イベント開催者募集~店舗とプレイヤーを支援します~【トレカの火を絶やすな!】

PV 2,093 いいね 20 コメント 12

イベント開催者募集~店舗とプレイヤーを支援します~【トレカの火を絶やすな!】

目次

5月上旬にトレカイベント復活の狼煙をあげました。
多くのRTやコメント本当にありがとうございます!

カーナベルからの支援はこれだ!

これでイベントが再開できるぞ

コロナ対策をする物資

②開催できる場所

③正しい知識

この3つさえあればトレカイベントは復活できます。

そしてこの3つはカーナベルが支援します。

つまり、6月からトレカイベントが復活します。

しかしカーナベルの力だけでは達成できません。
開催してくれる店舗や主催者、プレイヤー、全ての力を終結させる必要があります。

プレイヤーの皆さまにお願いがあります。
行きつけのショップや周りのプレイヤーに情報を拡散してください!
あなたのRTが店舗や主催者に開催の勇気と知恵を与えます

店舗・主催者の皆さまにお願いがあります。
6月からトレカイベントを再開しましょう!
カーナベルに支援させてください!


トレカイベントを開く環境を支援

支援内容

①除菌用アルコール
店舗「除菌用アルコールって高いし手に入らないんだよな・・・」
→ 除菌用アルコールをたっぷり 500ml支給!!

② 会場費の補助
大会主催「会場費用って大変なんだよな・・・」
会場費を半額まで補助!!

③ キャンセル費用を補助
交流会主催者「コロナウィルスがまた猛威を・・・」
キャンセル代を半額まで補助!!

④コロナ対策を提示
店舗「とはいえ、コロナ対策どうしよう・・・」
→ コロナ対策用トレカイベントガイドラインを提示!

➄イベントを宣伝
店舗「久しぶりのイベントで集客に不安・・・」
→ ガチまとめでイベントを宣伝

※この形のディスペンサーをご用意
※カーナベルでも使用中のアルコール

支援内容まとめ

・除菌用アルコール 500ml
・アルコール対応ディスペンサー ×1本
・会場費補助最大 3,000円
・会場費キャンセル費用最大 3,000円
・トレカイベントガイドライン
・ガチまとめでのイベント宣伝

※地方店舗で開催される非公認大会をモデルに作成されました
※最大参加人数16名かつ全4時間を想定した支援内容となります
(追記 5/16 イベント担当 )

具体的なコロナ対策でリスクが激減

メタるべき感染経路は2種類

コロナウイルスの主な感染経路は2種類です。

 主な感染経路
①飛沫感染
- 感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染する。

②接触感染
-
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染する。

この2つのリスクをどれだけ下げられるかが勝負の分かれ目です。
仮想メタを決めてしっかり対策するのはカードゲーマーなら日常茶飯事!

むしろ変わりゆく環境に対してデッキをチューニングするのが楽しみといっても差し支えないはずです。

トレカイベントガイドライン

「店舗大会・交流会・競技大会」どの形式でイベントを開催しても、
トレカイベントは以下の工程を基本として開催されます。

ならばこの工程で生じる感染経路を減らすことこそが、トレカイベントの生き残る道です!

トレカイベントフロー図

参加者は5つの対策をしよう!

対策1【飛沫を飛ばさない対策】

- マスクの着用
 家を出るときから家に帰るまで着用しよう!

対策2【飛沫を吸い込まない対策】

- 人同士の距離を1m以上離す
 受付に並ぶとき、対戦するときは必ず守ろう!

対策3【手にウイルスをつけない対策】

- プレイマットの消毒
 プレイマットは洗ってから持ち込もう!

対策4【手についたウイルスを、粘膜に触れさせない対策】

- 石鹸での手洗い
 会場入りしたとき、対戦前に手を洗おう!
- 手のアルコール消毒
 受付のとき、ラウンド毎にアルコール消毒しよう!
- うがい
 会場入りしたとき、うがいをしよう!

対策5【ウイルスを持ち込まない対策】

- 服の除菌
 シャツもパンツも肌着も洗濯したものを着用しよう!
- 身体の除菌
 前日の夜以降に入浴またはシャワーを浴びてから参加しよう!
- 検温の実施
 大会の朝、検温をおこない「37.3度」以上の場合は自宅待機しよう!
- 2週間の健康維持
 ウイルスの潜伏期間は1~12.5日(多くは5~6日)!
 イベント当日までの2週間以内に体調不良を感じた場合は自宅待機しよう!
- 県をまたいで移動しない
 14日以内に県をまたぐ移動をしていない人だけがイベントに参加しよう!
 県外からのイベント参加は徐々に開放!今は控えよう!
(追記 5/18 イベント担当 )

普段からいかに清潔にできるか、無意識に口や鼻などの粘膜を触らないようにするかがキーポイントです。

主催者は4つの対策をしよう!

