【2020年 デスザーク】回し方、対策方法が分かる解説記事!

PV 20,556 いいね 75 コメント 3

【2020年 デスザーク】回し方、対策方法が分かる解説記事!

はじめに

《卍デ・スザーク卍》

それは、デュエルマスターズに彩りを加えた1枚です。

不死鳥型の美しいイラスト、それにふさわしい蘇生能力、そして他を寄せ付けない圧倒的なボードコントロール能力は、数多くのプレイヤーを魅了しました。

【デスザーク】としてデッキ単位で見てみると、当初は苦手としていたビッグマナ系統のデッキも《卍月ガ・リュザーク》によって克服し、非常に長いスパンで活躍を続けました。

環境の第一線を退いた現在もそのファンは多く、デュエマ史に残る名デッキと言えます。

今回はそんな【デスザーク】について詳しく解説していきます!

目次

【デスザーク】とは

【デスザーク】は《卍デ・スザーク卍》のタップイン能力によって相手の展開を制限、手札破壊でリソースも奪いながら自軍クリーチャーを並べ、逆転されにくい状況を作り攻撃を仕掛けるコントロールデッキです。

闇単色での構成、デッキスロットの大半を魔道具クリーチャーで圧迫されるという制限を持ちながらも、それを感じさせない多彩さを見せます。

ボードコントロールに優れるデッキとしては【アナカラーデッドダムド】が挙げられますが、あちらは既に出たクリーチャーの処理に長けているのに対し、こちらは展開してもその真価を発揮しないうちに処理してしまうことに主眼を置いており、そのベクトルがやや異なります。

前者は高コスト高パワーのクリーチャーへの対応力が高く、後者はスピードアタッカーなどの奇襲ギミックを無効化します。
どちらが優れているかは流行によって変わるため一概には言えません。

タップインによる制限能力は今なお強力ですが、当時から攻撃を行わないループ系統のデッキには弱く、環境によって強さが大きく変動する代表的なデッキだと言えます。

【デスザーク】のサンプルデッキレシピ

ハイブリッド型デスザーク?

デスザークデッキはフィニッシュ手段によって大きく2つに分けられます。 1つ目が《卍月ガ・リュザーク卍》と《追憶人形ラビリピト》の手札破壊コンボを採用した「ラビガリュ」型。《卍夜の降凰祭》の登場によって4ターン目の全ハンデスを一定の確率で行えるようになり大幅に強化されました。 もう1つが《法と契約の秤》によって《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》を墓地から釣り上げ、相手の防御札を無効化しての特殊勝利を目指す「ユニバース」型です。 前者はデッキ内に入り込む不純物が少ないため安定性が高い反面、十中八九、それ以上にループ系統のデッキに勝てないという弱点を持ちます。 後者は、不利は変わらないもののボードコントロールが通用しない相手に対しても一定の勝率を確保することができ、明確な到達点ができるという強みを得ます。しかし、代わりにゲーム終盤まで一切使わないカードを抱えることとなり事故率が上がってしまいます。 今回サンプルリストとして作成したのはこの両方のギミックを採用したハイブリッド型です。 終盤に使いたいカード、非魔道具カードが増えるため「ユニバース」型以上に安定性は落ちてしまいます。 しかしながら環境トップに君臨する【ドッカンデイヤー】の存在を考慮するとこのタイプがベストだと判断しました。 シールドトリガーからのGR召喚によって自分のターン中でもループされる恐れのある【ドッカンデイヤー】を見ると、現環境で選択するならば『ユニバース』型がベターです。 しかしシンプルな型だと、ユニバースの登場を待たずして《天啓CX-20》等で得たリソースを利用して先にループに入られてしまいます。 《追憶人形ラビリピト》による全ハンデスがどうしても欲しくなるのです。 そのため、いくらか安定性を犠牲にしてもどちらの強みも活かせるハイブリッドタイプを今回は選択しました。

【デスザーク】デッキで主に使用するカード効果・画像まとめ

卍デ・スザーク卍

【 クリーチャー 】

【種族】 マスター・ドルスザク / マフィ・ギャング
【文明】 闇
【パワー】9000
【コスト】8

■無月の門:自分の魔導具をバトルゾーンに出した時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体破壊する。

■このクリーチャーの下に4枚以上カードがあれば、相手のクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。

デッキのコンセプトカード。

タップインによる制圧能力は今なお健在で、クリーチャーの展開、攻撃によって勝利を目指す多くのデッキに大きな枷をかけることができます。

不死鳥のごとく墓地から何度も蘇生させることができるので非常に粘り強いです。

このカードがタップインで時間を稼ぐ間にさらにクリーチャーを展開し優位を確立します。

卍月ガ・リュザーク卍 卍獄殺

【 ツインパクトカード 】

【種族】 マスター・ドルスザク / マフィ・ギャング
【文明】 闇
【パワー】11000
【コスト】9

■無月の門・絶:各ターンの終わりに、自分の魔導具をバトルゾーンまたは墓地から合計6つ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら6枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■相手のターンのはじめに、相手は自身のマナゾーンのカードを3枚までしかアンタップできない。

