【2022年 イシズティアラメンツデッキ 入門書】怒涛の墓地肥やしで連続融合!

PV 45,127 いいね 6 13

【2022年 イシズティアラメンツデッキ 入門書】怒涛の墓地肥やしで連続融合!

はじめに

こんにちは、はみるとんです!今回は現在流行中の【イシズティアラメンツ】デッキについて解説していきます!

新テーマとして注目されていた【ティアラメンツ】、単体でも十分強力なデッキとして大会環境に名を連ねていましたが、【イシズ】関連の強化が入った事によって得意の墓地肥やし能力が更に強化され、とんでもない回転力になりました。

早速動きを見ていきましょう!

目次

【イシズティアラメンツ】デッキレシピ


このデッキレシピで行える具体的な展開はこちら ▼

【イシズティアラメンツ】デッキの特徴

高い墓地肥やし能力

【イシズティアラメンツ】は【ティアラメンツ】下級モンスターによって墓地肥やしを行い、さらに墓地へ送られた場合に追加で墓地肥やしを行う《古衛兵アギド》《古尖兵ケルベク》によってさらなる墓地肥やしをしていきます。

これによって大量のカードを墓地に送り、墓地へ送られた場合に効果を発動する事が出来る【ティアラメンツ】カードによって融合召喚を行って展開していくのがこのデッキの基本の動きとなります。

【イシズティアラメンツ】カードの解説

【イシズ】関連カード

《墓守の罠》

【永続罠】
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する限り、相手は墓地のカードの効果を発動できず、墓地のモンスターを特殊召喚できない。
②:お互いのメインフェイズに、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「墓守」モンスターまたは天使族・地属性モンスター1体を手札に加える。
③:このカードが表側表示で存在する場合、相手ドローフェイズのドローの前に、カード名を1つ宣言して発動する。
通常のドローをしたカードを確認し、宣言したカードの場合、墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

天使族・地属性のモンスターをサーチする事ができるので、【イシズ】関連のカードを使い分け出来ます。

罠カードなので普通に使うとラグがありますが、《剣神官ムドラ》で置く事によって最初のターンから使っていく事が出来ます。

【イシズ】関連のカードは相手も墓地肥やしをさせてしまうので墓地利用系デッキと当たると逆に有効活用されてしまうのが難点ですが、このカードで相手の墓地利用を封じる事でケアする事が出来ます。

《剣神官ムドラ》

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 天使族 / 攻1500 / 守1800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から他の天使族・地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「墓守の罠」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
②:自分・相手ターンに、フィールド・墓地のこのカードを除外し、自分・相手の墓地のカードを合計5枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
自分のフィールド及び墓地に「現世と冥界の逆転」が存在しない場合、この効果の対象は3枚までとなる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

自身を特殊召喚しつつ更に《墓守の罠》によって他の【イシズ】関連モンスターにアクセスできます。コストに《古衛兵アギド》や《古尖兵ケルベク》を使うことでさらに墓地肥やしに繋げる事も出来ます。

《古衛兵アギド》

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 天使族 / 攻1500 / 守1300

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・デッキからカードが相手の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分の墓地から「古衛兵アギド」以外の天使族・地属性・レベル4モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
②:このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する場合、自分または相手のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る事ができる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

墓地に送られた場合に5枚の墓地肥やしを行い、《現世と冥界の逆転》が墓地にあれば更に追加で5枚の墓地肥やしを行う事が出来ます。

デッキから落とされる事で展開していく【イシズ】関連のカードと【ティアラメンツ】カードをこれによって大量に墓地へ送って展開する、このデッキの動きの要となるカードです。

1つ目の効果も非常に優秀で、《古衛兵アギド》や《古尖兵ケルベク》による墓地肥やしで相手のデッキからカードが落ちる事をトリガーに特殊召喚しながら蘇生も行う事ができ、ランク4に繋げる事が出来ます。