対策1【飛沫を飛ばさない対策】

- マスクの着用
 家を出るときから家に帰るまで着用しよう!
- 着用状況のチェック
 参加者が正しくマスクを着用しているか確認しよう!

対策2【飛沫を吸い込まない対策】

- 換気の徹底
 イベント中は可能な限り窓を開け空気の流れを作ろう!
 対戦と対戦の間は必ず換気をしよう!
- 人同士の距離を1m以上離す
 飛沫を相手に飛ばさない距離で対戦しよう!

①物理的に距離をとる
広いテーブルやスペースがない場合は正面で対戦することを避けて斜めに対戦することで距離を保とう!

対戦相手と距離を保って対戦する様子
(貸し会議室)
対戦相手と距離を保って対戦する様子
(カードショップ)

②テーブルに壁やビニールを設置する
モルさんすごいです!ここまでできたら安心ですね!

ASAKURA プロ(左)と COMPOFF のモルさん(右)

COMPOFF のモルさん(奥)と ASAKURA プロ (手前)

対策3【手にウイルスをつけない対策】

- 机の消毒
 イベントに使用する机の表面を除菌しよう!
 アルコール消毒ができない場合は次亜塩素酸だ!
- 椅子の消毒
 参加者が座る椅子の手すり、背もたれを除菌しよう!
  アルコール消毒ができない場合はやっぱり次亜塩素酸だ!
- トイレの消毒
 開場前にトイレを清潔にしよう!ドアノブはこまめに除菌しよう!

対策4【手についたウイルスを、粘膜に触れさせない対策】

- 石鹸での手洗い
 会場入りしたとき、受付前に手を洗おう!
- 手のアルコール消毒
 会場設置の前、受付の前に消毒しよう!
- うがい
 会場入りしたとき、うがいをしよう!

事前にどれだけ会場を清潔にできるか、いかに参加者をウイルスに触れさせないようにするかがキーポイントです。

6月からのイベント概要を紹介

規模

4~16人で行う交流会やカジュアル大会を想定

小規模イベントから初めましょう!
徐々に中規模~大規模大会を開催できる未来が見えてきます!

日程

緊急事態宣言の解除とともにイベント開催解禁!
6月13日(土)からイベント開始!

緊急事態宣言が継続している状況でイベントを開くことはできません。

全国で緊急事態宣言が解除されるであろう6月1日以降にイベント募集を開始し、
余裕をもってイベントに臨みましょう!

期間詳細

・開催者募集期間 5月12日~6月30日
・イベント支援期間 6月13日~7月31日
・イベント開始期間 6月13日~7月31日

※支援できるイベントの数に限りがございます。希望者はお早目のご応募をお待ちしています。

一緒にイベントを復活させる仲間を募集

イベント開催者募集

カードショップの方へ

「デュエルスペースを開放しようか迷っている」「店舗大会を再開する時期に困っている」
それなら・・・

今すぐイベント支援に応募しましょう

個人主催の方へ

「友人と集まってカードゲームがしたい!」「CSを再開さるために何かしたい!」
それなら・・・

今すぐイベント支援に応募しましょう

プレイヤーの方へ

「早く対戦がしたい・・・」「大会ができるようになって欲しい!」
それなら・・・

この記事を皆でシェアしましょう。拡散するだけでトレカの未来が変わります。

最後に

カーナベルがトレカの大会や交流会を開きたい個人や店舗を支援していきます!
まずは小規模なイベントから再開し、みんなで手をとり大規模なイベントを復活させましょう。

すでにご応募いただいた方はありがとうございます!
トレカイベントの復活を望む協力者は続々と増えています。

いま、一歩踏み出すことが私たちの未来を変えます。

トレカの火を絶やすな!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (12)

MS

え、ガイドラインに県外に行かないでって入ってる?
(ちょっと過剰反応かなと思ってました)
最初から想定されてたかもしれないけどこうやって目に見える形で注意を忘れない、まだ危機は去っていないって言ったことに意味がああります。
カーナベルさんの活動に賛同してくれるお店が増えれば、モチベーション維持出来なくなってた人も戻って来るはず。
リモートでやれるんだからいいじゃんは絶対一時的なもので生の臨場感に勝るものはないんですよね。
現にリモート機材用意出来なかったり、家のパソコンしかないとかだと出来ない人多いですし、大会行きたいって人すごく多いです。
この活動がTCG を終わらせない、信じます、頑張りましょう、立場は違いますが応援します!

3
ガチまとめデュエマ担当

イベント担当です!コメントありがとうございます。

>え、ガイドラインに県外に行かないでって入ってる?
緊急事態宣言解除後、日が浅いことも鑑み県外からの参加者はご遠慮いただくよう主催者様にご連絡予定となっております。安全に配慮した着眼点ありがとうございます!
『- 県をまたいで移動しない』の部分を詳しく書くべきですね。ありがとうございます!

