安 定 2 キ ル(勝つとはいってない)

安     定     2     キ     ル(勝つとはいってない)

目次

はじめに

みなさんこんにちは。
さて、かつて環境で猛威を奮ったデッキの特徴は色々ありますが、今回は「安定3ターンキル」について精一杯書いていこうかと思います。
「3ターンキル」とは、その名の通り3ターンで勝つことです。3ターンキルを行うデッキは結構多いですが、これに「安定」の2文字がつくと大体、というか全部環境デッキとなります。
かつての環境デッキでは、各種ドギラゴン剣や白緑メタリカ、ヒラメキウォズレックなどが「安定3ターンキル」として記憶に新しいですね。どのデッキも規制がかかっていることから、やはり安定していて速度の早いデッキは規制される傾向にあります。

ですがもし、無規制かつ、それらの環境デッキをも凌駕する速度、そう、「安定2ターン」でゲームが終わるデッキがあるとしたら、どう思います?
「そんなのあるわけがない」?いやいや、あるんですよ、実は。安定して2t目に「ゲームを終わらせる」ことができるデッキが。
しかも、新感覚…。

デッキ構築・解説

と、いうことでデッキレシピです。

理想の動きとしては、1t目に各種1コスト呪文で手札を整え、2t目に《ヘブンズ・フォース》から、《凶鬼06号 ギーコギルス》を出したり、マナを払って《爆笑必至 じーさん》を召喚したりしてEXLOSEを狙います。

では、各種カードの採用理由を見ていきましょう。

・《凶鬼06号 ギーコギルス》
EXLOSE1種類目。《ヘブンズ・フォース》から出すことで、2tデスを狙います。流石にこのスペックは酷すぎたのではないでしょうか。

・《爆笑必至 じーさん》
EXLOSE2種類目に加えて最速のEXLOSEカードです。死に際に山札を3枚見ることができます。山札を見て、なんで負けたか、明日まで考えといてください。

・《ロジック・サークル》
初動1種類目です。《ヘブンズ・フォース》や最悪、《ラッキー・ダーツ》を引っ張ってきます。このカードがあるおかげでかなり安定して負けることができます。

・《ヘブンズ・フォース》
主に2t目に《凶鬼06号 ギーコギルス》を踏み倒す用途で使いますが、相手が早期に殴って来た場合、カウンター気味に《爆笑必至 じーさん》や《凶鬼06月 ギーコギルス》を出して返しのターンでカウンターLOSEをすることができます。《ラッキー・ダーツ》で捲りたいカードのひとつです。

・《ガード・グリップ》
初動2種類目です。1t目に手札交換をすることができるので、《爆笑必至 じーさん》や《凶鬼06号 ギーコギルス》、《ヘブンズ・フォース》を引く確率を上げるために入っています。山札圧縮的な役割を持っています。

・《卍ギ・ルーギリン卍/卍獄ブレイン 》
初動3種類目です。《ガード・グリップ》を8枚体制にするために入っています。実質山札は32枚(適当)

・《ガガガン・ジョーカーズ》
初動4種類目です。1t目に《爆笑必至 じーさん》や《凶鬼 06号 ギーコギルス》をサーチできる、唯一無二のカードです。あまり自然は入れたくありませんでしたが、安定性を増すためには、と妥協して入れました。

・《ベイビー・バース》
このデッキの呪文単体で1番重いカードがです。手打ちすることはおそらくありません。相手の攻撃に合わせて、カウンター気味に《爆笑必至 じーさん》を出すことができます。《ラッキー・ダーツ》で捲りたいカードのひとつです。

・《ラッキー・ダーツ》
初動5種類目です。夢の1tEXLOSEが実現できるのは、このカードのおかげです。《ヘブンズ・フォース》や《ベイビー・バース》が捲れれば負けです。おめでとうございます。

・《フェアリー・ギフト》
自然の9枚目が欲しかったのと、要求値は高いですが《凶鬼06号 ギーコギルス》を2t目に出すことができるカードです。自然を入れるメリットのひとつです。

・《閃光の守護者 ホーリー》
光の枚数を増やしたかったのと、このデッキの性質上ターンが返ってくればほぼ確実に負けることができるので1t稼いでくれるカードとして採用しています。ダイレクトアタックで負けるのは邪道です。

・《ア・ストラ・センサー》
初動6種類目です。水の13枚目が欲しかったのと、《ロジック・サークル》という優秀なサーチがあるのでピンで入っています。《ロジック・サークル》の5枚目的な役割です。

・《禁断~封印されしX~》
デッキを圧縮し、各種パーツを引きやすくするために入っています。このカードが除去されてもEXLOSEなので、コンセプト的にもバッチリです。

~使用感~
自分が回していた限りでは、70%ほどの確率で2tLOSEをすることができました。絶対、とはいきませんがほとんどの確率で負けることができます。と、いうかこのデッキで勝つ光景を見てみたいものです。《凶鬼06号 ギーコギルス》と《爆笑必至 じーさん》でビートするしかないですね。しかも《爆笑必至 じーさん》が除去されたら負けという悲しいデッキです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。たまには、勝つことばかりではなく、負けることにも目を向けてみました。作っててかなり楽しいデッキのひとつだったと思います。「いかに負けるか?」「どうしたら安定して負けることができるだろうか?」というようなことを考えている時間が、有効なようでやっぱり無駄だったりします。みなさんも作ってみてはいかがでしょうか。それでは。

関連記事

コメント

1 人間

ドMにはたまらないデッキリスト

2 名無し

速攻敗北デッキだけに
記事製作者さんの名も「敗北者」
好きですw

3 匿名

最高かよ

4 すめらぎ!

回してみましたが、やはり3cというのが重く感じましたね。不純色の黒も4枚入っていることですし、青白にするのが個人的には良いと思います。

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

関連
記事