【2020年 モルトNEXT】回し方、対策方法が分かる解説記事!

PV 36,908 いいね 97 コメント 7

【2020年 モルトNEXT】回し方、対策方法が分かる解説記事!

はじめに

【モルトNEXT】。

高い実力と圧倒的な人気を持つ、まさにデュエマの顔ともいえる存在。

デュエルマスターズというゲームを語るうえで欠かせないこのデッキは、まさにデュエリストの必修科目。

そんな【モルトNEXT】について、詳しく解説していきます!

目次

【モルトNEXT】のデッキレシピ

【モルトNEXT】とは

【モルトNEXT】は、強力なブースト呪文でマナをため、切り札級のドラゴンを次々とプレイする攻撃的なデッキです。

その豪快さ、主人公らしさからファンも多く、まさにデュエマの花形といえる存在です。

かつては《終焉の禁断 ドルマゲドンX》を利用したタイプが主流でしたが、今回は現在の主流である【不死鳥モルネク】型について解説していきます。

【モルトNEXT】 の回し方

①強力呪文でマナを増やす

【モルトNEXT】には非常に強力なクリーチャーが多数入っています。

しかしそれらのカードは総じてコストが高く、普通にプレイするためにはマナ加速が必要不可欠です。

【 呪文 】
【文明】火/自然
【コスト】2

自分の山札の上から2枚をすべてのプレイヤーに見せる。その中からドラゴンをすべて、タップして自分のマナゾーンに置き、それ以外のカードを墓地に置く。

ドラゴン専用ブースト呪文《メンデルスゾーン》は必須として、他のブースト呪文にはいくつか選択肢があり、それによってデッキの特性も変わってきます。

【 ツインパクトカード 】
【種族】 アーマード・ドラゴン
【文明】火
【コスト】6
【パワー】6000+

■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
■攻撃中、自分の墓地にある火のカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。

────────────呪文────────────
カード名:決闘者・チャージャー
【文明】火
【コスト】3

■自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から、《ボルシャック》と名前にあるカードをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
■チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く)

《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》は火文明かつドラゴンであるブースト呪文です。

ドラゴンということで《メンデルスゾーン》でマナに置け、《爆銀王剣 バトガイ刃斗》の効果でめくれても場に出すことができ、《ボルシャック・ドギラゴン》の成功率を下げることもありません。

《爆流忍法 不死鳥の術》で早期に《超戦龍覇 モルトNEXT》を出した際、このカードがマナにあってもマナ武装、龍マナ武装の邪魔をしないのは他のブースト呪文にはない利点です。

その効果で次のターンに打つための《決闘者・チャージャー》だけでなく、防御カード《ボルシャック・ドギラゴン》、ひいては《ボルシャックライシス・NEX》も手札に加えられるのも魅力です。

これら2種8枚のマナ加速カードで、まずは5マナを目指します。

②《爆流忍法 不死鳥の術》で運試し!

【 呪文 】
【文明】火
【コスト】5

■バトルゾーンにある自分のカードを2枚選び、墓地に置く。その後、その中から火の進化ではないクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出す。

5マナ溜まったら、コスト踏み倒しメタカードが出ていない限りは速やかに《爆流忍法 不死鳥の術》を使いましょう!

一見バトルゾーンに出したいドラゴンがなければ意味がないように見えますが、このデッキには《禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX》があるため、封印を墓地に置くことが可能です。

その中に強力なドラゴンがあれば大チャンスです!中でも《超戦龍覇 モルトNEXT》《王・龍覇 グレンモルト「刃」》《ボルシャックライシス・NEX》があれば、さらなる大量展開が可能です。

それ以外のドラゴンであっても5マナというコストで(しかも封印を2枚剥がしながら!)それらを出せたことになるため、決して損はしていません(《ボルシャック・ドラゴン》一枚だけ、とかだとさすがにちょっと寂しいですが…)。

このデッキでのいわゆる「ハズレ」カードは、今使った《爆流忍法 不死鳥の術》を除いて11枚。両方ともハズレを引く確率は単純計算でせいぜい7~8%程度です。安心してどんどん使っていきましょう!

