【環境注目】赤青アポロヌスの回し方と必勝テクニック【ワンショット】

PV 8,113 いいね 21 3

【環境注目】赤青アポロヌスの回し方と必勝テクニック【ワンショット】

はじめに

皆さん初めまして、突撃兵です。

今回は最近僕が愛用している【赤青アポロヌス】というデッキについての紹介です。

現在環境で暴れている【赤緑アポロヌス】とはどういった違いがあるのか、どうやって回せばいいのかなど解説していこうと思います。

目次

【赤青アポロヌス】デッキリスト


僕が実際にCSで使用し優勝したリストを基に解説していきます。

【赤青アポロヌス】特徴

【赤青アポロヌス】は現在主流の【赤緑アポロヌス】と同様に《超新羅星アポロヌス・ドラゲリオン》のメテオバーンを使いワンショットキルをするデッキです。

《アストラルの海幻》《シブキ小鬼の巻》《ネ申・マニフェスト》でデッキを回し、

《カチコミ入道〈バトライ.鬼〉》《禁断の轟速レッドゾーンX》《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》でダイレクトアタックが基本的な流れです。

特徴としては、《ネ申・マニフェスト》 のシンカパワーを使うことによりブロックされず選ばれない《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》でダイレクトアタックを決めることができます。

また、《瞬閃と疾駆と双撃の決断》の採用により万が一耐えられてしまったときの後続も用意しやすいです。

採用カード解説

《ネ申・マニフェスト》

【 クリーチャー 】
種族 トリックス / レクスターズ / 文明 水 / パワー2000 / コスト3

■このクリーチャーが出た時、カードを3枚引き、その後、自分の手札を2枚捨てる。
■シンカパワー:このクリーチャーが進化する時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーはブロックされず、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

水文明を入れる最大の利点です。

手札を整える役割に加えてシンカパワーを発動することで従来の【赤緑アポロヌス】の弱点であった様々なシールドトリガーをケアしながらワンショットキルを狙えます。

《飛ベル津バサ「曲通風」》

【 クリーチャー 】
種族 アダムユニット / デモニオ / 鬼レクスターズ / 文明 水 / パワー2000 / コスト2

■G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
■ジャストダイバー(このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーは相手に選ばれず、攻撃されない)
■相手が自身の山札を1枚以上見る時または表向きにする時、かわりに相手の山札の上から1枚目を表向きにする。

最近の環境デッキによく刺さるメタカードです。

相手の《進化設計図》《エボリューション・エッグ》等のサーチカードなどを止められるほか、このクリーチャーは種族に鬼レクスターズを持っているためこのクリーチャーを出したターン中に《カチコミ入道〈バトライ.鬼〉》に進化すればジャストダイバーを付与させることができます。

《 瞬閃と疾駆と双撃の決断 》

【 呪文 】
文明 火 / コスト3

■次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
→コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。
→このターン、自分のクリーチャー1体に「スピードアタッカー」を与える。
→自分のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーの最初の攻撃の終わりに、そのクリーチャーをアンタップする。

このデッキでは様々な役割を担ってくれます。

コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す効果を2回使い、《ネ申・マニフェスト》と 《カチコミ入道〈バトライ.鬼〉》 を同時に出したり

最初の攻撃の後にそのクリーチャーをアンタップする効果を選択してシールドが増えるタイプのシールドトリガーや《怒流牙 サイゾウミスト》、《一王二命三眼槍》をケアしたりできます。

《カチコミ入道〈バトライ.鬼〉》 を2体重ねて出してそのまま 《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》 を侵略するプレイもあるので覚えておくといいと思います。

《禁断の轟速 レッドゾーンX》

【 進化クリーチャー 】
種族 ソニック・コマンド / S級侵略者 / イニシャルズ / 文明 闇/火 / パワー8000 / コスト6

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■進化―自分の闇または火のクリーチャー1体の上に置く。
■S級侵略[轟速]―闇または火のコマンド(自分の闇または火のコマンドが攻撃する時、自分の手札か墓地、またはバトルゾーンにあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、相手はそれに封印をひとつ付ける。

コンボ始動時の侵略先です。

従来の 【赤緑アポロヌス】 では《轟く侵略 レッドゾーン》が多く採用されていることが多いです。

しかし、《アストラルの海幻》や《ネ申・マニフェスト》の効果でこのカードを墓地に送ることで、「侵略持ちクリーチャー」を手札に抱える枚数を減らす事ができ、手札管理を楽にする事が出来ます。