《古尖兵ケルベク》

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 天使族 / 攻1500 / 守1800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・デッキからカードが相手の墓地へ送られた場合、相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。
②:このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する場合、自分の墓地から罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《古衛兵アギド》と同様の条件で特殊召喚および除去を行う事ができ、追加墓地肥やし能力に追加で罠カードをセットする事が出来ます。

【ティアラメンツ】関連の罠カードもセットする事ができ、妨害を追加する事が出来ます。

《宿神像ケルドウ》

【 効果モンスター 】
星 4 / 地 / 天使族 / 攻1200 / 守1600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から他の天使族・地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「現世と冥界の逆転」またはそのカード名が記されたカード1枚を手札に加える。
②:自分・相手ターンに、フィールド・墓地のこのカードを除外し、自分・相手の墓地のカードを合計5枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
自分のフィールド及び墓地に「現世と冥界の逆転」が存在しない場合、この効果の対象は3枚までとなる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

手札から自身を特殊召喚しながら、【イシズ】関連のカードをサーチする事が出来ます。

《古尖兵ケルベク》を呼び出して除去を行ったり、《剣神官ムドラ》から《墓守の罠》を構えたりと様々な展開に派生する事が出来ます。

【ティアラメンツ】カード

《ティアラメンツ・ハゥフニス》

【 効果モンスター 】
星 3 / 闇 / 水族 / 攻1600 / 守1000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ティアラメンツ・シェイレーン》

【 効果モンスター 】
星 4 / 闇 / 水族 / 攻1800 / 守1300

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分の手札からモンスター1体を選んで墓地へ送る。
その後、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ティアラメンツ・レイノハート》

【 効果モンスター 】
星 4 / 水 / 戦士族 / 攻1500 / 守2100

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ティアラメンツ・レイノハート」以外の「ティアラメンツ」モンスター1体を墓地へ送る。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚し、自分の手札から「ティアラメンツ」カード1枚を選んで墓地へ送る。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ティアラメンツ・メイルゥ》

【 効果モンスター 】
星 2 / 闇 / 水族 / 攻800 / 守2000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、墓地のこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド・墓地から好きな順番で持ち主のデッキの下に戻し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ティアラメンツ】カードは効果で墓地へ送られた場合に発動する事の出来る効果と、墓地肥やしを行う事の出来る効果によって構成されています。

《ティアラメンツ・メイルゥ》《ティアラメンツ・ハゥフニス》《ティアラメンツ・シェイレーン》は同様の融合召喚効果を持っていて、これらをいかに大量に墓地へ送っていき融合召喚をするかによってこのデッキの出力が決まります。

この点が大量の墓地肥やしを実現させることのできる【イシズ】関連のギミックと相性の良い所以といえます。

融合モンスター

《ティアラメンツ・キトカロス》

【 融合モンスター 】
星 5 / 闇 / 水族 / 攻2300 / 守1200

「ティアラメンツ」モンスター+水族モンスター
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ティアラメンツ」カード1枚を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
②:自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・墓地から「ティアラメンツ」モンスター1体を選んで特殊召喚し、対象のモンスターを墓地へ送る。
③:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《ティアラメンツ・カレイドハート》

【 融合モンスター 】
星 9 / 闇 / 悪魔族 / 攻3000 / 守3000

「ティアラメンツ・レイノハート」+水族モンスター×2
このカードは融合素材にできない。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、またはこのカードがフィールドに存在する状態で、水族モンスターが効果で自分の墓地へ送られた場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
②:このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚し、デッキから「ティアラメンツ」カード1枚を墓地へ送る。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

《捕食植物ドラゴスタペリア》

【 融合モンスター 】
星 8 / 闇 / 植物族 / 攻2700 / 守1900

融合モンスター+闇属性モンスター
①:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。
捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が発動した捕食カウンターが置かれているモンスターの効果は無効化される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

