【DBC】一昔前の環境デッキ紹介記事③

PV 5,086 いいね 24 コメント 12

【DBC】一昔前の環境デッキ紹介記事③

目次

はじめに

こんにちは!ティーです。

今回は3度目の「一昔前の環境デッキ」を紹介する記事です。

楽しんでもらえると嬉しいです。

では早速、デッキ紹介の方へ移りたいと思います!

デッキレシピ

【ガンバトラージョーカーズ】です。

《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》

2ターン目に《サイバー・ブレイン》。

《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》。このカードは、当時のジョーカーズデッキを大きく強化したカードです。

では、解説の方へ。

デッキ解説

軽量クリーチャー展開&タダで手札補充!

序盤は、《ヤッタレマン》《チョコっとハウス》などを展開します。

そして、2ターン目にタダで唱えられるジョーカーズ超サポートカードが、《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》です。

その効果は、「3枚めくって無色カードを全て手札に加える」です。

極めて強力なカードですよね。

しかもG・ゼロで、「タダで」唱えられます。

昔から注目されていたカードなのですが、なかなかその強さを発揮できず、あまり使われていませんでした。

しかし、ジョーカーズが登場してから、このカードの評価は大きく変化しました。

特に、コスト2のジョーカーズからの《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》の動きは、歴代最強の2ターン目の動きと言われているほどです。

コスト軽減クリーチャー、マナが十分にたまったら次のステップへ。

大量にドローして、リソース面で勝利せよ!

たくさんのクリーチャーが並んだら、《ヘルコプ太》を召喚して、大量にドローします。

《ヘルコプ太》はクリーチャーが並んでいれば強いですが、そうでなければ強さを十分に発揮できません。

しかし、大量ドローを得意とするクリーチャーは他にもいます。

ドロー力が凄い。

《ガヨウ神》です。今は殿堂カードのこのカード、怖いほどのドロー能力を持っています。

手札を整えクリーチャーがある程度並んだら、いよいよ詰めへ!

低コストで《ガンバトラーG7》を召喚!

ジョーカーズが4体以上並んだら、《ガンバトラーG7》を召喚します。

今も大活躍!

ジョーカーズが4体以上いれば2コストで召喚出来て、自分の全ジョーカーズに「出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる」を与えます。

このカードがいれば出たばかりのジョーカーズがすぐに相手を攻撃できるようになります。

《ガンバトラーG7》を上手く使いこなし、3ターン〜4ターンキルを目指します。

《破界秘伝ナッシング・ゼロ》《ジョジョジョ・マキシマム》を使い、大量ブレイクも狙いたいですね。

2ターン目4ブレイク。
一時期【赤青ジョーカーズミッツァイル】にいた。

これが、【ガンバトラージョーカーズ】です。

しかし《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》《破界秘伝ナッシング・ゼロ》は殿堂入りしました。

相次いで《ガヨウ神》も殿堂入り。

しかし、ジョーカーズの環境入りは続いています。

最近では【シータバーンメア】などですね。

新しいシリーズが始まっても、活躍を続けてくれることでしょう。

では、そろそろ次へ。

デッキレシピ

【ドロマーロージアダンテ】です。

《時の法皇 ミラダンテⅫ》

ロック性能が半端じゃない。

《時の法皇 ミラダンテⅫ》。

長きに渡り、プレイヤーたちの動きを縛りまくったカードです。

それでは、早速解説の方へ。

デッキ解説

まずは手札を潤そう!

序盤は《コアクアンのおつかい》《デモンズ・ライト》などで手札を増やします。

それと、《ブレイン・タッチ》《裏切りの魔狼月下城》などでハンデスをします。

2マナで3ハンデス!

中盤になったら、光ドラゴンが!

