5cジョリー

PV 309 いいね 0 コメント 4

5cジョリー

今回5cジョリーについての記事を書かせて頂きます鏡蘭香蓮(きょうらん かれん)と申します、2年近くこのデッキを考えて構築しています!それでは早速記事へどうぞ。

1.デッキリスト

  • 《裏切りの魔狼月下城》…1
  • 《青守銀シルト/解体事変》…1
  • 《謎師の艦隊》…4
  • 《猟奇と耽美の人形劇》…1
  • 《超次元ホワイトグリーン・ホール》…1
  • 《獅子王の遺跡》…4
  • 《クリスタル・メモリー》…1
  • 《月の死神ベルヘル・デ・スカル》…2
  • 《飛散する斧プロメテウス》…1
  • 《ドンドン水撒くナウ》…3
  • 《ハムカツ団の爆砕GO!》…2
  • 《大革命のDワイルドサファリチャンネル》…3
  • 《悪魔龍ダークマスターズ》…1
  • 《ボルバルザーク・エクス》…1
  • 《時の秘術師ミラクルスター》…1
  • 《メジカラ・コバルト・カイザー/アイドワイズシャッター》…2
  • 《怒流牙サイゾウミスト》…3
  • 《テック団の破壊GO!》…4
  • 《ドキンダムアポカリプス》…1
  • 《天地命動バラギアラ/輪廻暴氷》…1
  • 《ジョリーザジョリーJoe》…2
    • 超次元
  • 《勝利のプリンプリン》…2
  • 《アルプスの使徒メリーアン》…1
  • 《サンダーティーガー》…1
  • 《時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー》…1
  • 《イオの伝道師ガガパックン》…1
  • 《時空の英雄アンタッチャブル/変化の覚醒者アンタッチャブルパワード》…1
  • 《超時空ストームGXX/超覚醒ラストストーム》…1

2.各カードの採用、不採用理由

採用

《悪魔龍ダークマスターズ》

現在環境TOPにいるアナカラーデッドダムド、そのデッキに入っている《超奇天烈ギャブル》このカードへの対策です。《ロストソウル》では《超奇天烈ギャブル》で相手に取られた際にこちらが全ハンデスをされてしまうという大きなデメリットがあるのでクリーチャーである《悪魔龍ダークマスター》を採用しました。相手の手札を見ながら3枚ハンデスというのは相手の後続の動きをこちらが分かりながらプレイできるというメリットもあります。《ドンドンシャワーナウ》2で回収できるのも強いです。

《猟奇と耽美の人形》(ゴスロリジェニー)

こちらのカードは様々なデッキに刺さります、相手のデッキタイプによっては墓地からカードを回収したり墓地にカードを貯めて動くデッキかも知れません、ですがシールドにカードが送られてしまえば回収できるカードは少なくこのデッキはシールドを割らないので相手はそのカードを使えなくなり手札も見れてプレイしやすくなります。もしも《超奇天烈ギャブル》で取られても自分の手札が全すトリガーだった場合書いて自らシールドトリガーを仕込ませてくれます。クリーチャーも少し多めに入れているのでそうなる可能性も少しでも高いです。盾差で負けるかもしれたせんがその場合は相手もしくは自分の長考が原因なので気をつけるまたはしっかりと指摘しまし

《青守銀シルト/解体事変》

このカードは主に解体事変で使いますが採用理由は禁断が入っているデッキに確実にシールドトリガーを仕込めるシルトがついている点です。ギャブルで取られるのが嫌、《ザヴェルデ》の的になるのは嫌という方は《猟奇と耽美の人形》に変えましょう。シータミッツァイルなどにそこそこ刺さります。

《天地命動バラギアラ/輪廻暴氷》

《バラギアラ》は殿堂カードである《ボルバルザークエクス》の傘増し役です。9マナて少し使いずらいかもしれませんが《ワイルドサファリチャンネル》を貼っていれば使いやすいので大丈夫です。《輪廻暴氷》は《バラギアラ》がバトルゾーンにいる時に使えば1マナ加速しながら手札を増やせるリソースになってくれます。

