【OCG】2024年クローラーデッキ入門書【潰すと増える―持久戦が得意なリバーステーマ】

PV 6,568 いいね 3 -

【OCG】2024年クローラーデッキ入門書【潰すと増える―持久戦が得意なリバーステーマ】

はじめに

「近未来的な昆虫デッキを使ってみたい!」「最新式のリバースデッキを組んでみたい!」

今回はそんな方に向けた、リバースとリクルートを得意とするテーマ【クローラー】デッキの解説記事です。

この記事では、【クローラー】デッキの特徴や展開例、相性の良いカードについて解説していきます。

目次

【クローラー】デッキレシピ


このデッキレシピで行える具体的な展開はこちら ▼

【クローラー】デッキの特徴

【クローラー】はリバースを操る地属性・昆虫族で統一されたテーマです。

下級モンスターは全てレベル2のリバースモンスターで、以下の共通効果を持っています。

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:リバース効果
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。同名カード以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する。(同名カードは1枚まで)。

【クローラー】下級モンスター共通効果

表側表示で除去されると2体リクルートできるので、相手からするとかなりやっかいな効果を持ちます。

上級モンスターは2種類あり、このデッキの潤滑油である《クローラー・ソゥマ》とリバース効果で強力な制圧的効果を持つ《機怪神エクスクローラー》がいます。

《クローラー・ソゥマ》

【 効果モンスター 】
星 6 / 地 / 昆虫族 / 攻2000 / 守2500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
このターン、対象のモンスターは表示形式を変更できない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベルを2つまたは4つ下げ、レベルの合計が下げた分と同じになるように、自分の手札・デッキ・墓地から「クローラー」モンスターを選んで表側守備表示か裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《機怪神エクスクローラー》

【 効果モンスター 】
星 9 / 地 / 昆虫族 / 攻2000 / 守3000

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:裏側表示のこのモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、このカードを表側守備表示にして発動できる。その発動を無効にし破壊する。②:リバースしたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドのモンスターが発動した効果は無効化される。③:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードとは元々の種族・属性が異なるレベル9モンスター1体をデッキから手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《クローラー・ソゥマ》はリバース効果を持っていないものの、自身を特殊召喚しながらリバースモンスターを再利用する事が出来ます。

さらに、レベルを下げる事で手札・デッキ・墓地から最大2体特殊召喚が出来る点も魅力で、そのままエクシーズ召喚やリンク召喚に繋げる事も出来ます。

下級モンスターやEXモンスターで盤面を維持しつつ、最終的に《機怪神エクスクローラー》をリバースさせ、相手モンスターの効果を発動させないロック状態を作る事を目指します。

【クローラー】カードの解説

【クローラー】下級モンスター

【クローラー】下級モンスターの共通効果で、表側表示で除去されるとデッキから2体リクルートできることを意識してしょう。前線維持をしつつ、フィニッシャーである《エクスクローラー・クオリアーク》の効果を最大限生かすことが【クローラー】デッキの強い動きの1つです

《クローラー・グリア》

【 効果モンスター 】
星 2 / 地 / 昆虫族 / 攻700 / 守1500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合に発動できる。自分の手札・墓地から「クローラー・グリア」以外の「クローラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。「クローラー・グリア」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札・墓地から【クローラー】モンスターの特殊召喚を可能とするリバース効果を持っています。

先攻でセットした《クローラー・グリア》が、そのまま《機怪神エクスクローラー》に変換する事も可能です。

《クローラー・レセプター》

【 効果モンスター 】
星 2 / 地 / 昆虫族 / 攻900 / 守1200

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合に発動できる。デッキから「クローラー」モンスター1体を手札に加える。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。「クローラー・レセプター」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【クローラー】モンスターをサーチする事が出来ます。

主に持ってくるのはこのデッキの潤滑油である《クローラー・ソゥマ》。

リバース後に《クローラー・ソゥマ》を絡めた展開を目指しましょう。

《クローラー・ランヴィエ》

【 効果モンスター 】
星 2 / 地 / 昆虫族 / 攻1100 / 守900

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合、自分の墓地の「クローラー」モンスターを2体まで対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。「クローラー・ランヴィエ」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

リバース時に2体までサルベージ出来る効果を持つ【クローラー】モンスターです。

リンク素材やエクシーズ素材に使用した《クローラー・ソゥマ》を回収し、再展開するといった動きも可能です。

《クローラー・デンドライト》

【 効果モンスター 】
星 2 / 地 / 昆虫族 / 攻1300 / 守600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合に発動できる。デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。「クローラー・デンドライト」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

リバース時に《おろかな埋葬》効果を持つ【クローラー】モンスターです。

《クローラー・グリア》の蘇生や《クローラー・ランヴィエ》のサルベージを上手く活用する為に墓地へ送る事を目指します。

《クローラー・スパイン》

【 効果モンスター 】
星 2 / 地 / 昆虫族 / 攻300 / 守2100

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。「クローラー・スパイン」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《クローラー・アクソン》

