【今日の一枚】vol.46《解体人形ジェニー》女たちのデュエルマスターズ

PV 3,219 いいね 22 コメント 10

【今日の一枚】vol.46《解体人形ジェニー》女たちのデュエルマスターズ

目次

こんにちは。そしてお久しぶりです。北白河と申します。皆様はいかがお過ごしでしょうか。きたしーは来る日も来る日もベルカードを書いています。毎日50枚くらい生産しています。

この企画「今日の一枚」では「今バズっているカード」「今高騰しているカード」「今話題のカード」「往年の名カード」「今北白河の中でアツいカード」「クソほど溜まってるリクエスト消化」など、独断と偏見で北白河が選んだカードを不定期更新で1枚取り上げて語っていきます。

というわけで、今日もやっていきましょう。それでは、今日のカードはこちら。

《解体人形ジェニー》

【 クリーチャー 】
種族 デスパペット / 文明 闇 / パワー1000 / コスト4

このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の手札を見てその中から1枚選び、捨てさせる。

スチールボール

DM-16初出の、歴史あるハンデス内蔵生物です。闇文明の基本パーツとしてお世話になったプレイヤーも多いのではないでしょうか?派生カードも数多く存在する、まさにデュエマのハンデスを象徴する一枚と言えるでしょう。

そのスペックとしては、史上初の実戦的ピーピングハンデス内蔵のクリーチャー。5マナ呪文の《策略の手》に肉がついて1マナ軽くなったと考えるとえらいスペックです。そこ!《策略の手》が重すぎただけとか言わない!

とはいえ、読者の皆様が聞きたいのはそんなことではないのはわかっています。

このカードの特筆すべき点は、そのアイドル的人気。ストーリー的な立ち位置を背負っていない女性型カードとしては異様な人気を誇り、多数の派生カードやサプライ、特殊プロモ化など下手すると原作キャラよりも優遇されているまであります。

もはやデュエマのヒロインと言っても過言ではない人気の彼女。今回は、彼女がどうして他の女性型カードを差し置いてこの座に上り詰めたのか、彼女以前の女性カードを振り返りながら迫っていこうと思います。

ケミカルアンカー

全年齢ソード
バージョンによって口調が違う

デュエマ初の女性型カードは、DM-01のダークロード、《妖姫シルフィ》。この時点では唯一無二の女性型カードだったため、デュエマ最初のヒロインと言い張ることも…できたのか…?

硬派な印象のカードの多い初期カードらしく、可愛らしさよりも怖さ・不気味さが目立つデザインがなされています。公式漫画で黄昏ミミが彼女に見間違えられたり、「怖い母」のイメージとして登場したりしているあたりからもそのパブリックイメージが伺えますね。

何かと怖さがアピールされがちな彼女ですが、イラストレーターのNottsuo氏の全身デザインイラストによればかなりセクシーな衣装に身を包んだ美女のようです。持ってる剣のせいでカードイラストではほとんど伺い知ることができないのは残念なのか、硬派なイメージを保つことに成功したと喜ぶべきなのか。

これ以降も、ダークロードは定期的に女性型クリーチャーを輩出することとなります。もっとも、可愛らしさとはかけ離れた不気味さや妖艶さをプッシュしたものがほとんどですが。《魔将ダーク・フリード》が女性型だったの、調べて初めて知りました。

第二の女性型クリーチャーを擁する種族ことスノーフェアリーが生まれるのは闘魂編に突入したDM-06。《魅了妖精チャミリア》が初出となります。

可愛らしさを前面に押し出したデザインはおおむね好評を持って迎えられ、それと同時にデュエマの鉄の掟「メカクレルール」の存在が周知されることとなります。「純粋な人型生物の顔を描くときは(原則として)髪や仮面で遮ることで直接目を描かない」という、今なお続くデュエマの伝統ですね。

全カードにこのテキストを付けろ
バンライフは男性型

…とはいえルールは破られるのが常。同じDM-06には「純粋な人型生物」というメカクレルールの穴を突いて、目がはっきり映った女性型ビーストフォーク《盗賊の盾》が登場。

その後もちらほら「ケモノだからセーフ」理論に基づいた女性型ビーストフォークが印刷されています。《誕生の祈》のせいで人生が狂ったプレイヤーをきたしーは知っています。

その後もDM-08にて光文明にも女神像をベースにしたメカ・デル・ソルが登場。その神々しさと対ドラゴン兵器という設定から人気を博します。

…いやその、人格のある女性キャラとして見てたプレイヤーはほとんどいないと思うんですが。《光器マーシャ》、露出度ならまあ間違いなくトップだとは思います。喜ぶ人間がいるかは置いといて。

スレイヤーズ懐かしいですね
プロモ版では着衣

続く聖拳編では、特殊種族に女性型が出現。「王」の一角こと《邪魂王ナーガ》も、「下半身が蛇だからセーフ!」で無事顔出しに成功しました。

一見進化元のどちらの種族にも女性要素はないように見えますが、これは進化キマイラ特有の「創造主たるダークロードを取り込む」という要素の継承と思われます。ここまでくると言ったもん勝ちですね。

