プレゼント企画対戦記事

PV 5,627 いいね 2 -

プレゼント企画対戦記事

こんにちは!滋賀県ののんびりDMプレイヤーのsinigamiです。

今回の主役は、Twitterのプレゼント企画で当選した「ネオミルザム天門」。景品として「チップ DM(カップ麺)」様より頂きました♪当選めっちゃうれしいです!本当にありがとうございます!!

今回の企画ではそんなTwitterプレゼント企画当選デッキ「ネオミルザム天門」で実際に対戦してみよう♪というとこで記事にしてみました。対戦動画ならぬ対戦記事第3弾です。前回前置きが長くなりましたが、「ネオミルザム天門」フリー対戦全3戦の記録、最後までお楽しみください♪

目次

⏹️デッキレシピ

⏹️一戦目VS5c蒼龍

5c蒼龍の初期手札
天門の初期手札

 天門側の先手で始まったこの試合。天門側は2ターン目と3ターン目に一回ずつ《ケンザン・チャージャー》と唱えるも、2回ともカードを手札に加えることができなかった。一方の蒼龍側は4ターン目になってもマナチャージ以外のアクションがない。

 5ターン目に《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》を召喚する天門側。しかし、それでも蒼龍側に動きはない。6ターン目に天門側は《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》 をプレイ。本来ならばここでGR召喚が行われるはずだが、なんとGRゾーンを準備していなかったため不発。とりあえず、《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》攻撃時に《時の法皇 ミラダンテXII》 革命チェンジ。蒼龍側のシールドを3枚ブレイクしつつ、山札から1枚ドロー。

 蒼龍側はST《蒼龍の大地》を発動。《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》をマナから引きずり出して《時の法皇 ミラダンテXII》 とバトル。スレイヤーにより、両者ともに墓地へと送られ、天門側はターンエンドを宣言。

 蒼龍側は《フェアリー・ミラクル》をプレイし、減ったマナを補う。もちろん、5文明は揃っている。天門側は《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》を召喚し、《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》 でシールドを1枚ブレイク。蒼龍側にSTはなかった。

 蒼龍側は4コストで《フェアリー・ミラクル》をプレイ。つづけさまに《超次元ホワイトグリーン・ホール》 を唱えると、《勝利のプリンプリン》を呼び出す。手札から《蒼龍の大地》を盾に埋め込み、《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》の行動を止める。

 天門側は《奇跡の精霊ネオ・ミルザム》 を召喚。スーパーシールドプラスを発動し、《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》 でシールドを1枚ブレイク。本来なら《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》の能力でGR召喚が可能だが、無いものは仕方がない。

蒼龍側はST《蒼龍の大地》を発動。マナゾーンの《ドギンダム・アポリカプス》を引きずり出し、能力ですべてのクリーチャーが封印される。天門側は苦笑いしつつターンエンド。 蒼龍側は《偽りの王 ヴィルヘルム》を召喚。《ドギンダム・アポリカプス》の封印を取り外しつつ、天門側の《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》をマナから墓地へと葬る。

天門側は《ケンザン・チャージャー》をプレイ。山札の一番上の《音響の精霊 ルルフーラ》を手札に加えつつ、そのまま召喚。《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》の封印を解除し、能力で2枚ドローしてターンエンド。

蒼龍側はひとまず、《獅子王の遺跡》をプレイ。マナを増やしつつ、手札から《ニコル・ボーラス》を召喚。天門側の手札2枚が破棄され、《偽りの王 ヴィルヘルム》の攻撃で 《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》が墓地へと葬られる。

 追い詰められた天門側はターンの始めに《コアクアンのおつかい》をドローすると、マナチャージを行わず、そのまま唱える。山札の上から《音響の精霊 ルルフーラ》、《音響の精霊 ルルフーラ》、《ドラゴンズ・サイン》を表向きにすると、全てを手札に加える。しかし、残り山札が4枚の天門側にとって《音響の精霊 ルルフーラ》の召喚はデッキ切れの危険がある。ここはあえて召喚せず、場にいる《音響の精霊 ルルフーラ》でシールドを1枚ブレイクしターンエンド。