■W・ブレイカー

【文明】闇

【コスト】9マナ

■クリーチャーをすべて破壊する。

■すべての墓地にあるカードの合計が13枚以上であり、この呪文が自分のシールドゾーンにあれば、この呪文は「S・トリガー」を得る。

《卍デ・スザーク卍》が場を支配するのに対し、こちらはマナゾーンをコントロールします。

使用可能なマナが大幅に制限されることにより相手はカードを十分にプレイすることができなくなります。

また、《卍デ・スザーク卍》と異なり墓地の魔道具カードのみをもとにして場に出すことができるため破壊系の除去にめっぽう強く、7枚のカードをノーコストで用意できるため《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》との相性も最高です。

堕魔ヴォガイガ

【 クリーチャー 】

【種族】 マフィ・ギャング / 魔導具
【文明】 闇
【パワー】4000
【コスト】4

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を墓地に置く。その後、闇のカードを1枚、自分の墓地から手札に戻す。

■自分の魔導具クリーチャーを召喚するコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

手札を減らさずに墓地を増やし、さらに魔道具のコスト軽減までできるスーパーカード。

デッキのメインエンジンといえる存在です。

闇のカードであれば魔道具でなくとも回収できるので、《追憶人形ラビリピト》《法と契約の秤》《卍夜の降凰祭》など必要なカードを適宜手札に加えることができます。

追憶人形ラビリピト

【 クリーチャー 】

【種族】 デスパペット
【文明】 闇
【パワー】2000
【コスト】4

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

■自分のターン中に、コスト8以上のクリーチャーを召喚した時またはコスト8以上の呪文を唱えた時、相手は自身の手札をすべて捨てる。

無月の門を発動すると同時に全ハンデスを行えるキーカード。

《卍デ・スザーク卍》の能力が通用しない相手に対してはこのクリーチャーの手札破壊効果で《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》着地までの時間を稼ぎます。

卍夜の降凰祭

【 呪文 】

【文明】 闇
【コスト】8

■無月の門・終(ルビ:ピリオド):この呪文を、コストを支払うかわりに、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、好きな順序で自分の山札の一番下に置いて、唱えてもよい。

■自分の山札、手札、墓地のいずれか、あるいはすべてを見る。その中から自分のドルスザク・クリーチャーを1体と魔導具を4枚まで選んでもよい。そうしたら、そのドルスザクをそれら魔導具の上に重ねてバトルゾーンに出す。こうして山札を見たら、シャッフルする。

任意のタイミングで無月の門能力を発動させることと可能にした1枚。

《追憶人形ラビリピト》とのコンボは強力で、3ターン目までに場と墓地を整えておくと4ターン目《追憶人形ラビリピト》の着地と同時に全ハンデスが発動します。

また、朱雀クリーチャーの下に置く魔道具を自由に選ぶことができるので、山札の質向上のためにも使うことができます。

ルソー・モンテス/法と契約の秤

【種族】 マフィ・ギャング
【文明】 闇
【パワー】1000
【コスト】2

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

【文明】闇

【コスト】5マナ

■コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース

【 進化クリーチャー(超無限進化) 】

【種族】 フェニックス
【文明】 光
【パワー】17000
【コスト】7

■超無限進化:自分のクリーチャー1体以上の上に置く。

■T・ブレイカー

■メガメテオバーン10:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを10枚、墓地に置いてもよい。そうしたら、自分はゲームに勝つ。

このデッキのフィニッシュを担う2枚。

クリーチャーの下に大量のカードを重ねる無月の門能力は《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》と非常に相性が良く、それほど苦労せず10枚分溜めることができます。

《法と契約の秤》はフィニッシュ時以外にも《堕魔ヴォガイガ》を蘇生させるなど腐りにくいカードです。

【デスザーク】デッキの回し方

1、盤面を強力ロック!《卍デ・スザーク卍》を呼び出せ!!

