【2020年“B-我”ライザ】回し方、対策方法が分かる解説記事!

PV 21,896 いいね 58 コメント 0

【2020年“B-我”ライザ】回し方、対策方法が分かる解説記事!

はじめに

使っていて楽しいデッキとは、何か。

楽しいの定義は人それぞれで、高度な駆け引きの応酬を好む人、ループで相手を置き去りにしたい人、とにかく自分の好きなカードを使いたい人など様々な人がいるでしょう。

ですが、多くの人に共通しているのがランダム要素を持ち、デッキトップをめくる行為を好むということではないでしょうか。

不確実性を好むのは、科学的にも証明された、本能レベルで刻み付けられた人間のサガです。

そんな私たちに最高レベルの興奮を与えてくれるのが、今回紹介する 【“B-我”ライザ 】 になります。

《龍星装者 “B-我”ライザ》の能力でカードをめくるのは非常にワクワクし、次々にクリーチャーが増えていく様は圧巻です。


そしてこのデッキは、ただ面白くて興奮できるというだけではありません。

圧倒的な速度を持ち環境入りしている、ガチ中のガチデッキでもあるのです。

強くて面白いとなれば、もう使わない理由はありません。

そんな魅力あふれる 【“B-我”ライザ 】 について、詳しく解説していきます!

目次

【“B-我”ライザ 】 のデッキレシピ

【“B-我”ライザ 】 とは

【“B-我”ライザ 】 は、《龍星装者 “B-我”ライザ》を主軸とした、ビートジョッキーの速攻デッキです。

《龍星装者 “B-我”ライザ》の効果で芋づる式に増えていくクリーチャーの猛攻を耐えられるデッキは、そうそうありません。

環境でも随一の攻撃力を誇るこのデッキですが、《一番隊 チュチュリス》による軽減、《”必駆”蛮触礼亞》による踏み倒し、《龍星装者 “B-我”ライザ》自身が持つシンパシー能力、《"罰怒"ブランド》のサブプランなど、フィニッシャーも、それにアクセスする手段も豊富に持っており、高い安定性を持ったデッキになっています。


ただし、攻撃を仕掛ける際にはほとんど手札を使いきってしまうため、1度耐えられ場を処理されてしまうと、2度目の攻撃を仕掛けるのは至難の業です。

ヒットアンドアウェイではなく、一撃必殺を狙うデッキだといえます。

【“B-我”ライザ 】 の回し方

①小型クリーチャーを展開!

一番隊チュチュリス

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / 文明 火 / パワー2000 / コスト2

■自分のビートジョッキーを召喚するコストを1少なくする。ただしコストは0以下にならない。 


【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / ワンダフォース / 文明 火 / パワー1000 / コスト2

■このクリーチャーが攻撃する時、それがそのターンはじめての攻撃でなければ、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

2ターン目にプレイしたいのは、軽減効果を持つ《一番隊チュチュリス》です。

このカードをプレイできると、次のターンに《 ”必駆”蛮触礼亞》に頼らずとも《龍星装者 “B-我”ライザ》にアクセスできるようになります。

《龍星装者 “B-我”ライザ》以外のフィニッシャーもすべてビートジョッキーなので、引いたらとりあえず出してよいカードです。

2回目以降の攻撃さえできれば2マナとは思えない展開力を持つ《CATWAE・ネコポン》も、基本的にはどんどんプレイしていきましょう。

ただ、《ダチッコ・チュリス》だけはそのターンだけのコスト軽減能力があるため可能なら他のクリーチャーとセットで使いたいところです。

特に後攻で 《”必駆”蛮触礼亞》 から《龍星装者 “B-我”ライザ》を出す場合は、手札を1枚消費しておかないとG・G・Gのスピードアタッカー付与効果が発動しないので気を付けてください。

②GRクリーチャーを絡め、盤面を厚く広げる!

DROROOON・バックラスター

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / ワンダフォース / 文明 火 / パワー4000+ / コスト4

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。
■自分のGRクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
■バトル中、このクリーチャーのパワーを+2000する。



バクチック

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / ワンダフォース / 文明 火 / パワー4000 / コスト4

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、または攻撃する時、GR召喚する。そのGRクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。そのターンの終わりに、そのGRクリーチャーを破壊する。

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / ワンダフォース / 文明 火 / パワー3000 / コスト3

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。
■自分のGRクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このターン、次に使う自分の火のカードのコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
■バトルゾーンに自分のGRクリーチャーが3体以上あれば、このクリーチャーの攻撃先は変更できない。

高速で《龍星装者 “B-我”ライザ》を出せない場合、また相手のデッキ的に一旦場を広げてからでも問題無い場合は、中コスト群のカードをプレイして厚く展開しましょう。

《DROROOON・バックラスター》《“極限駆雷”ブランド》を出せば確実に2体クリーチャーが場に出るため、《龍星装者 “B-我”ライザ》の軽減にもしっかりと貢献します。どちらもGR召喚時に誘発する有用な効果を持つため、活かしていきましょう。


これらのカードは強力なものですが、あくまでメインアクションを行う前の力をためる段階という意味合いが強いです。

③超速!《龍星装者 “B-我”ライザ》!

