【新カード就職センター】知識イズパワー

【新カード就職センター】知識イズパワー

最近寒暖差が激しすぎて体調を完全にやらかしている男、YUYUKYONです。デュエマの新弾も近づいてきているけど、発売日頃には気温も安定していると嬉しいです。持ってくれよ・・・俺の身体・・・!

目次

新カード《知識と流転と時空の決断》

《知識と流転と時空の決断》
呪文 水文明 4コスト
・自分の墓地に呪文が4枚以上あり、この呪文が自分のシールドゾーンにあれば、この呪文に「S・トリガー」を与える。
・次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
 ▼カードを1枚引く。
 ▼GR召喚する。
 ▼相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。

引用元: Twitter(@tcg_maki)

今回就職先を考えるカードはこれ、《知識と流転と時空の決断》だ。 このカードはデュエマでは珍しく、同じモードを2回選べる呪文である。どのような組み合わせでも4コスト相当の働きを見せてくれるこのカードには、発表当時から騒がれているコンボが存在する。

出典: デュエル・マスターズ

超GRが水文明だけの場合に《知識と流転と時空の決断》でGR召喚を2回行うと《真理銃 エビデンス》の龍解条件を成立させ、《龍素王 Q.E.D.》に龍解させることができる。今までカード1枚で龍解させるには《アクア忍者ライヤ》などでクリーチャーを出し入れするしかなく、龍解させるためだけにデッキの枠を使う必要があった。しかし《知識と流転と時空の決断》は守りや手札補充にも使えるため、多様な行動が取れるようになった。

今回はこの組み合わせを採用でき、なおかつ《龍素王 Q.E.D.》でコストを踏み倒して強いカードが採用されているデッキを探していこう。

水のコストが重いクリーチャー、それは紛れもなくヤツさ

水文明のコストが重いカードで、環境でよく見かけると言ったら、最近はあのカードしかないでしょう。

出典: デュエル・マスターズ

彼は大体のDMPからは嫌われているんじゃないだろうか?《水上第九院 シャコガイル》が使われているデッキは、シャコガイル以外のカードをドローカード、守るカード、相手を妨害するカードで構成することができる。そのためデッキに勝つためだけの余計な枠を使わずに済むということだ。というわけで試作したデッキがこれだ。

《サイバー・ブレイン》は《知識と流転と時空の決断》です
超GRは水文明であれば何でもいいです

・《知識と流転と時空の決断》に柔軟性が持てる

アナカラーシャコガイルはシャコガイルを唯一の勝ち筋としていることで、受けに特化したデッキだ。《龍素王 Q.E.D.》はシャコガイルだけでなく、《テック団の波壊Go!》などをただで唱えることができ、更に守りを磐石にしてくれる。《知識と流転と時空の決断》も様々な使い方ができるだろう。

・《龍素王 Q.E.D.》に、こだわる必要がない

《龍覇 M.A.S.》からは《真理銃 エビデンス》だけでなく、《龍波動空母 エビデゴラス》を出すことができる。これは《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》とは別のドローソースとして使うことができ、《龍覇 M.A.S.》もコンボパーツ以外の役割があることもわかる。つーか今までアナカラーシャコガイルは《龍素王 Q.E.D.》が無くてもデッキとして完成されていたんだから 、こだわる必要がないのよね。

もっと大きいコストのカードを踏み倒したい・・・

・・・駄目だ。せっかく《龍素王 Q.E.D.》を使うのにコスト9程度で満足していて本当にいいのか?デュエマはもっといろんなことができるはずだ・・・。

もっとコストが重いカードはないのかぁぁぁぁぁ!

出典: デュエル・マスターズ

テーマパークに来たみたいだぜ。テンション上がるなぁ~。《夢の変形 デュエランド》を使うデッキに《龍素王 Q.E.D.》を採用して見よう。

《サイバー・ブレイン》は《知識と流転と時空の決断》です
超GRは水文明であれば何でもいいです

・《知識と流転と時空の決断》をメチャクチャ使える

前のアナカラーシャコガイル と比べると、格段に《知識と流転と時空の決断》を使うことができる。《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》だけでなく、《龍装艦チェンジザ/六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~》からもプレイでき、更にチェンジザがいるときに、《怒流牙 佐助の超人》のニンジャストライクで捨てたら、呪文をプレイすることができる。なんかもう凄いことになっている。

・デュエランドQ.E.D.には注意が必要

この構築は、8マナで即勝利できるように、《イッツ・ショータイム》が1枚採用されている。

出典:デュエル・マスターズ

《龍素王 Q.E.D.》から《夢の変形 デュエランド》を召喚した場合、《イッツ・ショータイム》が墓地に置かれてしまったときに、勝利できなくなってしまう。カードを6枚も使っていれば、まぁ勝てそうだが注意が必要だ。

更に重いコストを・・・

デュエマにはコスト71という、とてつもないコストを持ったクリーチャーがいる。

出典: デュエル・マスターズ

しかし俺にはこのカードを使いこなすことができなかった。なんて不甲斐ないのだ・・・。このカードはきっと誰かが素晴しく使いこなして、記事を書いてくれているだろうなぁ。

《知識と流転と時空の決断》と《龍素王 Q.E.D.》を使ったカード紹介は以上だ!ではまた次の記事で!

関連記事

コメント

1 匿名

青緑デュエランドの方はもう少し調整し甲斐がありそうですね

2 さんすも

シャコ出してインビンシブル・テクノロジー唱えたら終わりじゃね?やば

3 匿名

1枚で龍解は出来るけどそもそも龍解するタイミングが遅すぎてなぁ…

4 えぇ…

デュエランドに入れると殴ってこないデッキにもバウンスで対応できる
ギュウジン丸UGCになったけどどうなんだろう

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

関連
記事