「2ブロック5cコントロール」対戦記事

PV 4,427 いいね 13 4

「2ブロック5cコントロール」対戦記事

こんにちは!滋賀県ののんびりDMプレイヤーのsinigamiです。今回の主役は、実際に関西エリア予選で使用した「2ブロック5cコントロール」です。

今回の企画ではそんな「2ブロック5cコントロール」を実際に回してみたらそうなるのか?というのを記事にしてみました。対戦動画ならぬ対戦記事です。「5cコントロール」フリー対戦全3戦の記録、最後までお楽しみください♪

目次

⏹️デッキレシピ

前回の解説記事で説明した通り、≪撃髄医 スパイナー≫は≪九番目の旧王≫に入れ替えてあります。


⏹️一戦目VS印鑑Dパラス

印鑑側の初期手札
5c側の初期手札

 先手は5c側。お互い1ターン目は《イッコダス・ケイジ/種デスティニー》をマナチャージしてターンを終える。

 最初のアクションは5c側の《フェアリー・ミラクル》。マナゾーンには全文明が揃っているので2枚マナが増加。印鑑側は返しにB・A・D・S 2で《“必駆”蛮触礼亞》を唱え、《印鑑D》を送り込む。《印鑑D》はそのまま5c側の盾を1枚ブレイクすると、ターン終了時に墓地へと消える。

 5c側は《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》を召喚し、2枚ドローしてターン終了。印鑑側はターンの始めにドローした《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》をそのままマナチャージすると、B・A・D2で《印鑑D》を召喚。《印鑑D》攻撃時に2枚ドローし、《印鑑D》は再び攻撃態勢に入る。そして、5c側の盾を1枚ブレイク。さらに《印鑑D》再攻撃時に《革命類侵略目 パラスキング》に侵略!5c側の盾を3枚ブレイク。

 5c側は《ハムカツ団の爆砕Go!》をSTでプレイ。《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》の能力で2回唱えると、《革命類侵略目 パラスキング》は進化元ごとマナに叩き込まれてしまった。さらにターンの始めに《テック団の波壊Go!》をドローすると、そのままマナチャージ。5コストで《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》を召喚すると、盾が1枚回復し、《天啓 CX-20》がGRゾーンから飛び出す。すでに手札が十分ある5c側は、ドローを行わずにターンエンド。

 印鑑側は《MANGANO-CASTLE!》を唱え、《C.A.P. アアルカイト》《ドドド・ドーピードープ》をGR召喚。《ドドド・ドーピードープ》攻撃時に残った手札を全て破棄し、5c側の盾を1枚ブレイク。ターン終了時に2体を墓地送りにしターンエンド。

 5c側は《煌メク聖壁 灰瞳》を召喚し、盾を5枚回復させる。そして《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》の能力が発動し、大量のGR召喚が行われるとターンエンドを宣言。手札を全て使い切った印鑑側に打開策はない。印鑑側がターンエンドを宣言すると、5c側は総攻撃を行う。印鑑D側が耐えきれず、白旗を上げるのであった。

⏹️二戦目VSジョラゴンJs

Js側の初期手札
5c側の初期手札

 先手は5c側で試合スタート。しかし、先に動き始めたのはJs側。後手ながらも《タイク・タイソンズ》を2ターン目にプレイする順調な滑り出し。しかし、Jチェンジすることはなく、5c側が唱えた《イッコダス・ケイジ/種デスティニー》によって焼き払われてしまう。

《タイク・タイソンズ》を失ったものの、マナはしっかり増えたJs側。マナチャージ以外のアクションがない5c側をしり目に、3、4ターン目に連続で《ヤッタレマン》を召喚する。

5c側もそろそろ何かアクションがあっても不思議ではないが、依然としてマナチャージ以外のアクションはない。Js側はその隙を見逃さず、《キング・ザ・スロットン/7777777》を召喚。山札から3枚を捲り、その中から2体目の《キング・ザ・スロットン/7777777》を場に送り込む。再び山札から3枚捲り、その中から今度は3体目の《キング・ザ・スロットン/7777777》を場に送り込む。

さらに山札を3枚捲り、呼び出すのは《ソーナンデス》《ソーナンデス》攻撃時にマナの《ジョット・ガン・ジョラゴン》が入れ替わりで登場。《ソーナンデス》の能力で手札から《ジョリー・ザ・ジョルネード》が捨てられると、《全能ゼンノー》、《The ジョラゴン・ガンマスター》、《ポクタマたま》がGRゾーンから飛び出す。そのまま、5c側の盾を2枚ブレイク。

ここで5c側はST《テック団の波壊Go!》を引き当てた。《全能ゼンノー》、《The ジョラゴン・ガンマスター》、《ポクタマたま》《ヤッタレマン》《ヤッタレマン》が手札に戻される。しかし、Js側は怯むことなく攻撃を続行。《キング・ザ・スロットン/7777777》で2枚ブレイクするが、ST《ハムカツ団の爆砕Go!》でもう1体攻撃可能の《キング・ザ・スロットン/7777777》はマナ送りとなる。

