【2020年 サイバードラゴン】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

PV 54,830 いいね 68 コメント 2

【2020年 サイバードラゴン】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

はじめに

『【サイバードラゴン】デッキを組んで遊んでみたい!』

この記事はそんな方へ向けて書かれたデッキテーマ解説記事です。

この記事では【サイバードラゴン】デッキの魅力をお伝えしていきます!

また、デッキを組みたくなった方はそのまま【サイバードラゴン】関連カードをまとめて購入することもできます!
当日の15時までにご注文頂ければ、即日発送で【サイバードラゴン】のデッキパーツをお届けします。

目次

【サイバードラゴン】デッキレシピ

『コピーしてデッキを作成する』をタップして『初手ドロー』を行えば、実際の【サイバードラゴン】デッキのイメージが掴めますので、ぜひお試しください

【サイバードラゴン】デッキの回し方

サイバードラゴンの回し方①:サーチ効果で手札を整えよう

まずはサーチ効果を持った【サイバー】カードを使用して手札を整えましょう

【効果モンスター】
星2/光/機械族/攻 400/守1500
このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
②:このカードが召喚に成功した場合に発動する。
デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

③:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

召喚成功時、デッキから【サイバー】、【サイバネティック】魔法・罠カードをサーチできます。

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスターまたは通常召喚できない機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
②:相手によってこのカードの発動が無効になり、墓地へ送られた場合、手札を1枚捨てて発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

テーマ内の【サイバードラゴン】モンスターのサーチを行うことができます。

【 通常魔法 】

自分の墓地に「サイバー・ドラゴン」が存在する場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
自分の墓地に「サイバー・ドラゴン」が3体以上存在する場合、両方を選択できる。
「サイバー・リペア・プラント」は1ターンに1枚しか発動できない。
●デッキから機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
●自分の墓地の機械族・光属性モンスター1体を選択してデッキに戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

発動条件がありますが、貴重なサーチ効果を持ちます。

サイバードラゴンの回し方②:【サイバードラゴン】モンスターをフィールドへ展開しよう

【効果モンスター】
星5/光/機械族/攻2100/守1600
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

後攻であれば容易に手札から特殊召喚可能。

【 効果モンスター 】
星 1 / 光 / 機械族 / 攻200 / 守200

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
②:手札からこのカード以外のモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
③:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、攻撃力または守備力が2100の、自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベー

自身の効果でフィールドに特殊召喚できる効果を持ち、更にそのまま墓地から特定のステータスを持つモンスターを蘇生できる効果を持ちます。

【効果モンスター】
星2/光/機械族/攻 400/守1500
このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
②:このカードが召喚に成功した場合に発動する。
デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
③:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《サイバー・ドラゴン》の展開条件と同じ条件で、デッキから《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚できます。

【通常魔法】
①:自分フィールドの攻撃力500以下の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからその表側表示モンスターの同名モンスターを2体まで特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【サイバードラゴン】デッキと特に相性が良いのがこのカード、下級【サイバードラゴン】モンスターはフィールドでは《サイバー・ドラゴン》として扱うため、下級【サイバードラゴン】を対象にこのカードを発動することで、デッキから最大2体の《サイバー・ドラゴン》を特殊召喚できます。

サイバードラゴンの回し方③:融合召喚!連続攻撃で相手のライフを削ろう!

展開した2体のモンスターを使用して、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》をリンク召喚しましょう。

【 リンクモンスター 】
星 2 / 闇 / 植物族 / 攻500 /

効果モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。
②:2000LPを払い、「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

②の効果を使用し、デッキから《オーバーロード・フュージョン》を発動し、【サイバードラゴン】融合モンスターを展開しましょう。

【通常魔法】
①:自分のフィールド・墓地から、
機械族・闇属性の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

素材は除外されてしまいますが、墓地のモンスターも融合素材として活用できます。

また、除外されたモンスターは《サイバーロード・フュージョン》で再利用することもできます。

【融合モンスター】
星5/闇/機械族/攻2100/守1600
「サイバー・ドラゴン」モンスター×2体以上
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
①:このカードが融合召喚に成功した時、このカードの融合素材としたモンスターの数までフィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから機械族・光属性モンスターを2体まで墓地へ送る。
このターン、このカードは通常の攻撃に加えて、この効果で墓地へ送ったモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

①の効果で場の魔法・罠を除去しつつ、②の効果で墓地肥やしを行いながら最大3回もの攻撃を行える融合モンスター!

連続攻撃で相手のライフを一気に削りましょう!

《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》による打点アップや、《パワー・ボンド》による融合召喚なら、余裕で相手のライフを削りきれるポテンシャルを持っています。

サイバードラゴンの回し方④:エクシーズ召喚!相手のプレイを妨害しよう!