【ティアラメンツ】モンスターの効果では主に上記の3種類の融合モンスターを墓地の状況に応じて使い分けていきます。

《ティアラメンツ・キトカロス》はまだ使用していない【ティアラメンツ】モンスターを墓地へおくることで更に融合召喚を行う事ができ、《ティアラメンツ・カレイドハート》に繋ぐ事で相手のカードをデッキバウンスして除去を行いつつ、このカードが処理されても後続に繋がる効果を持っています。

これらの動きで融合モンスターを出力したのち、《捕食植物ドラゴスタペリア》を融合召喚することでフリーチェーンの直接的な妨害を行う事が出来ます。

これらの効果によって後続を確保しアドバンテージを増やしながら相手の妨害を行っていくというのが【イシズティアラメンツ】の基本戦術となります。

【イシズティアラメンツ】デッキと相性が良いカード

《クロノダイバー・リダン》

【 エクシーズモンスター 】
星 4 / 闇 / サイキック族 / 攻2400 / 守2000

レベル4モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。
その後、以下を適用する。
●モンスター:このカードをエンドフェイズまで除外する。
●魔法:自分はデッキから1枚ドローする。
●罠:相手フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主のデッキの一番上に戻す。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

エクシーズ素材を効果処理によって外す事が出来るので、【ティアラメンツ】モンスターたちの「効果で墓地へ送られた場合」の効果を相手ターンに満たす事が出来ます。

自分ターン・相手ターンに往復で使う事でデッキの回転率を高められるほか、相手ターン中に融合召喚を行うなどして妨害を成立させることが出来ます。

【イシズティアラメンツ】デッキの回し方

まずは墓地肥やし

【イシズティアラメンツ】を回していくには兎に角まずは墓地を肥やす必要があります。

《宿神像ケルドウ》や《剣神官ムドラ》を使い《古衛兵アギド》《古尖兵ケルベク》にアクセスしながら効果を発動して墓地肥やしを行ったり、【ティアラメンツ】モンスターの効果で《古衛兵アギド》《古尖兵ケルベク》をランダム墓地肥やしでヒットさせにいったりと、連鎖的な墓地肥やしを狙いましょう

《ティアラメンツ・キトカロス》からさらなる展開へ

《ティアラメンツ・キトカロス》を融合召喚することで、更に【ティアラメンツ】モンスターをサーチするか墓地へ送る事ができ、これによってまだ効果を使っていない【ティアラメンツ】モンスターで融合召喚および墓地肥やしを継続させることが出来ます。

更に《ティアラメンツ・キトカロス》自身にも墓地肥やしおよび展開のための効果があるので、最初に融合するときにこれを経由することによって更に次の展開へと連鎖的に伸ばしていきましょう

《ティアラメンツ・カレイドハート》《捕食植物ドラゴスタペリア》で制圧

上記の動きで稼いだ墓地リソースを使って強力な妨害系融合モンスターを展開して制圧します。

特に《ティアラメンツ・カレイドハート》は場持ちが良く後続切れの心配も少ないので非常に安定した動きが行えます。

【イシズティアラメンツ】デッキを扱う上でのポイント

【ティアラメンツ】モンスターの墓地効果を満遍なく使い切ろう

【ティアラメンツ】の融合召喚を行う効果は同名ターン1がついていますが、3種類それぞれ使う事ができるので、ランダム墓地肥やしと任意のカードを落とせる墓地肥やしの両方を行える場合はまず先にランダム墓地肥やしを行います。

そこで落ちなかったモンスターを任意の墓地肥やしによって落とすなど、1ターンで複数回使えるように立ち回る事が重要になります。

おわりに

というわけで、今回は【イシズティアラメンツ】を紹介していきました!

墓地肥やしというランダム要素の強い動きを、落とせる枚数の多さや動き出しの条件の多様性によってカバーしている、今までの環境デッキにあまり見られない面白い特徴を持ったデッキですので、気になる方は是非一度使ってみてください!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事はこちら!


カテゴリ:

タグ:,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

6

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な22,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事