コスト7光ドラゴン登場!《ドラゴンズ・サイン》

5ターン目が勝負所です。

《ドラゴンズ・サイン》を唱え、コスト7の光ドラゴンを踏み倒します。

殿堂解除したら使ってみたい。
かっこいい!
超呪文回収クリーチャー。

このデッキには、たくさんの強力なコスト7の光ドラゴンが入っています。

どれを出しても強いのですが、特におすすめしたいのはこのクリーチャーです。

ぜひ《ドラゴンズ・サイン》から出したいですね。

《真・龍覇 ヘブンズロージア》です。

効果で《龍魂城閣 レッドゥル》を出してスピードアタッカーを付与し、そのまま《時の法皇 ミラダンテⅫ》に革命チェンジができるからです。

他のクリーチャーでも十分強いのですが、《真・龍覇 ヘブンズロージア》が1番だと思います。

革命チェンジで《時の法皇 ミラダンテⅫ》が出たら、フィニッシュに!

相手を縛って、完全勝利を!

《時の法皇 ミラダンテⅫ》の登場時能力で、光のコスト5以下の呪文を唱えることができます。

ここでまた《ドラゴンズ・サイン》を唱えてもよし、《天使と悪魔の墳墓》で破壊、ランデスしてもよし、《ミラクルストップ》で呪文を禁止してもよしと、選択肢が広いです。

《ミラクルストップ》はG・ゼロで唱えている場合が多いですが、あとからドローで引いたというときなどに《時の法皇 ミラダンテⅫ》で唱えます。

そして、《時の法皇 ミラダンテⅫ》はファイナル革命でコスト7以下のクリーチャーの召喚を禁止できます。

これが【ドロマーロージアダンテ】です。

仮に相手にターンが返ったとしても、手札もマナも無く、呪文もコスト7以下のクリーチャーも使えないとなるとほぼ逆転は不可能です。

しかも呪文は《時の秘術師 ミラクルスター》で回収、《時の法皇 ミラダンテⅫ》は毎ターン革命チェンジで入れ替れば、永遠に相手をロックできます。

ハンデス、ランデス、クリーチャーと呪文ロック。一度決まれば抜け出すのは至難の業です。

これは強すぎると、《時の法皇 ミラダンテⅫ》は殿堂入りしました。

しかし、最高の相棒である《真・龍覇 ヘブンズロージア》の殿堂解除も予想されているので、まだまだ目の離せないデッキです。

では、最後のデッキ解説へ。

デッキレシピ

【アナカラーデッドダムド】です。

環境トップだったデッキですね。

と言っても、今でも活躍を続けています。(Wave型など)

《禁断機関 VV−8》

追加ターン!

《禁断機関 VV−8》。このカードと《SSS級天災 デッドダムド》が力を合わせ、環境トップ、その後も活躍するデッキへと育て上げたのです。

では、デッキ解説の方へ。

デッキ解説

初動をしっかりと!

《霞み妖精ジャスミン》《悪魔妖精ベラドンナ》など、初動をしっかり決めることが勝利への第一歩です。

特に優秀なクリーチャーが、《天災デドダム》です。

高すぎでしょ・・・

このクリーチャーは手札補充、マナ加速、墓地肥やしを同時にこなす超優秀なクリーチャーです。

その上、侵略元にもなるというところも強いところです。

最近は【ドッカンデイヤーループ】とかでよく見ますよね。

初動をしっかり決めることができたら、次のステップへ!

《SSS級天災デッドダムド》にSSS級侵略、手軽に追加ターン!

中盤は、《天災デドダム》や《虹速 ザ・ヴェルデ》などから《SSS級天災デッドダムド》へのSSS級侵略を目指します。

いろいろな除去ができますね。

《虹速 ザ・ヴェルデ》はマナからも出せるので、奇襲のような感じで使えます。

《SSS級天災 デッドダムド》だけでなく、《超奇天烈 ギャブル》なども侵略させたいクリーチャーですね。

相手の呪文を横取り!

