【2020年 三幻魔】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

PV 6,800 いいね 18 コメント 0

【2020年 三幻魔】デッキの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事

はじめに

『【三幻魔】デッキを組んで遊んでみたい!』

『【三幻魔】デッキと相性が良いカードが知りたい!』

この記事はそんな方へ向けて書かれたデッキテーマ解説記事です。

【三幻魔】について知らない人でも、この記事を読めば【三幻魔】デッキの回し方と相性が良いカードが分かる内容となっておりますので、ぜひ最後までお楽しみください!

目次

【三幻魔】デッキの特徴

【三幻魔】デッキは切り札となる《幻魔皇ラビエル》《降雷皇ハモン》《神炎皇ウリア》の3体を操りながら戦うデッキテーマ。

ストラクチャーデッキ『混沌の三幻魔』発売以前は3体の【幻魔】をデッキに採用して戦うことは現実的ではありませんでしたが、『混沌の三幻魔』にて強力なサポートがカードが多数登場。

【三幻魔】を採用しても無理なくデッキが回り、正規の方法では展開が難しい《混沌幻魔アーミタイル》さえも簡単に展開可能となりました。

【三幻魔】デッキレシピ

『コピーしてデッキを作成する』をタップして『初手ドロー』を行えば、実際の【三幻魔】デッキのイメージが掴めますので、ぜひお試しください

【三幻魔】デッキのカード解説

この記事では【三幻魔】デッキの全体像を分かりやすくするために、種類ごとにカードを紹介します。

この記事では【三幻魔】デッキのカードを以下のように分類して解説していきます。

  • 【三幻魔】
  • 【三幻魔】サポートカード
  • 【アーミタイル】関連カード

【三幻魔】はこのデッキの切り札となる《降雷皇ハモン》《幻魔皇ラビエル》《神炎皇ウリア》の3体のモンスターカードです。

高い攻撃力と強力な効果を持ちますが、フィールドへ展開するための条件が厳しく設定されています。

【三幻魔】サポートカードは

  1. 【三幻魔】の召喚条件を無視しての特殊召喚
  2. 【三幻魔】に関連するカードのサーチ
  3. 【三幻魔】が存在する場合に強力な効果を発揮する

等、様々な方法で【三幻魔】をサポートする効果を持ちます。

【アーミタイル】関連カードは《混沌幻魔アーミタイル》と、それに関連するカード達です。

《混沌幻魔アーミタイル》は【三幻魔】を融合することで融合召喚することができます。

攻撃力は驚異の10,000ポイントとなっているこのデッキの裏の切り札カードです。

【三幻魔】について

〜【三幻魔】の特徴〜

  • 通常召喚できない
  • レベル10
  • 特定の種類のカードを3枚リリースまたは墓地へ送り、手札から特殊召喚できる

幻魔皇げんまおうラビエル》

【特殊召喚・効果モンスター】
星10/闇属性/悪魔族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの悪魔族モンスター3体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。
②:相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動する。
自分フィールドに「幻魔トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守1000)1体を特殊召喚する。
このトークンは攻撃宣言できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

『悪魔族3体』をリリースすることで特殊召喚できる【三幻魔】の1体。

《幻魔皇ラビエル》は2つのモンスター効果を持ちます。

①:1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。

自身の攻撃力を強化する効果。

元々の攻撃力が既に4000と高いため、強化することで殆どの戦闘で勝利できるステータスとなります。

また、リリースするモンスターはこのカードの②の効果で調達可能。

②:相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動する。
自分フィールドに「幻魔トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守1000)1体を特殊召喚する。
このトークンは攻撃宣言できない。

相手モンスターの召喚に反応して自分フィールドへ攻守1000の『幻魔トークン』を特殊召喚します。

生成したトークンは①の効果でリリースすることで《幻魔皇ラビエル》の攻撃力を1000ポイント強化できます。

【 その他 】
星 1 / 闇 / 悪魔族 / 攻1000 / 守1000

このカードは「幻魔トークン」として使用する事ができる。

降雷皇こうらいおうハモン》

【特殊召喚・効果モンスター】
星10/光/雷族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの表側表示の永続魔法カード3枚を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードがモンスターゾーンに守備表示で存在する限り、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
相手に1000ダメージを与える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

