【背景ストーリー】第5弾 Story of Duel Masters~極神編~【デュエル・マスターズ】

PV 3,127 いいね 15 コメント 2

【背景ストーリー】第5弾 Story of Duel Masters~極神編~【デュエル・マスターズ】

デュエル・マスターズの背景ストーリーをご紹介する本シリーズ、今回は極神編です!

カードパワーの引き上げが行われ、低迷していたデュエマをV字回復に導いた本作。(詳しくはこちら

数多くの人気カードが輩出されましたが、ギミックとしての目玉はG・リンクでしょう!

初期のゴッドと言えば

やはりゲキメツ

物語でも、やはりカギを握るのはゴッド。

それでは、さっそくストーリーを辿っていきましょう!

目次

0、前回までのあらすじ

世界を崩壊させた、進化クロスギアによる終末魔導大戦。

カードとしてはコメントに困る性能なのに

その1万年後、新たな世界では新種族たちが繁栄していました。

しかし、そこに次元の門『ユニバース・ゲート』の彼方からフェニックスが襲来。

惑星規模の存在であるフェニックスの前に、世界はまたしても壊滅の危機を迎えます。

スケール感の分からんクリーチャーランキング1位

2体のフェニックス、《超神星ビッグバン・アナスタシス》《超神星ブラックホール・サナトス》の最終決戦を経て、大地はふたたび静寂を取り戻しました。

ちなみに昔のカードでは珍しく「コストを支払わず『召喚』」できます
  • 不死鳥編ストーリーの詳細はこちら
  • 転生編ストーリーの詳細はこちら
  • 聖拳編ストーリーの詳細はこちら
  • 初期・闘魂編ストーリーの詳細はこちら

1、DM-24 極神編

フェニックスの消えた世界に、入れ替わるようにかつての種族が蘇りました。

後に超強化をもらうスプラッシュ・クイーンもこのとき復活しました

前回の大絶滅と違うのは、不死鳥編で登場したハイブリッド種族たちも生き延びたこと。当時のコロコロ付録であるワールドマップには、ティラノ・ドレイクたちの棲み処が描かれています。

けれど、世界の環境が激変したことは間違いありません。各文明・各種族は助け合いながら生きる道を模索しました。

ドラゴンですら、不死鳥との戦いのキズを癒すべく他種族と融合しました

そんな平和と協力体制の中、『神(ゴッド)』と呼ばれる複合生命体が誕生します。

一説にはロスト・クルセイダーたちが呼び寄せたとも言われていますが、書籍とフレーバーテキストで記述が矛盾しており、正確な出自ははっきりしません。

《鎧亜の光牙ジクトゥス》によれば、神がロスト・クルセイダーを創ったようですが…?

ともあれゴッドたちは、その力によって世界を生命力にあふれた豊かなものへと作り替えてゆきました。

宗教画なども参考にデザインされたらしく

これまでのクリーチャーとは異なる雰囲気です

『シルヴァー・グローリー』や『フィオナの森』といった、不死鳥編で一度壊滅したはずの旧世界の地名が復活しているのも、おそらくはゴッドによる世界の再構築によるものでしょう。

生き残ったフェニックスも
神とその眷族が滅ぼしたようです(すぐ再登場するんですけどね)

そんな平和な新世界において、新たなる英雄が誕生しました。

穏やかな心と聡明な頭脳、そして仲間の為に身を投げ出す勇気を持つ龍――

《ボルメテウス・武者・ドラゴン》!!

かつての英雄《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》生誕の地・ボルシャック渓谷にて生まれた新時代の象徴です。