【 クリーチャー 】

【種族】 マスター・ドルスザク / マフィ・ギャング
【文明】 闇
【パワー】9000
【コスト】8

■無月の門:自分の魔導具をバトルゾーンに出した時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体破壊する。

■このクリーチャーの下に4枚以上カードがあれば、相手のクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。

このデッキの第1目標は、《卍デ・スザーク卍》を着地させて相手の展開、攻撃をストップすることです。 ビートダウン系統のデッキが相手であれば、これだけで1本以上取った状態だということができます。《卍デ・スザーク卍》着地だけで勝ちきることのできない相手には《追憶人形ラビリピト》+《卍夜の降凰祭》でリソースを奪うことを目指します。

【 呪文 】

【文明】 闇
【コスト】8

■無月の門・終(ルビ:ピリオド):この呪文を、コストを支払うかわりに、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、好きな順序で自分の山札の一番下に置いて、唱えてもよい。

■自分の山札、手札、墓地のいずれか、あるいはすべてを見る。その中から自分のドルスザク・クリーチャーを1体と魔導具を4枚まで選んでもよい。そうしたら、そのドルスザクをそれら魔導具の上に重ねてバトルゾーンに出す。こうして山札を見たら、シャッフルする。

《卍夜の降凰祭》を使用する際、朱雀クリーチャーの下に置くカードを自由に選択することができます。

相手のデッキにバウンスギミックが採用されていそうならば4枚の中にドローすると嬉しいカードを入れておき、そうでない場合には引いてもあまりうれしくないカードを構成元とし、引きたいカードをドローできる確率を高めましょう。

堕魔ドゥリンリ

【 クリーチャー 】

【種族】 マフィ・ギャング / 魔導具
【文明】 闇
【パワー】2000
【コスト】2

■自分のターンの終わりに、自分の山札の上から1枚目を墓地に置いてもよい。

どちらのパターンでも活躍するのが《堕魔ドゥリンリ》で、このカードを2ターン目に出しておくと早期に《卍デ・スザーク卍》を着地させられる確率が大きく上昇します。 ちなみに4ターン目の《卍夜の降凰祭》+《追憶人形ラビリピト》のコンボには《堕魔グリギャン》が大きく活躍するのですが、このカードがあれば《堕魔グリギャン》抜きでもそのアクションを行える可能性が生まれます。 手札に《堕魔グリギャン》がある場合には2ターン目に《堕魔ドゥスン》をプレイし、相手の初動を遅らせて全ハンデスのインパクトを高めましょう。 【赤白ビートダウン】相手など、速攻系デッキには1ターンでも早く《卍デ・スザーク卍》を呼び出すことを優先させてください。

2、墓地を増やしつつ場を広げる!

卍月ガ・リュザーク卍

【 ツインパクトカード 】

【種族】 マスター・ドルスザク / マフィ・ギャング
【文明】 闇
【パワー】11000
【コスト】9

■無月の門・絶:各ターンの終わりに、自分の魔導具をバトルゾーンまたは墓地から合計6つ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら6枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■相手のターンのはじめに、相手は自身のマナゾーンのカードを3枚までしかアンタップできない。

■W・ブレイカー

【文明】闇

【コスト】9マナ

■クリーチャーをすべて破壊する。

■すべての墓地にあるカードの合計が13枚以上であり、この呪文が自分のシールドゾーンにあれば、この呪文は「S・トリガー」を得る。

このデッキの最終目標は《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》による特殊勝利ですが、そのためには《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》を墓地に落とし、場に10枚のカードを用意する必要があります。 しかしながらチマチマと普通に展開していたのでは手間が掛かりすぎてしまうので、《卍デ・スザーク卍》や《卍月ガ・リュザーク卍》の無月の門能力持ちクリーチャーをうまく利用しましょう。 特に《卍月ガ・リュザーク》のコストパフォーマンスは圧倒的で、場の消費0で7枚分のカードを用意することができます。《無限銀河ジ・エンド・オブ・ ユニバース》や朱雀クリーチャーの構成元となる魔道具を用意するため、墓地肥やしを行いましょう。

《堕魔ヴォガイガ》は手札消費なしで墓地肥やしができる上、魔道具のコストを軽減してくれる至れり尽くせりのカードです。 この軽減効果を利用すると、5ターン目に《追憶人形ラビリピト》+2コストクリーチャーからの無月の門を使用することで、1ターン遅れてしまうものの《卍夜の降凰祭》に頼らず全ハンデスを行えるようになります。 優先的にプレイしましょう。

堕魔ヴォ―ミラ

【 クリーチャー 】

【種族】 マフィ・ギャング / 魔導具
【文明】 闇
【パワー】4000
【コスト】4

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置いてもよい。

■ 自分のターンに一度、魔導具クリーチャーを1体、自分の墓地から召喚してもよい。

《堕魔 ヴォーミラ》は墓地から魔道具を呼び出せる、経戦能力を飛躍的に高めてくれるクリーチャーです。

このカードと《堕魔ドゥポイズ》、《卍月ガ・リュザーク》、《追憶人形ラビリピト》を合わせることで毎ターン全ハンデスが可能となります。

ユニバースを採用しないタイプのデスザークでは、シールドを1、2枚割ってその手札を叩き落とすというこのギミックを〆に使います。

登場時の墓地肥やし能力は任意なので、あとから《堕魔ヴォガイガ》を出したいなど山札の枚数が不安なときには使わないようにしましょう。

3、ユニバース降臨!特殊勝利を決めろ!!