龍星装者 “B-我”ライザ

■シンパシー:ビートジョッキー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のビートジョッキー1体につき1少なくなる。ただしコストは0以下にならない)
■W・ブレイカー
■G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
■自分のクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがビートジョッキーまたはドラゴンで、コストが攻撃しているクリーチャーのコスト以下なら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分の山札の一番下に置く。


場が並んだら、いよいよ切札の出番です。

コスト軽減効果や《“必駆”蛮触礼亞》を駆使して《龍星装者 “B-我”ライザ》を召喚し、攻撃を仕掛けましょう。

このクリーチャーが場にいる状態で攻撃すると、山札をめくり、攻撃クリーチャー以下のコスト(当然同じコストも含む)を持つものなら場に出ます。

《龍星装者 “B-我”ライザ》にはスピードアタッカー付与効果もあるので、新たに出たクリーチャーがさらに次のクリーチャーを呼び……という具合にどんどん増えていき、一気にダイレクトアタックを目指せます。

《龍星装者 “B-我”ライザ》を含めて3体のクリーチャーがいれば、かなりの確率でとどめまでつながります。

この時の攻撃する順番ですが、相手のシールドトリガーで除去される可能性などを考慮して、コストの高いクリーチャーから攻撃するようにしましょう。

たとえ決めきれなかった場合でも、強力なクリーチャーが場に残る確率が高くなります。

マジゴッドブランド

【 GRクリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / ワンダフォース / 文明 火 / パワー3000+ / コスト5

■自分の火のクリーチャーを3体以上バトルゾーンに出したターン、このクリーチャーに「スピードアタッカー」「パワーアタッカー+6000」「W・ブレイカー」を与える。
■超天フィーバー:各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、このターン中に自分の火のクリーチャーを5体以上バトルゾーンに出していれば、自分のクリーチャーをすべてアンタップする。

ソニーソニック

【 GRクリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / ワンダフォース / 文明 火 / パワー1000 / コスト3

■マナドライブ 3(火):自分のマナゾーンのカードが3枚以上で火文明があれば、このクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない) (ゲーム開始時、GRクリーチャーは山札には含めず、自分の超GRに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、超GRの一番下に戻す)

忘れてはならないのがGRクリーチャーで、《龍星装者 “B-我”ライザ》による一斉攻撃の途中に《DROROOON・バックラスター》《“極限駆雷”ブランド》等から出てきては追加打点をもたらしてくれます。

GRゾーンの半分が2打点を持つクリーチャーであることから、見た目以上の破壊力を誇ります。

仮に《龍星装者 “B-我”ライザ》が除去されてスピードアタッカー付与能力が失われても、1/3の確率でスピードアタッカー持ちの打点を用意できます。恐れずどんどん攻めましょう!

サブプラン:《"罰怒"ブランド》ビートダウン!

《龍星装者 “B-我”ライザ》が引けない時のサブプランとして、手札から高速で打点を形成する《"罰怒"ブランド》プランがあります。

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / 文明 火 / パワー9000 / コスト7

マスターB・A・D(このクリーチャーを、コストを2少なくし、さらに、このターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)
W・ブレイカー
自分の火のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

他に2体召喚していればマスターB・A・Dで1コストで登場し、SAまで与える《"罰怒"ブランド》とGRクリーチャーを連れてくるクリーチャーは相性抜群です。何も考えずに4ターン目に《“極限駆雷”ブランド》→《"罰怒"ブランド》でも最低でもSAの4打点が確保できます。

少しもたついたとしても一気にダイレクトアタックが狙える、強力なサブプランです。

【“B-我”ライザ 】 と相性の良いカード

まさかのメタリカ!?《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク

龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク

【 ツインパクトカード 】
種族 ドラゴンギルド / メタリカ / 文明 光 / パワー7500 / コスト6

■ブロッカー
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《スパーク》とある呪文を唱えた時、相手のクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。

────────────呪文────────────
カード名:ホーリー・スパーク
文明:光
コスト:6マナ

■S・トリガー
■相手のクリーチャーをすべてタップする。

【“B-我”ライザ 】 の弱点は、防御力がほぼゼロであり、大量の打点を咎められるシールドトリガーがないという点です。

しかし、中途半端に防御札を採用してそれが《龍星装者 “B-我”ライザ》ガチャで出てしまってはテンション駄々下がり、打点の不足は勝敗に直結してしまいます。

なのでせいぜい、数枚《メガゴーワン・チュリス/ゴゴゴ・Go1・ナックル》を詰むのが関の山。

(手札を切れて《BAKUOOON・ミッツァイル》を処理でき、素出しもできるので強力です)