『永続魔法3枚』を墓地へ送ることで手札から特殊召喚できる【三幻魔】の1体。

《降雷皇ハモン》は2つのモンスター効果を持ちます。

①:このカードがモンスターゾーンに守備表示で存在する限り、相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。

守備表示で存在する限り攻撃を《降雷皇ハモン》へと限定できる効果。

守備力4000のため、攻撃力4000以下のモンスターの攻撃は全て封殺することが可能。

②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
相手に1000ダメージを与える。

戦闘で相手モンスターを破壊した際に1000ポイントのバーンダメージを与える効果。

攻撃表示・守備表示で使用する効果が変わる特性を持ちます。

神炎皇しんえんおうウリア》

【特殊召喚・効果モンスター】
星10/炎/炎族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの表側表示の罠カード3枚を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力は、自分の墓地の永続罠カードの数×1000アップする。
②:1ターンに1度、相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
セットされたそのカードを破壊する。
この効果の発動に対して魔法・罠カードは発動できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

『表側表示の罠カード3枚』を墓地へ送ることで手札から特殊召喚できるモンスター。

《神炎皇ウリア》は2つのモンスター効果を持ちます。

①:このカードの攻撃力は、自分の墓地の永続罠カードの数×1000アップする。

《幻魔皇ラビエル》《降雷皇ハモン》とは違い安定したステータスではありませんが、罠カードを多く採用した構築にすることで4000以上の攻撃力を得られるポテンシャルを持ちます。

②:1ターンに1度、相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
セットされたそのカードを破壊する。
この効果の発動に対して魔法・罠カードは発動できない。

ノーコストでセットされた魔法・罠カードを破壊できる起動効果。

対象としたカードのチェーンを封じるため、確実にセットされたカードを破壊できます。

【三幻魔】サポートカードについて

〜【三幻魔】サポートカードの特徴〜

  • 【三幻魔】の召喚条件を無視しての特殊召喚
  • 【三幻魔】に関連するカードのサーチ
  • 【三幻魔】が存在する場合に強力な効果を発揮する

七精しちせい解門かいもん

【永続魔法】
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、またはそのいずれかのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。
②:1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分の墓地から攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
③:1ターンに1度、自分フィールドにレベル10モンスターが存在する場合に発動できる。
自分の墓地から永続魔法カード1枚を選んで手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

3つの効果を持った永続魔法カード。

主に使用するのは①②の効果。

①:このカードの発動時の効果処理として、「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、またはそのいずれかのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。

発動時の処理として【三幻魔】関連カードのサーチを行う効果。

【三幻魔】だけでなくテキストに【三幻魔】の名前が含まれているカードならサーチが可能なため、このデッキに採用されている殆どのカードがサーチ範囲となります。

②:1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分の墓地から攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

手札コスト1枚で墓地の『攻撃力と守備力が0の悪魔族』を蘇生する効果。

【三幻魔】をサポートするモンスターはこのステータスで設定されているため、それらのモンスターを蘇生できます。

暗黒あんこく招来神しょうらいしん

【効果モンスター】
星2/闇/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、またはそのいずれかのカード名が記された、「暗黒の招来神」以外のカード1枚をデッキから手札に加える。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を召喚できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持った攻守0の悪魔族モンスター。

①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体、またはそのいずれかのカード名が記された、「暗黒の招来神」以外のカード1枚をデッキから手札に加える。

召喚成功時に発動できる効果で、デッキから【三幻魔】に関連するカードを手札に加えられます。

サーチ範囲は《七精の解門》と同じのため、《七精の解門》とこの《暗黒の招来神》の2枚がデッキの安定度に貢献しています。

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加え1度だけ、自分メインフェイズに攻撃力と守備力が0の悪魔族モンスター1体を召喚できる。

