5cバスター完全解説

PV 5.8K いいね 11 コメント 14

5cバスター完全解説

こんにちは♪滋賀県ののんびりDMプレイヤーsinigamiです。今回は最新の5cバスターについて解説していきたいと思います。

目次

⏹️5cバスターとは?

 5文明の強さを生かしたビートダウンデッキ。《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》を筆頭とした。各強力な殿堂カードたちと共に、《Mの悪魔龍 リンネビーナス》、《SSS級天災 デッドダムド》で攻める。基本はワンショットキルを狙いに行くのが理想だが、そこまでこだわらなくてもいい。サーチカードが多く、安定性と攻守のバランスがすぐれているのが強み。

⏹️デッキレシピ

⏹️回し方のコツ

 《天災 デドダム》をプレイし墓地とマナ、手札と整えて《Mの悪魔龍 リンネビーナス》に繋げる。この時、《Mの悪魔龍 リンネビーナス》のマナ武装の条件と満たせるようにマナを増やしつつ、墓地には《単騎連射 マグナム》や《音精 ラフルル》《アクアン・メルカトール》などの蘇生するカードを、準備することが大切。

山札が少なくなっても焦らず、山札回復カードをプレイしながら立て直すもの戦術の一つ。サーチカードが多い分、選択肢が多いので適切な判断力がプレイヤーに求められる。

⏹️採用カード解説

《蒼き団長 ドギラゴン剣》《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》《裏切りの魔狼月下城》 《疾封怒闘 キューブリック》《復讐 ブラックサイコ》《絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート》

 殿堂カード。このデッキには7種類採用。もちろん強さは説明不要の折り紙付き。その中でも、今回は《疾封怒闘 キューブリック》について、補足説明していきたいと思う。

《疾封怒闘 キューブリック》の強さは2つの文明を持つというところにある。まず、火文明の強みは自身がSA。さらに、パワー6000、Wブレイカーという十分な戦闘力を備えていること。もうひとつ、水文明の強みはどこからでも墓地に置かれたとき、クリーチャーを手札に戻せるということ。《天災 デドダム》で墓地送り込むことによって発動し、相手のクリーチャー除去はもちろん、自分のクリーチャーを使い回すこともできる。もう一度《天災 デドダム》を使い回し、山札を6枚掘り進むことによって、殿堂カードにアクセスしやすくなる。

《天災 デドダム》《虹色妖精ポミリン/レイニー・アトラス》

 このデッキのサーチカード。デッキの基盤になるのでどちらも4枚ずつ最大枚数採用。
序盤《虹色妖精ポミリン/レイニー・アトラス》 で《天災 デドダム》をサーチしつつ、《天災 デドダム》で墓地、マナ、手札を充実させていくのがこのデッキの序盤の動き。後半も《蒼き団長 ドギラゴン剣》や《音精 ラフルル》をサーチするので、腐る場面が少ない。特に《天災 デドダム》の搭載は《禁断~封印されしX~》に頼らなくても安定して墓地を肥やせるため、デッキの事故率が大幅に減った。

《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》《怒流牙 サイゾウミスト》

 山札回復カード。万が一の長期戦に備えて各ピン積み1枚ずつ採用。

《SSS級天災 デッドダムド》


 
 一枚しか搭載できない《蒼き団長 ドギラゴン剣》をサポートするカード。サブフィニッシャー。ほぼどこからでも場に出ることができる高性能なカード。枚数が多くても特に困ることはないので4枚最大枚数採用。

《アクアン・メルカトール》


 
 このデッキのドローソース。最大で4枚もの手札補充ができる。引きすぎるとデッキが尽きてしまうので3枚採用。

《百族の長 プチョヘンザ》《青寂の精霊龍 カーネル》《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》《Dの牢閣 メメント守神宮》

 デッキの守りを担う防御カード。《青寂の精霊龍 カーネル》、《Dの牢閣 メメント守神宮》は相手の動きを止める能力を持っているため、防御だけではなく攻撃の時にも大いに活躍する。

《黙示賢者ソルハバキ》

 マナ回収カード。後半にしか使わないので、ピン積み1枚採用。

《怒流牙 佐助の超人》

 とても汎用性の高いシノビ。《疾封怒闘 キューブリック》や《Dの牢閣 メメント守神宮》と組み合わせて防御札として働いたり、《天災 デドダム》の5枚目として墓地やマナを肥やしたりする。臨機応変なシノビではあるものの、単体では意味がないので採用はピン積み1枚。

《Mの悪魔龍 リンネビーナス》

 攻撃の要となるカードなので4枚最大枚数採用。《蒼き団長 ドギラゴン剣》に革命チェンジするのが一番理想的な動きとなるが、《SSS級天災 デッドダムド》と組み合わせて攻撃しても十分な強さとなる。

