【環境注目】火単我我我の回し方と必勝テクニック【対サガ/赤単/速攻/ガガガ/ガイアールブランド】

PV 94,234 いいね 39 -

【環境注目】火単我我我の回し方と必勝テクニック【対サガ/赤単/速攻/ガガガ/ガイアールブランド】

こんにちは!ばんちきです!

今回は、オリジナルフォーマットの【火単我我我】の紹介です。

話題の【水闇サガ】が蔓延する環境に対して有力で、各所で注目されているデッキタイプです。

ぜひ最後までお付き合いください!

目次

【火単我我我】デッキリスト


今回はこのリストを基に解説を進めていきます。

最近の【火単我我我】と言えば、「B我抜きB我」のような構築が主流でした。


こちらのリストはリソースを溜め込むプランを主軸としながら火力の高いカードを多めに採用することで、相手からのメタやハンデス,受け札を突破することに長けた構築でした。

それに伴って打点を作る速度を若干落とすこととなるため、平均的なキルターンは4ターンが目安となっています。

しかし、《絶望神サガ》が登場したことによって、最速3ターン,おおよそ4ターンでのループフィニッシュを狙ってくる【水闇サガ】が環境に現れました。

この「最速3ターンキル」に対してじっくりリソースを溜め込む余裕は当然ないため、こちらも速度で勝負するべく前寄せの構築に戻しています。

【火単我我我】特徴

速度×メタ

よくある『1,2,1,8』のコンボを筆頭に、最速3ターンキルという【水闇サガ】と渡り合える速度を持っています。

それに加えて、《こたつむり》や《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》、《U・S・A・BRELLA》といったメタカードを取り込んでいるため、先手後手を逆転させたり、そのままメタカードで押し込むことができます。

仮に3ターンキルが狙えないような手札でも、メタカードでターンを稼ぐことによってキルターンを後ろにずらせるため、所謂「実質3キル」のような展開を作れます。

この「速度×メタ」という要素があってこそ、【水闇サガ】に対抗できるデッキとして成り立っていると思います。

環境での立ち位置

環境トップに居座る【水闇サガ】が《水上第九院 シャコガイル》による特殊勝利を行う関係上、環境全体での受け札の価値が低くなっているため、【火単我我我】の攻めが非常に通りやすくなっています。

加えて、《若き大長老 アプル》や《DG-パルテノン ~龍の創り出される地~》といった【水闇サガ】に対してのメタカードは一切効かないため、対【水闇サガ】を想定して構築されたデッキに対しても高い勝率を出すことができます。

しかし、【火単我我我】への対策として受け札を多く採用してしまうと今度は【水闇サガ】へのガードが下がってしまうので、お互いが助け合うような形となっていて、環境での立ち位置が非常に良くなっています。

この「速度特化ループとアグロが蔓延する環境」に対して有効なコンセプトのデッキが現れない限り、しばらくは【水闇サガ】と【火単我我我】が強い環境が続くと言えるでしょう。

【火単我我我】カード解説

採用カード解説

《斬斬人形コダマンマ GS》

【 クリーチャー 】
種族 デスパペット / エイリアン / 文明 火 / パワー1000 / コスト2

■G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
■このクリーチャーが出た時、自分のシールドを1つ手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

推奨採用枚数は4枚です。

速度を発揮するにもメタを活かすにも、大事なのはリソースです。

見た目上3枚にすると綺麗には見えますが、個人的にはどこまでいっても4枚を推すカードです。

《U・S・A・BRELLA》

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / チームボンバー / 文明 火 / パワー4000 / コスト3

■相手のコスト4以下のクリーチャーが、手札以外のどこからでもバトルゾーンに出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを墓地に置く。
■コスト4以下の呪文の効果によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

