【5Cジョリー】5Cジョルマゲドンの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事【デュエル・マスターズ】

PV 4,175 いいね 25 コメント 6

【5Cジョリー】5Cジョルマゲドンの回し方、相性が良いカードが分かる解説記事【デュエル・マスターズ】

はじめに

カードゲーム界において存在する『3種類』のデッキタイプ。

堅実に相手を殴り、早い段階で勝利を奪う「ビートダウン」

カード同士のコンビネーションで、豪快かつド派手に一撃を決める「コンボ」

そして、相手を縛り、自らが主導権を握り試合を動かしていく「コントロール」

そんな「コントロール」の中でも、最も相手の動きを操ることに長け、重い一撃で確実なトドめを刺す。それが今回紹介する【5cジョリー】、またの名を【5cジョルマゲドン】【5cドルマゲドン】と呼ばれるデッキです。

シールドトリガーを始めとする反撃の札が圧倒的に多い上、フィニッシュまでのルートが明確で分かりやすいため、「コントロールを使ってみたい!」と思っている方にぜひともオススメしたいデッキとなっています!

目次

【5cジョリー】の特徴

【5cジョリー】の特徴は、「明確なフィニッシュルート」にあります。

《謎帥の艦隊》などの除去や《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~/終焉の禁断 ドルマゲドン》の封印で相手の盤面を更地にし、《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》でEXTRA WIN。 この流れで、相手の後続やシールドトリガーを使わせることなく確実に仕留める、というのが一番の大筋。

他のコントロールデッキとは違い、このような「明確なフィニッシュルート」があるため、非常に扱いやすいというのがポイント。それゆえに、『「コントロールを使ってみたい!」と思っている方にぜひともオススメしたいデッキ』というわけですね!

そんな、ある種「コンボ」とも取れる【5cジョリー】を「コントロール」たらしめるのが、フィニッシュルートまで繋ぐ「プランの多さ」です。

デュエマにおいて非常に大きな分かれ道となるマナ加速1つとっても、《獅子王の遺跡》などのマナブーストの豊富さはもちろんのこと、《謎帥の艦隊》《メヂカラ・コバルト・カイザー/アイド・ワイズ・シャッター》など、出遅れようともその差を埋めるカードを自由に詰め込むことができます。

マナ加速、相手の抑制、主要カードの回収、盤面の除去。どの点に対しても、複数のカードからフィニッシュへのプランをチョイスすることが可能
その豊富なプランから生まれる動きの多彩さは、どんな相手とも渡り合える、まさしく「コントロール」なわけです!

【5cジョリー】デッキレシピ

【5cジョリー】カード解説

デッキの確定枠と自由枠

デッキコンセプトでもあり、確実なトドめを刺せる《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》は必須。ただし、必要マナが多いこと、《獅子王の遺跡》《謎帥の艦隊》のマナ武装の邪魔になってしまうことから、枚数は『2枚』、多くとも『3枚』にとどめておくのが無難です。

また、何度もその名前が出ている通り、《獅子王の遺跡》《天災 デドダム》《謎帥の艦隊》《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》は【5cジョリー】の序盤・中盤・終盤のすべてを支えるカードたち。そのため、各『4枚』ずつ積んでおくのが個人的にはベストピック。

以上18枚を除いた『22枚』が自由枠であり、フィニッシュプランを生み出すカスタマイズ枠です。

ただし、【5cジョリー】において上記の確定枠の存在は非常に大きく、フィニッシュまでのプランを大きく支えています。それゆえの確定枠であり、その反面で自由度を生んでいるのです。

おかげで他デッキに比べ、残りの自由枠は圧倒的に自由度が高く選択肢は無限大。環境に合わせるもよし、サブプランを作るもよし、自分の魅せたい動きを作るもよし。
解説記事ながらやや放任的ではありますが、以降で紹介するカード以外にも輝くカードがあるため、じっくり探してみるのも良いでしょう・・・。

今回のキーカードたち

《コスパンダメソッド》

【 クリーチャー 】
種族 トリックス / チームウェイブ / 文明 水 / パワー9000 / コスト7

■バズレンダ [cc02](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で [cc02]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、その{OL} 能力を1回と、追加で [cc02]支払った回数、使う)
{OL}相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、その{OL}能力を4回以上使った場合、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。

単色成分を高めてはしまいますが、このデッキテーマとの噛み合いは凄まじい1枚。

バズレンダ効果を連打すれば、相手の盤面を空にしつつ、追加ターンを得ることができます。追加ターンということは、相手に反撃の時間はなし。そのままEXTRA WINをもらうことができます。実質確定演出です。