③切り札級ドラゴンで攻め切る!

十分なマナがたまったら、強力なドラゴンで攻勢に出ましょう。

口火を切るのに最適なのが、切札級では最軽量の7マナで出せる《超戦龍覇 モルトNEXT》です。

【 クリーチャー 】
【種族】ガイアール・コマンド・ドラゴン / ヒューマノイド爆 / ドラグナー
【文明】火
【コスト】7
【パワー】9000

■マナ武装5:このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンに火のカードが5枚以上あれば、火のコスト5以下のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
■龍マナ武装5:各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、自分のマナゾーンに火のドラゴンが5体以上あれば、攻撃の後、このクリーチャーをアンタップする。
■W・ブレイカー

《超戦龍覇 モルトNEXT》で出すドラグハートは基本的には《爆銀王剣 バトガイ刃斗》ですが、相手の守りが薄そうな場合は《闘将銀河城 ハートバーン》、相手の場にタップしているクリーチャーがいて、なおかつ除去されにくいアタッカーを残したい場合は《銀河大剣 ガイハート》など、状況に応じて使い分けましょう。

【 ドラグハート・ウエポン 】
【文明】火
【コスト】5

これを装備したクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。
これを装備したクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。それが進化ではないドラゴンなら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分の山札の一番下に置く。
龍解:自分のターン中に自分のドラゴンがバトルゾーンに出た時、それがそのターンに出す最初のドラゴンでなければ、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップしてもよい。

────────────龍解後────────────
カード名:爆熱王DX バトガイ銀河
カードの種類:ドラグハート・クリーチャー
【文明】火
【種族】ガイアール・コマンド・ドラゴン
【コスト】8
【パワー】12000

■スピードアタッカー
■T・ブレイカー
■このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。その後、進化ではないドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
■相手のドラゴンではないクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、攻撃できない。 (ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、ドラグハートまたはそれを装備したクリーチャーがバトルゾーンを離れた場合、そこに戻す)

《爆銀王剣 バトガイ刃斗》さえ出せれば、あとはひたすらドラゴンの踏み倒しによる大量展開を狙っていきましょう!このデッキのおよそ半分は切札級のドラゴンであり、1枚出るだけで戦況が傾き、2枚出れば概ねゲームを終わらせる力を持っています。

さらにほとんどが「コマンド」を持っているため、一度連鎖が始まると《禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX》の禁断開放まで持っていくことすら可能です。

このド派手な展開力・爆発力が、【モルトNEXT】最大の売りです。

【モルトNEXT】 と相性の良いカード

革命チェンジで一気に打点を形成!《龍の極限 ドギラゴールデン》

【 クリーチャー 】
【種族】メガ・コマンド・ドラゴン/ 革命軍 / ハムカツ団
【文明】 火/自然
【コスト】8
【パワー】14000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■革命チェンジ:火または自然のコスト5以上のドラゴン
■T・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。その後、相手の禁断クリーチャーを1体破壊する。
■極限ファイナル革命:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このゲーム中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、次のターン、相手のパワー1000000以下のクリーチャーは、自分を攻撃できない。

S・トリガーで現れた《爆裂遺跡シシオー・カイザー》から革命チェンジで形勢逆転を狙えたり、14000というパワーの高さで相手のクリーチャーを押し切ったりできます。

また、《ボルシャック・ドギラゴン》から出ても嬉しいカードです。

まるでフェアリー・ギフト《鬼寄せの術》

赤黒緑の三色にした【デアリモルトNEXT】デッキという選択肢もあります。

火と闇のクリーチャーを4コスト軽減してくれるという、まるで殿堂入りしている《フェアリー・ギフト》のようなカード

【呪文】
【種族】鬼札王国
【文明】闇/火
【コスト】2

■自分のシールドを1つ選び、手札に戻す。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
■このターン、次に召喚する自分の闇または火のクリーチャーの召喚コストを最大4少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