しかし忘れてはいけません。

《龍星装者 “B-我”ライザ》の効果で出せるのは、ビートジョッキーと「ドラゴン」です。

この《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》も呼び出すことができるのです。

防御札になる2打点のクリーチャー。採用の余地は十分にあるといえます。

ブンブン大量展開!《BUNBUN・ヴァイカー》

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / ソニック・コマンド / ワンダフォース / 文明 火 / パワー5000 / コスト5

■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
■自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、その攻撃中にそのクリーチャーがシールドを1枚以上ブレイクしていれば、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
■自分のターンの終わりに、バトルゾーンに自分のGRクリーチャーが3体以上あれば、自分の手札をすべて捨ててもよい。そうしたら、カードを3枚引く。

かつての《龍星装者 “B-我”ライザ》の相棒であり、今でも衰えない輝きを放つのが《BUNBUN・ヴァイカー》です。

攻撃を通しさえすればGR召喚が発生し、《龍星装者 “B-我”ライザ》の展開効果・SA付与効果と相まって異次元の展開力を見せてくれます。

展開力が過剰と見られ、単発でGRクリーチャーを展開できる有用なパーツが採用されたことから数を減らしましたが、その爆発力とターン終了時の手札補充効果は侮れないものがあります。

殴るたびにねずみ算のごとく一瞬で膨れ上がる軍勢の爽快感を味わいたい方におすすめです!

【“B-我”ライザ 】 の対策カード

踏み倒しメタならやっぱりこれ!《異端流しオニカマス》

異端流しオニカマス

【 クリーチャー 】
種族 ムートピア / 文明 水 / パワー2000 / コスト2

■相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。 

踏み倒し対策といえば、やはりこのカードです。

《”必駆”蛮触礼亞》プランを完全に否定し、軽減効果で出てきたとしても、踏み倒されたクリーチャーは即座に手札に戻されてしまいます。

こうして手札が増えるとG・G・Gが不発となり、スピードアタッカーが付与されなくなるというのも見逃せないポイントです。

《奇石ミクセル/ジャミング・チャフ》などと違い《DROROOON・バックラスター》などで除去されることがないのもすばらしいです。

《龍星装者 “B-我”ライザ》にはめっぽう強いですが、GRクリーチャーの展開には効果がないことをお忘れなく。

新世代のメタクリーチャー!《U・S・A・BRELLA》《 リツイーギョ #桜 #満開

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / チームボンバー / 文明 火 / パワー4000 / コスト3

■相手のコスト4以下のクリーチャーが、手札以外のどこからでもバトルゾーンに出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを墓地に置く。
■コスト4以下の呪文の効果によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

【 クリーチャー 】
種族 トリックス / チームウェイブ / 文明 自然 / パワー3000+ / コスト2

■相手のクリーチャーがバトルゾーンに出る時、そのターン、相手が自身の他のクリーチャーを2体以上バトルゾーンに出していれば、相手はかわりにそれをマナゾーンに置く。
■相手のターン中、このクリーチャーのパワーを+4000する。

GRゾーンを利用する大量展開を強烈に咎める、このデッキの天敵とも言えるメタクリーチャーたちです。

《U・S・A・BRELLA》はほとんどのGRクリーチャーと、《龍星装者 “B-我”ライザ》での低コストクリーチャーの召喚を止めてしまいます。

これさえ出してしまえば、 【“B-我”ライザ 】の展開クリーチャーを一気にバニラ並みにまで落としてしまうことが可能です。

《 リツイーギョ #桜 #満開 》は1ターンの展開数を2体までに限定するため、大量展開を狙うこのデッキは完全に勢いを削がれてしまいます。

特にGRゾーンの最強クリーチャーであるはずの《“魔神轟怒”ブランド》に至っては、完全なバニラクリーチャーと化します。

両者に共通するのが、 【“B-我”ライザ 】 がこれらのカードを除去する手段がほぼ皆無である点です。「最速で出せたらほぼゲームセット」と言っても過言ではない、恐るべきメタカードと言えるでしょう。

その鎖がすべてを縛る!《スローリー・チェーン》

スローリー・チェーン

【 呪文 】
文明 光 / パワー- / コスト4

S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
このターン、クリーチャーは攻撃することができない。
この呪文を裏向きにしてシールドに加える。その後、自分のシールドを1枚選び、墓地に置く。

【“B-我”ライザ 】 に限らず、攻撃的なデッキに対して有効なのがこの《スローリー・チェーン》です。

1ターン止めることはもちろん、最後のシールド以外からトリガーした場合は次のターンの安全も保障されます。

2ターン稼げるというのはとても大きく、現環境であればその間に逆転のための用意をすることは難しくありません。

手札から使った場合にも1ターン時間を稼げるのは他の受け札にはない魅力です。

まとめ

1ターンのうちに何度も何度もデッキトップをめくる快感は、この 【“B-我”ライザ 】 でなければ得られないものです。

大会での使用はもちろん、使う側も使われる側も楽しめるこのデッキはフリープレイ用にも最適です。


あなたもこの 【“B-我”ライザ 】 を使って、最高に楽しいデュエマライフを送りましょう!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (0)

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

58