《襲来、鬼札王国!》

【 呪文 】
種族 鬼札王国 / 文明 闇/火 / コスト6

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■次のうちいずれか1つを選ぶ。
 ▶相手のコスト8以下のクリーチャーを1体破壊する。
 ▶コスト8以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
■鬼タイム :自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、1つのかわりに両方選んでもよい。

トリガーとしてはもちろんのこと、手打ちしても純粋に除去・サルベージとして活躍できる万能の1枚

《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》を出してパーツを揃えたり、《メヂカラ・コバルト・カイザー/アイド・ワイズ・シャッター》で後続を止めたり、《リュウセイ・天下五剣カイザー》で除去と次ターンの確保を両立したり・・・。 様々なプランへアクセスできる、【5cジョリー】の新宿駅的な存在です。

【5cジョリー】デッキの回し方

①マナ加速でプランを増やせ!

まずはビッグマナの安定ムーブ、マナ加速をしていきましょう!

マナ加速はデュエマにおいて必須とも言える行為ではありますが、【5cジョリー】にとってはそれ以上に「プランを増やせる」という面が非常に大きいです。
上述の通り、【5cジョリー】は「プランの多さ」が特徴のデッキ。その最大の特徴を活かすためにも、序盤でマナを増やしておくことが試合の行方を大きく左右してきます。

《獅子王の遺跡》《天災 デドダム》を初動としてマナを加速。中盤への動きにつなげていきましょう。

【 呪文 】
文明 自然 / コスト4

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
■マナ武装4:自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、自分の山札の上からさらに2枚をマナゾーンに置く。 

【 クリーチャー 】
種族 トリニティ・コマンド / 侵略者 / 文明 水/闇/自然 / パワー3000 / コスト3

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を自分の手札に加え、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を墓地に置く。

マナ加速の1枚として《ウマキン☆プロジェクト》があります。 このカードは序盤のマナ加速としても当然活躍してくれますが、中盤~終盤では他の追随を許さない圧倒的なマナ加速を見せてくれる1枚です。

そのため、他にマナ加速を握っている場合には、序盤においての優先度は低め。中盤以降の爆発力を高めるためにも、あえて残して次のステップへ進むのもあり!

【 クリーチャー 】
種族 トリックス / サイバー・コマンド / チームウェイブ / 文明 水/自然 / パワー0000+ / コスト4

■バズレンダ [cc02](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で [cc02]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、その{OL} 能力を1回と、追加で [cc02]支払った回数、使う)
{OL}自分の山札の上から2枚を見る。そのうちの1枚を手札に加え、もう1枚をタップしてマナゾーンに置く。
■パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
■自分のマナゾーンにあるカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。

①if 焦らず動きを遅らせるべし!

初手でマナ加速ができない場合には、サブプランへと繋いでいきましょう。 「マナ加速ができてない! ヤバい!」と焦って持ち札を消費するのではなく、《謎帥の艦隊》《メヂカラ・コバルト・カイザー/アイド・ワイズ・シャッター》などを活用して、相手の動きを遅らせていくのです。

【 呪文 】
文明 水 / コスト3

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
■マナ武装4:自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、クリーチャーをさらに2体まで選び、持ち主の手札に戻す。

【 ツインパクトカード 】
種族 ブルー・コマンド・ドラゴン / ハンター / 文明 光/水 / パワー7000 / コスト7

■W・ブレイカー
■相手のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、相手のクリーチャーはすべて攻撃できない。
■相手が呪文を唱えた時、自分はカードを2枚引いてもよい。

────────────呪文────────────
カード名:アイド・ワイズ・シャッター
文明:光
コスト:4マナ

■S・トリガー
■相手のクリーチャーを2体まで選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、それらはアンタップしない。

自分の動きを早めるのではなく、相手を遅らせて中盤~終盤に繋ぐ。この繋ぎ方の切り替えができることが「コントロール」の難しいところであり、良いところです。
プランが豊富なデッキだからこそ、その数あるプランを有効に活用していきましょう!

②動きの主導権を握れ!

動いていくだけのマナを確保したら、「コントロール」らしく相手の動きを縛ってあげましょう
①´として紹介したサブプランに突入している場合は、ダメ押しの動きではありますが、しっかりと経由して着実に勝利を奪い去ってやりましょう!

《裏切りの魔狼月下城》で相手の後続を落としたり、《リュウセイ・天下五剣カイザー》でそもそもの負け筋を潰したり。 マナ加速で作った数あるプランを、ここで出し見惜しみなくぶっ放していきましょう!