相手の墓地メタのカードには気を付けましょう。


採用候補カード

《カンゴク入道》

【 クリーチャー 】
種族 デモニオ / 鬼札王国 / 文明 火 / パワー2000+ / コスト2

■自分のターンの終わりに、自分のシールドを1つ、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
<鬼タイム>自分と相手のシールドが合計6つ以下であれば、このクリーチャーのパワーを+3000する。

【赤単我我我ブランド】等でよく採用されているドローカード。

今回使用した【赤青アポロヌス】では 《カチコミ入道〈バトライ.鬼〉》 のバトル効果を使いたかったため、《シブキ将鬼の巻》を採用していたのですがバトル対象であるメタクリーチャーがあまりいない環境下ではこちらのほうを優先的に採用したいです。

《異端流し オニカマス》

【 クリーチャー 】
種族 ムートピア / 文明 水 / パワー2000 / コスト2

■相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。 

同型等に刺さるメタカード。

選ばれない効果もありアタッカーとしても優秀ですが今回は刺さる相手が少ないと思い不採用になりました。

環境次第では採用したいカードです。

《超次元の王家》

【 クリーチャー 】
種族 エイリアン / ハンター / キング・コマンド / 文明 水/火 / パワー6000 / コスト4

■パンドラ・シフト:このカードを使うコストの代わりに、[水/火(2)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを自分の超次元ゾーンに置く。
■このクリーチャーを自分の超次元ゾーンから召喚してもよい。
■スピードアタッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーが出た時または自分の超次元ゾーンに置かれた時、カードを2枚引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。

ルーターとしての役割と受け切られたときに後続として使うことができるカード。

多色カードという点は気になりますが効果は非常に強力です。

スピードアタッカー持ちのコマンドなので、そのまま《禁断の轟速 レッドゾーンX》に侵略して攻撃することができます。

《禁断の轟速 レッドゾーンX》が入っている関係上多色カードを増やすと事故が多くなってしまうので採用するなら2枚程度に抑えるのがおすすめです。

回し方

理想は2、3ターン目にドローカードをプレイ→4、5ターン目に選ばれない 《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》 でダイレクトアタックが主な流れです。

序盤

「タマシード」や《ネ申・マニフェスト》を使って、2~3ターンでコンボパーツを整えます。

解説項でも説明しましたが《禁断の轟速 レッドゾーンX》は墓地からも侵略ができるため、《アストラルの海幻》や《ネ申・マニフェスト》の効果で墓地に送ると実質手札+1枚のアドバンテージを得る事が出来ます。

コンボ始動

手札と場でコンボパーツを整えられたらいよいよ攻め時です。

《ネ申・マニフェスト》もしくは「ジャストダイバー状態」の《飛ベル津バサ「曲通風」》を進化元に、《カチコミ入道<バトライ.鬼>》を出します。

「シンカパワー」や「ジャストダイバー」を引き継いだ《カチコミ入道<バトライ.鬼>》に《禁断の轟速 レッドゾーンX》と《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》侵略し、選ばれない効果を保持した状態でフィニッシュを狙います。

忘れがちですが、《ネ申・マニフェスト》の「シンカパワー」はブロックされない効果付与もありますので、「S・トリガー」でブロッカーが出てきたとしても貫通する事を覚えておきましょう。

引きのかみ合いがいいと3ターン目に《 瞬閃と疾駆と双撃の決断 》から 《ネ申・マニフェスト》と 《カチコミ入道〈バトライ.鬼〉》 を出してそのまま選ばれない 《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》 でダイレクトアタックできたりします。

《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》 が引けなかった場合

《超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン》 が引けなかった場合 《 瞬閃と疾駆と双撃の決断 》 を使ってのビートプランをとることもあるので、2~3ターン目の手札の状況によってプランを考えていきましょう。

おわりに

先日殿堂発表があり、いろいろな環境デッキのカードが殿堂入りしましたがこの【赤青アポロヌス】は殿堂の影響を受けませんでした。

さらに苦手なデッキタイプだった【青黒白墓地退化】の《竜魔神王バルカディア・NEX》が殿堂入りしたことにより、新環境でもいい立ち位置にいられるんじゃないかなと思います。

ぜひCS使用候補の一つとして選択肢にいれてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございました。また機会があれば次の記事でお会いしましょう!


カテゴリ:

タグ:


\Twitterでコメントする/

ガチまとめの「コメント機能」が「Twitterでコメントする機能」に新しく生まれ変わりました!


面白かったらいいねで応援♪

21

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」

カーナベル
〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な15,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事