我闘う故に我々在り!エクスプロード・テキサリス

PV 6,220 いいね 18 コメント 4

我闘う故に我々在り!エクスプロード・テキサリス
トレカライターガーデン(TWG)とは

誰でもいつでも、ガチまとめで記事が書ける!
読者参加型の企画です。

記事一覧・参加受付はこちら

目次

前書き

どうも!炭酸がすと名乗らせていただいております。また面白いデッキを組んでみたので紹介したいと思い、この記事を執筆しています。既出でない自信がないわけではないのですが、ご容赦いただくとともに是非とも最後まで読んでみてくださると嬉しい限りです。

温故知新

数あるカードの中で最近滅多に見かけないものってありますよね、エグザイル・クリーチャーとかクロスギアとか。今回はその内の後者、クロスギアを使ってみようと思い立ちました。

カード指定除去が無いと《零龍》は即死する

クロスギアの中でも進化クロスギアというものもあるので使いたいと思い調べてみると……あったんですよ面白そうなカードが。

訳:半永久マッハファイター

「タップされていないクリーチャーを攻撃できる」というこのテキストとそのイラストに絶大的な魅力を感じた自分は「バトルに勝った時」で始まるテキストを持つクリーチャーを探し始めました。《エクスプロード・カタストロフィー》を「バトルに勝った時」の効果を持つクリーチャーにクロスすれば、楽しいことが起きること間違いありません。

しかし、クロスギアはバトルゾーンに置く時とクロスする時 それぞれにマナを支払わないといけないので、マナを伸ばしやすい自然文明のカードだと素晴らしいなと考えました。その中で一番楽しい「バトルに勝った時」効果を探してみると……あったんですよ楽しそうなカードが。

実は自己増殖も可能

故きを求め新しきを知る。進化クロスギアである《エクスプロード・カタストロフィー》は、新世代の種族であるグランセクトの《ギガント・テキサリス》とともに、自分を新しいデッキへと導いてくれたのです。

構築

序盤は《悪魔妖精ベラドンナ》《獅子王の遺跡》でマナを貯めましょう。難しいのですが、このデッキの重要なパーツである《ギガント・テキサリス》《エクスプロード・カタストロフィー》とその進化元となる《邪扇 エアロ・フウゲツ》は出来るだけ手札にキープしておきましょう。

8マナまで貯まる前に《エクスプロード・カタストロフィー》をバトルゾーンに出しておきましょう。クロスギアを除去することが出来るカードは限られているので、積極的に出してしまっても構いません。

8マナまで貯まって《ギガント・テキサリス》をバトルゾーンに出した次のターンに、《エクスプロード・カタストロフィー》《ギガント・テキサリス》にクロスさせてしまいましょう。こうして、相手のクリーチャーを破壊しつつ自分の手札からフィニッシャー級のクリーチャーを並べて場合によってはハンデス、ランデス、墓地埋めも出来る、恐怖のクリーチャーが自分のバトルゾーンに君臨することになるのです。

相性の良いカード

《ピー・タンパン/「はいちゃダメ💢」》

こいつのアニメ回は酷いと思った

このデッキにおいてとても優秀なシールドトリガーです。《ギガント・テキサリス》とバトルさせれば、《偽りの王 ヴィルヘルム》がトリガー獣と化し、盤面はまさに地獄絵図となります。しかし、クリーチャー面が《ギガント・テキサリス》の効果圏外であることが何よりも惜しいですね。

《知識の破壊者 デストルツィオーネ》

クリーチャー版《ロスト・ソウル》

《ギガント・テキサリス》が出てきたと思ったら急に手札が0になった、なんていう状況は相手からしてみれば絶望的の他ありませんよね。自分の手札が0のときに偶然引けたりするとその日の運を使い果たした感じもします。しかし、《獅子王の遺跡》を出来るだけ安定させるために多色のカードを多く採用したかったので今回は採用を見送りました。

《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》

各自でGR枠考えといて下さい(無責任)

《ギガント・テキサリス》がタップされた状態でこのシールドトリガーを踏むと、相手は攻撃したくても攻撃すると《偽りの王 ヴィルヘルム》が出てくるかもしれないという恐怖と戦う羽目になります。しかし、前述した《ピー・タンパン/はいちゃダメ💢》と同様 にクリーチャー面が《ギガント・テキサリス》の効果圏外なので不採用にしました。

《龍装者 ジスタジオ》

「離れるかわり」とかでもなく

《エクスプロード・カタストロフィー》を纏った《ギガント・テキサリス》に除去耐性をつけてしまう超優秀クリーチャーです。こうなってしまったら相手はなす術もなくただ《偽りの王 ヴィルヘルム》が並ぶ光景を眺めているしかないでしょう。2枚ほど採用したかったです……何故思いつかなかった……。

天敵となり得るカード

クロスギアを除去することが出来るカードは限られていると前述しましたが、では、その除去できるカードはどれだけ存在しているのか。幾つか例をあげてみました。

《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》

クロスギアのみならず他のも葬れる

今もなお使われているトリガー獣ですね。コスト4でコスト4のカードを除去することができるって等価交換のように見えて実は不平等だとは思いませんか。

《イッコダス・ケイジ/種デスティニー》

対《卍 新世壊 卍》ツインパクト

コスト1でコスト2のカードを除去することほど理不尽なことはありません。クリーチャー面も相手のクリーチャーを除去しつつGR召喚できるので優秀だと思います。

最後に

如何だったでしょうか。このデッキさえあれば宇宙1とれるゼ!なんてことは言うつもりもありませんが、進化クロスギアが十二分に活躍できる面白いデッキを作れたと自分は思いました。「このカードを入れてみてはどうだ」とか「何故このカードを入れたのか」や「ここのラーメン屋オススメするぞ」などのご意見やご質問をお待ちしておりますので、どうぞ気軽にコメントしてください。では風邪にはお気をつけて。

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (4)

匿名

バトルメインのデッキだからスレイヤー特攻とかされると面倒だね。(クエイク・スタッフを見つめながら)

1
炭酸がす

コメントありがとうございます!
たまにいる”ついでにスレイヤーって書いとこう”みたいなクリーチャーには殺意しかわきませんね

0
匿名

パンツァーはどうやって出すんですか?

1
炭酸がす

あ、出ねぇww
すいませんご指摘ありがとうございます!

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

18