【2022年11月OCG環境】流行りの最強デッキランキング【Tierランキング】

PV 1,689,215 いいね 520 75

【2022年11月OCG環境】流行りの最強デッキランキング【Tierランキング】

はじめに

遊戯王OCG環境では、11月もメタが回り出し、環境はさらなる進化を遂げています。

10月からどのような変化があったか、今はどのようになっているのか、早速見ていきましょう!

目次

「最強」の定義

 本記事では最強デッキを「遊戯王環境での相対的な強さ」と定義します。

 Tier1とは「環境内に不利なデッキが少ない、あるいは相性差を覆しやすいデッキであり、大会で持ち込みが一番多いと予想される対策必須のデッキ」です。

 Tier2とは「Tier1やTier2のデッキにある程度勝てる見込みがあり、大会でも毎回一定数いると予想されるデッキ」です。

 Tier3とは「弱点が多い、デッキパワーが低いなどの理由で使用者は少ないものの、特定のメタゲームでは活躍することができるデッキ」です。

先月からのカードプールの変化

11月5日には『SELECTION 5』が発売されました。

このパックの新規カードは特に収録テーマと関連のない効果であり、再録中心のパックであったため環境には影響を与えることはありませんでした。

10月の環境からはカードプールはほぼ変わらないですが、それにより環境が固まってきたため【ティアラメンツ】【クシャトリラ】の2デッキを意識した構築が増えてきています。

『PHOTON HYPERNOVA』でさらに強化されたこの2デッキを中心に環境のメタが回っています。

特に《浮幽さくら》の採用が最近増えてきているのが、この【ティアラメンツ】Tier1環境を表していると言えます。


Tier1

【ティアラメンツ】Tier1


【ティアラメンツ】は、墓地肥やしを行い墓地に送られた場合の効果を活用する融合召喚テーマです。

メインデッキに入る闇属性の「ティアラメンツ」モンスターは共通して、効果で墓地に送られた場合に、墓地の自身を含む手札・フィールド・墓地のモンスターをデッキボトムに戻して融合召喚を行える効果を持っています。

この効果によって《捕食植物ドラゴスタペリア》や《ティアラメンツ・カレイドハート》《ティアラメンツ・ルルカロス》などの妨害持ち大型融合モンスターを展開し、盤面を制圧していきます。

また「ティアラメンツ」モンスターのほとんどはデッキからカードを墓地に送る効果も備えており、融合召喚する効果を起動しやすくなっています。

最近では《ティアラメンツ・クシャトリラ》の登場により、《現世と冥界の逆転》の関連カードは採用されない構築がほとんどとなっています。

  


Tier2

【クシャトリラ】Tier2


【クシャトリラ】は、レベル7のテーマモンスターを中心として、相手のカードを裏側除外しながら戦うテーマです。

レベル7の「クシャトリラ」モンスターには、

・『自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。』
・『自分メインフェイズに発動できる。デッキから「クシャトリラ」〇〇(モンスター・魔法・罠のいずれか)カード1枚を手札に加える。』
・『このカードの攻撃宣言時、または相手がモンスターの効果を発動した場合に発動できる。〇〇する(相手のカードを裏側で除外する効果)。』

といった共通効果があり、この効果を持つうちの《クシャトリラ・フェンリル》《クシャトリラ・ユニコーン》が採用されていることが多いです。

このレベル7の「クシャトリラ」モンスターのサーチ効果を駆使し展開、裏側除外効果によって妨害していきます。

また「クシャトリラ」ランク7モンスターである《クシャトリラ・シャングリラ》は相手のカードが裏側除外されると相手のカードゾーンを封鎖するという効果を持っています。

そして《クシャトリラ・アライズハート》は、《クシャトリラ・シャングリラ》が効果を使用したターンに「クシャトリラ」モンスターの上に重ねてエクシーズ召喚でき、墓地に送られるカードが除外される永続効果、カードが除外されるたびに除外から素材を補充する効果、素材を取り除いてフィールドのカードを裏側除外する除去効果を備えています。