【 効果モンスター 】
星 2 / 地 / 昆虫族 / 攻500 / 守1800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。「クローラー・アクソン」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

リバース時にモンスター除去と魔法・罠除去が出来るモンスターです。

《星遺物の傀儡》と組み合わせる事で、相手のターン中に任意で除去を当てる事も出来ます。

【クローラー】リンクモンスター

【クローラー】リンクモンスターは以下の共通効果を持ちます。

②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、
自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。

【クローラー】 リンクモンスター の共通効果

【クローラー】下級モンスターとは異なり、デッキではなく墓地から2体特殊召喚することができます。特に縛りはないので、リンクモンスターの召喚も可能です。

ただし、【クローラー】リンクモンスターはEXデッキに戻されると効果が発動できないので注意が必要です。

《エクスクローラー・クオリアーク》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 地 / 昆虫族 / 攻2000 /

「クローラー」モンスター2体
①:自分フィールドの「クローラー」モンスターの数によって以下を適用する。
●2体以上:自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●4体以上:相手はバトルフェイズ中に効果を発動できない。
●6体以上:自分のモンスターは直接攻撃できる。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。
【LINK-2:左下/右下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【クローラー】の数だけ効果が増えるモンスターです。

【クロウラー】モンスターは比較的火力が低い為、2体以上の攻守増強は見た目よりも強力です。

特に6体以上用意出来るとフィニッシュ級の効果となります。

《エクスクローラー・シナプシス》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 地 / 昆虫族 / 攻1800 /

地属性モンスター2体
①:このカードのリンク先の「クローラー」モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300アップし、1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。
【LINK-2:左/右】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

火力を増強しながら2回攻撃を可能とする強力なモンスターです。

《クローラー・ソゥマ》が入れば最大5200のダメージを与え、さらに攻撃力1100以上の【クローラー】モンスターが入れば8000ダメージに到達します。

《エクスクローラー・ニューロゴス》

【 リンクモンスター 】
星 2 / 地 / 昆虫族 / 攻1900 /

昆虫族モンスター2体
①:このカードのリンク先の「クローラー」モンスターは戦闘では破壊されず、攻撃力・守備力が300アップし、相手モンスターと戦闘を行う場合、相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、自分の墓地の「クローラー」モンスター2体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを裏側守備表示で特殊召喚する。
【LINK-2:左/右】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

火力増強しながら戦闘ダメージを倍加するモンスターです。

大型モンスターがいる際は《エクスクローラー・ニューロゴス》、打点を詰めたい際は《エクスクローラー・シナプシス》を選択しましょう。

【クローラー】魔法・罠カード

《星遺物の醒存》

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中に「クローラー」モンスターまたは「星遺物」カードがあった場合、その内の1枚を選んで手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。無かった場合、めくったカードを全てデッキに戻す。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【クローラー】専用の大量墓地肥やし兼サーチカード。

【星遺物】関連の罠カードは墓地で発動する効果もあるので、積極的に落として行きたいカードです。

《星遺物に差す影》

【 フィールド魔法 】

①:フィールドの「クローラー」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル2以下の昆虫族モンスター1体を表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
③:自分のリバースモンスターが相手モンスターとの戦闘で破壊された時に発動できる。その相手モンスターを墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

火力の底上げ+展開補助を行ってくれるフィールドカードです。

裏側守備表示と表側守備表示が選べるため、EXデッキの選択肢とリバース効果の選択肢を選ぶ事が出来ます。

《星遺物の傀儡》

【 永続罠 】

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側攻撃表示または表側守備表示にする。
②:自分の墓地の「クローラー」モンスター1体をデッキに戻し、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

表示形式の変更を可能とする罠カードです。

ターンを待たずにリバース効果を発動したり、リバース効果の再利用を狙います。

小技として《エフェクト・ヴェーラー》《無限泡影》などでリバース効果を無効にされる際に裏側守備表時にする事で、無効を回避するというテクニックもあるので覚えておきましょう。

《星遺物の交心》

【 通常罠 】

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドに「クローラー」モンスターが存在し、相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。その効果は「相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで持ち主の手札に戻す」となる。
②:墓地のこのカードを除外し、フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「クローラー」モンスター1体を選び、対象のモンスターのリンク先となる自分フィールドに裏側守備表示で特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手のモンスター効果をバウンス効果に変更する効果と、リンク先に【クローラー】モンスターを裏側守備で特殊召喚する効果を持ちます。