《メジカラコバルトカイザー/アイドワイズシャッター》

こちらのカードは今の環境でこのカードはとにかく強いです相手クリーチャーがバトルゾーンに出たときそのターン相手クリーチャーはアタック出来ない、つまりスピードアタッカー、マッハファイターを防げるのは最近のカードの中ではすごく評価が高いです。《アイドワイズシャッター》もシールドトリガーとして非常に強いです。

《ドキンダムアポカリプス》

このカードはシータミッツァイルのために入れました、相手が周りきらずGRクリーチャーを並べてターンが帰って来た時に使うと相手はLO(ライブラリアウト)になったり封印が取れないので相手は何も出来なくなったりします。相手のクリーチャーを封印しながら《ジョリーザジョニーJoe》を出して勝つことも出来ます。自分のLOには気を付けましょう。

不採用

《飛散する斧プロメテウス》

このカード1枚は採用していますが何故よく見る構築の様に2、3枚じゃないのか、それは単純に単体として弱いからです。自分の手札が無くてトップから引いた時出して2ブースト1枚回収(強制)は弱いです、なので《ドンドンシャワーナウ》を採用しました、シールドトリガーがついている点でも《ドンドンシャワーナウ》の方がいいと思いました一応これが《ドンドンシャワーナウ》の採用理由でもあります。ですが《ワイルドサファリチャンネル》が貼ってあり《ボルバルザークエクス》もしくは《天地命動バラギアラ》があるなら《飛散する斧プロメテウス》で《謎師の艦隊》を回収しながら1マナずつ増やせるので《飛散する斧プロメテウス》も需要はありますこの点から採用枚数が1枚になっています。

《ハムカツ団の爆砕GO!》

こちらのカードも採用はしていますが2枚となっています。それは《超奇天烈ギャブル》で取られた際に《ワイルドサファリチャンネル》がカード指定てマナ送りなので剥がされてしまいその点が弱いです、プレイメモになりますが赤単ミッツァイル相手に《青守銀シルト/解体事変》や《超次元ホワイトグリーンホール》で《勝利のプリンプリン》などを出してシールドを仕込む際《テック団の破壊GO!》を仕込みます相手としては確実に《テック団の破壊GO!》があるシールドを割ってその他の除去で負けるということは避けるので最後に割ってきます、なので《テック団の破壊GO!》よりGRやその他の小型クリーチャーを破壊できる点で爆砕GOは強いので2枚積んであります。

《ロストソウル》

このカードは今回採用しておりません。理由としては《悪魔龍ダークマスターズ》で言った通り《超奇天烈ギャブル》で取られるので弱いと思ったからです。《解体事変》の1枚ハンデスくらいならまだ大丈夫ですが全ハンデスは相手に打てたら強いですが相手に打たれたらこっちとしてもすごく辛いです。青白スコーラ対面で相手が周りきらなくて手札枚数が多いときに打つのは強いですが手札が無くなってもあのデッキは鬼面城などで手札を増やせたりするのであまり意味がありません。なら《ドキンダムアポカリプス》を出した方が強いです。

3.調整パーツ

このデッキの調整パーツは沢山ありますが私としてはこのカードです

  • 《アストラゼーレ》
  • 《無双と竜機の伝説》
  • 《闇鎧亜キングアルカディアス》
  • 《闇鎧亜クイーンアルカディアス》
  • 《凶鬼90号ゾレーゴ/大当たりもう一本》
  • 《修羅の頂きVANベートーベン》

《アストラゼーレ》

ことカードは盤面のカードを除去しながら追加ターンを得られるかもしれない、GRクリーチャーである《ポクタマたま》などを積めてロマノフなどへの対策にもなれます。ですが単色のカードをこれ以上増やしたく無いという点で不採用になりました今後の環境次第では全然採用を考えられるカードです。

