お気に入りのカードを主役に!

お気に入りのカードを主役に!

目次

あいさつ

 どうも!とある県で活動しているタイヤキというものです。初めての投稿なので至らぬ点があると思いますがご了承下さい。

今回の内容は ‎自分の一番お気に入りのカードを主役に!という内容です。自分なりにかなり考えて書いたので最後まで読んでくださるととても嬉しいです。

1、何を‎主役にするか

まずは自分が主役にしたいカードを選んでいきましょう。

自分の場合は《真・龍覇ヘブンズ ロージア》が大好きなのでまずは《真・龍覇ヘブンズロージア》を選びます。

2、その主役にあうカードを選んでいく。

初動となるカードをまず選んでいくなかそのデッキがどのような形になるのかを決めていくことも大切です。《真・龍覇 ヘブンズロージア》の主軸のデッキなら手札増やしたいので、候補としては《コアクアンのおつかい》、《叡智の聖騎士スクアーロ/エナジー・ライト》、デュエキングに収録されている《ケンザン・チャージャー》などですかね。次は《真・龍覇ヘブンズロージア》を出すために必須の《ドラゴンズ・サイン》、その《ドラゴンズ・サイン》から出てきて強い《煌龍サッヴァーク》というようにどんどん埋まっていきます。

あとは最強カードの《時の法皇ミラダンテxii》、トリガーとして強い《静寂の精霊龍カーネル》、盾からトリガーを使ったり盾を回復できる《音感の精霊龍エメラルーダ》などが入ったりしますね。

他には、当時自分がとっても入れたかったGR召喚のシステム。トリガーからオーラ踏んで《煌銀河サヴァクティス》が出たら返しターンに手札にある《時の法皇ミラダンテxii》に革命チェンジしたり、《音奏プーンギ》でビートしながらトリガーで呪文トリガーを踏んだりしても盤面が、減らないなどわりといいなと思っていました。

3、使いたいカードがまとまったらある程度形にまとめる

なんやかんやあってこのような形になりました。

まずは初動枠、《コアクアンのおつかい》の3ドローと悩んだもののいざとなったときに相手のブロッカーを戻せる《叡智の聖騎士スクアーロ/エナジー・ライト》のほうが便利と考え《叡智の聖騎士スクアーロ/エナジー・ライト》を採用。そして入れたかったGRシステムは枠の都合上計6枚に。

あと、皆さんが疑問に思われるのは《龍聖霊ウルフェウス/ヘブンの衝撃》ですかね。採用理由としては《勝利龍装 クラッシュ “覇道”》の2点で出てきたら《勝利龍装 クラッシュ “覇道”》を盾送りにして追加ターン防いだり単純に1体は除去れるやろみたいな感覚だったり採用理由雑ですけどそんな感じで入ってましたw。

4、いざ大会へ

とりあえず公認大会へGoということで実際にこのデッキを使ってデュエマフェスに凸って来ました。(5/4日です。)

とりあえず1回戦メタリカサザン。メタクリーチャーが出ず無事に勝ち。

2回戦赤白轟轟轟。相手の《音奏プーンギ》とかが出ずに普通に盾から返して勝ち。

3回戦ガンバトラージョーカーズ。自分が盤面に、《音奏プーンギ》立ててたのに対し相手が《タイク・タイソンズ》《ガチャダマン》GR召喚《鋼ド級 ダテン・クウェールB》と完璧な流れこちらとしてはその1点でトリガーを踏みたいところで《静寂の精霊龍カーネル》。相手の《鋼ド級 ダテン・クウェールB》を止めつつ自分のターンに《時の法皇ミラダンテxii》に革命チェンジしつつ《ドラゴンズ・サイン》で《静寂の精霊龍カーネル》を出して盤面を止めて勝ち

さぁ最後決勝。殴ってくるやつお願いと祈る自分。そして相手がマナに置いて1マナタップしてだしたのは1コスの火のクリーチャー、つまり赤単or赤白どちらかこちらはとりあえず《奇石ミクセル》を出せる準備を整える。相手の公開範囲的には赤単色しか見えない、しかも殴ってくるつまり、赤単轟轟轟。《スクアーロ/エナジー・ライト》で手札を整えつつ盾から《ドラゴンズ・サイン》、《煌龍サッヴァーク》で返して相手の盤面を《百族の長プチョヘンザ》で蹴散らして勝ち。

ちなみにこの日一回も切り札である《真・龍覇ヘブンズロージア》出てきませんでした。( ;∀;)

5、余談

実はこのデッキ最初はドロマーカラー(青黒白)で作ろうとしていたんですよw

その大きな理由としては黒を入れると《ブレイン・タッチ》でハンデスしたり、《デモンズ・ライト》で相手のクリーチャーを除去したりとなかなかいい動きができます。

他にも《無修羅デジルムカデ》を入れることができます。これによってより速攻対面をとりやすくなり、コントロールもしやすくなると思います。

しかし今回はドロマーカラーで作ると構築がまとまらなくて、それだったら青白のカラーで作って受けを強くした方が強いと思ったのでこのようになりました。受け以外にもドロマーカラーにするとメタクリーチャーである《音奏プーンギ》などが入れにくいなぁと感じた点もありました。

6、終わりに

ここまで、読んでくださった方々ほんとにありがとうございます。大変雑な文章でほんとにすいませんでした。またの機会があれば是非参加したいと思いますので次回もよろしくお願いします。

あとみなさんも是非自分の好きなカードを主役にしてみてはどうでしょうか?意外と楽しいデッキができるかもですよ(^ー^)

それでは。

関連記事

コメント

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

関連
記事