 蒼龍側は《蒼龍の大地》を唱えると《ニコル・ボーラス》をマナから引きずり出し、《音響の精霊 ルルフーラ》とバトル。《音響の精霊 ルルフーラ》が墓地送りとなり、手札から 《音響の精霊 ルルフーラ》、《音響の精霊 ルルフーラ》、《ドラゴンズ・サイン》が破棄される。《音響の精霊 ルルフーラ》のドロー能力は強制。さらに、手札から破棄されたときにも発動するため天門側は4枚ドロー。ちょうど山札がなくなり、試合は蒼龍側の勝利で幕を下ろした。  

⏹️二戦目VS赤青覇道

赤青覇道の初期手札
天門の初期手札

 覇道側の先行で試合スタート。1ターン目、2ターン目と、連続で《海底鬼面城》を設置する覇道側。天門側は3ターン目に《コアクアンのおつかい》をプレイしようと試みるも、覇道側はそれを見切ってあらかじめ《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》でコスト7を宣言し、それを阻止。

 《海底鬼面城》の能力でお互い手札がどんどん増えていく中、覇道側は4ターン目に《MANGANO-CASTLE!》を唱える。《超Ω級 ダルタニックB》《ジェイ-SHOCKER》の2体がGR召喚され、《超Ω級 ダルタニックB》が天門側のシールドを2枚ブレイク。

 《ドラゴンズ・サイン》がSTで発動すると、能力で《革命聖龍 ウルトラスター》が降臨。シールド3枚を手札に加えつつ、山札から2枚をシールドに追加。覇道側は怯むことなく、《ジェイ-SHOCKER》でシールドを1枚ブレイク。

この攻撃で《革命聖龍 ウルトラスター》 の能力でSTを得た《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》がシールドから飛び出す。能力で盾を1枚ずつ増やしつつ、GR召喚を行う。GRゾーンから出てきたのは《メタルポンの助》。今回、急遽GRゾーンを準備したものの、急な話だったのでGRゾーンの全てが《メタルポンの助》となってしまった。

《MANGANO-CASTLE!》の処理で2体GRクリーチャーが破壊され、ターンを終了する覇道側。天門側は《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》の呪文面を唱え、《ヘブンズ・ゲート》を仕込む。

《革命聖龍 ウルトラスター》攻撃時に《時の法皇 ミラダンテXII》 革命チェンジ。手札から《ドラゴンズ・サイン》を唱え、《革命聖龍 ウルトラスター》を再びバトルゾーンに送り込む。《革命聖龍 ウルトラスター》の処理を行いつつ、《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》でGR召喚を2回行う。出てくるのは、もちろん、《メタルポンの助》

さらに、追加で《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》と《メタルポンの助》がそれぞれ1枚ずるシールドをブレイク。このターン合計5枚のシールドを破壊されてしまった覇道側だが、残念ながらSTには恵まれなかった。

追い込まれた覇道側はB・A・D・S 2で《“必駆”蛮触礼亞》を唱える。《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を送り込みつつ、《革命聖龍 ウルトラスター》をバトルにより墓地へと葬り去る。そのまま、シールドを2枚ブレイクした後、追加ターンに入る。

追加ターンにB・A・D・S 2で《“必駆”蛮触礼亞》を唱える。《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を送り込みつつ、もう1枚の《“必駆”蛮触礼亞》B・A・D・S 2で唱え、2体目の《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を送り込む。過剰に手札を使うプレイングだが、《海底鬼面城》が過剰ドローし、シールド5枚を全て手札にため込んだ覇道側なら問題ない。この2体の《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を止めるクリーチャーどころか、シールドすら1枚もない天門側は負けを素直に受け入れるのであった。

⏹️三戦目VS5cバスター

5cバスターの初期手札
天門の初期手札

前々回の対戦記事の主役「5cバスター」が再び登場。後手ながらも、1ターン目に《怒流牙 サイゾウミスト》をマナに置き、2ターン目に《虹色妖精ポミリン/レイニー・アトラス》の呪文面を唱えて《天災 デドダム》を手札に加える。そのまま、3ターン目に《天災 デドダム》をプレイし、マナ、手札、墓地を潤す、順調な立ち上がり。一方の天門側は3ターン目までマナチャージ以外のアクションがないものの、4ターン目に《奇石 トランキー/アイ・オブ・ザ・タイガー》の呪文面を唱え、《音響の精霊 ルルフーラ》をバトルゾーンに送り込む。

