【2020年 六花】デッキの回し方、対策方法がわかる解説記事

PV 38,796 いいね 67 コメント 1

【2020年 六花】デッキの回し方、対策方法がわかる解説記事

はじめに

『【六花】デッキを組んで遊んでみたい!』

この記事はそんな方へ向けて書かれたデッキテーマ解説記事です。

この記事では【六花】デッキの魅力をお伝えしていきます!

また、デッキを組みたくなった方はそのまま【六花】関連カードをまとめて購入することもできます!
当日の15時までにご注文頂ければ、即日発送で【六花】のデッキパーツをお届けします。

目次

【六花】デッキの特徴

【六花】モンスターは『植物族』で構成されており、それぞれが『レベル変動』と『リリース』に関する効果を持っているのが特徴。

レベル変動によって様々なランクのエクシーズ召喚へと繋げ、『リリース』をトリガーに様々なテーマ内の効果を誘発させていくのが【六花】デッキの特徴となります。

【六花】デッキレシピ

『コピーしてデッキを作成する』をタップして『初手ドロー』を行えば、実際の【六花】デッキのイメージが掴めますので、ぜひお試しください

【六花】カード解説

【六花】モンスターについて

【六花】モンスターは『植物族』で構成されており、『リリース』に関する効果を持っているのが特徴。

また、【六花】エクシーズモンスターへと繋げる展開効果と、レベル変動効果を持ちます。

毎ターン【六花】サーチor墓地送り!《六花のひとひら》!

六花のひとひら

【 効果モンスター 】
星 1 / 水 / 植物族 / 攻0 / 守0

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。デッキから「六花のひとひら」以外の「六花」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、または自分フィールドのモンスターが植物族モンスターのみの場合、相手エンドフェイズに発動できる。このカードを特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

ノーコストで【六花】モンスターのサーチまたは墓地送り、そして条件を満たせば相手エンドフェイズ毎に自己蘇生できる誘発効果を持ちます。

毎ターンサーチか墓地肥やしを行うことができる、【六花】デッキの回転率を上げるキーとなるカードです。

《おろかな埋葬》等でいち早く墓地へ送り、デッキの回転率を上げましょう。

【六花】魔法・罠サーチ!《六花精ボタン》!

六花精ボタン

【 効果モンスター 】
星 6 / 水 / 植物族 / 攻1000 / 守2400

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが召喚または植物族モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「六花」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

場の植物族モンスターをリリースして手札から手軽に展開できるレベル6モンスター。

自身の効果で展開すれば、そのまま②の効果でデッキから【六花】魔法・罠カードをサーチできます。

また、《ローンファイア・ブロッサム》《アロマセラフィ-ジャスミン》の効果でデッキから特殊召喚した際にもサーチ効果を発動できます。

レベル合わせてX召喚の準備!《六花精スノードロップ》!

六花精スノードロップ

【 効果モンスター 】
星 8 / 水 / 植物族 / 攻1200 / 守2600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。このカードと植物族モンスター1体を手札から特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分フィールドの植物族モンスター1体を対象として発動できる。自分フィールドの全ての植物族モンスターのレベルはターン終了時まで対象のモンスターのレベルと同じになる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自分フィールドの植物族モンスターをリリースし、自身を含めた植物族モンスター2体を手札から一気に展開できる【六花】モンスター。

②の効果で場の植物族モンスターのレベルを合わせることもできるため、展開とレベル変動を合わせて持った【六花】エクシーズモンスターを展開するには最適な効果を持ちます。

手軽に展開!ランク合わせもお任せ!《六花精プリム》!

六花精プリム

【 効果モンスター 】
星 4 / 水 / 植物族 / 攻800 / 守1800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスターがリリースされた場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分フィールドの植物族モンスターを2体まで対象として発動できる。そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ上げる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

『自分フィールドのモンスターがリリースされる』という【六花】デッキでは満たしやすい条件で手札から展開できます。

植物族モンスターの2体のレベルを一気に2つあげられるため、通常よりもランクが2つ高いエクシーズ召喚へと繋げることができます。

低ランクエクシーズを狙え!《六花精シクラン》!