『攻守0の悪魔族』の召喚権を増やすことができます。

【三幻魔】をサポートする効果を持ったモンスターはこの『攻守0の悪魔族』を満たすため、それらの展開をサポートすることになります。

暗黒あんこく召喚神しょうかんしん

【効果モンスター】
星5/闇/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースして発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体を手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
このターン、自分のモンスターは攻撃できない。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持った攻守0の悪魔族モンスター。

①:このカードをリリースして発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体を手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
このターン、自分のモンスターは攻撃できない。

このカード自身をリリースすることで手札・デッキから【三幻魔】を召喚条件を無視して特殊召喚可能。

発動ターンは攻撃できないというデメリットはありますが、デッキから直接【三幻魔】を特殊召喚できるのは非常に強力。

②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体を手札に加える。

墓地に存在するこの《暗黒の召喚神》自身を除外することで、デッキから【三幻魔】のいずれか1体を手札に加えることができます。

手札に加えた【三幻魔】は次に紹介する《混沌の召喚神》によって特殊召喚することができます。

混沌こんとん召喚神しょうかんしん

【効果モンスター】
星1/闇/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースして発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」の
いずれか1体を手札から召喚条件を無視して特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「失楽園」1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持った攻守0の悪魔族モンスター。

①:このカードをリリースして発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体を手札から召喚条件を無視して特殊召喚する。

このカード自身をリリースして手札の【三幻魔】を展開できる効果。

リリースされこのカードが墓地へ送られることで、②の効果の発動へと繋げることが可能。

②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「失楽園」1枚を手札に加える。

墓地のこのカード自身を除外することで、《失楽園》のサーチが可能。

失楽園しつらくえん

【フィールド魔法】
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分のモンスターゾーンの「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」 「混沌幻魔アーミタイル」は相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
②:自分のモンスターゾーンに「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」
「混沌幻魔アーミタイル」のいずれかが存在する場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【三幻魔】をサポートする効果を持ったフィールド魔法カード。

①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分のモンスターゾーンの「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」 「混沌幻魔アーミタイル」は相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

【三幻魔】及び《混沌幻魔アーミタイル》に『効果の対象にならず、効果では破壊されない耐性』を付与します。

【三幻魔】は高ステータスのため、《失楽園》と組み合わせることで頼もしいアタッカーとして活躍します。

②:自分のモンスターゾーンに「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」「混沌幻魔アーミタイル」のいずれかが存在する場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

【三幻魔】または《混沌幻魔アーミタイル》のいずれかが存在する場合にノーコストの2枚ドローを可能とする効果。

フィールドに維持できれば毎ターン2枚のドローを可能とし、アドバンテージを稼ぎ続けることが可能。

幻魔皇げんまおうラビエル-天界蹂躙拳てんかいじゅうりんけん

【特殊召喚・効果モンスター】
星10/闇/悪魔族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨て、自分フィールドの「幻魔皇ラビエル」1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターの攻撃力は倍になり、相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持った《幻魔皇ラビエル》のサポートカード。

フィールドに展開することも可能ですが、基本的には手札・墓地で効果を活用することになります。

①:このカードを手札から捨て、自分フィールドの「幻魔皇ラビエル」1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターの攻撃力は倍になり、相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