無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース

【 進化クリーチャー(超無限進化) 】

【種族】 フェニックス
【文明】 光
【パワー】17000
【コスト】7

■超無限進化:自分のクリーチャー1体以上の上に置く。

■T・ブレイカー

■メガメテオバーン10:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを10枚、墓地に置いてもよい。そうしたら、自分はゲームに勝つ。

ルソー・モンテス/法と契約の秤

【 ツインパクトカード 】

【種族】 マフィ・ギャング
【文明】 闇
【パワー】1000
【コスト】2

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

【文明】闇

【コスト】5マナ

■コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

《卍月ガ・リュザーク卍》などで場に10枚のカードを用意できたら《法と契約の秤》から《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》に進化させ、特殊勝利を達成しましょう。


最も多い組み合わせは《卍デ・スザーク卍》+《卍月ガ・リュザーク卍》ですが、場と墓地に魔道具カードが合計10枚ないという場合には、《卍デ・スザーク卍》2体で条件を満たすということもあります。

無月の門を利用せずに10体クリーチャーを並べるのはあまり現実的でないので、うまくこれらのカードを使ってカウントを稼いでいきましょう。

手札の《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》を墓地に送れないという場合には、手間はかかってしまうものの《ルソー・モンテス/法と契約の秤》を《ルソー・モンテス》としてプレイして手札から《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》を捨て、《堕魔ドゥポイズ》などで破壊した《ルソー・モンテス》を《堕魔ヴォガイガ》で回収、《法と契約の秤》でプレイすることで無事《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》を出すことができます。

【デスザーク】に有利なデッキタイプ

デスザークデッキの強みは、なんといっても強烈なそのボードコントロールデッキにあります。

であれば、そのタップインギミックを受けても影響のないデッキであればデスザークに対して有利に立ち回れるといえるでしょう。

相手を攻撃するつもりがさらさらないループデッキなどは【デスザーク】の天敵です。

【ドッカンデイヤー】は手札破壊によってある程度その動きを弱めることができますが、【カリヤドネ】【ロマノフワンショット】など1枚のコンボパーツから始まるループ、ワンショットにはめっぽう弱いです。

【デスザーク】の対策プレイング

【 ツインパクトカード 】

【種族】 マスター・ドルスザク / マフィ・ギャング
【文明】 闇
【パワー】11000
【コスト】9

■無月の門・絶:各ターンの終わりに、自分の魔導具をバトルゾーンまたは墓地から合計6つ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら6枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

■相手のターンのはじめに、相手は自身のマナゾーンのカードを3枚までしかアンタップできない。

■W・ブレイカー

【文明】闇

【コスト】9マナ

■クリーチャーをすべて破壊する。

■すべての墓地にあるカードの合計が13枚以上であり、この呪文が自分のシールドゾーンにあれば、この呪文は「S・トリガー」を得る。

これはデスザークデッキの対策というよりは《卍月ガ・リュザーク卍》に対するプレイングなのですが、必要以上にマナを使いすぎないということが重要になります。

例えば、少しマナが余ったからマナブーストカード、ドローカードを使おうというアクションが命取りになるということがあります。


《卍月ガ・リュザーク卍》下でそんなことはしない!という方は多いと思います。

しかしこれは、《卍月ガ・リュザーク卍》が現れる前から気を配らなければならないことなのです。

マナを使い切った状態で《卍月ガ・リュザーク卍》を出されて慌てるのではなく、次のターンに出てくるかもしれないと思った場合には使用するマナを抑えるという判断も重要です。

これはデスザークデッキだけでなく、【青魔道具】を相手にするときにも同じことが言えます。

まとめ

現在活躍する環境デッキと比較しても非常に高レベルの制圧力を持つ【デスザーク】

ループ環境での活躍は難しいものの、その移り変わりによっては環境での大躍進も見込める強力なデッキタイプです。

デッキの固定枠は多いものの、限られた自由枠の中でプレイヤーの個性が出る非常に奥の深いデッキであり、使えば使うほどに味が出ます。

あなたもぜひ、自分だけのデスザークデッキを作ってみてくださいね!!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (3)

匿名

超次元も超GRも買わずに済むけど、光り物とドゥスンが大体お高いなー。
遊びたいので、時代遅れになる前に安くなってほしい。

0
匿名

今ならタイミング見て買えば組むのに1万かからないと思います

1
匿名

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

75