現環境最強と前環境最強を混ぜたら最強の殿堂0デッキができる説

PV 7,797 いいね 2 -

現環境最強と前環境最強を混ぜたら最強の殿堂0デッキができる説

目次

始めに

こんにちは!

記事を閲覧していただきありがとうございます(-_-)

今回は現環境最強である《BAKUOOON・ミッツァイル》と前環境最強である《轟轟轟ブランド》を混ぜたら最強の殿堂0デッキができる説を立ててみました!

ぜひ最後までお読みください!

どんなテーマにするか

まず最初にテーマを決めましょう。

なぜテーマを決めるのかというと、

明らかに《轟轟轟ブランド》の能力であるマスターGGGが使えないデッキに《轟轟轟ブランド》を入れるメリットは薄いです。

《轟轟轟ブランド》と《BAKUOOON・ミッツァイル》お互いの能力を引きだしあえるデッキタイプは何がいいかと考えたとき、「間違いなく速攻がお互いを生かせる」という考えにまとまりました。(実際《轟轟轟ブランド》が無規制だった時は速攻で組み合わされることが多かったですしね)

構築

正直ここまでいったらただの全盛期《轟轟轟ブランド》になっちゃうのでどうせならもう1種類殿堂orプレミアム殿堂カードを積みましょう!

ではカードを発表しまーす!(ブラウザバックするなら今のうち)

(プロモにするやさしさ)

ここでブラウザバックした人が何人いるのでしょうか。

「《ベイBジャック》と組み合わせたら最強の殿堂0デッキができるでしょ」という安直な考えのもとデッキ構築が始まりました。

ここで僕が注目したのは《ベイBジャック》のパワー6000というところ

こいつと合わせられるやん!

というわけでソイソイミッツァイルに《ベイBジャック》と《轟轟轟ブランド》を混ぜていきましょう!

というわけで組んでみました!


構築解説

《ベイBジャック》

(プロm)

《ソイソイミー》との相性がおかしいくらいによいです。

ちなみに最強の動きは1t目《ベイBジャック》、2t目《ソイソイミー》効果でGR召喚。

そのまま《ベイBジャック》効果で、《ソイソイミー》とGR召喚で出たやつをタップし《ソイソイミー》を召喚効果でGR召喚。

このデッキには火文明のGRクリーチャーしか入ってないのでタップし《BAKUOOON・ミッツァイル》を5体破壊して召喚そのまま殴り切って勝ちです!(後攻なら《轟轟轟ブランド》が出せる可能性も!)

《界王類七動目ジュランネル》

(ねた)

《ソイソイミー》の条件を達成するために採用《レクタ・アイニー》との相性も◎

《界王類咆哮目ジュラノキル/ジュラスティックハウル》

(おきた)

《界王類七動目ジュランネル》 と同じ理由です。

《ソイソイミー》

(栗じゃないことに今気づいた)

2コストでGR召喚できるやつ=大体強い。

《BAKUOOON・ミッツァイル》

(かわいい)

現環境最強カード 4枚必須

《轟轟轟ブランド》

(かっこいい)

前環境最強 最速2ターン目に着地し運が良ければ2ターンキルできます。

《フンバルさん/フンバ・フライ・ダイ》

主にしたの呪文を使います。

《奇石ミクセル》などのシステムクリーチャーを除去しましょう。

《花美師ハナコ》

(ジョーカーズで使われているところを見たことがないです。)

実質1ドローするやつ。

雑に強い。

斬斬人形コダマンマ

(フレーバーテキストすき。)

《花美師ハナコ》 と同じ効果です。

《偽りの名13/種族選別》

(種族選別でパンドラ・インパクトって読むのかっこよすぎな。)

主にしたの呪文しか使いません。

自然文明のドローソースなので採用しました。

《レクタ・アイニー》

(レクター・アイニーだと思ってた。》

最速1ターン目に着地する鳥さん。

《BAKUOOON・ミッツァイル》のたね。

《禁断~封印されしX~/伝説の禁断ドキンダムX》

(禁断文字はデュエマの基本)

1ターン《ラッキー・ダーツ》《オール・デリート》をケアするために採用しました。

GR

《魔神轟怒ブランド》

(かっこいい)

超天フィーバーがすごい奴。

Wブレイカーになるのも高評価。

《ドドド・ドーピードープ》

(ほしい)

素でWブレイカー持ってるんで最強ですね。

《ソニーソニック》

(こいつのせいで負けるとくやしいよね。)

3ターン目に動くときに素でSAになってくれるんで採用しました。

《ブルンランブル》

(あほずら)

《奇石ミクセル》や《全能ゼンノー》と相打ちが取れるので強いです。

入れましょう。

《ポッポーポップコー》

(名前を1回でかまずによめたら猛者)

たまに使いそうなので入れましてみました。(自由枠)

《ロッキーロック》

(このバージョン高い)

自由枠です。

これで構築についての解説は終わります。

各対面の解説

どんなデッキでも本気で殴りましょう。

以上です。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました!

殿堂0というレギュレーションはあまり流行っておらず、できれば流行らせたいです。(ジャバランガループを使いたい。)

今回は《轟轟轟ブランド》と《BAKUOOON・ミッツァイル》中心の記事でしたが、今度は殿堂0環境の特集でもやってみたいです。


カテゴリ:

タグ:, ,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

2

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事