【デュエプレ】ラッカビートダウン デッキのすべてが分かるガチ解説【デュエマプレイス】

PV 13,243 いいね 40 コメント 0

【デュエプレ】ラッカビートダウン デッキのすべてが分かるガチ解説【デュエマプレイス】

目次

はじめに

【ラッカビートダウン】

火、水、光文明の「ラッカカラー」で構成されたビートダウンデッキです。火文明の攻撃力、水文明のリソース獲得力、光文明の防御力の複合で戦います。

この記事では、【ラッカビートダウン】のデッキレシピ、回し方などを解説します。

ラッカビートダウンのサンプルデッキレシピ

必要DP:11500

ラッカビートダウンとは

【ラッカビートダウン】とは、火、水、光文明の「ラッカカラー」で構成されたビートダウンデッキです。

デッキの中身は、

  • 《クック・ポロン》等のビートダウン用軽量クリーチャー
  • 《ペコタン》等のリソース確保用クリーチャー
  • 《アクア・サーファー》等のSトリガー

で構成されています。

【赤青ヴァルボーグ】等の速攻デッキより若干速度は落ちますが、水文明のドロー力が加わっているため経戦能力が上がっています。また光文明の各種タップ能力を持っているカード達のおかげで、突破力と防御力が上がっています。

Sトリガーが豊富なので、ビートダウンデッキ同士の殴り合いの展開にも強くなっています。

SRカードを使用しない分生成レートも比較的安く、組みやすいことも魅力のデッキです。

ラッカビートダウンデッキの回し方

ラッカビートダウンの回し方①:軽量クリーチャーを展開して攻撃!

序盤は《クック・ポロン》《奇襲兵ブルレイザー》等の小型クリーチャーを展開して攻撃しましょう。《クック・ポロン》は破壊とマナ送り以外実質除去にはならず、《奇襲兵ブルレイザー》はアタック条件はあるもののパワーラインが高いアタッカーです。

序盤にシールドを割れば割るほど、後の展開が楽になります。

ラッカビートダウンの回し方②:ドローで後続を確保!

中盤は水文明のドロークリーチャーで後続を確保しましょう。

もはや定番となった《ペコタン》+《ミラージュ・マーメイド》のコンボで一気にドローしましょう。

後続を確保しつつバトルゾーンを展開し、余裕があったら攻撃することを意識しましょう。

ラッカビートダウンの回し方③:バトルゾーンをこじ開けてフィニッシュ!

終盤は展開したクリーチャーで押し切りましょう。

相手にブロッカーがいても、《ホーリー・スパーク》で全タップしてしまえば無力です。無理矢理こじ開けてしまいましょう。

また、ため込んだ手札から《襲撃者 エグゼドライブ》を複数体展開して毎ターン攻撃する動きも強力です。相手からしてみれば、《襲撃者 エグゼドライブ》はSトリガーで除去するかハンデスで落とすことでしか対処できないので脅威的です。

焦ってシールドを攻撃してきたら、《予言者コロン》《アクア・サーファー》を踏ませてカウンターの要領でフィニッシュすることも出来ます。

常に攻勢をかけて相手を後手に回らせることが、勝利の秘訣です。

ラッカビートダウンと相性の良いカード

《クリスタル・パラディン》

【進化クリーチャー】
【種族】リキッド・ピープル
【文明】水
【コスト】4
【パワー】5000

■進化-リキッド・ピープル
■バトルゾーンに出た時、「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて手札に戻す。

より攻撃的且つ突破力の高い構築にしたい場合はこのカードがオススメです。

ブロッカーを全バウンス出来る上に、パワーが5000あるため除去され辛い1枚です。

《機神装甲ヴァルボーグ》

【進化クリーチャー】
【種族】ヒューマノイド
【文明】火
【コスト】3
【パワー】5000+

■進化-ヒューマノイド
■W・ブレイカー
■攻撃中、他の火のクリーチャー1体につきパワーを+1000する。

各種アタッカーをヒューマノイドに変更して《機神装甲ヴァルボーグ》を搭載してより攻撃的な構築にする型もあります。こちらの利点は平均打点とパワーが上がるため、各種タップカードに頼らずとも攻撃し続けられるところにあります。

その分進化元の噛み合いが必要になる場合がありますが、環境次第では採用を十分に検討できます。後述の《灼熱波》の対策にもなります。

ラッカビートダウンデッキの対策カード

《灼熱波》

【呪文】
【文明】 火
【コスト】5

■自分のシールド1つを墓地に置く。
■相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

【ラッカビートダウン】のクリーチャーは《ミラージュ・マーメイド》以外はパワー3000以下で構成されています。《灼熱波》はこれらのクリーチャーを一掃することができます。

シールドを1枚犠牲にしてしまうので、《光輪の精霊ピカリエ》等のブロッカーで足止めし、展開したところを一掃することが理想的です。

まとめ

ビートダウンデッキでありながら防御力も兼ね備えている【ラッカビートダウン】。

このデッキはフィニッシュまでのルートの逆算が必要な分、ビートダウンデッキの練習にも持って来いです。

ランクマッチに行き詰っている方は一度【ラッカビートダウン】を使用してみてはいかがでしょうか?

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

40