六花精シクラン

【 効果モンスター 】
星 4 / 水 / 植物族 / 攻1800 / 守800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・フィールドのこのカードをリリースし、自分フィールドの植物族モンスターを2体まで対象として発動できる。そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ下げる。
②:このカードがリリースされ墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《六花精プリム》とは違い、2体の植物族のレベルを2つ同時に下げる効果を持ちます。

通常よりもランクが2つ低いエクシーズ召喚へと繋げられます。

また、このカードはリリースされた際に②の効果で自己蘇生するため、①の効果とシナジーしたものになっています。

【六花】カードを守ろう!《六花精ヘレボラス》!

六花精ヘレボラス

【 効果モンスター 】
星 8 / 水 / 植物族 / 攻2600 / 守1200

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「六花」モンスターが存在し、自分フィールドのモンスターを対象とするモンスターの効果を相手が発動した時、手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。その効果を無効にする。
②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札・フィールドの自身をリリースすることで、自分フィールドのモンスターを対象とする効果を無効化できる効果を持ちます。

切り札の《六花聖ティアドロップ》等を相手のカード効果から守りましょう。

自分フィールドの植物族をリリースすることで墓地から自己蘇生できる効果も持ちます。

自己蘇生した場合はフィールドから離れた場合に除外されてしまいますが、エクシーズ素材とすることでデメリットを打ち消すことができます。

【六花】の戦闘をサポート!《六花精エリカ》!

六花精エリカ

【 効果モンスター 】
星 6 / 水 / 植物族 / 攻2400 / 守1000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分の植物族モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に、手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
②:このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの植物族モンスターがリリースされた場合に発動できる。このカードを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札・フィールドの自身をリリースして、植物族の攻撃力を一時的に1000ポイント強化する効果を持ちます。

②の効果は自身が墓地に存在する場合に、自分フィールドの植物族モンスターがリリースされた際に墓地の自身を蘇生できる誘発効果。

《六花精ヘレボラス》と同じく自己蘇生後にフィールドを離れると除外されるデメリットがありますが、エクシーズ素材とすることでデメリットを無視できます。

【六花】魔法・罠カードについて

【六花】魔法・罠カードはデッキの回転率アップと妨害効果を備えており、発動する際に『植物族をリリース』することで更に強力な追加効果を得ます。

また、《六花精ボタン》の効果でデッキから手札に加えることができ、《六花聖ストレナエ》の効果で墓地から回収することができます。

【六花】モンスターサーチ!《六花絢爛》!

六花絢爛

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
①:デッキから「六花」モンスター1体を手札に加える。モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、さらに手札に加えたモンスターとはカード名が異なり、元々のレベルが同じ植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

デッキから【六花】モンスターをサーチできる効果を持った通常魔法。

発動時に植物族をリリースすることで、サーチしたモンスターと同じレベルの別の植物族モンスターをサーチできます。

例えば、《六花精ボタン》をサーチした場合には、追加で《六花精エリカ》をサーチ可能。

『モンスターのリリース』と『カードのサーチ』と【六花】デッキで重要なプレイを同時にこなせる優秀な魔法カードです。

相手モンスターをリリースで除去!《六花の風花》!

六花の風花

【 永続魔法 】

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「六花」モンスターがリリースされた場合に発動できる。相手は自身のフィールドのモンスター1体をリリースしなければならない。
②:相手エンドフェイズに、植物族モンスター以外の表側表示モンスターが自分フィールドに存在する場合に発動する。このカードを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【六花】モンスターがリリースされた際、相手プレイヤーにも自身のモンスターのリリースを行わせる、妨害効果を持った永続魔法カード。

【六花】デッキは自分、相手ターンを問わずにリリース効果を発動できるため、毎ターン相手モンスターをリリースで除去することが可能。

相手のエンドフェイズに植物族モンスター以外のモンスターが存在すれば自壊してしまうデメリットを持つため、維持する場合はなるべく植物族を主体としてデッキを構築しましょう。

相手モンスターを無力化&コントロール奪取!《六花の薄氷》!