《幻魔皇ラビエル》の攻撃力を2倍に、更に全体攻撃可能な状態を与える効果。

元々の攻撃力であっても攻撃力8000となるため、相手が低ステータスのモンスターが複数体並んでいれば一気に相手のライフを削り切ることが可能。

また、相手ターンでも発動できるため、攻撃力4000以上のモンスターが《幻魔皇ラビエル》へ攻撃した際に返り討ちにすることも可能です。

②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札に加える。

①の効果を使用して墓地へ送られているとしても、自分フィールドのモンスターをリリースすることで墓地から手札へ回収できます。

《幻魔皇ラビエル》によって生成される『幻魔トークン』をリリース要員とすれば消費を抑えつつ墓地のこのカードを回収できます。

失楽しつらく霹靂へきれき

【永続魔法】
①:「降雷皇ハモン」を自身の方法で特殊召喚する場合、自分フィールドの裏側表示の魔法カードを墓地へ送る事もできる。
②:1ターンに1度、自分フィールドに「降雷皇ハモン」が攻撃表示で存在する場合、相手が発動した魔法・罠カードの効果を無効にできる。
その後、自分フィールドの「降雷皇ハモン」1体を選んで守備表示にする。
③:自分フィールドの表側表示の「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれかがフィールドから離れた場合に発動する。
このターン、自分が受ける全てのダメージは0になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

3つの効果を持った永続魔法カード。

主に使用するのは②の効果。

②:1ターンに1度、自分フィールドに「降雷皇ハモン」が攻撃表示で存在する場合、相手が発動した魔法・罠カードの効果を無効にできる。
その後、自分フィールドの「降雷皇ハモン」1体を選んで守備表示にする。

《降雷皇ハモン》が攻撃表示で存在すれば、相手の発動した魔法・罠カードを無効化できる効果。

チェーンブロックを組まず、コストも支払わずにカード効果を無効化できるため高い制圧力を発揮します。

また、カード効果を無効にした後は《降雷皇ハモン》は守備表示になるため、他のモンスターの攻撃を全て《降雷皇ハモン》へと誘導することができます。

覚醒かくせい三幻魔さんげんま

【永続罠】
①:自分フィールドの「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」の種類の数によって以下の効果を得る。
●1種類以上:相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功する度に、
自分はそのモンスターの攻撃力分だけLPを回復する。
●2種類以上:相手フィールドのモンスターが発動した効果は無効化される。
●3種類:相手の墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。
②:自分ターンに1度、自分フィールドにレベル10モンスターが存在する場合に発動できる。
自分の墓地から永続罠カード1枚を選んで手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

2つの効果を持った永続罠カード。

主に使用するのは①の効果。

①:自分フィールドの「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」の種類の数によって以下の効果を得る。

フィールドに【三幻魔】を増やしていくことで追加効果を得ていく特性を持った効果です。

●1種類以上:相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功する度に、自分はそのモンスターの攻撃力分だけLPを回復する。
●2種類以上:相手フィールドのモンスターが発動した効果は無効化される。
●3種類:相手の墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。

2種類・3種類以上となると一方的な《スキルドレイン》《次元の裂け目》を押し付けることができる状態となります。

【アーミタイル】関連カードについて

混沌幻魔こんとんげんまアーミタイル》

【融合・効果モンスター】
星12/闇/悪魔族/攻 0/守 0
「神炎皇ウリア」+「降雷皇ハモン」+「幻魔皇ラビエル」
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードの攻撃力は自分ターンの間10000アップする。
②:このカードは戦闘では破壊されない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【三幻魔】が合体したこのデッキの裏のエースモンスター。

【展開条件】

「神炎皇ウリア」+「降雷皇ハモン」+「幻魔皇ラビエル」
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

融合召喚ではなく、『フィールドに【三幻魔】を揃え、除外すること』でのみフィールドに特殊召喚することが可能。

《混沌幻魔アーミタイル》は2つのモンスター効果を持ちます。

①:このカードの攻撃力は自分ターンの間10000アップする。

自分のターンには攻撃力10000という破格の数値となります。

貫通ダメージだけでもライフを削りきれるほどの攻撃力を得ます。

②:このカードは戦闘では破壊されない。

このカードは相手ターン中は攻撃力が0のため、戦闘破壊耐性は有用ではありますが、貫通ダメージだけでも敗北に繋がりかねない状況となってしまいます。

ロマンあふれるカードですが、このカードには

  1. フィールドに【三幻魔】を揃えるのが難しい
  2. 相手ターンは攻撃力0なのでサンドバックにされる

という弱点があります。

この弱点を補完してくれるカードが次に紹介する《次元融合殺》

次元融合殺じげんゆうごうさつ

【通常魔法】
①:自分の手札・フィールド・墓地から、 「幻魔」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
自分フィールドに「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれかが存在する場合、このカードの発動に対して相手は効果を発動できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【幻魔】融合モンスターの特殊召喚に必要な通常魔法。