バウンス効果に変える効果は、相手に除去されると2体後続を呼べる効果を持つ【クローラー】モンスターにとって、展開の補助になります。

リンク先に特殊召喚する効果は手札・デッキ・墓地 に指定はなく、モンスターにも縛りがないので状況に合わせて使い分けましょう。

【クローラー】デッキと相性が良いカード

《宵星の騎士ギルス》

【 効果モンスター 】

星 4 / 闇 / 機械族 / 攻1800 / 守0

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「オルフェゴール」カードまたは「星遺物」カード1枚を墓地へ送る。このカードと同じ縦列に他のカードが2枚以上存在する場合、さらにこのターン、このカードをチューナーとして扱う。②:自分フィールドに他のモンスターが存在しない場合に発動できる。お互いのフィールドに「星遺物トークン」(機械族・闇・星1・攻/守0)を1体ずつ守備表示で特殊召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《星鍵士リイヴ》

【 リンクモンスター 】

モンスター2体
このカードは自分の墓地に「星遺物」カードが存在する場合のみリンク召喚できる。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分メインフェイズに発動できる。デッキから「星遺物」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。このターン、自分の墓地に「星遺物」モンスターが存在しない場合には、そのカードは発動できない。②:リンク召喚したこのカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

【LINK-2:左/左下】

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《宵星の騎士ギルス》は「星遺物」カードを墓地に送りつつ、トークンを生成し、《星鍵士リイヴ》は 「星遺物」魔法・罠カード をフィールドにセットできます。

《宵星の騎士ギルス》1枚から《星鍵士リイヴ》をリンク召喚することで、《星遺物の傀儡》等をセットしつつ、《星遺物の交心》によってデッキから特殊召喚が行えます。

《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》

【 効果モンスター 】
星 9 / 光 / 雷族 / 攻3300 / 守2100

①:このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
②:相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
③:「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
④:1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
このターン、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できず、このカードは1度のバトルフェイズ中に3回までモンスターに攻撃できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《機怪神エクスクローラー》の戦闘・効果破壞時にサーチ出来るカードです。

制圧度が高いモンスターをリリースする事が出来るので、腐る対面は少ないでしょう。

《サン・アンド・ムーン》

【 速攻魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分及び相手フィールドのモンスターを1体ずつ対象として発動できる。
そのモンスターそれぞれに、その表示形式によって以下の効果を適用する。
●表側表示:裏側守備表示にする。
●裏側表示:表側守備表示にする。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

お互いの表示形式を変更出来る速攻魔法です。

リバースと相性が良く妨害札としても活躍出来るため採用しています。

【クローラー】デッキの回し方

《宵星の騎士ギルス》1枚初動

【使用カード/条件】

  • 《宵星の騎士ギルス》

【結果】

  • 《星鍵士リイヴ》
  • リバースした《機怪神エクスクローラー》
  • 《星遺物の傀儡》

【手順】

  1. 《宵星の騎士ギルス》を召喚。
  2. 《宵星の騎士ギルス》の効果で《星遺物の交心》をデッキから墓地へ送る。
  3. 《宵星の騎士ギルス》の効果でお互いのフィールドに《星遺物トークン》を特殊召喚
  4. 《宵星の騎士ギルス》《星遺物トークン》を素材に《星鍵士リイヴ》を特殊召喚。
  5. 《星鍵士リイヴ》の効果でデッキから《星遺物の傀儡》をセット。
  6. 墓地の《星遺物の交心》の効果で、デッキから《機怪神エクスクローラー》を裏側守備表で特殊召喚。
  7. 相手ターンに《星遺物の傀儡》を発動して、《機怪神エクスクローラー》を表側守備表示にする。

【盤面の解説】

《機怪神エクスクローラー》の効果で、相手フィールドのモンスターは効果が発動出来ず、強力なロック状態を作る事が出来ます。

【クローラー】デッキをカスタムするおすすめカード

《応戦するG》

【 効果モンスター 】

①:相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードの①の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《共振虫》

【 効果モンスター 】

星 4 / 地 / 昆虫族 / 攻1000 / 守700

(1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル5以上の昆虫族モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
デッキから「共振虫」以外の昆虫族モンスター1体を墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《応戦するG》と《共振虫》はどちらも地属性昆虫族のため、《エクスクローラー・ニューロゴス》《エクスクローラー・シナプシス》のリンク素材になります。

墓地に送られた際に《応戦するG》は【クローラー】下級モンスター、《共振虫》は《クローラー・ソゥマ》と《機怪神エクスクローラー》をサーチできます。

特に《クローラー・ソゥマ》は展開のメインエンジンなので、採用してもいいかもしれません。

おわりに

いかがだったでしょうか?

【クローラー】デッキは、リバース効果・リクルート効果を巧みに使い相手をコントロールする楽しいデッキとなっております。

興味のある方は、ぜひ一度遊んでみてください!

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。それではまた次回の記事でお会いしましょう!


カテゴリ:

タグ:


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

3

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な22,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事