六花の薄氷

【 通常罠 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、その表側表示モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、さらにそのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターは植物族になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手モンスターの『フィールドで発動する効果』を発動できない状態にする通常罠カード。

植物族モンスターをリリースして発動することで、更にそのモンスターのコントールを植物族として奪うことができます。

最大2体の【六花】モンスターを蘇生!《六花深々》!

六花深々

【 通常罠 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
①:自分の墓地から「六花」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、さらに自分の墓地から植物族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

墓地の【六花】モンスターを守備表示で蘇生する通常罠カード。

植物族モンスターをリリースして発動することで、更に追加で植物族モンスターを蘇生することができます。

追加効果を使用しても最終的にフィールドに展開されるモンスターの数は変わりませんが、『モンスターのリリース』と『フィールド・墓地のモンスターの入れ替え』が同時にこなせるため有用。

【六花】エクシーズモンスターカードについて

ランク4、ランク6、ランク8それぞれに【六花】エクシーズモンスターが存在します。

テーマ内のモンスターは柔軟にレベルを変動できるため、これらのエクシーズを状況に合わせて展開できます。

EXから自由に植物族エクシーズを展開!?《六花聖ストレナエ》!

六花聖ストレナエ

【 エクシーズモンスター 】
星 4 / 水 / 植物族 / 攻2000 / 守2000

レベル4モンスター×2
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、自分の墓地の、植物族モンスター1体または「六花」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
②:X素材を持ったこのカードがリリースされた場合に発動できる。自分のEXデッキ・墓地からランク5以上の植物族Xモンスター1体を選んで特殊召喚する。その後、このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材にできる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

ランク4の【六花】エクシーズ。

エクシーズ素材を取り除き、墓地の【六花】カードまたは植物族を回収できる起動効果を持ちます。

テーマ内のカードであればカード種を問わずにサルベージできるため優秀。

また、自身がエクシーズ素材を持った状態でリリースされることで、EXデッキまたは墓地から『ランク5以上の植物族エクシーズ』モンスターを特殊召喚し、更にリリースされた自身をエクシーズ素材とすることができます。

《六花聖カンザシ》《六花聖ティアドロップ》等のテーマ内のモンスターだけでなく、《森羅の鎮神 オレイア》等の強力な植物族エクシーズの展開へも繋げられます。

墓地のモンスターを蘇生!《六花聖カンザシ》!

六花聖カンザシ

【 エクシーズモンスター 】
星 6 / 水 / 植物族 / 攻2400 / 守2400

レベル6モンスター×2
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:モンスターがリリースされた場合、このカードのX素材を1つ取り除き、自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは効果が無効化され、植物族になる。
②:自分フィールドの植物族モンスターが効果で破壊される場合、代わりに自分の手札・フィールドの植物族モンスター1体をリリースできる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

ランク6の【六花】エクシーズモンスター。

モンスターがリリースされたときに、エクシーズ素材を取り除くことで墓地の植物族を蘇生、または相手の墓地のモンスターを植物族として自分の場に蘇生することができます。

自分の展開補助もできますし、相手の墓地利用を妨害することもできます。

また、自分の植物族の効果破壊を変わりに『植物族のリリース』にすることができるので、【六花】デッキに有利にプレイできるようになります。

フリチェでモンスターをリリースで除去!《六花聖ティアドロップ》!

六花聖ティアドロップ

【 エクシーズモンスター 】
星 8 / 水 / 植物族 / 攻2800 / 守2800

レベル8モンスター×2
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、自分・相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをリリースする。このカードが植物族モンスターをX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
②:モンスターがリリースされる度に発動する。このカードの攻撃力はターン終了時まで、リリースされたモンスターの数×200アップする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【六花】デッキのランク8エクシーズ。

フリーチェーンでエクシーズ素材を取り除き、自分か相手モンスターをリリースで除去できる効果を持ちます。

リリースによる除去なので殆どの耐性をすり抜けて除去することができます。

②の効果は『モンスターがリリースされる度』に自身の攻撃力を200強化する効果で、元々の攻撃力が2800なので、1度でも発動できれば《青眼の白龍》ラインまで攻撃力が及びます。

【六花】デッキと相性が良いカード

《六花のひとひら》を特殊召喚しよう!《ワン・フォー・ワン》!