①:自分の手札・フィールド・墓地から、 「幻魔」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。

フィールドに素材を揃えずとも、『手札・フィールド・墓地』から【三幻魔】を除外し、《混沌幻魔アーミタイル》の特殊召喚が可能。

この効果で特殊召喚したモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
自分フィールドに「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれかが存在する場合、このカードの発動に対して相手は効果を発動できない。

《混沌幻魔アーミタイル》の攻撃力は0かつ戦闘で破壊されないですが、《次元融合殺》によって特殊召喚することで『戦闘で発生する自分へのダメージを0にする』という状態を得ます。

《失楽園》の発動下であれば

  • 効果の対象にならない
  • 相手の効果で破壊されない
  • 相手ターンには攻撃力が10000となり攻撃してくる
  • 戦闘で破壊されず、発生するダメージは0になる

という非常に強力な状態となります。

《カオス・コア》

【効果モンスター】
星3/闇/悪魔族/攻 0/守 0
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが効果の対象になった時、または相手モンスターの攻撃対象に選択された時に発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」を
それぞれ1体まで手札・デッキから墓地へ送り、墓地へ送った数だけこのカードに幻魔カウンターを置き、このターン自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
②:このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードの幻魔カウンターを1つ取り除く事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

攻守0の悪魔族モンスター。

《カオス・コア》は2つのモンスター効果を持ちます。

①:このカードが効果の対象になった時、または相手モンスターの攻撃対象に選択された時に発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」を それぞれ1体まで手札・デッキから墓地へ送り、墓地へ送った数だけこのカードに幻魔カウンターを置き、このターン自分が受ける戦闘ダメージは0になる。

『効果の対象になる』または『攻撃対象になる』ことでデッキから【三幻魔】を墓地へ送り、更に発動ターン中の全ての戦闘ダメージを0にします。

発動できれば墓地に【三幻魔】が揃うため、《次元融合殺》を発動すれば《混沌幻魔アーミタイル》の展開が可能な状態となります。

②:このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードの幻魔カウンターを1つ取り除く事ができる。

【三幻魔】を墓地へ送り3つの『幻魔カウンター』を置けば、3回破壊されない壁モンスターとしての活躍ができます。

《混沌幻魔アーミタイル-虚無幻影羅生悶》

【融合・効果モンスター】
星12/闇/悪魔族/攻 0/守 0
「神炎皇ウリア」+「降雷皇ハモン」+「幻魔皇ラビエル」
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「混沌幻魔アーミタイル」として扱う。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのコントロールを相手に移す。
③:このカードのコントロールが移ったターンのエンドフェイズに発動する。
自分フィールドのカードを全て除外する。
その後、このカードの元々の持ち主は自身のEXデッキから
「混沌幻魔アーミタイル」1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。

出典:【公式】遊戯王

【幻魔】融合モンスター。

【三幻魔】を融合素材しており、《次元融合殺》で【三幻魔】を除外することで特殊召喚が可能です。

《混沌幻魔アーミタイル-虚無幻影羅生悶》は3つの効果を持ちます。

①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「混沌幻魔アーミタイル」として扱う。

《混沌幻魔アーミタイル》として扱うため、《失楽園》によるサポートが可能となります。

②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのコントロールを相手に移す。

自らの効果で相手フィールドに移動する効果。

そのまま③の効果の発動へと繋げます。

③:このカードのコントロールが移ったターンのエンドフェイズに発動する。
自分フィールドのカードを全て除外する。
その後、このカードの元々の持ち主は自身のEXデッキから
「混沌幻魔アーミタイル」1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。

②の効果でコントロールを奪った後、相手フィールドのカードすべて対象に取らずに除外し、更に自分は《混沌幻魔アーミタイル》を自分フィールドへ特殊召喚できます。

この効果で特殊召喚する《混沌幻魔アーミタイル》は『戦闘で発生するダメージを0にする』という効果は付与されていないため、守備表示で特殊召喚して戦闘で破壊されない壁モンスターとして展開し、次のターンの攻撃に備えましょう。

【三幻魔】デッキの回し方〜概要〜

デッキの回し方①:《暗黒の招来神》、《七精の解門》でサーチ&展開!