そしてスピリット・クォーツからは《永刻のクイーン・メイデン》が登場。メカ・デル・ソルとトップタイの露出度と、抜群のプロポーションを誇っています。

「顔がない」という点に目をつぶれば。まあやっぱり人格のある女性キャラとしては誰も見てないと思います。人間の認知能力が試されていますね。

…ここまでが、ジェニーが登場する転生編までの女性型クリーチャーの概略です。

《ダイヤモンド・カッター》

さて、件のジェニーです。デスパペット初の女性型として登場した彼女ですが、冒頭のようになぜ他のカードを差し置いてデュエマのアイドルに上り詰めたか、という謎ですが。

コンプレッサー

まず挙げられるのが、「人間に近い等身でありながらメカクレルールを突破した」という独自性です。これにより彼女はデュエマ史上初となる「ぱっちりした大きい目」という武器を確保しました。ちょっと白目が赤いのは些細な問題です。

種族を活かしたゴスロリ服と球体関節もいわゆる「属性」として非常に強く、手にしたカッターナイフ(カットちゃん)にて武装属性もゲット。フレーバーテキストでキャラクター性もしっかり確保したことで、他のキャラと一線を画す個性を手に入れたことがわかりますね。

背景がえらいことになってるのを覆い隠すほどの「こわかわいい」魅力は、好評を持って受け入れられました。「一体のキャラクターとしても魅力のあるカード」という境地を開拓したことが、彼女をヒロインの座に押し上げた勝因と言えるでしょう。

…身も蓋もない事を言うと、「カードとしてめちゃくちゃ強かったから」という理由も見逃せません。というか自分はおおむねこれが主要因だと思っています。

使用回数が増えると、使うにせよ使われるにせよこのカードを見る回数は必然的に増加します。で、人間の脳は何度も目にした物を勝手に「良いものである」と思い込む癖がありまして。専門用語で単純接触効果って言うんですが。

要するに、「過去の女性型クリーチャーと比べて触れる機会が多かったから」というのが自分の中での結論です。過程はどうあれ、選ばれたものが強いのです。

余談ながら転生編は《ローザ・ロッサ》をはじめとするスプラッシュ・クイーンの初出や《愛恋妖精ミルメル》《雪渓妖精マルル》《死蝶将軍レイラ》などの美麗な女性型クリーチャーが大量登場したことでも知られており、今の女性型クリーチャー人気のきっかけとなったシリーズと言える…のかもしれません。

緑肌プラモ関節ツインテナース

ちなみに「属性を盛った女性型デスパペットならなんでも受ける」という甘い考えが通用しないことは、《注射人形エミリー》がすでに証明済みです。その、外見もスペックももうちょっと…一般受けする感じで…

というわけで、 《解体人形ジェニー》でした。なお、この後「普通にかわいい美少女として描けばいいのでは?」という至極まっとうな理論により《特攻人形ジェニー》が生まれたりしていきます。正解はいつもそばにありますね。

ここからは販促なんですが、前述のように現在北白河はカーナベルで買い物をした際にもらえるメッセージカード……通称「ベルカード」の担当として活動しております。購入時に概要欄に「ベルカードください」「きたしーなんか書いて」などと記入することで、ほぼ確実にメッセージが届きます。コメント依頼はチームメンバーのモチベーションや社内評価に響きますので、ぜひ。

「今日の一枚」は不定期更新!更新チェックのためにガチまとめ公式ツイッターを是非フォローお願いいたします。

また、ツイッターやコメント欄で記事の感想や次のテーマとなるカードの募集を受け付けております。リクエストは現在受付停止中(残り42件)です。北白河はコメント返信率100%を目指しております。がんばります。

それでは、次の記事で。

今回のカードのおさらい

【 クリーチャー 】
種族 デスパペット / 文明 闇 / パワー1000 / コスト4

このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の手札を見てその中から1枚選び、捨てさせる。

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (10)

匿名

スレイヤーズ!懐かしい!

3
北白河

コメントありがとうございます。

ぼんやりした幼少時代を送ってきたので、レイアースとスレイヤーズがどうやら別のものであるということに気付いたのはゼロ年代になってからでした。

1
匿名

北白河さんの記事久々に見れてうれしー!

3
北白河

コメントありがとうございます。

私もあなたに読んでもらえてうれしいですよ(いい声で)。

2
ジョーカーズくん

今思うと昔のカードが今の環境で使われているのがすごい。

2
北白河

コメントありがとうございます。

私もそう思うでフェアリー・ライフ。昔のカードが環境で活躍するってすごいでマナ・クライシスね。

語尾芸を排して考えると、「シンプルな効果で適正なコストを持っている」初期カードはわりと使われ続ける傾向にありますね。
「初期のため勝手がわからずに強くor軽くしすぎたカード」の類も、環境を荒らしすぎなければこの枠に入ると言えるでしょう。スパイラル・ゲートとか。

0
しろしろ。

解体ジェニー欲しさにデュエデミー1カートン買ってウキウキしながら開けたあと、
「こんなにいらねぇし黒入るデッキ持ってないしシングルでよかったやん」ってなった事があるので自分の中で解体ジェニーは若干トラウマです。
そして一昨年ジェ霊ニーでまた同じことをしました。
後悔はありません(血涙)

0
北白河

コメントありがとうございます。

たかがコモン、されどコモン。お金で買えない価値があるかは人によるとして、買えるシングルカードはカーナベルでどうぞ。

0
ちくわとなすび

あんなに不気味だったジェニーちゃんも今では可愛らしくなってまあ….

0
北白河

コメントありがとうございます。

「かわいい」と言われ続けると実際にかわいくなるのは、現実でも女性型クリーチャーでも同じです。

きたしーの文章も「面白い」と言われ続けると面白くなるかもしれませんね。

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

22