今回の騒動でモチベーションが下がってしまったプレイヤーや対戦の機会を失ってしまったプレイヤーが安心して遊べる環境の支援に努めます。
応援ありがとうございます!

0
匿名

支援を申し込み、受理された場合、契約当事者双方の債権債務の内容について教えてください。

1
ガチまとめデュエマ担当

イベント担当です!コメントありがとうございます。

>支援を申し込み、受理された場合、契約当事者双方の債権債務の内容について教えてください。
イベント開催までのより詳しい内容は応募していただいた後、担当者とのやり取りにてお願いしています。
カーナベルと共にイベント開催をしていただける場合はこちらよりご応募ください!(https://forms.gle/yQ6gPFJA2hiGP6246)

0
みみずく

モルさんのこれは、あるとなしでは安心感が段違いなので、頑張って作りたい。アクリルだと、高くつくかな?

0
匿名

ガチまとめでイベントの宣伝なんかしたら、定員4~16人の大会に数倍の人数が押しかけるぞ。逆に迷惑では?

0
みみずく

小さなイベントなので、ガチまとめじゃ宣伝しないでしょ。
第2波がくれば、再度中止にする。自分のカードとプレイマット以外は触らない。トイレはできれば我慢する。自分たちがプレイを始める前に、机をアルコール消毒する。終わったら、再度消毒。短時間のイベントにする。とにかく、飛沫が相手にかからないよう対処する。手袋やフェイスガードをつけた人がいても、笑わない。等々、お互いちゃんとしてれば、大丈夫な気はすんだけどねぇ。

0
匿名

⑤イベントを宣伝のところに、ガチまとめでイベントを宣伝!ってはっきり書いてあるだろ?無茶苦茶なコメントを出して荒らすのはやめてほしい。

0
匿名

※6
宣伝と言ってもガチまとめの活動に賛同してサポート受けている店舗の皆さんとか紹介レベルなら詰め寄せることはないだろうし、あとは店舗ごとの手腕だから頭ごなしの否定しても意味はない
例えばの話だけどしばらくは予約制先着順で頭打ちラインを作ってあぶれた人達は次回の優先予約権を与えておくとかやり方はあると思う
当日上位3人決まったらその人に来週来るかを確認して来れるならその子らは翌週の予約に組み込む(実質翌週の事前予約は13人頭打ち)来れなければ空き枠大会参加者の中から翌週来れるよって人達で空き枠をじゃんけんして貰うとかね
参加可能人数のキャパに応じてローテーション組んで極力たくさんの人に楽しんで貰う努力はお店にとっても有益だし、リモート対戦を推奨してるけどリモート対戦が簡単に出来ない人もいることは考えた方がいいと思う

1
みみずく

あら、ホントね。これは、店側が判断するしかないね。(強制では無いようですよ。)

0
名もなき旅人

どうも、前回の【トレカの火を絶やすな】の企画を見たときケチョンケチョンに言わせていただいた者ですw

私は、最も恐ろしいのは新型コロナウイルスではなく、それを忌避する人の心だと考えています。
実際のイベントが開催され、クラスターが発生した場合、カードゲーマーはバッシングを受け、トレカ業界は逆に衰退してしまう…それを最も恐れていました。
(現に感染者の死亡率は、日本はかなり低い水準ですからね。)

前回の企画は、本当に、イベントを行いたいという感情や衝動に身を任せて作られたように見えて、感染対策について具体性のあるプランが見えなかったという印象がありました。

しかし今回は、前回のコメントで寄せられた感染対策が企画に盛り込まれており、カーナベルはきちんと民意を反映してくれる企業だと信頼が持てました。
(カードの消毒は言い過ぎたとは思いましたが、プレイマットの消毒という形で取り入れてもらえるとは…)

本企画の感染対策であれば十分な具体性があると、確かに思います。

その上で更なる対策の提案をさせていただくなるならば…
1、開催地域の新型コロナ発生状況について具体的な基準を示しておく。
  人口に対する新規感染者の占める割合がX%を超える地域ではイベントを行えないようにする。
2、コンプオフが使用しているような、壁やビニールの使用も徹底。

感染対策について具体的な対策方針を示し、その時点でのコロナに関する情勢も鑑みながら柔軟かつ慎重にイベント開催の是非を考慮する。

感染対策についてはとにかく万全を期し、トレカイベントが復権への一歩を確実に踏み出していけることを願ってやみません。

0
ガチまとめデュエマ担当

イベント担当です!コメントありがとうございます。

早期に緊急事態宣言が解除されたこと、政府の見解としても一部業種を除いた段階的な自粛の解除を進める動きは、トレカイベントを開催する動きに対して追い風になることは間違いありません。
だからこそ、感染拡大の再発を防止するためにカーナベルではコロナ対策の支援を行っていきます。

私たち誰もが経験したことがないこの時代をともに協力して乗り切りましょう!
トレカ業界の復興を目指していきます。トレカの火を絶やすな!

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

20