相手のプレイを妨害したい場合、レベル5の機械族モンスター2体を場に揃え、エクシーズ召喚を行いましょう。

【エクシーズモンスター】
ランク5/光/機械族/攻2100/守1600
機械族レベル5モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分の墓地の「サイバー・ドラゴン」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

②:1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「サイバー・ドラゴン」1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで2100アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
EXデッキから機械族の融合モンスター1体を特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

①の効果で【サイバードラゴン】モンスターを蘇生できます。

そしてこのカードは基本的に、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》のエクシーズ素材となります。

【エクシーズモンスター】
ランク6/光/機械族/攻2100/守1600
機械族・光属性レベル6モンスター×3
「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は1ターンに1度、
自分フィールドの「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」の上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
②:1ターンに1度、フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
③:1ターンに1度、カードの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手モンスターを除去しつつ打点をアップし、カードの発動まで無効化できるハイスペックエクシーズモンスターです!

優先的に展開していきましょう。

サイバードラゴンの回し方⑤:キメラテック融合モンスターで相手モンスターを除去しよう!

【融合モンスター】
星8/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

このカードは融合素材にできない。
①:このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1000になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手の場のモンスターも融合素材とできるため、相手が『機械族』主体のデッキなら、相手モンスターを一掃しつつ、このカードを展開できます。

【融合モンスター】
星10/闇/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」モンスター+EXモンスターゾーンのモンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。

(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1200になる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

同じく相手の場のモンスターを融合素材にできるモンスター。

こちらはEXモンスターのモンスターであれば融合素材として除去できます。

【サイバードラゴン】デッキと相性が良いカード

《壊星壊獣ジズキエル》

【 効果モンスター 】
星 10 / 光 / 機械族 / 攻3300 / 守2600

①:このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
②:相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
③:「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
④:カード1枚のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
その効果を無効にし、フィールドのカード1枚を選んで破壊できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手の場のモンスターをリリースで除去できるモンスター。

《サイバー・リペア・プラント》でデッキからサーチすることもできます。

打点が高いですが、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の素材として除去可能。

《銀河戦士》

【 効果モンスター 】
星 5 / 光 / 機械族 / 攻2000 / 守0

手札の光属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から表側守備表示で特殊召喚する。
このカードが特殊召喚に成功した時、デッキから「ギャラクシー」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
「銀河戦士」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

簡単に手札から特殊召喚できる『機械族・レベル5』のモンスター。

《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》のエクシーズ補助として活用されます。

《パワー・ボンド》

【 通常魔法 】

手札またはフィールド上から、融合モンスターカードによって決められたモンスターを墓地へ送り、機械族の融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。このカードによって特殊召喚したモンスターは、元々の攻撃力分だけ攻撃力がアップする。発動ターンのエンドフェイズ時、このカードを発動したプレイヤーは特殊召喚したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【サイバードラゴン】融合モンスターを倍の攻撃力で展開できます。

倍の攻撃力になった《キメラテック・ランページ・ドラゴン》の3回攻撃を行えば相手のライフを一気に削り切ることができます。

【サイバードラゴン】デッキのオススメの対戦動画

【サイバードラゴン】デッキ対策方法

ここでは【サイバードラゴン】デッキの対策方法を『対策カード』別に紹介します。

【サイバードラゴン】デッキ対策カード

《センサー万別》

【永続罠】

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1体しか同じ種族のモンスターは表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドに同じ種族のモンスターが2体以上存在する場合には、
同じ種族のモンスターが1体になるように墓地へ送らなければならない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【サイバードラゴン】モンスターは全て『機械族』なので、このカードの発動によって展開力を大きく落とすことができます。

《システム・ダウン》

【通常魔法】
1000ライフポイントを払う。
相手フィールド上と相手の墓地の機械族モンスターを
全てゲームから除外する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手のフィールド・墓地の機械族を全て除外し、【サイバードラゴン】側のリソースを一気に削ることができます。

おわりに

カーナベルでは【サイバードラゴン】カードや相性の良いカードを豊富に取り揃えておりますので、【サイバードラゴン】デッキが組みたくなった方はぜひチェックしてみてください!

当日15時までのご注文で即日発送、15以降なら翌日発送で【サイバードラゴン】のデッキパーツをお届けします。

欲しいカードがすぐ手に入る!
トレカ通販サイト「カーナベル 」って?


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


毎日値下げカード一覧を更新中!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (2)

工場長

パワーボンドは三積みでしょー

2
スレッカー

先行渡された時の対策として大熱波入れとく、っていうのもなかなか使える(時がある)

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

68