【DBC】黒緑ドルマゲドン完全解説

PV 3,188 いいね 14 コメント 4

【DBC】黒緑ドルマゲドン完全解説

こんにちは!滋賀県ののんびりDMプレイヤーsinigamiです。今回は【黒緑ドルマゲドン】について解説していきたいと思います。

目次

⏹️デッキレシピ

⏹️黒緑ドルマゲドンとは?

 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》を主軸としたコントロールデッキ。《凶鬼09号 ギャリベータ》によるリソースと《解体人形ジェニー》のハンデスによる妨害、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》や《S級不死 デッドゾーン》、超次元を駆使したパワーあふれる戦術が魅力です。

⏹️基本的な動かし方

⏺️序盤

 《悪魔妖精ベラドンナ》、《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》でマナを増やします。

⏺️中盤

 《解体人形ジェニー》、《デスマッチ・ビートル》で相手を妨害しつつ、《凶鬼09号 ギャリベータ》、《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》でアドバンテージを稼いでいきます。

⏺️フィニッシュ

 《S級不死 デッドゾーン》を主軸とする過剰打点、もしくは、《超覚醒ラスト・ストーム XX》による圧倒的展開力でダイレクトアタックを狙います。

 フィニッシュの際、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》の封印を一つ残しておくと、反撃されと時に《威牙の幻ハンゾウ》や《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》で相手ターン中に封印を剥がし、禁断爆発によってカウンターを瀬戸際で止めることができます。

⏹️採用カード解説

⏹️《悪魔妖精ベラドンナ》

 初動のマナ加速。2→4の動きで《解体人形ジェニー》や《Dの牢閣 メメント守神宮》に繋いでいきたいです。後半になってもハンデス札として活躍するので終始腐りにくいのが特徴です。

⏹️《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》

⏺️クリーチャー面

 マッハファイターとマナ加速・回収能力を持つ。相手の盤面を崩しつつ、マナ加速・回収を行うことにより、相手とのアドバンテージの差をつけることができます。

 回収する際は、後続のコマンドもしくは、勝ち筋の《超次元ガード・ホール》や《S級不死 デッドゾーン》を回収するのがオススメです。状況によっては《威牙の幻ハンゾウ》や《光牙忍ハヤブサマル》、《Dの牢閣 メメント守神宮》といった防御札を回収するのもありだと思います。

⏺️呪文面

 初動のマナ加速。3→5の動きで優秀なコマンドへと繋げるのが強いです。また、相手の墓地を山札に戻せるので【墓地ソース】や【カリヤドネループ】へのメタカードにもなります。自分の墓地もリセットできるので、長期戦の際に山札切れを起こす心配もなくなりました。

⏹️《フェアリー・ギフト》

 9枚目の初動。後半は同時に2体以上のクリーチャーを展開する際、負担を減らすために使用したりもします。

⏹️《デスマッチ・ビートル》

 踏み倒しメタ。コストが低く、パワーが高いのが特徴です。コストが軽いので余ったマナで気軽にプレイしやすく、複数体並べるのも簡単です。また、ガードマンを持っているため、殴り返しを防いだりしてくれます。

 
⏹️《光牙忍ハヤブサマル》

 長きにわたり愛され続けるシノビ。《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》や《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》で何度も回収して使い回しましょう。

⏹️《ディメンジョン・ゲート》

 サーチカード。STでシノビを回収すれば受け札にもなります。

⏹️《Dの牢閣 メメント守神宮》

 最強のD2フィールド。Dスイッチは非常に強力ですが殿堂入りしてしまったため試合中1度しか使えません。タイミングを見極めて、ここぞというときに使いましょう。

⏹️《解体人形ジェニー》

 強力なハンデス能力を持つクリーチャー。相手の手札を見て選べるので効き目が強力です。

 とにかく相手の手札がある限り活躍してくれるので終始腐りにくいです。序盤に使用すると相手のテンポを崩すことができる他、攻めに行くときに相手の手札を見てシノビの有無を確認することもあります。

⏹️《凶鬼09号 ギャリベータ》

 墓地と手札を毎ターン増やすことができるカード。手札切れの心配をしなくていいのはありがたいです。

 複数体並べると膨大なアドバンテージを稼ぐことができます。墓地から直接召喚できるので並べやすいのも特徴です

⏹️《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》

⏺️クリーチャー面

 墓地回収できるクリーチャー。クリーチャーしか回収できないですが十分強いです。《悪魔妖精ベラドンナ》や《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》を使い回して、相手の手札や墓地を枯らし続けると日以上に強力です。また、シノビを使い回して耐久するのもありだと思います。

⏺️呪文面

 シンプルな除去呪文。とても扱いやすいです。

⏹️《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》

 STが搭載されたコマンド。相手ターン中に封印を剥がせる可能性がある1枚です。

 カードの種類を問わず回収できる便利な能力を持っています。さらに、墓地とマナの両方に手が届くので回収範囲はとても広いです。

⏹️《S級不死 デッドゾーン》

 フィニッシャー。中盤、《解体人形ジェニー》を進化元に除去札として活用することも珍しくありません。

 Tブレイカーはフィニッシュの際にとても頼りになります。火力不足と感じた時は戦力強化のために、超次元ゾーンから打点を補充するか、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》を解放させましょう。特に《終焉の禁断 ドルマゲドンX》は除去体制がついているので、ダイレクトアタックが決まりやすくなります。

⏹️《威牙の幻ハンゾウ》

 少し重い分、強力なシノビ。相手ターン中に封印を剥がせる1枚となっています。

 相手がどれだけの戦力で攻め込んできても、最後の封印を忍者ストライクで外すことができれば完全に攻撃を止めることができます。このデッキの最強防御札といっても過言ではないでしょう。また、除去体制も持っているため、フィニッシュの際にダイレクトアタッカーとして使用したりすることもあります。

