【遊戯王 環境】2019年10月最新の大会環境 最強デッキ まとめ

【遊戯王 環境】2019年10月最新の大会環境 最強デッキ まとめ

このページでは2019年10月からの環境で使用されているデッキのランキングやそれに元ずいた分布図、サイドデッキランキングについてご紹介しています。

環境で使用されるデッキテーマの回し方や対策方法などを随時更新していくので、これからデッキ構築をする方や大会に出場する方はぜひ参考にしてみてください。

目次

【2019年10月】 最新の大会環境 最強デッキトップ5

環境 円グラフ
遊戯王_環境_分布図

※ガチまとめで取り上げている『大会結果』を元に作成しております。

【遊戯王 環境】デッキ1位:サンダードラゴン

サンダードラゴン

鉄壁の防御力とメタ効果で相手とのアドバンテージに差をつけるデッキテーマ

【サンダードラゴン】デッキは《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の『相手はドロー以外の方法でカードを手札に加えることができない』効果で、相手の展開を妨害していくのがメインの戦い方になります。

基本的に現環境では、サーチ効果を用いて展開することが多いので、サーチを封じられてしまうと、展開できずに棒立ちになってしまいます。

また《超雷龍-サンダー・ドラゴン》は戦闘・効果破壊される代わりに、墓地の雷族モンスター1体を除外することができるので、先攻で盤面を整えれば、相手に何もさせずに制圧することが可能になります。

前回リミットレギュレーションでキーカードが制限カードとなってしまったことで展開力に安定性がなくなってしまいました。しかし安定性がない今でも環境で猛威をふるっており、他のデッキテーマに勝るパワーを持っているため、環境トップの座に君臨しています。

【遊戯王 環境】デッキ2位:オルターガイスト

オルターガイスト

罠カードを使った戦術で、盤面制圧を狙うデッキテーマ

【オルターガイスト】は《オルターガイスト・プロトコル》の効果で、「効果を無効化されない・相手モンスターの効果の発動を無効にし、破壊する」という鉄壁を立てることができます。

そのため環境でも使用率の高い手札誘発に強く、展開を邪魔されにくいという強みを持っています。

また現環境の【オルターガイスト】デッキでは、《神の○○》系のカウンターカードが多数採用されており、相手に展開をさせずに仕留めてしまうという戦い方が主流になっています。

【遊戯王 環境】デッキ3位:魔術師

魔術師

様々な盤面で対応できるカードが多いデッキテーマ

ペンデュラムというトリッキーな動きができる上、強力な効果を持つ《覇王眷竜》モンスターを召喚条件が緩く、召喚できるため10期初めから使用率が高いデッキテーマとなっています。

リミットレギュレーションでキーカードを何枚も失っているにも関わらずここまで使用率が高いのは、効果が強いというだけではなく、単純に楽しいという要因もあるでしょう。

【魔術師】は遊戯王arc-vの主人公が使用していたデッキテーマなので、今後も強化カードが見込め、さらに強化されることは間違いなしです。

【遊戯王 環境】デッキ4位:オルフェゴール

オルフェゴール

手札・デッキ・墓地から展開し、ビートダウンを狙うデッキテーマ

オルフェゴールは手札・デッキ・墓地から特殊召喚することができ、それらのモンスターでリンク召喚を狙っていくデッキテーマとなっています。

他のデッキテーマとシナジーがあう点も注目で、最近では【未界域】と組み合わすことで展開力が増すと話題になりました。

展開力や安定性も高さから汎用リンクモンスターを駆使して戦う戦術が人気で、今後も環境で活躍することは間違いなしのデッキテーマとなっています。

【遊戯王 環境】デッキ5位:転生炎獣(サラマングレイト)

転生炎獣_サラマングレイト

転生リンク召喚で、強力な効果を解き放ち戦うデッキテーマ

【転生炎獣】は大量展開を行い、強力な【転生炎獣】リンクモンスターに繋げて戦うデッキテーマとなっています。

【転生炎獣】リンクモンスターは同名カードを素材にリンク召喚を行うことで、転生リンク召喚が行え、強力な追加効果を得ることができます。

展開力の高さから、過去にキーカードが制限カードに認定されましたが、それでも尚、環境で活躍しているデッキテーマとして注目されています。

【遊戯王 環境】中堅デッキ

ここではトップ5以下で活躍しているデッキテーマについてご紹介します。

大会で遭遇する可能性も低くは無いので、対策をしておきましょう。

【遊戯王 環境】中堅デッキ:閃刀姫

閃刀姫_せんとうき

戦うメインモンスターは1体、様々な魔法カードとリンク召喚でビートダウンを狙っていくデッキテーマ

【閃刀姫】デッキの特徴として、メインモンスターに《 閃刀姫-レイ》のみを採用し、リンク召喚と《閃刀》魔法カードを駆使して、戦っていくのが【閃刀姫】の戦い方になります。

