スマホさえあればできる! ~オンラインデュエルの手引き~

PV 15,392 いいね 51 コメント 3

スマホさえあればできる! ~オンラインデュエルの手引き~

【前回の記事】格安デッキ紹介 ~ブラック・マジシャン編~

はじめに

こんにちは。
かもめ先生です。

早いもので、もう3月になってしまいました。
読者の皆さん、体調管理はしっかりなさっていますか?

昨今はこうした情勢ですので、いくつもの大会やオフ会が中止を余儀なくされています。
私自身も参加するつもりだったイベントが中止になったり、急用でキャンセルせざるを得なかったりで、残念な思いをしております……。

「それならいっそ、自宅から出なくても遊べる方法を見つければ良いのでは?!」

そんな思いで今回は家にいながら友人や仲間たちとデュエルする方法、「オンラインデュエル」について紹介していきたいと思います。
宜しくお願いします。


目次

オンラインデュエルって?

オンラインデュエルと聞いて、読者の皆さんはどんなものを想像されるでしょうか?

PCやwebカメラ、マイクやヘッドセットなどを用意して、
動画を読み込むソフトや、通話できるアプリをインストールして、
いろんな設定をしてから、初めて対戦が始まる……。

そういったイメージを持っている方も、多いのではないでしょうか?
(少なくとも私は最初のころ、そう思っていました)

十数年前であれば、そうした機材やソフトや知識が必要ではありましたが、
ほとんどの人の手にスマホ(正確にはスマートフォン)が普及した今となっては、誰でも簡単にオンラインデュエルが可能な世の中になりました。

そうした上で今回は、スマホを用いた「簡単」かつ「安価」な方法を紹介していきます。
それでは参りましょう。

対戦の準備

さて、まずは「オンラインデュエル」の準備からはじめましょう。

とは言え記事の題にもありますように、スマホさえあればアプリなどの「ビデオ通話」を用いて、いとも簡単に対戦をはじめることができます。
しかしそれだと、撮影しながら対戦もするというあまりにも面倒なことになりますので、必要となるものが一つだけあります。スマホさえあればと言ったな。あれは嘘だ






これです。


少し前に「簡単に動画配信ができる!」ということで、Twitterでもちょっと話題になっていました。

ダイソーにてお買い求めいただけます。
お値段はなんと、たったの500円

それでは早速スマホを取り付けまして、対戦準備に取りかかりましょう。

1:スマホを三脚に取り付けて、盤面全体が移るように調整

2:スマホの「ビデオ通話」の機能を使って、対戦相手と通信する

この「ビデオ通話」の際、通信料をとても使用してしまうので、できるだけWi-Fi通信につないで利用するようにしましょう。
気づかないうちに「通信制限にかかってしまった!」となることも、よくありますので……。(経験談)

またオンラインデュエルで遊ぶ際は、LINESkypeといった通話アプリを使うのが一般的です。
主に以下のようなものが使用されています。

LINE:よく使われる。利用している人が多いので、気軽に始めやすい。
Skype:スマホが普及する前から使われている通話アプリ。今でも利用している人が多い。
Discord:海外製のアプリ。慣れるまで少しかかるけど、画質や機能性はダントツ。
ツイキャス:Twitter連動の配信アプリ。配信という形なので、他の人も気軽に見ることができる。

また今回は便宜上、「オンラインデュエル」として紹介しましたが、それぞれ「Skypeデュエル」や「キャスデュエル」などと呼ばれ方が違うことが多いです。
なので、もっと詳しくやり方を調べる際は、使うアプリに合わせて調べるワードを変えることをオススメします。

自分が利用しているアプリの方が馴染み深いですし、最初のうちは身近なアプリを使って対戦してみるのが良いかと思います。

実際に対戦する

さて、これで準備は整いました。

それでは実際に対戦してみましょう!