ワン・フォー・ワン

【 通常魔法 】

手札からモンスター1体を墓地へ送って発動する。手札またはデッキからレベル1モンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【六花】デッキでも得に重要となるモンスター、《六花のひとひら》をデッキから特殊召喚しましょう。

または《イービル・ソーン》を特殊召喚し、《アロマセラフィ-ジャスミン》の展開へと繋げることも可能。

植物族デッキなら入れたい!《アロマセラフィ-ジャスミン》!

アロマセラフィ-ジャスミン

【 リンクモンスター 】
星 2 / 光 / 植物族 / 攻1800 /

植物族モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のLPが相手より多い場合、このカード及びこのカードのリンク先の植物族モンスターは戦闘では破壊されない。
②:このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。デッキから植物族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
③:1ターンに1度、自分のLPが回復した場合に発動する。デッキから植物族モンスター1体を手札に加える。
【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

植物族モンスター2体でリンク召喚可能なモンスター。

リンク先のモンスターを『リリース』することで、デッキから植物族モンスターを特殊召喚できます。

【六花】モンスターは全て植物族なので、この効果で特殊召喚できます。

《六花精ボタン》を特殊召喚すればそのままサーチ効果へと繋げられるため、特に相性が良いです。

デッキから任意の植物族を出そう!《ローンファイア・ブロッサム》!

ローンファイア・ブロッサム

【 効果モンスター 】
星 3 / 炎 / 植物族 / 攻500 / 守1400

自分フィールド上に表側表示で存在する植物族モンスター1体をリリースして発動する。自分のデッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

植物族デッキなら入れたい汎用サポートカード。

場の植物族をリリースすることでデッキから任意の植物族モンスターを特殊召喚することができます。

単純に強力ですし、【六花】デッキのキーとなる『リリース』も同時にこなせます。

《森羅の守神 アルセイ》

森羅の守神 アルセイ

【 エクシーズモンスター 】
星 8 / 光 / 植物族 / 攻2300 / 守3200

レベル8モンスター×2
1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
自分のデッキの一番上をめくり、宣言したカードだった場合、手札に加える。
違った場合、めくったカードを墓地へ送る。
また、カードの効果によって自分のデッキからカードが墓地へ送られた場合、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
フィールド上のカード1枚を選択して持ち主のデッキの一番上または一番下に戻す。
「森羅の守神 アルセイ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《六花聖ティアドロップ》と同じ条件でエクシーズ召喚できるモンスター。

または《六花聖ストレナエ》の②の効果でも特殊召喚することも可能。

フィールドのカードをデッキバウンスという強力な方法で除去できます。

《森羅の鎮神 オレイア》

森羅の鎮神 オレイア

【 エクシーズモンスター 】
星 7 / 闇 / 植物族 / 攻2800 / 守2500

レベル7モンスター×2
1ターンに1度、自分の手札・フィールド上の植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのレベル分だけデッキの上からカードを確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚までめくる。
その中に植物族モンスターがあった場合、 それらのモンスターを全て墓地へ送り、その数までこのカード以外のフィールド上のカードを選んで手札に戻す。
残りのカードは好きな順番でデッキの下に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《六花聖ストレナエ》の効果で特殊召喚できるモンスター。

植物族を発動コストとしたデッキ操作と、デッキトップから3枚のカードをめくり、植物族の数だけフィールドのカードを対象に取らずにバウンス除去できます。

【六花】は全て植物族なので、3枚バウンスも容易に実現できます。

【六花】デッキの回し方〜概要〜

【六花】デッキの回し方①:《六花のひとひら》をいち早く墓地へ送ろう!