(殿堂カード) 【 呪文 】
文明 闇 / コスト2

■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。
■マナ武装4:自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、相手は自身の手札をさらに2枚選び、捨てる。 

【 クリーチャー 】
種族 レッド・コマンド・ドラゴン / ハンター / 文明 火/自然 / パワー14000 / コスト8

■スピードアタッカー
■マッハファイター
■T・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルに勝った時、次の自分のターンのはじめまで、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。

③パーツを揃えよう!

相手の眼から光が消えたんじゃあないかくらい主導権を奪ったら、いよいよフィニッシュへのお膳立てと参りましょう。

《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》を中心にフィニッシュに必要となる《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》や《謎帥の艦隊》《コスパンダメソッド》を手札に回収。 「盤面を固める」というよりは「パーツを揃える」イメージで最後の動きへと繋げていきましょう。

【 クリーチャー 】
種族 デーモン・コマンド / ビーストフォーク / 文明 闇/自然 / パワー3000 / コスト5

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚、自分のマナゾーンまたは墓地から手札に戻してもよい。

この時、除去カードを無理に手札に加えずとも、フィニッシュにつなげることも可能なのが【5cジョリー】。
それこそが【5cジョルマゲドン】【5cドルマゲドン】と呼ばれる所以であり、《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~/終焉の禁断 ドルマゲドン》の存在!

禁断爆発にて全てを封印。封印は「そのクリーチャーを無視」というもの。 つまり、実質的に「相手の盤面にはクリーチャーがいない」という状況を作れるわけです。これで《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》のEXTRA WINの条件を達成できる、という綺麗な流れとなります。

(殿堂カード) 【 最終禁断フィールド 】
文明 闇/火 / コスト999

FFL1(真ん中)■この最終禁断フィールドは、ゲーム開始時、四隅に封印を1つずつ付けてリンクしたフィールドとしてバトルゾーンに置く。(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く)■バトルゾーンにある自分の封印は、各ターンに1つだけ、闇または火のコスト5以上のコマンドを召喚または「侵略ZERO」を使ってバトルゾーンに出すことによってのみ、外すことができる。(外した封印は墓地に置く)■自分は、コマンド、イニシャルズ、あるいは名前に《禁断》とあるクリーチャーでしか攻撃できない。■この最終禁断フィールドはバトルゾーンを離れない。 FFL2(左下)■このカードから封印が外された時、そのターン、自分のクリーチャー1体に「パワーアタッカー+2222」を与える。 FFL3(左上)■このカードから封印が外された時、相手のパワー1111以下のクリーチャーを1体、破壊する。 FFL4(右上)■このカードから封印が外された時、そのターン、自分のクリーチャー1体に「スレイヤー」を与える。 FFL5(右下)■禁断爆発:このカードから封印が外された時、この最終禁断フィールドに封印が1つもなければ、裏返し、1体のクリーチャーとして合体させる。 

────────────禁断爆発後────────────
カード名:終焉の禁断 ドルマゲドンX
カードの種類:最終禁断クリーチャー
文明:闇/火
パワー:999999
コスト:999マナ
マナ:-
■T・ブレイカー
■このクリーチャーが禁断爆発した時、相手は自身のクリーチャーすべてに封印を1つ付ける。(クリーチャーが封印されている間、両プレイヤーはそのクリーチャーを無視する)
■相手は自身のクリーチャーに付いている封印を墓地に置けない。
■このクリーチャーに封印を付けることはできない。
■このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにこのクリーチャーの禁断コアを2枚、このカードの下に置いてもよい。
そうしたら、自分のシールドを1つ墓地に置く。
■このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、クリーチャーをすべて破壊し、自分はゲームに負ける。 

《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》を中心に」というのは、この封印を剥がすためでもあり、フィニッシュへの道筋を増やす役割もあったわけです。

④確実なトドめを刺す!

お膳立てが済んだならば、あとは一思いにトドめを刺してあげましょう。

集めたパーツで相手の盤面を空に。《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》でEXTRA WIN! 相手の後続はすでに縛り済み、シールドには触れずトリガーも関係なし。これで容赦のない一撃を浴びせ、勝利をゲット!

【 クリーチャー 】
文明 火 / パワー19000 / コスト10

■スピードアタッカー
■Q・ブレイカー
■このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに相手のクリーチャーがなければ、自分はゲームに勝つ。バトルゾーンに相手のクリーチャーがあれば、他のクリーチャーをすべて破壊する。

万が一EXTRA WINを取れそうにない場合、またはどうにも相手の後続が落としきれない場合。
その時には、ややリスキーではありますが、殴り倒すという手段もあります。ここまで試合を持っていけていれば、打点自体は十分。あとは反撃がないことを祈りつつ、ありたっけをぶつけてやりましょう!