⏹️《超次元ガード・ホール》

 強力な超次元呪文。コストが重い分、強力なサイキッククリーチャー呼び出せるのが魅力です。

 また、《撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー》を呼び出すことによって、自分のクリーチャーをブロッカーにできるので《Dの牢閣 メメント守神宮》の不足分を補うことできます。唱えるときにクリーチャーを1体盾送りにできるので、相手クリーチャーの除去だけではなく、《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》や《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》を埋め戻して自分の防御力を上げることもできます。

⏹️超次元

⏹️《時空の支配者ディアボロス Z》

 《超時空ストーム G・XX》の進化元。覚醒の際は《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の場を離れない構成パーツを適当に指定すれば、デメリットなく覚醒できます。この時、山札のシャッフルを忘れないように注意しましょう。

⏹️《超覚醒ラスト・ストーム XX》

 大型フィニッシャー。圧倒的な火力と戦力でダイレクトアタックを狙います。

⏹️《撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー》

 《Dの牢閣 メメント守神宮》の不足分を補うことができるサイキッククリーチャー。

⏹️《時空の封殺ディアス Z》

 殲滅返霊という珍しい能力を持つサイキッククリーチャー。覚醒条件は厳しいものの、《超次元ガード・ホール》の除去に加えて《S級不死 デッドゾーン》を複数枚からませれば達成できなくはないです。

⏹️《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》

 強力な除去機能を持つサイキッククリーチャー。《超次元ガード・ホール》と組み合わせて2面除去が可能です。

⏹️《勝利のガイアール・カイザー》

 SAを持つサイキッククリーチャー。奇襲打点として使用します。闇のコマンドなので《S級不死 デッドゾーン》の侵略と相性が非常にいいです。

⏹️《時空の戦猫シンカイヤヌス》《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》

 ダイレクトアタッカー。《超覚醒ラスト・ストーム XX》攻撃時にその他のサイキッククリーチャーと一緒にまとめて呼び出せば、《時空の戦猫シンカイヤヌス》が《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》に覚醒し、《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》にSAを付与することができます。《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》が選ばれないので殺傷力が高く、ダイレクトアタックを通しやすいです。

⏹️その他採用オススメカード

⏹️《拷問ロスト・マインド》《悪魔龍 ダークマスターズ》

 最大枚数採用された《解体人形ジェニー》や《悪魔妖精ベラドンナ》でも、ハンデス札がまだまだ足りないという人にオススメです。

⏹️《闇鎧亜キング・アルカディアス》《闇鎧亜クイーン・アルカディアス》

 相手に強力なロックをかけることができるのでオススメです。フィニッシュの際、相手の反撃手段を封じることができます。その他、反撃手段を封じる手として《魔天降臨》も選択肢の1つです。

 進化元がデッキに《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》しか入っていないものの、超次元呪文を駆使すれば不足気味の進化元を十分用意できます。

⏹️《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》

 より、安全なフィニッシュプランを求める人にオススメです。ちなみに《終焉の禁断 ドルマゲドンX》をメガメテオバーン10で墓地に叩き込むと、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》の敗亡条件より《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》の勝利条件が優先され、結果的に試合に勝利することができます。

⏹️プレイングのコツ

 選択肢が多く、繊細なプレイングが求められます。具体的には

●《ディメンジョン・ゲート》や《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》、《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》で何を回収するのか?

●《超次元ガード・ホール》で何を呼び出すのか?

●《解体人形ジェニー》で何を捨てさせるのか?  等々…

基本的に1ターン、1アクションが基本の為、誤った選択肢を選んでしまうと取り返しがつかなくなる可能性もあります。また、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》の封印もどれから外していくのかが重要になっていきます。また、攻め込む際は多少のトリガーを踏んでも押し通せるように、多めに打点を用意しておくのが望ましいです。

⏹️デッキの長所・短所

 一番の魅力は選択肢の多さからくる戦術の幅広さです。どんなデッキとでも互角い以上に戦うことができます。また、クリーチャー主軸のコントロールデッキなので呪文メタに強いのが特徴です。相手を妨害するのも得意なので、コンボデッキやループデッキにも強く出れます。《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》や《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》で繰り返し使い回せば効果は絶大です。

 一方、デッキの立ち上がりが少し遅いため、速攻系統に先手を取られてしまうとそのまま何も出来ずに負けてしまうこともあり得ます。また、【青魔導具】や【青白スコーラー】等、過度に手札を補充するデッキにはハンデスが追い付かず、そのままコンボを見届けることも…。

⏹️あとがき

 いかがでしたでしょうか?相手のペースを崩しながら試合を細かく組み立てていくのは、何とも言えない楽しさがあります。プレイングはとても難しいですが、その分強力なデッキなので、みなさんぜひ作ってみてください。最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

コメント (4)

金欠さん

質問なんですけど、タイガニトロやヴェルデ、ヤドックなどを入れた方が、ミクセルや、赤単ブランドにも対応出来る気がしたんですけど、そこら辺ってどうなのでしょうか?

0
sinigami(DBC)

凄くいいと思います❗
環境や好みに合わせて色々改造して頂けると嬉しいです♪
よろしくお願いいたします

0
匿名

解体ジェニーはジェ霊ニーにすれば、前半はパキラキや、クリスマ、ソゲキ、ポクたま、後半ならマリゴルドなんかも捲ることができて強そう

0
sinigami(DBC)

いいですね❗デジルムカデもよかったらお試しください。

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

14