5c側は《アクアン・メルカトール》をプレイ。山札から《黙示賢者ソルハバキ》《復讐 ブラックサイコ》《音精 ラフルル》《青寂の精霊龍 カーネル》を表向きにすると、《音精 ラフルル》《青寂の精霊龍 カーネル》以外を手札に加える。《天災 デドダム》攻撃時に《復讐 ブラックサイコ》に侵略。天門側の手札から《コアクアンのおつかい》《革命聖龍 ウルトラスター》が破棄される。天門側にSTはなく、5c側はターンエンドを宣言。

天門側は《ドラゴンズ・サイン》経由で《革命聖龍 ウルトラスター》を送り込む。《革命聖龍 ウルトラスター》の能力で《コアクアンのおつかい》《ヘブンズ・ゲート》《ケンザン・チャージャー》が手札に加えられる。本来ならば《ヘブンズ・ゲート》をSTとして使用するのは不可能だが《音響の精霊 ルルフーラ》の能力が不可能を可能にしてくれる。

《革命聖龍 ウルトラスター》の能力で山札からシールドを2枚増やしつつ、STとして《ヘブンズ・ゲート》をプレイ。《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》、《奇跡の精霊ネオ・ミルザム》の2体が降臨する。実はこれは誤った処理である。

正しい処理は《革命聖龍 ウルトラスター》の能力で山札からシールドを2枚増やす前にSTをプレイしなければならない。しかし、試合中の選手たちは気付くのは試合終了後の話。誤った処理のまま試合は進む。

《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》の能力でシールドが1枚追加され、《奇跡の精霊ネオ・ミルザム》のスーパーシールドプラスを発動。合計4回のGR召喚が行われるが、GRゾーンから4体の《メタルポンの助》が飛び出す。

5c側は《裏切りの魔狼月下城》《アクアン・メルカトール》をプレイ。天門側の《ドラゴンズ・サイン》《コアクアンのおつかい》《ケンザン・チャージャー》が手札から破棄され、山札から《天災 デドダム》《単騎連射 マグナム》《百族の長 プチョヘンザ》《Dの牢閣 メメント守神宮》が表向きになり、それらすべてが5c側の手札に加わる。

天門側ドローとマナチャージをそれぞれ行うと、《ケンザン・チャージャー》をプレイ。山札の一番上から《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》を手札に加えると、そのまま呪文面を唱える。

能力でシールドが1枚入れ替えられ、GR召喚が1回行われる。もちろん、《メタルポンの助》が飛び出し、《奇跡の精霊ネオ・ミルザム》が5c側のシールドを2枚ブレイク。さらに、続けて《革命聖龍 ウルトラスター》が2枚ブレイク。

《革命聖龍 ウルトラスター》のブレイクで《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》を召喚し、《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》をマナに送り込む5c側だが天門側の攻撃は止まらない。《音響の精霊 ルルフーラ》で最後のシールドをブレイクすると、そこにSTは存在せず、《メタルポンの助》のダイレクトアタックが見事に決まるのであった。

⏹️最終成績


★ デッキ名「ネオミルザム天門」
★ デッキ製作者「チップ DM(カップ麺)」様
Twitterアカウント「@chippu₋DM616」
YouTubeチャンネル「DMチップ」チャンネル登録よろしくお願いいたします
★ 使用プレイヤー「sinigami」
★ 戦績1勝2敗

⏹️あとがき

 いかがでしたでしょうか?今回はGRの準備不足が目立ってしましました…。筆者の手持ちが少なく申し訳ありませんでした。

デッキ自体は守りが固く、とても扱いやすかったです。今回ご協力いただいた「チップ DM(カップ麺)」様に深く感謝申し上げます。「チップ DM(カップ麺)」様のYouTubeチャンネル「DMチップ」もぜひご覧ください。最後まで読んで頂きありがとうございました♪


カテゴリ:

タグ:, ,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

2

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事