メインモンスターには《 閃刀姫-レイ》のみ採用すれば、展開することができるので、その他の枠に手札誘発を多数採用することできます。

そのため少ないリソースで展開を行い、残りリソースを相手の動きを止めることに使用できるので、バランスの良い戦い方ができるのが特徴的です。

【遊戯王 環境】中堅デッキ:真竜(しんりゅう)

真竜

魔法・罠でアドバンス召喚し、メタカードを駆使して戦うデッキテーマ

2019年10月のリミットレギュレーションで《ドラゴニックD》が禁止から制限に戻ってきたことで、環境入りした【真竜】

環境では命削りアドバンス召喚型【真竜】が活躍しており、《ドラゴニックD》が戻ってきたことで安定した展開をすることができるようになりました。

【真竜】モンスターは、相手がモンスター・魔法・罠の効果を引き金でサーチ効果が発動します。

また【真竜】永続魔法・永続罠は墓地に送られた際に、除去効果が発動するので、必要なくなった【真竜】永続魔法・永続罠をアドバンス召喚のためにリリースしてしまえば、アドバンテージを稼ぐことができるのが特徴的です。

墓地に送られた真竜の数だけドロー」「相手ターンにアドバンス召喚ができる」などといった、攻め守りが安定して行え、安価で構築することが可能なため、9期終わりから今まで人気を浴びているテーマとなります

【遊戯王 環境】中堅デッキ:サブテラー

デッキリソースの余りを手札誘発で埋め、攻守共にバランスの良いデッキテーマ

【サブテラー】は主に使用するカードが3種類だけなので、他のデッキリソースを手札誘発に回すことができます。

現環境では、少ない枚数でデッキを回し、残りを手札誘発に回すデッキ構築が流行っているので、注目されているデッキテーマの1つです。

【2019年10月】 サイドデッキランキング

環境サイドデッキ1位:原始生命態ニビル

【 効果モンスター 】
星 11 / 光 / 岩石族 / 攻3000 / 守600

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターンのメインフェイズに発動できる。自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

大量展開が当たり前な現環境では「相手が5体以上のモンスターの召喚・特殊召喚に成功したターン」という条件も満たすのも難しくはありません。

また一度発動してしまえば、相手は《原始生命態ニビル》を警戒して、4体までしか召喚・特殊召喚しなくなるかもしれません。それだけで《原始生命態ニビル》は役割を果たしたと言えるでしょう。

また相手モンスターを対象にも取らない、破壊も除外もしない、ただ『リリース』を行うので、【壊獣】のように安全に相手モンスターを除去できる点も優れていると言えるでしょう。

EXTRA PACK 2019』で収録されていますが、ウルトラ枠なので、封入率が低いのがネックです。しかし現環境で生き残るには、一枚以上は持っておく必要があるカードと言えるでしょう。

環境サイドデッキ2位:ダイナレスラー・パンクラトプス

【 効果モンスター 】
星 7 / 地 / 恐竜族 / 攻2600 / 守0

このカード名の、①の方法に特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②自分フィールドの「ダイナレスラー」モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

相手フィールドのモンスターの数が自分より多いだけで出せる『星7 攻撃2600 フリーチェーンで破壊効果所持』のハイスペック恐竜こと《ダイナレスラー・パンクラトプス

相手のカードを破壊したい時、攻撃力が足りない時、ランク7エクシーズモンスターを召喚したい時、使用用途が多彩な上、特殊召喚に縛りなどもないので、どのデッキテーマでも採用できる点が評価されています。

自分のデッキテーマの弱点を色んな視点から、補うことができるので、サイドデッキへの採用率も高く、人気のカードとなっています。

環境サイドデッキ3位:王宮の勅命

【 永続罠 】

このカードのコントローラーはお互いのスタンバイフェイズ毎に700LPを払う。700LP払えない場合このカードを破壊する。①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの全ての魔法カードの効果は無効化される。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