【5cジョリーのカスタマイズ】

カスタマイズ候補

《大革命のD ワイルド・サファリ・チャンネル》

【 D2フィールド 】
文明 光/自然 / コスト6

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■マナゾーンで多色カードをタップする時、そのうちの好きな枚数のカードのマナを2にしてもよい。(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)
■Dスイッチ:自分のターンのはじめに、このD2フィールドをゲーム中で一度上下逆さまにしてもよい。そうしたら、そのターン、クリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

【5cジョリー】は多色カードがメインの構築なので、マナ数をほぼ倍に変えてくれるカードです。フィニッシュへの速度を底上げすると同時に、マナに落としたクリーチャーを出せるため、安定性も確保してくれます。

《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》

【 クリーチャー 】
種族 デモニオ / 鬼札王国 / 文明 闇/火 / パワー17000 / コスト10

■鬼タイム :自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーの召喚コストを5少なくする。
■スピードアタッカー
■T・ブレイカー
■このクリーチャーは、召喚されたターン、バトルゾーンを離れない。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーをすべて破壊する。

鬼タイムが発動すれば5マナですべてを消し飛ばしてくれる、返しの1枚として「これでもか!」と活躍してくれるカードです。 《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》へと繋がるのはもちろんのこと、サブプランとして「殴りきる」という選択肢にも成り得る、まさにパワーカード。

《悪魔龍 ダークマスターズ》

【 クリーチャー 】
種族 デーモン・コマンド・ドラゴン / 文明 闇 / パワー7000 / コスト7

■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を見て3枚まで選び、捨てさせる。

相手の後続枯らしでお馴染みのカード。おまけに 《謎帥の艦隊》などの除去や《FORBIDDEN STAR ~世界最後の日~/終焉の禁断 ドルマゲドン》の封印も剥がしてくれるので、相手のねちっこい攻めに苦手意識を感じたら、組み込んで受けと攻めの立場を入れ替えてあげましょう。

《水の魔術師マジックス》

【 クリーチャー 】
種族 トリックス / チームウェイブ / スペシャルズ / 文明 水 / パワー4000 / コスト4

■バズレンダ [cc01](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[cc01]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、その[OL]能力を1回と、追加で[cc01]支払った回数、使う)
{OL}呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。
■このクリーチャーの[OL]能力を使った時、それがこのターン中3回目なら、コストの合計が6以下になるよう、呪文を2枚まで自分の手札から選び、コストを支払わずに唱えてもよい。

墓地に送られた《謎帥の艦隊》《襲来、鬼札王国!》たちを使いまわすことができるカード。様々なプランに絡めて新たなプランを持ってくる。挙句、新宿駅にアクセスしちゃう、もはや東京駅です。ただし、単色かつ回収札は十分あるため、採用枚数には要注意。

【5cジョリー】カスタマイズレシピ

上記のカスタマイズ候補より《大革命のD ワイルド・サファリ・チャンネル》をピックアップし、デッキレシピをカスタマイズ。フィニッシュ直前の爆発的なマナの伸びが活かせるよう、《テック団の波壊Go!》《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》で耐久・返しを強めたレシピとなっています。

おわりに

圧倒的に豊富なプランから堅実に勝利を狙っていく【5cジョリー】。「コントロール」の中でも特に扱いやすく、それでいて多彩な動きを魅せてくれる万能な存在。
「コントロール」の入門編としても、さらなる高みを目指すモノとしても、非常に魅力的なデッキテーマとなっています。

カーナベルでは【5cジョリー】のデッキパーツや相性のいいカードを豊富に準備しています。探したいカードがすぐに見つかり、当日15時までの注文で即日発送のカーナベルはすぐにデッキを組みたいあなたにお勧めです。

気になった方はぜひぜひ、組んでみてはいかがでしょうか!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (6)

ぼるばるざーくん

あ、デッキレシピある組んでみたいなぁ

デドダム入ってる、高い解散!
ってなってる
楽しそうだからプロキシで回す

4
Ahead07

5cジョルマゲドン勢歓喜の舞

…俺だけでしたわ()

1
かごめマン

この構築が丸いですよねぇやっぱ。

1
Ahead07

リアルで握ってるんですけど、ほんともう握ってるだけで楽しい
コントロールしてるな俺 って感じしますもん

0
匿名

ウマキンとデドダム見て諦めた…

3
匿名

ドルマゲドンってかっこいいけどかっこ悪いよね()

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

25