⏹️環境に置いて


 
 攻守ともに優れたデッキなので、極端な不利・有利が存在しないのが魅力。呪文メインの構築になっていないので、呪文メタには当然強い。手札が切れにくいためハンデスにも強く、捨てられることがあったとしても《Mの悪魔龍 リンネビーナス》で蘇生できるので大した問題にはならない。万が一、手札が枯渇しても、単体で十分強いカードパワーを持つカードを多く採用しているため、今引きでも案外何とかなったりする。速攻対面にも《青寂の精霊龍 カーネル》からテンポよく《百族の長 プチョヘンザ》に革命チェンジすれば何とかならなくもない。ループやコンボデッキ対面も、多少のハンデスカードと《音精 ラフルル》を搭載しているため勝てなくもないが、サーチする中でループ始動までに間に合わなかったりすることもある。

⏹️不採用カード

★GR・超次元系統。

 なくても十分な打点は揃う。尚且つ、呪文メタに強く《Mの悪魔龍 リンネビーナス》のマナ武装を達成しやすくするデッキにするために不採用。とはいえ、さらなる攻撃力が欲しい方にはオススメ。

★《禁断~封印されしX~》

 封印解除にこだわらなくても《天災 デドダム》で墓地を効率よく肥やせるため不採用。搭載してしまうと、6枚ものカードがランダムで削られてしまうため欲しいカードを手札に引き込めない可能性も。そもそも、火文明のコマンドもあまり多く搭載していないので採用はオススメしません。

★ST呪文

 5cバスターには数多のST呪文が積み込まれてきましたが、今回はクリーチャーがメインの構築のため不採用。とはいえ、ST呪文には強力なカードが多いため、もっと防御力が欲しい方にはオススメ。

⏹️あとがき

 いかがでしたでしょうか?

安定性が高く、《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》が搭載されているので相手の反撃は怖くない!多少の構築費用が高いですが超次元やGRを使用していないので、組みやすいと思います。改造の幅が広く、工夫次第では戦術も自分好みにアレンジしやすいのでオススメです。

多くの大型大会で実績を残した《蒼き団長 ドギラゴン剣》。次にその高見に登るのは目の前のあなたかもしれません。最後まで読んで頂きありがとうございました♪

関連記事

コメント (14)

匿名

初動弱すぎません?

1
匿名

メルカトールの為にシャッフゼノシャーク切ってる割にメルカトールガン積みではなく2コストマナブーストもないのは何故でしょうか?
シャッフもヴェルデもいないのにダムドガン積みなの何故でしょうか?
悠久採用はリンネビーナスと微塵も噛み合ってない様に見えますが何ターンかけて勝つデッキだと想定していらっしゃるのでしょうか?
是非参考にさせていただきたいのでできればお答えください

0
冷やしコーヒー

私も5c剣を握っているので参考になります、キューブリックの採用は意外でした。それとステゴロとダンテの不採用はなぜですか?

0
匿名

5Cバスターは研究のしがいがあって自分も好きです!

0
アボリジニ

メメント採用は、考えませんでした

0
sinigami

十分なサーチカードを搭載しているため、ゼノシャークは不採用です。また、ラフルルにもアクセスしやすいのでシャッフも不採用です。ヴェルデはなくても十分な攻撃力があるので不採用です。
ですが、3枚とも十分な可能があるカードなので、環境に応じて調整して頂ければ幸いです。

0
匿名

キューブリックって皆さん的にどう思いますか?

0
sinigami

記事を読んで頂きありがとうございます。
初動は3ターン目からデドダムで始められるように構築されてあります。
1ターン目マナチャージ
2ターン目レイニーアトラス
3ターン目デドダム
が理想です

0
sinigami

特にプレイしたいカードがなかったため、2コストのカードは採用していませんが、この点についてはもう少し細かく調整する必要があると感じています。

0
sinigami

デュエマが、そして5cバスターが大好きです。少しでも参考になったら幸いです。

0
sinigami

悠久は長期戦を見据えて採用しています。山札と相談しつつ、自身のタイミングでサルトビ経由で墓地においてもらえたらと思います。

0
sinigami

ステゴロカイザーは少し、使う場面が少なかったため不採用にしました。悠久やサイゾウミストでこと足りますが、ステゴロカイザーにはステゴロカイザーの強みがあるため、調整して頂ければ幸いです。

1
sinigami

キューブリックは相手の除去に便利ですが、自分の場も戻せるので、ラフルルやデドダム、メルカトールを使い回したりします。以上の理由からメルカトールも3枚で十分足りると感じました。この点に関しても、ご自身に合うよう調整して頂ければ幸いです。

2
sinigami

ミラダンテ13はチェンジ元の不足、尚且つ唱える呪文の不足により不採用にしました。

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

関連
記事