乙女の闘海》効果でマリンセス3体装備

【盤面の解説】

《海晶乙女の闘海》が場に存在するため、《海晶乙女クリスタルハート》を素材とした《海晶乙女アクア・アルゴノート》はカードの効果を受けず、さらに魔法・罠が発動した際に装備している【マリンセス】モンスターを特殊召喚しつつその効果を無効にすることが出来ます。

さらにモンスター効果は《海晶乙女波動》で止める事が出来るため、隙の無い盤面となっています。

【マリンセス】デッキを扱う上でのポイント

《海晶乙女波動》にアクセスしよう!

【マリンセス】は展開力に長けているものの、モンスターでの妨害は無いに等しいため、《海晶乙女コーラルトライアングル》をリンク召喚して《海晶乙女波動》をサーチしてくることが最も重要となっています。

そのため、展開の中で《海晶乙女コーラルトライアングル》の手札コストとなる水属性を手札に確保する事が非常に大切です。

基本的には《海晶乙女コーラルアネモネ》の墓地効果を使って展開に使用した【マリンセス】モンスターを拾ってコストに充てるのが良いでしょう。

【マリンセス】デッキをカスタムするおすすめカード

《海亀壊獣ガメシエル》

【 効果モンスター 】
星 8 / 水 / 水族 / 攻2200 / 守3000

①:このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
②:相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
③:「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
④:相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《氷結界》でサーチできる優秀な除去カードであり、《海晶乙女アクア・アルゴノート》でバウンスすることで使いまわすことが出来る点で非常に相性が良いです。

おわりに

というわけで、今回は【マリンセス】デッキの紹介でした!

元々展開力は抜群のテーマだったものの、妨害を構える動きが確定で出来るわけではないのがネックだった部分が、《海晶乙女コーラルトライアングル》のおかげでかなり改善され、非常にデッキとしての完成度が高まりましたね。

サイバース族、水属性という様々な方面から強化されやすい優遇されたテーマなので、是非いろいろなカードと組み合わせて遊んでみてください。それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!


カテゴリ:

タグ:


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

3

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な22,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事