【六花】デッキでは《六花のひとひら》にアクセスできているかいないかでデッキの回転率が大幅に変わります。

《ワン・フォー・ワン》でデッキから特殊召喚する、《おろかな埋葬》でデッキから墓地へ送る、《六花絢爛》でデッキからサーチするなど、アクセス手段は多く用意されているので、いち早くアクセスし、毎ターンサーチ、墓地送りでアドバンテージを稼ぎましょう。

【六花】デッキの回し方②:《六花精スノードロップ》の効果を活用して【六花】エクシーズを展開しよう!

《六花のひとひら》等の自分フィールドのモンスターをリリースして《六花精スノードロップ》を手札の植物族モンスターと共に特殊召喚しましょう。

特に相性が良いのが《六花精ボタン》で、展開しそのまま【六花】魔法・罠カードのサーチへ繋げることができます。

《六花精スノードロップ》は植物族モンスターの全体のレベルを合わせることができるため、柔軟な【六花】エクシーズモンスターの展開へと繋げられます。

【六花】デッキの回し方③:《六花の風花》で相手モンスターをどんどん除去しよう!

【六花】デッキの妨害性能を向上させる《六花の風花》を発動し、相手モンスターをどんどん除去していきましょう。

《六花絢爛》《六花の薄氷》《六花深々》などの発動コストを《六花の風花》の発動トリガーとして、有利にデュエルを進めていきましょう。

【六花】デッキの回し方〜具体例〜

ここでは実際に【六花】カードを使用したテーマ内のデッキの回し方の例を、実際のカードと共に紹介します。

《六花聖ティアドロップ》と【六花】魔法・罠を揃えよう!

【条件】なし

【使用カード】《六花のひとひら》《六花精スノードロップ》

【結果】《六花聖ティアドロップ》で相手ターンの妨害に備えつつ、任意の【六花】魔法・罠のサーチ。墓地には《六花のひとひら》があるので次のターンの展開も可能。

  1. 《六花のひとひら》を召喚し、効果でデッキから《六花精ボタン》をサーチ
  2. 《六花精スノードロップ》の効果を発動し、手札の《六花精ボタン》《六花精スノードロップ》を特殊召喚
  3. 《六花精ボタン》の効果を発動し、デッキから任意の【六花】魔法・罠カードをサーチ
  4. 《六花精スノードロップ》の②効果を《六花精スノードロップ》を対象として発動し、《六花精ボタン》のレベルを6から8にする
  5. 《六花精スノードロップ》《六花精ボタン》を素材に《六花聖ティアドロップ》をエクシーズ召喚する

その他、【六花】デッキのお気に入り展開ルートなどがあればコメント欄でぜひ教えて下さい。
記事に掲載させて頂きます。

【六花】の回し方〜気をつけるポイント〜

《六花の薄氷》について

《六花の薄氷》の『フィールドで発動するモンスター効果を発動できない』という効果は、既にフィールドで発動した発動したモンスター効果は止められないので注意が必要。

《デモンズ・チェーン》のようにモンスター効果の発動にチェーンして、その効果を止めることはできません。

【六花】デッキ対策カード

メインギミックを封殺!《生贄封じの仮面》!

生贄封じの仮面

【永続罠】
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いにカードをリリースできない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【六花】デッキのメインギミックである『リリース』自体を封じてしまう永続罠カード。

【六花】側はこのカードを除去するカードを採用していなければ、ほぼデッキの機能を封じられることになります。

【六花】デッキのオススメの対戦動画

おわりに

カーナベルでは【六花】カードや相性の良いカードを豊富に取り揃えておりますので、【六花】デッキが組みたくなった方はぜひチェックしてみてください!

当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【六花】のデッキパーツをお届けします。

欲しいカードがすぐ手に入る!
トレカ通販サイト「カーナベル 」って?


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


毎日値下げカード一覧を更新中!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (1)

ちょむ

とにかくアドバンテージが稼げない上妨害も薄い
ひとひらにうららや指名者などで妨害をくらうとほぼ負けます
新規で救済してくれえ

1

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

67