まずは【三幻魔】関連のカードをサーチする効果を持った《暗黒の招来神》《七精の解門》の効果を発動し、【三幻魔】の展開に必要なカードを手札に加えます。

《暗黒の招来神》《七精の解門》はサーチ効果だけでなく更に『攻撃力・守備力0の悪魔族』を展開するための効果を持つため、追加で《暗黒の召喚神》《混沌の召喚神》の展開を可能とします。

デッキの回し方②:《暗黒の召喚神》、《混沌の召喚神》の効果で【三幻魔】を展開しよう!

《暗黒の召喚神》であればデッキから、《混沌の召喚神》であれば手札から【三幻魔】を召喚条件を無視して特殊召喚できます。

そして《混沌の召喚神》の効果でデッキから手札に加えた《失楽園》を発動し、【三幻魔】に強固な耐性を付与しましょう。

デッキの回し方③:【三幻魔】サポートカードで戦況を有利に!

【三幻魔】を展開したら、【三幻魔】が存在することで強力な効果を発揮するサポートカードを使用して戦況を有利にしましょう!

デッキの回し方④:奥の切り札【アーミタイル】で一気にライフを削ろう!

《混沌幻魔アーミタイル》は特殊召喚が難しいモンスターですが、攻撃力10000を誇る強力なエースモンスターです。

《カオス・コア》《次元融合殺》を活用することでより簡単に《混沌幻魔アーミタイル》の展開が可能となります。

【三幻魔】デッキと相性が良いカード

カスタム案:【三幻魔】デッキと相性が良いカード

《ワン・フォー・ワン》

【通常魔法】
①:手札からモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
手札・デッキからレベル1モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札のモンスター1枚をコストにデッキからレベル1モンスターを特殊召喚できる通常魔法。

《混沌の召喚神》をデッキから特殊召喚可能。

手札に【三幻魔】のいずれかが存在すれば、手札から【三幻魔】を展開しつつ、《失楽園》のサーチ及びドローが狙えます。

《暗黒の召喚神》《ワン・フォー・ワン》の組み合わせでも【三幻魔】の展開へと繋げられます。

  1. 《ワン・フォー・ワン》を手札の《暗黒の召喚神》をコストに発動。デッキから《混沌の召喚神》を特殊召喚する
  2. 墓地の《暗黒の召喚神》の②の効果を発動し、デッキから《降雷皇ハモン》を手札に加える
  3. 《混沌の召喚神》をリリースし、手札の《降雷皇ハモン》を特殊召喚
  4. 墓地の《混沌の召喚神》を除外し、デッキから《失楽園》を手札に加え、発動する
  5. 《失楽園》の効果で2枚ドロー

2枚のカードを使用し、最終的には【幻魔】1体の展開と《失楽園》を発動しつつ、2枚の手札補充を可能とします。

《転生炎獣アルミラージ》

【リンク・効果モンスター】
リンク1/炎/サイバース族/攻 0
通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースし、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは相手の効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが墓地に存在し、通常召喚された自分のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

【リンクマーカー:右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

通常召喚した《暗黒の招来神》を素材としてリンク召喚したいモンスター。

棒立ちでサンドバックとなるのを防ぐだけでなく、能動的に墓地に攻守0の悪魔族を送ることで《七精の解門》の②の蘇生効果の発動条件を満たしたりなどの立ち回りが可能となります。

また、後述する《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》と組み合わせることで1枚初動からの《混沌幻魔アーミタイル》の展開を可能とします。

