Youはどうしてプレ殿へ

PV 11,749 いいね 18

Youはどうしてプレ殿へ

夏草や兵どもが夢の跡--松尾芭蕉

どうも三賢酔です。

突然ですがデュエルマスターズに置ける夢の跡ってなんだと思いますか。僕はそれをプレミアム殿堂ではないかと思います。2019年12月4日現在、プレミアム殿堂入りカードは27枚(プレミアム殿堂コンビを合わせると29枚)あります。

しかし中にはなぜプレミアム殿堂になったのかわからないものがある人もいるかもしれません。そこで今回からプレミアム殿堂解説と題してそのカードがどのような形で猛威を振るっていたのかを、プレミアム殿堂入りした順番にデッキリストを交えながら紹介していきたいと思います。

目次

プレミアム殿堂とは

まずはプレミアム殿堂とは何なのかについて少しご説明を。

タカラトミーさんの説明では

"デッキに1枚でも強すぎる「特別な切り札」だけに与えられる最強の称号!
認定されると公式・公認イベントではデッキに1枚も入れられないぞ!"

となっております。つまるところ、環境で悪さをしたカードを使用禁止にさせるための措置で、遊戯王でいう禁止カードに属します。

↑からタカラトミーさんのカードリストに飛ぶことができます。確認したい方はこちらからどうぞ。

それでは解説に移っていきましょう。

■無双竜機ボルバルザーク

デュエルマスターズで初めてプレミアム殿堂入りしたカードは《無双竜機ボルバルザーク》です。このカードは、2004年6月26日発売の、DM-10 「聖拳編 第1弾」に収録されていたカードで、デュエルマスターズを古くからプレイしている人だけでなく、新規の人も知ってるであろう超有名カードです。効果はこちら

【コスト】7
【文明】火/自然
【パワー】6000
【種族】アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン

■マナゾーンに置くときこのカードはタップして置く。

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、他のパワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。その後、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。そのターンの終わりに、自分はゲームに負ける。
■スピードアタッカー
■W・ブレイカー

このカードの特徴は、なんといっても簡単に獲得できるEXターンです。もちろん追加ターンをしのがれてしまえば強制敗北というデメリットはあるものの、このカードだけでEXターン含めて4打点あるので、出したターンにもう一体クリーチャーがいればそれだけでジャスキルになります。

この凶悪さから大会では右を見ても左を見ても《無双竜機ボルバルザーク》という環境だったため、"ボルバルマスターズ"という言葉ができたほどです。

デッキ解説

2004年全国大会・エターナル(聖拳)・リーグ
決勝トーナメントオープンクラス・優勝
リスト

こちらが《無双竜機ボルバルザーク》の全盛期のデッキ、通称《ボルバルブルー》と呼ばれているデッキです。

このデッキには後にプレミアム殿堂入りするカードが3種類も採用されており、この当時としてはとても高いデッキパワーを誇っています。このデッキの動き方としては2~4ターン目にマナブーストや手札補充をし、《無双竜機ボルバルザーク》を出したあと、《呪紋の化身》を出して安全にダイレクトアタックをするというデッキです。

このデッキよりも前に流行った《ボルバルステロイド》というデッキタイプがありますが、《ボルバルブルー》は水文明を入れることにより安定性が増した構築になっております。

なぜプレミアム殿堂入りしたか

このカードがなぜプレミアム殿堂入りしたかというと、第一に使用率の多さがあげられます。前述したとおり、大会では《無双竜機ボルバルザーク》が、大半を占めていました。

また、ゲームつまらなくなってしまったことも、一つの原因です。勝っても負けても《無双竜機ボルバルザーク》のせいとなってしまっていたからです。

背景ストーリー

このカードはプレミアム殿堂入り後、《蒼狼の始祖アマテラス》と結婚していることが判明しています。

■ヘル・スラッシュ  ■ロスト・チャージャー  ■フューチャー・スラッシュ

これらの3枚は同時にプレミアム殿堂入りしたので同時に紹介いたします。

まずは《ヘル・スラッシュ》から。このカードは2003年6月26日発売のDM-06「闘魂編 第1弾」に収録されていたカードで、効果はこちら

【コスト】8
【文明】闇

■相手の山札を見る。その中から3枚選び、持ち主の墓地においてもよい。その後相手は自分自身の山札をシャッフルする。

このカードの能力は単純明快、デッキ破壊です。このカードの誕生後すぐではないものの、除去LOというデッキタイプが確立されていきました。

次にフューチャー・スラッシュについて説明を。このカードは、全方位カードファイルvоl.5の付録として登場したプロモーションカードで、プレミアム殿堂入り初のプロモーションカードです。効果は

【コスト】7
【文明】闇

■相手の山札を見る。その中から2枚まで選び、墓地に置かせる。その後、相手は自分自身の山札をシャッフルする。

となっており、《ヘル・スラッシュ》の能力調整版となっております。このカードが出た頃には《ヘル・スラッシュ》は一枚制限となっておりましたが、デッキ破壊の枚数は、《ヘル・スラッシュ》1枚と《フューチャー・スラッシュ》を4枚積むことで、リペアが可能でした。

最後に《ロスト・チャージャー》の説明を。このカードは2004年3月9日発売のDM-09「闘魂編第4弾 覇道帝国の絆」に収録されていたカードで効果はこちら

【コスト】3
【文明】闇

■自分または相手の山札を見る。その中からカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。その後、そのカードの持ち主は山札をシャッフルする。

■チャージャー

上の2枚のカード同様デッキ破壊のカードですが、自分のデッキのカードも同様に墓地に送ることが可能です。LOデッキだけでなく、《インフェルノ・ゲート》と組み合わせた《茄子サファイア》というデッキにも採用されていました。

デッキ解説

このデッキは《ヘル・スラッシュ》《ロスト・チャージャー》が共に一枚制限であったときのデッキ、《4c除去ライブラリアウト》というデッキになっております。それぞれの文明の役割としては

火文明→除去。防御用

水文明→ドローソース。防御用

光文明→呪文回収。

闇文明→デッキ、手札破壊。

で、キルルートは相手の攻撃の手を破壊しながら徐々にLOさせていくというデッキです。《ロスト・チャージャー》と《宣教師ベリックス》を使うことで、《ロスト・チャージャー》を連発する事が出来ます。

なぜプレミアム殿堂入りしたか

これらのカードはカードパワーが高いだけでなく、相手の山札を見ることができるため、大会中のトラブルが多発しました。そのためプレミアム殿堂入りしたという予想ができます。ここ最近のカードに相手の山札を触る効果がないのもこの予想の一因です。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。プレミアム殿堂入りした他の理由などあればコメント欄で教えてください。記事のコメントも待ってます!それではまた次の記事でお会いしましょう!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

18