シールドを手札に加えるというデメリットもありますが、それも手札が増えると考えればメリットにもなるカードです。

このカードのおかげで、3ターン目に《超戦龍覇 モルトNEXT》を召喚する事が出来ます。

リソースで差を付けろ《悪魔龍 ダークマスターズ》

相手の手札を3枚削ぎ落としてテンポを取り、その間に強力なドラゴンで場を固めて決着する事が出来ます。

【クリーチャー】
【種族】デーモン・コマンド・ドラゴン
【文明】闇
【コスト】7
【パワー】7000

■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を見て3枚まで選び、捨てさせる。

コントロールも出来る強力なパワーデッキへと進化する事が出来ます。

【モルトNEXT】 の対策方法

踏み倒しメタで延命!

【モルトNEXT】は、コスト踏み倒しの限りを尽くして攻撃するデッキです。

ならば、その踏み倒しを封じれば出足をくじくことが出来ます。

【 ツインパクトカード 】
種族 メタリカ / 文明 光 / パワー2000 / コスト2

■相手のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストが大きいクリーチャーを相手がバトルゾーンに出した時、相手はそれを自身の山札の一番下に置く。

────────────呪文────────────
カード名:ジャミング・チャフ
文明:光
コスト:5マナ
■次の自分のターンのはじめまで、相手は呪文を唱えられない。
■カードを1枚引く。

《奇石ミクセル》が場にいれば、序盤に踏み倒された大型ドラゴンは出ることもなく山札の下にいきます。防御の要である《ボルシャック・ドギラゴン》すら、出てくることがありません。

その他にも【モルトNEXT】の動きは多くの踏み倒しメタカードに引っかかるため、それらを出しておけば少なくとも最速で動かれることはなくなります。

クリーチャートリガーを封殺!

このデッキの防御はすべてクリーチャーが担うので、打点がそろっているところで《単騎連射 マグナム》を出すことができれば完封することができます。

【 クリーチャー 】
種族 アウトレイジ / 文明 火 / パワー3000 / コスト3

■自分のターン中に、相手のクリーチャーがバトルゾーンに出る時、そのクリーチャーはバトルゾーンのかわりに持ち主の墓地に置かれる。

【モルトNEXT】 の対戦動画

【不死鳥モルトNEXT】の対戦動画

【デアリモルトNEXT】の対戦動画

まとめ

【モルトNEXT】 は強いだけでなく、使っていて非常に楽しいデッキです。

ドラゴンで埋め尽くされたデッキレシピは、どこかテンプレも環境も知らなかった幼い日々を想起させます。

あなたを必ずやワクワクさせてくれる 【モルトNEXT】

ぜひ使ってみてくださいね!

 【モルトNEXT】のデッキリストを見る!

欲しいカードがすぐ手に入る!
トレカ通販サイト「カーナベル 」って?


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


毎日値下げカード一覧を更新中!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (7)

匿名

モルネクはドラゴンデッキ名乗ってるにしては、火文明以外のドラゴンを弾きすぎるんだよなあ。

2
ネク信者

特にモーツァルトとかドラゴ大王とか。

0
とくめーきぼー

友達にモルトネクストって実質バーンメアみたいなもんだよねって言ったら
「お前それ青魔導具って実質バーンメアって言ってるようなもんだよ」って言われて何も言い返せなかった。

1
匿名

モルネク=強い
青魔道具=強い
バーンメア=強い
モルネク=青魔導具=バーンメア

7
匿名

これクロニクルのデッキテーマじゃね

2
匿名

流石にモルネク再録はないでしょ

3
ネク信者

いろんな人が使ってるけどマジで勝てない。正直、守りを固くしても革チェンとか龍解とかで押し切られちゃうから強い。だから、いつの時代もいるんだなー、、、
作りたいけどめっちゃ高い!!

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

97