現環境ではフィールド・永続魔法を起点にデッキを回していくことが多く、魔法カードが使用できなくなる=デッキが回らなくなることをさします。

また最近のデッキ構築では、除去カードの採用が少なく、展開後のカードの効果で相手フィールドのカードを除去するのが主流になっています。

そのため《王宮の勅命》は現環境のどのデッキテーマにも刺さり、展開力を大幅に下げる抑止力としてサイドデッキに採用されることが多いです。

環境サイドデッキ4位:幻創龍ファンタズメイ

【 効果モンスター 】
星 7 / 闇 / ドラゴン族 / 攻2400 / 守1800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手がリンクモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。その後、自分は相手フィールドのリンクモンスターの数+1枚をデッキからドローし、相手フィールドのリンクモンスターの数だけ自分の手札を選んでデッキに戻す。②:自分フィールドのモンスターを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。その発動を無効にし破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

現環境のデッキでは少なからずリンク召喚はするので、一度相手のデッキの動きを見てから、メインデッキに採用する。そのためにサイドデッキに採用するプレイヤーが多いのでしょう。

また大量のリンク召喚展開をする【転生炎獣(サラマングレイト)】デッキからしたら、天敵と言っても過言ではありません。

もし相手がリンク召喚を一度しかしてこなくても、2枚ドローで1枚デッキ戻しなので、手札枚数は増えませんが、手札の質を向上させることができます。

それだけでも《幻創龍ファンタズメイ》の役目は大きく、サイドデッキにぜひ採用したいカードと言えるでしょう。

環境サイドデッキ5位:拮抗勝負

【 通常罠 】

自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
①:相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。自分フィールドのカードの数と同じになるように、相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

遊戯王=先行ゲーという常識を覆す切り札的なカード《拮抗勝負

使い方は様々ですが、後行初めに《拮抗勝負》を発動することで、比較的安全に展開を進めることができます。

拮抗勝負》の効果は「裏側表示で除外」なので、発動されてしまったプレイヤーは再展開することが難しくなるという利点もあります。

他に採用率が高いサイドデッキ

ライトニング・ストーム

ライトニング・ストーム

【 通常魔法 】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドに表側表示のカードが存在しない場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。●相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。●相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

条件付きだが、相手の攻撃表示モンスターか相手フィールドの全ての魔法・罠を全て破壊できるカード

盤面をリセットすることができ、先行ゲーと言われている現環境ではとても助かる1枚となっています。

今後も重宝されることは間違い無いので、今のうちに手に入れておきましょう。

レッド・リブート

【 カウンター罠 】

このカードはLPを半分払って手札から発動する事もできる。
①:相手が罠カードを発動した時に発動できる。その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。このカードの発動後、ターン終了時まで相手は罠カードを発動できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

『ライフを半分払う、相手にアドバンテージを与える。』というデメリット効果もあるが、ターン終了時まで完全に罠カードを封じることができるので、攻撃が通りやすくなります。

最後の切り札』と言えるようなカードです。

魔封じの芳香

【 永続罠 】

このカードがフィールド上にある限り、魔法カードは一度フィールドにセットし、次の自分のターンが来るまで使用できない。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

王宮の勅命》と同じで、現環境では魔法カードを起点に展開することが多いため、魔法カードの発動が遅れると展開が遅れることを刺します。

そのため自分はできる限り展開した後に、相手ターンで発動してしまえば有利な盤面を作り出すことが可能になります。

またペンデュラムモンスターはセットすることができないので、ペンデュラム封じとして活躍します。

ツインツイスター

【 速攻魔法 】

①:手札を1枚捨て、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

出典:遊戯王OCGカードデータベース

展開に必要不可欠なフィールド・永続魔法、強力な除去効果を持った罠カードを2枚破壊することができます。

9期終わりから採用率が高く、現環境でも多くのプレイヤーがサイドデッキに《ツインツイスター》を採用しています。

機巧蹄-天迦久御雷

《機巧蹄-天迦久御雷》

【 効果モンスター 】
星 9 / 炎 / 機械族 / 攻2750 / 守2750

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:EXモンスターゾーンにモンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。②:EXモンスターゾーンの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。③:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。このカードに装備された自分のモンスターカード1枚を選んで特殊召喚する。

新弾の『イグニッション・アサルト』で収録されたカード

相手のEXモンスターゾーンにあるカードをこのカードに装備カード扱いで装備することができます。

現代版サクリファイスと言える効果で、《機巧蹄-天迦久御雷》が相手モンスターを戦闘破壊すると、装備モンスターを自分フィールドに特殊召喚することができます。

10期にふさわしい壊れカードで、今後サイドデッキでの採用率が上がることが予想されます。

まとめ

2019年10月の新制限後の環境で活躍しているデッキテーマをご紹介しました。

今後も様々なデッキが環境入りしてくることが予想されるので、随時更新していきます。