5c側のターン。《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》を召喚し2枚ドロー。最終的にこれがラストターンとなった。

Js側のターン。《キング・ザ・スロットン/7777777》で攻撃。5c側の最後の盾にSTはない。2体目の《キング・ザ・スロットン/7777777》で攻撃。5c側は《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》でブロック。そして、《ジョット・ガン・ジョラゴン》のダイレクトアタックを拒むものはもうそこには存在しなかった。

⏹️三戦目VS青魔導具

青魔導具側の初期手札
5c側の初期手札

 先手は5c側。しかし、先に動いたのは青魔導具側。後攻1、2ターン目に《《卍 ギ・ルーギリン 卍/卍獄ブレイン》、《堕呪 バレッドゥ》を唱えて《卍 新世壊 卍》を探しに行く。対する5c側は3ターン目になってもマナチャージ以外のアクションない。

 3ターン目の青魔導具側のアクションは《堕呪 ウキドゥ》《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》が5c側の盾に埋めっているのを確認すると、入れ替えは行わず静かにターンエンド。対する5c側は4ターン目になってもマナチャージ以外のアクションない。

 迎えた後攻4ターン目。青魔導具側は2コスト支払って待ちに待った《卍 新世壊 卍》を設置。さらに《堕呪 ギャプドゥ》をプレイし手札を整える。しかし、返しのターンに5c側の唱えた《イッコダス・ケイジ/種デスティニー》で《卍 新世壊 卍》は沈没。さらに《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》でお互いの墓地がリセットされる。

 青魔導具側のターン。《卍 新世壊 卍》を失ったのは大きい。すぐさま新しい《卍 新世壊 卍》を求めて《堕呪 ゴンパドゥ》をプレイ。続けざまに《堕呪 カージグリ》《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》を手札に戻し、ターンエンド。

 5c側のターンは《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》を召喚するだけで終了。続く青魔導具側のターンも《ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ》で《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》を破壊するだけでターン終了。返しの5c側のターンは《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》を召喚するだけで終了。続く青魔導具側はターン開始時のドロー以外アクションなし。5c側もドローとマナチャージのみでターン終了。ハイペースで試合が進む。

 ここで青魔導具側は試合の流れを変えるプレイングを魅せる。《MEGATOON・ドッカンデイヤー》を召喚すると手札の4枚を墓地に叩き込み、GRゾーンから《ナギー・ナグナグ》《ナギー・ナグナグ》《ホッピーホップ》、《ブルンランブ》を呼び出す。一気に盤面を展開するが、返しのターンに5c側が《九番目の旧王》を唱えたことにより、《MEGATOON・ドッカンデイヤー》以外は全滅してしまった。残った《MEGATOON・ドッカンデイヤー》《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》の能力で再び唱えられた《九番目の旧王》によって、闇に葬られてしまう。

 ターンが返ってきたものの、場が壊滅してしまった青魔導具側。おまけに手札は0枚。仕方なく、ドローとマナチャージのみでターンを終える。5c側は《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》を召喚。盾を1枚増やし、《パス・オクタン》をGR召喚。

 対する青魔導具側のアクションは《堕呪 ギャプドゥ》のみ。それを見た5c側はひとまず、《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》を召喚し様子を伺う。青魔導具側は《堕呪 ゴンパドゥ》をプレイし、《卍 新世壊 卍》を加えるとそのまま静かに設置。

 5c側は2体目の《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》を召喚。さらに《イッコダス・ケイジ/種デスティニー》で《卍 新世壊 卍》を破壊。《卍 新世壊 卍》を破壊された青魔導具側はターン開始時のドローのみでターンを返す。返しのターンに5c側は2体目の《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》を召喚。

 しっかり、盤面が固まった5c側。しかし、青魔導具側もただ指をくわえて見ているわけではない。《ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ》を唱えると、5c側の盤面は壊滅。呪文に選ばれない2体《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》のみが場に残る形となった。壊滅状態でターンを返された5c側はドローとマナチャージのみでターンエンド。青魔導具側は《堕呪 ウキドゥ》《堕呪 バレッドゥ》で手札を整えてターンエンド。

 5c側は3体目となる《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》を召喚。さらに追加で《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》を召喚。盾を1枚増やし、《続召の意志 マーチス》《パス・オクタン》をGR召喚。5c側のターン終了時に《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》が羽ばたく。

 《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》が着地したものの、大きなアクションなく青魔導具側はターンエンド。返しのターンに、5c側は総攻撃。青魔導具側は耐えきることができず、負けを受け入れるのであった。

⏹️最終成績


■ デッキ名「2ブロック5cコントロール」
■デッキ製作者「sinigami」
■使用プレイヤー「sinigami」
■戦績2勝1敗

⏹️あとがき

 いかがでしたでしょうか?とても粘り強く戦えるコントロールデッキなので、ぜひ皆さん使ってみでください。別の記事で調整記録や解説記事を執筆しているので、そちらも一緒に読んで頂けると嬉しいです。最後まで読んで頂きありがとうございました。


カテゴリ:

タグ:, ,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

13

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事