【今日の一枚】vol.6《バングリッドX7》四号機は優等生

PV 4,295 いいね 27 コメント 4

【今日の一枚】vol.6《バングリッドX7》四号機は優等生

こんにちは。北白河と申します。春の気配が見えたり見えなかったりする今、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

この企画「今日の一枚」では「今バズっているカード」「今高騰しているカード」「今話題のカード」「往年の名カード」「今北白河の中でアツいカード」など、独断と偏見で北白河が選んだカードを不定期(週三回くらい更新できたらいいな)で毎日1枚取り上げて語っていきます。

というわけで、体調に気をつけながらやっていきましょう。それでは、今日のカードはこちら。

《バングリッドX7》

【クリーチャー 】
【種族】ジョーカーズ
【文明】自然
【コスト】4
【パワー】4000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
■このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置く。
■自分のターン中、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから召喚してもよい。
■バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計6枚以上あれば、このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

遅れてきた四号機

双極篇を通じて登場した《ガンバトラーG7》《ザンジェットW7》《ドンジャングルS7》に続く「セブンシリーズ」の4機目としてDMRP-10にてスーパーレアとして収録されたこのカード。最近のSRらしく、比較的軽量のボディにこれでもかと詰め込まれたメリット能力の山はインフレを感じさせます。

具体的に言うと、マッハファイターでメタクリなどの小型獣を除去しながらマナ加速を行いさらに後続をマナから呼べるようにした挙げ句、状況が整えば自身もマナから出てきます。《いのししとう》が泣いてます。

初登場時から自然文明が絡むジョーカーズデッキにはよく顔を出すこのカードでしたが、つい最近ある事情からさらに評価が上がってきております。

切札のダッシュ、キリフダッシュ

その事情とは3月28日発売のDMRP-09『十王篇第1弾 切札×鬼札 キングウォーズ』にて登場するジョーカーズとの複合種族「チーム切札」の新規キーワード能力、キリフダッシュです。

「自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[代替コスト]支払って召喚してもよい。」 というテキストの、要するにバトルフェイズ中に条件付きで召喚できる能力なのですが「コストを払っての召喚」であるのがミソです。つまり、《ドンドド・ドラ息子》でJ・O・E2を持たせてコスト軽減したり《バングリッドX7》でマナから召喚したりといった、通常の召喚と同じような抜け道が使用可能なのです。

ざっと考えても《ヤッタレマン》でさらに早くキリフダッシュしたり、《タイク・タイソンズ》がJチェンジしながらシールドブレイクしてそのまま増えたマナでキリフダッシュしたりと今までのあらゆるジョーカーズ早出しプランがそのまま適用されます。やっぱりいつもの無法展開してくるジョーカーズじゃないか!

本来ならこの手の早出しは手札消費の激しさもそれ相応なのですが、《バングリッドX7》なら事前にキリフダッシュ先をマナに置いておけるのでそのぶんの手札消費が浮いて経済的、というわけです。攻撃時のマナ加速で増えたマナでキリフダッシュ用のマナが足りたというケースももちろんあり、見た目以上の相性のよさを誇ります。

七機揃ってセブンシリーズ

ところで背景ストーリーにおいてこのロボットめいたジョーカーズはどういう意味を持つのでしょうか。答えは、「現状特に意味を持っていない」です。《ガンバトラーG7》《ザンジェットW7》《ドンジャングルS7》のように合体するわけでもなく(そもそも合体後に刷られたカードだし)、次の弾に収録された《ジャガライガーV7》ともども謎の多い存在です。

……ところで、件の《ジャガライガーV7》のフレーバーテキストをご存知でしょうか。「七機のセブンシリーズが揃う時、何かが起きる……かもしれない。」おっと、いきなり強い設定がブチ込まれましたね。これまでに登場した(合体形態を除く)セブンシリーズは5体。なんとあと2体の存在が示唆されたのです!これは期待が高まりますね!

……残りの2体が刷られさえすればな!

まあそれもそのはずで、超天篇におけるジョーカーズロボ枠は初代ロボ枠のGR版である《鋼特Q ダンガスティックB》《鋼ド級 ダテンクウェールB》《鋼Ω級 ダルタニックB》とその合体版《無限合体 ダンダルダBB》ですでに枠がカツカツだったのです。

《バングリッドX7》にしても、そもそも開発中は《Aggressive Cultivator》(侵略する耕作者)とかいうあんまりパッとしない名前だったらしく、能力強化に伴いレアリティ上昇→かっこよくするためにロボ化が確定→後付けで「セブンシリーズは7体」という設定が追加され、四機目として登場した……みたいな気配がしますね。まかり間違っていればレアあたりのジョーカーズとして「トラク太郎」みたいな名前になってたかもしれませんね。

 というわけで、《バングリッドX7》でした。いや、DMRP-08か謎BBPでマジでセブンシリーズの6番と7番が来ると思ってたんですけどね?もしかしてまた投げっぱなし設定?マジで?それでは、次の記事で。

「今日の一枚」は水・金・日の週三回更新!更新チェックのためにガチまとめ公式ツイッターを是非フォローお願いいたします。

また、ツイッターやコメント欄で記事の感想や次のテーマとなるカードの募集も受け付けております。北白河はコメント返信率100%を目指しております。がんばります。

前回の【今日の一枚】

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (4)

匿名

どうせ今年のBBPをスルーして忘れた頃に来年のBBPで残り2機がぶっ壊れとして出てくるんだ。俺詳しいから知ってんだ(白目)

1
北白河

コメントありがとうございます。

BBP、プレミアム感を出すために3-4年くらい開けてくる傾向にあるんですよ。なので来年はちょっと尚早かなーと。
とはいえBBPは本編で忘れられた設定をリカバリーできる唯一の場所でもあるので、わりとあり得るかもしれませんね。

まあ起源神をリカバリーしない公式には特に期待してないんですが。

2
匿名

キングザスロットン7も7シリーズなのでは?
となると、あと一体な気がします。

0
北白河

コメントありがとうございます。

キング・ザ・スロットンについては名前の前にアルファベットがついてないんですよね。
当初の3機構成からも外れてますし、後付けで設定が付かない限りはなさそうですね。

頼みの綱のオリカキッズがおとぎ話にかまけているので、しばらくは揃わないと思います。
今年の三大ロボはおとぎ話の「hoge太郎」で合わせてきそうですし。

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

27