対【水闇サガ】最終兵器です。

【水闇サガ】に採用されるメタカードの切り返し要員は《「敬虔なる警官」》であることが多いため、バウンスに引っかかることなく継続的にメタとして機能します。

この手のメタカードは基本的には強くないものですが、このデッキにおいては「トリガーをケアできること」がアイデンティティとなるため、少しばかり評価を上げています。

というのも、【水闇サガ】に採用されている《「迷いはない。俺の成すことは決まった」》を踏んで《絶望神サガ》を蘇生されると、《蒼狼の大王 イザナギテラス》や《終末の時計 ザ・クロック》で攻撃を受け切られてしまいます。

たった4枚のトリガーかつ「墓地に《絶望神サガ》があってパーツが揃っている状態」と要求値もそれなりにあるため、気にしすぎる必要はありません。

しかし、《U・S・A・BRELLA》を引いた瞬間メタが刺さりつつトリガーケアが確約されてほぼ勝ちになる、というのであればキルターンがずれてでも出す価値があると考えているため、今回は3枚採用しました。

採用候補カード解説

《グレイト“S-駆”》

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / 文明 火 / パワー1000 / コスト1

■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)
■自分のターンの終わりに、このクリーチャーがアンタップしていたら、自分の手札に戻す。

《U・S・A・BRELLA》との入れ替え枠です。

《“罰怒“ブランド》と《我我我ガイアール・ブランド》のどちらで勝つにしても1コストのクリーチャーは非常に重要になってくるため、より3ターンキルの確率が重要な環境になった場合はこのカードを採用しておく方が無難です。

《ブルース・ガー》

【 クリーチャー 】
種族 ファイアー・バード / 文明 火 / パワー1000 / コスト1

このクリーチャーは、自分のターンのはじめにアンタップされない。

同じく《U・S・A・BRELLA》との入れ替え枠です。

《グレイト“S-駆”》と違って1ターン目に置くことができるため、最序盤の動きがより安定します。

後攻1ターン目に《凶戦士ブレイズ・クロー》を出しづらい対面も多く存在するため、後攻の動きを重視する場合はこのカードを採用するのがオススメです。

【火単我我我】回し方

【水闇サガ】対面

「墓地に《絶望神サガ》を用意する」という条件が整う前にさっさと突っ込むのが最も理想的ですが、それが叶わずにこちらの打点形成よりも相手のループ始動の方が早い場合はメタカードによるターン調整を行います。

相手は最速で先攻3ターン目にループ始動するため、手札を与えてしまう「後攻1ターン目の《凶戦士ブレイズ・クロー》」はNGです。

一点注意が必要なのは、必ずしも「溜めるプレイ」が上手いプレイというわけではないということです。

これは【火単我我我】を使うにあたって全対面共通ですが、行けるターンに攻めておかないとその後もっと状況が悪くなるというパターンはよくあります。

【水闇サガ】対面で言えば、《龍頭星雲人/零誕祭》によるハンデスが飛んでくる可能性があるため、《U・S・A・BRELLA》を引き込むまで待つようなプレイは避けた方がいい場合があります。

他にも、例えば【4c邪王門】対面であれば、変に「溜めるプレイ」をしてしまうことによって《サイバー・ブレイン》や《切札勝太&カツキング ー熱血の物語ー》のプレイが通って受けの体制が整う場合があります。

溜めてもいい状況と溜められない状況の見極めは非常に重要なので、個人的には【火単我我我】のプレイで最も慎重になって欲しい部分です。

おわりに

いかがだったでしょうか?

ついにはじまったサガ環境。

メタによる封殺は環境的に難しそうなので、総合的に見て《絶望神サガ》を倒すなら【火単我我我】や【アポロ】が最も無難だと思います。

【水闇サガ】と【火単我我我】に勝率が出つつデッキパワーがあるデッキの登場に期待です。

「最強位決定戦」の結果次第でひとまず環境が固まりそうなので、生放送も要チェックです!

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。それではまた次回の記事でお会いしましょう!


カテゴリ:

タグ:,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

39

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

関連記事