このクリーチャーで《月下卍壊 ガ・リュミーズ卍》などを唱えることができればもう勝ちは目の前なのですが、確率はまあまあ低いのでもっと現実的に考えましょう。(強力な呪文を唱えることができるのは強いのですが)

そこで、《禁断機関 VV−8》の登場です。

お手軽に追加ターン。

《禁断機関 VV−8》は登場時手札も増えて、封印が外れれば追加ターンまで獲得できる強力なカードです。

昔から注目はされていたのですが、なかなか封印が外せず、あまり使われていないカードでした。

しかし、《SSS級天災 デッドダムド》などの侵略者たちは水文明を持っています。

「これなら封印が簡単に外せる!」ということで、大活躍を見せました。

簡単に2回くらいは普通に追加ターンを獲得できました。

しかも《禁断機関 VV−8》の能力で、手札はいつも優秀なカードたちが揃っています。

これが【アナカラーデッドダムド】です。

手軽に追加ターン、盤面制圧ができるこのデッキは、またたく間に環境にその姿を見せることとなりました。

しかし2020年1月1日から、《禁断機関 VV−8》は殿堂入りすることが発表され、【アナカラーデッドダムド】は一時期はあまり姿を見せないデッキとなってしまいました。

しかし、まだまだ活躍したい【アナカラーデッドダムド】。

《禁断機関 VV−8》の代わりに《Wave ウェイブ》や《マナ・クライシス》を引き連れ、《禁断機関 VV−8》時代には劣りますが入賞を続けています。

彼らの活躍は今も止まってはいません。

終わりに

今回でこのシリーズも3回目ですが、やはり過去のデュエマを知ることは楽しいことです。

昔の環境デッキの中には、殿堂ゼロで活躍しているデッキも少なくないので、自分なりに改良して組んでみると楽しいかもしれませんね。

なにか質問とか感想とかがありましたら、下のコメントのところに書いてもらえると嬉しいです。

それと、下の「いいね」のところ押してもらえるとめっちゃ嬉しいです!

最後に、ここまで読んでいただき、本当にありがとうございました!

それでは、また次の記事で。

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (12)

キリコ

デッドダムドは強すぎた。

0
ティー(DBC)

コメントありがとうございます!確かに・・・そうですね。追加ターンを簡単に獲得しすぎでしたね。読んでいただきありがとうございました!

0
正社員田中

せっかく買ったVV8が…今や紙切れ😭。

0
ティー(DBC)

コメントありがとうございます!そうですね・・・僕も持っていたので悲しいです・・・一時期は1500円〜2000円くらいしましたが、今は・・・値段が変わるのは一瞬ですね。読んでいただきありがとうございました!

0
kiri

ダムドはストレスフリーで出来たのにミッツアイルに殺された😭

0
ティー(DBC)

コメントありがとうございます!確かに・・・あのミッツァイルは本当に恐ろしかったですね。僕もそう思います。読んでいただきありがとうございました!

0
正社員田中

次の環境的にボルバルザークエクス、プチョヘンザは持っておくべきかな。ランデスデッキも環境入ると思う。

0
ティー(DBC)

コメントありがとうございます!そうですね・・・《ボルバルザーク・エクス》は《ナウ・オア・ネバー》から出したりすると強いですし、《百獣の長 プチョヘンザ》は全体除去がGRとかに強いですよね。ランデスは《マナ・クライシス》を《Wave ウェイブ》から唱えたりしたら強いですよね。《Wave ウェイブ採用型》【修羅のレインボーロード(ドラゴンマナ破壊)】とかが出てくるかもしれません・・・読んでいただきありがとうございました!

0
いちた

ジョーカーズの構築おかしくないですか?時期がずれてる気が……

0
ティー(DBC)

コメントありがとうございます!そうですね。気づきませんでした。《ポクチンちん》や《ガヨウ神》がまだ出ていなかったですね。ご指摘ありがとうございます。

0
おんあい

コメント失礼します
デュエマを始めたのっていつごろからですか?
自分も学生なので昔の環境のことをよく知っているティーさんが羨ましいです!

0
ティー(DBC)

コメントありがとうございます!そうですね・・・4年前、小学3年生のときですね。コロコロコミック6月号の付録の《行くぜ団長!ドギラゴン》デッキが始まりでした。その頃、友達に教えてもらって楽しんでいました。余談ですが、一番最初に当てたレジェンドカードは《百獣の長 プチョヘンザ》のデフォルメバージョンでした。いつになっても、デュエマは楽しいですね。今考えると、改めて思います。昔の環境は、文中でも言いましたが、調べたりすると面白いですよ。「このカードなんでプレ殿なの?」とかの理由が分かったりして。読んでいただきありがとうございました!

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

24