《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》

【リンク・効果モンスター】
リンク2/闇/植物族/攻 500
効果モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。
②:2000LPを払い、「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

【リンクマーカー:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

モンスター2体でリンク召喚できる汎用リンクモンスター。

手札・フィールド・墓地に【三幻魔】が存在する状況であれば、②の効果でデッキから《次元融合殺》を墓地へ送ることで、《混沌幻魔アーミタイル》または《混沌幻魔アーミタイル-虚無幻影羅生悶》の展開を可能とします。

《黄金卿エルドリッチ》

【効果モンスター】
星10/光/アンデット族/攻2500/守2800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からこのカードと魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札に加える。
その後、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手ターン終了時まで、
攻撃力・守備力が1000アップし、効果では破壊されない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【エルドリッチ】デッキのエースモンスター。

【三幻魔】デッキはフィールドに維持される永続魔法・永続罠を駆使した戦法を得意とし、更には墓地の永続魔法・永続罠をノーコストで回収できる手段も持ち合わせているため、《黄金卿エルドリッチ》の効果の発動に必要な魔法・罠カードの調達が容易です。

また、《黄金卿エルドリッチ》自身がレベル10のモンスターなので、《七精の解門》《覚醒の三幻魔》の発動条件である『レベル10のモンスター』の条件を満たす点も相性が良いです。

エクストラデッキに採用するおすすめモンスター

《ペンテスタッグ》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 闇 / サイバース族 / 攻1600 /

効果モンスター2体
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、リンク状態の自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
【LINK-2:上/下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

効果モンスター2体でリンク召喚可能な汎用リンクモンスター。

リンク先のモンスターに貫通効果を付与します。

《幻魔皇ラビエル-天界蹂躙拳》によって攻撃力を2倍にし、全体攻撃を可能とした《幻魔皇ラビエル》と相性が良いです。

守備表示であろうと貫通ダメージを与えられるので、モンスターが複数体並んでいればゲームエンド級の戦闘ダメージが期待できます。

【三幻魔】デッキの回し方〜具体例〜

ここでは実際に【三幻魔】カードを使用したテーマ内のデッキの回し方の例を、実際のカードと共に紹介します。

《七精の開門》+手札コストから《混沌幻魔アーミタイル》を融合召喚!

【条件】なし

【使用カード】《七精の解門》または《暗黒の招来神》

【結果】《混沌幻魔アーミタイル》or《混沌幻魔アーミタイル-虚無幻影羅生悶》の特殊召喚

  1. 《七精の解門》を発動、デッキから《暗黒の招来神》をデッキから手札へ
  2. 《暗黒の招来神》を召喚し、デッキから《カオス・コア》を手札へ加える
  3. 《暗黒の招来神》を素材に《転生炎獣アルミラージ》をリンク召喚する
  4. 《転生炎獣アルミラージ》をリリースし、《カオス・コア》を対象にする
  5. 《カオス・コア》の効果でデッキから《幻魔皇ラビエル》《神炎皇ウリア》《降雷皇ハモン》を墓地へ
  6. 《七精の解門》の②の効果を発動し、墓地から《暗黒の招来神》を蘇生
  7. 《暗黒の招来神》《カオス・コア》を素材として《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》をリンク召喚する
  8. 《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》の効果でデッキから《次元融合殺》を墓地へ送り、《混沌幻魔アーミタイル》または《混沌幻魔アーミタイル-虚無幻影羅生悶》を融合召喚する

《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》の効果で《混沌幻魔アーミタイル-虚無幻影羅生悶》を融合召喚した場合は、③の除外効果の発動後に《混沌幻魔アーミタイル》の特殊召喚できないので注意が必要。

おわりに

カーナベルではこの記事の中で紹介した【三幻魔】関連カードや相性の良いカードを豊富に準備しております。

記事を読んで【三幻魔】デッキが組みたくなった方はぜひカーナベルでカードを手に入れて実際の【三幻魔】デッキで遊んでみてください!

当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【三幻魔】のデッキパーツをお届けします!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

18