時を同じくして光文明でも、《龍聖霊ウルフェウス》が誕生しました。

ツインパクト化も果たしましたね

こうした次世代の希望となるクリーチャーたちも生まれ、5文明は豊かさを取り戻してゆきます。

しかし、ゴッドたちはただ恵みをもたらしたわけではありませんでした。世界の急激な再構築は、混沌を引き起こします。

…という話をフレーバーで言及
もっと不穏なフレーバーも

また、そうでなくとも豊かさは欲望を生み出します。そして、欲望に最も忠実な文明といえば。

……そう、闇文明が動き始めます。

闇と神の相容れぬ関係は《毒々秘宝グリンマン》のフレーバーに顕著です

2、DM-25 人造神の創造

軍事力を増強していた闇文明は、 《魔刻の斬将オルゼキア》を大将として、あろうことかゴッドたちに反旗を翻します。

この時代、闇の本拠地の名前も髑髏城オルゼキアとされました

予想外の反乱に虚を突かれたゴッドたちは、次々に闇に屈しました。と同時に、ゴッドによって平和を保っていた各地に混乱が広がります。

勢いづく闇文明。彼らは、不意打ちとはいえゴッドを倒すほどの力を得ていたのです。

《屑男》が強化された《封魔妖スーパー・クズトレイン》は闇の戦力増強の象徴なのかもしれません

そして、他文明もまた闇に触発されます。自然文明は大地のエネルギーに各文明の力を融合させ、巨大レインボー龍《極仙龍バイオレンス・サンダー》を生み出します。

《爆竜兵ドラグストライク》を《腐敗勇騎ドルマークス》で破壊する懐かしコンボ

自然文明を含まない《バイオレンス・サンダー》ですが、個人的には《龍仙ロマネスク》《母なる紋章》の力で呼び出したと考えています。

プレミアム殿堂コンビは伊達じゃない

《バイオレンス・サンダー》を生み出した反動として、大地の生命力は失われ、自然文明は荒廃します。

これまた《龍仙ロマネスク》の「一時的にマナ=大地の力を増強するが、やがて蝕まれていく」という効果で表現されていますね。

大地の環境も対戦環境も蝕んだよ

こうして世界には荒廃と混沌が広まりますが、力に溺れる者たちがそれに気付くことはありませんでした。

3、DM-26 超絶VS究極

世界の調和を望んだ神々は動揺しました。繁栄をもたらすはずが、攻撃を受けたのだから当然でしょう。

マルチリンクの4神はこの時期に登場したはずですが、詳細設定は不明

しかし闇文明にしてみれば、与えられた平和など望んではいません。戦乱こそが望みとばかりに、ゴッドに対して攻勢を続けます。

そして、快進撃のさなか、闇はついにその宿願を達成しました。

――《悪魔神バロム》の復活。

フレーバーが時代を越えて存在するバロムらしい

この闇の猛攻に対し、ゴッドも手をこまねいているばかりではありません。

アーマード・ドラゴンですらフレーバーで神の降臨を示唆

善悪を超越し、すべてを無に帰す最強の神が誕生したのです。その名は《超絶究極神・ゼンアク》。

のちにスーパーデッキも出たように
非常に人気の高いゴッドでもあります

そしてまた、神の眷族であるロスト・クルセイダーも本格参戦。戦況は一気にゴッド陣営に傾きます。

眷族の方が強い説まである

各地での激突。次々と壊れてゆく、ゴッドに作り出された安息の地。このまま戦いが激化すれば、世界は再び崩壊しかねません。

《ボルメテウス・武者・ドラゴン》は事態の解決を目指すべく、《龍聖霊ウルフェウス》との首脳会談へと向かいました。

一方で、ゴッド陣営にはさらなる動きがほのめかされています。

デュエマでグレープ、元祖はコイツ

4、DM-27 完全極神

《ゼンアク》の圧倒的な力の前に、《バロム・エンペラー》の力を得た闇文明ですら窮地に立たされます。

しかし、闇文明は《バロム》に続き伝説のクリーチャーを復活。あの《暗黒王デス・フェニックス》《暗黒凰ゼロ・フェニックス》として蘇らせたのです。

ゴッドによって滅ぼされたはずのフェニックスがゴッドに牙を剥く!

同じころ、5文明すべての力を持つ”究極のレインボークリーチャー”が誕生。溢れる力をコントロールできない彼らもまた、世界に牙を剥きました。

初の5色レインボーの登場です

5色レインボークリーチャーについては資料が乏しく、フレーバーテキストと書籍でもやや扱いに差が見られ、彼らが何者なのかははっきりしていません。

個人的には、《バイオレンス・サンダー》などによるマナへの負荷が生み出した存在……と解釈するとつじつまが合うかな・と考えています。

さて。一方で、長い話し合いを続けていた《ボルメテウス・武者・ドラゴン》《龍聖霊ウルフェウス》は一つの結論に至ります。融合して、世界の危機を救う。

新たな姿の《武者》もここで登場

《武者》と《ウルフェウス》が融合した《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》は、暴虐の限りを尽くすクリーチャーたちを次々に撃破します。

召喚酔いせず、アタックトリガーで除去を放つパワー13000なら確かに次々撃破できますね

そして始まる《ボルフェウス・ヘヴン》と《ゼロ・フェニックス》の頂上決戦。神の領域をも超越したとされる、激しい戦いが繰り広げられます。

長きに及ぶ激闘の末、両者が倒れると、生きとし生けるものすべてがすすり泣きました。

戦いは終わった。けれど、またしてもこの星は荒れ果ててしまった。

そこに出現したのが最後のゴッド、《地神エメラルド・ファラオ》ら五元神です。

絵巻物のような存在感

五元神は大地を浄化する存在。各文明の力を使い、傷付いた大地を癒していきました。

こうして、今度こそ本当に世界に平和が訪れたのです。

シリーズ最終弾でときどき登場する、終戦を祝うカード。いいですよね

そういえば。

神の眷族として参戦していた進化ロスト・クルセイダーたちは、いつしか王家と呼ばれ、そして悲しい運命を辿るのですが……それはまた別のお話。

5、そして舞台は……

幾度となく大地は傷付き、世界の住人たちは戦乱のない世界を望みました。

そして、その望みは今度こそ叶いつつあります。

そう、次の物語は戦争ではありません。強者たちが腕を磨き、鮮やかな技を競い合うバトル大会!

舞台は戦国武闘会へ!!

【参考資料】
全方位カードファイル10~11
月刊コロコロコミック2007年10月号ふろくポスター(以上、小学館)

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (2)

三賢酔

ロストクルセイダーの話は初めてクロニクルを買ったときに知ったから結構記憶に残ってる。あの話を”なろう”なりなんなりで書籍化して欲しい…

2
ばにら(スガワラ)

コメントありがとうございます!
ロストクルセイダー、そもそも神の眷族として作られたものなのに王族って何…?とか、結構謎が多いんですよね…
壮絶なバッドエンドなので、全文を文章化すると病みそうですw

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

15