この強力な効果を持つ《クシャトリラ・アライズハート》と優秀なメインデッキの「クシャトリラ」モンスターで盤面を妨害・制圧していきます。

Tier3

今期は【ティアラメンツ】【クシャトリラ】の分布が圧倒的で、Tier3に該当するデッキは分布数が少なくほとんど差異がないです。

しかしTier3に該当するデッキは数多く存在し、ここでは全てを紹介しきれないので、現在話題となっているデッキを中心にピックアップして紹介します。

【竜剣士】Tier3


【竜剣士】は、ペンデュラムテーマという特徴を活かした展開に長けているデッキです。

《竜剣士マジェスティP》《竜剣士ダイナマイトP》《竜剣士イグニスP》などの「竜剣士」モンスターを活用し展開を伸ばします。

《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》がスケール効果で墓地の《爆竜剣士イグニスターP》などを蘇生できる、サーチ効果も初動として使えるため「オッドアイズ」ギミックが採用されています。

そして《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》をサーチできる《EMドクロバット・ジョーカー》、それに関連して「魔術師」モンスターも採用されています。

これらのカードで展開し、《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》《召命の神弓-アポロウーサ》などの大型モンスターで盤面を制圧します。

【エクソシスター】Tier3


【エクソシスター】は、メインデッキの「エクソシスター」モンスターが相手の墓地のカードが墓地から離れることをトリガーに、強力な「エクソシスター」Xモンスターに変身して戦うデッキです。

メインデッキに入る「エクソシスター」モンスターの共通効果として、

『自分・相手の墓地のカードが相手によって墓地から離れた場合に発動できる。「エクソシスター」Xモンスター1体を、自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。』

といったテキストがあります。

この効果によって「エクソシスター」Xモンスターを展開し、相手の墓地に関する効果を中心とした妨害をしながら戦う、といった特徴があります。

「エクソシスター」魔法・罠には強力なカードが多く、サーチや妨害、展開などをこなすカードがあり、元々のステータスが貧弱な「エクソシスター」モンスターをサポートしてくれます。

  


【60グッドスタッフ】Tier3


【60グッドスタッフ】は、様々なテーマを混合させたことによる展開の豊富さを活かしたデッキです。

「ティアラメンツ」「深淵の獣」「P.U.N.K.」「サンダー・ドラゴン」「素早い」「ネメシス」など様々なテーマを混合し、それぞれの相性の良さを活かし展開を行っていきます。

展開例として、《No-P.U.N.K.セアミン》から《No-P.U.N.K.フォクシー・チューン》をサーチし《No-P.U.N.K.ディアノート》を特殊召喚。

《混沌魔龍 カオス・ルーラー》のシンクロ召喚に繋いで墓地を肥やし、さらに《真血公ヴァンパイア》での墓地肥やしと、どんどん墓地リソースを増やしていき様々な展開パターンへと繋げます。

最終盤面には《ティアラメンツ・ルルカロス》《超雷龍−サンダー・ドラゴン》《フルール・ド・バロネス》《アークネメシス・プロートス》などが並ぶ強固な布陣が形成されます。

《隣の芝刈り》などでも墓地を一気に肥やすこともでき、複数テーマの混合によって手数が豊富なデッキでもあります。

  


環境のまとめと今後の展望

11月環境の遊戯王OCGは、10月環境に引き続き【ティアラメンツ】がTier1、【クシャトリラ】がTier2、そしてその他のデッキがTier3という構図になっています。

特に【ティアラメンツ】の構築はTier1デッキということもあり日々研究が進んでいます。

EXデッキなどに選択肢が多いため、今後も【ティアラメンツ】の構築が進化していくこと間違いなしです!

そして【クシャトリラ】も【ティアラメンツ】には数が及ばないものの、《クシャトリラ・アライズハート》が非常に強力なモンスターであるため環境の一角としてのポジションを維持しています。

環境の総括である12月に向けて構築・環境がどのように変化していくのか、今後のOCG環境のメタゲーム動向に注目です!

おわりに

遊戯王OCGの11月の環境について解説いたしました。

この記事が皆さんのデッキ構築・環境への理解の手助けとなっていれば幸いです。

それでは12月の環境解説記事でまたお会いしましょう!

マスターデュエル環境はこちら!


カテゴリ:

タグ:,


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

520

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
遊戯王通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な22,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事