《無双と竜機の伝説》

このカードはすごく強いです!今すぐにでも採用したいです!ですが<超奇天烈ギャブル》で取られてもこのカードの効果で相手に追加ターン相手の《禁断機関VV8》も絡んで追加2ターン取られたら確実にやられます。たったこれだけの理由で不採用になっていしまいました。ギャブルが使われなくなったらすぐさまデッキに入れたいです。

《闇鎧亜キングアルカディアス》

このカード以前は採用してあったのですが出すタイミングがあまり無いので不採用になってしまいました。ミッツァイル相手に出せば相手はGRクリーチャーを出せなくなり《ミッツァイル》やその他GRを出すクリーチャーも出しにくくなるのでミッツァイル相手には強いですがダムド対面だとマナ色要員になってしまいます。

《闇鎧亜クイーンアルカディアス》も上記似たような理由になります。

《大当たりもう一本》は少しネタ要素になってしまいますし手札がない時に引いて最も弱いカードなので不採用です。

《修羅の頂きVANベートーベン》

このカードの採用は全然ありです!単純にコマンドの召喚不可は今の環境だと強いです、けど封印は外されてしますとでいまいちという点、《オニカマス》などの相手に選ばれないクリーチャーの除去としては強いですが《ドキンダムアポカリプス》なら相手の山札を減らしながら同じ事ができる点から不採用になりました。

4.環境TOPへの立ち回り

シータミッツァイル

このデッキに対してはとにかく鍵になるのがハンデスカードです4ターン目に裏切りの魔狼月下城で相手はほとんど詰みます。それでもクリーチャーが並んだら除去をすれば勝てます。4ターン目獅子王、5ターン目《悪魔龍ダークマスターズ》でも大丈夫です。最優先は《音精ラフルル》を落としましょう過剰打点に《音精ラフルル》でこのデッキは負けます、なので《音精ラフルル》または《ミッツァイル》を落とすことを考えて行きましょう。

アナカラーデッドダムド

このデッキでもハンデスが鍵になります。ですが《メジカラコバルトカイザー》も立てるだけで強いです!もちろんミッツァイルにも刺さりますが《オコラッタ》というマナドライブ5で相手クリーチャーを1体バウンスのGRpクリーチャーがいるのであまり刺さりません。メジカラは除去するにも呪文だと2枚ドローできてしまい《デッドダムド》でやろうとしても盾を殴りながら侵略か素だししか無くなります。素だしは難しいのでその他2つてはこちらの手札が2枚増えるので相手としては辛くなります。

5.有利不利対面

有利、微有利対面は

  • 赤単ミッツァイル
  • 赤単バイク
  • 青魔道具
  • モルトNEXT
  • 黒単オレガオーラ

五分五分の対面は

  • アナカラーデッドダムド
  • シータミッツァイル
  • 赤青覇道
  • ジョーカーズ
  • 赤白サンマックス

不利対面は

  • ロマノフワンショット
  • 青白スコーラ
  • 裁き絶斗
  • サザンルネッサンス←絶対勝てません

その他の赤単革命チェンジや青入りジョーカーズなどはいまいち対戦したことがないので有利不利は分かりません。

ここまで見て頂きありがとうございました!様々なデッキと五分五分はそれ以上で戦えるデッキなので見てくださった方も作ってみてはいかがでしょうか?もう持っているという方も参考になったら嬉しいです。今回リストに出てるのに触れられていないカードはほとんどテンプレートなので変える必要ないと思います!文章がグダグダになってしまいました。すいません本当に見て頂きありがとうございました!!

関連記事

コメント (4)

遊戯王アークファイブ

キンアルは「相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを破壊する。」なのでコストを支払う扱いのGRは破壊されません
途中で切れている文章も散見されますし使ってないカードについて記述するのをやめるにと文章の推敲を行ってから投稿してはいかがでしょうか?

0
リヒャルト

結局ギャブルが強い

0
匿名

記事自体は参考になりますが、誤字が多すぎて読みづらいです。内容が内容だけに残念です。

0
匿名

サザン勝てないってマ?

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

4