プレイヤーの視点からは、こんな感じに見えます。

「これじゃ対戦相手の盤面が分からないじゃん!!」

……そう思われる方もいると思いますが、実はそんなことはありません。
実際には通話しながら対戦しているので、対戦相手の「音声」が重要な情報になります。
そのため、カードの宣言は普段以上にハッキリ行う必要があります。
普段の対戦でもそうですが、「対戦相手に伝わるよう」に丁寧にプレイすることを心がけましょう。

必要なときはこんな感じで、スマホの画面を確認します。
「ビデオ通話」なので、画面には相手の盤面が写っています。

スマホ画面を通してだと、カードのテキストなど細かい部分まで読めないことも多々あります。
そのときは対戦相手にちゃんと伝えて、説明してもらうようにしましょう。

~補足:インカメラの使用について~

今回はスマホのアウトカメラ(外カメラ)を用いて撮影していますが、インカメラ(内カメラ)を使用することもできます。
インカメラで撮影する際はスマホカバーを外したり三脚の向きを工夫したり必要はありますが、正面に相手の盤面を確認できるのでこのような手間を省くことができます。

筆者のスマホのインカメラの調子が悪いこと、アウトカメラと比較して少し画質が劣ることから、今回はこのような形で解説させて頂いております。
あらかじめご了承くださいませ。

ちなみにライフ計算は、ライフ計算機や電卓、メモ帳を用いて行うことになります。

スマホをビデオ通話に使ってしまっているので、アナログな方法を用います。
電卓での計算は、少しノスタルジィな感じがして私は好きですね。

より快適な環境づくり

これで「オンラインデュエル」については、おおむね理解していただけましたでしょうか。
ここまでに説明したように、スマホと通話アプリと三脚さえあれば「オンラインデュエル」は可能ですが、正直言って不自由さもちょっとあります

なので、できることならやはりPCなどを一緒に用いた方が、より快適にデュエルすることができます。

私が「オンラインデュエル」をする際は、こんな感じで配置しています。
スマホは完全にカメラ・マイクの機能として使い、PC側で対戦相手の盤面を表示する、といった感じです。

PCなら別のウィンドウでカードテキストを調べたり、ライフ計算も行ったりできるので、慣れるとやっぱり便利なものです。
この方法で対戦する場合、SkypeツイキャスDiscordといったアプリを用いることになります。

自分に合ったスタイルで、「オンラインデュエル」を楽しみましょう!



補足:Discordについて

ここ最近、やはり界隈でもこうした「オンライデュエル」の需要が増えてきています。

今回の記事では、できるだけ簡単かつ安価で可能な方法を紹介させていただきましたが、Twitter上などではDiscordというアプリを用いる方法が、主流になりつつあります。

相互フォロワーさんでブロガーとして活動されているくらくさんが、Discordを用いたオンライン対戦について詳しい記事を書かれていましたので、こちらでも紹介させていただきたいと思います。

くらくさんのTwitterアカウントは → こちら

オンラインデュエルに慣れてきて、もっといろんな人と対戦したいという方は、こちらの記事を是非とも参考にしていただければと思います!

おわりに

いかがだったでしょうか。

こうしたオンラインデュエルは、「自宅にいながら対戦できる」「遠くの人とも気軽に遊べる」というが何よりの良さです。
一緒に遊んでいた友人や仲間たちが進学や就職といったライフステージの変化で離れてしまっても、この方法を使えばいつでも気軽に遊ぶことができます。
そのほかにもSNSなどで知り合った遠方の遊戯王プレイヤーと、一緒に対戦したり、構築の相談をしたりといったことも可能になります。

こうした情勢で、なかなか外に出たくても出られない昨今。
せっかくなので皆さんも「オンラインデュエル」を一度、触ってみてはいかがでしょうか。

それでは今回の記事は、ここまでと致します。
ご精読ありがとうございました。

【前回の記事】格安デッキ紹介 ~ブラック・マジシャン編~

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (3)

ぎっくり腰ペンギン

今回の記事も楽しく拝読させていただきました!
スマホを使ったオンラインデュエルにはコロナウイルスの流行の現在ではとても画期的ですよね、ADSだと言葉での対話が出来ないので本当に一人で遊戯王をやっているという感覚を私は持っていたので、実際に対面で申し合わせてプレイを手軽に出来る「オンラインデュエル」にはショップ等で雑談を交えて遊べる楽しさをそのまま再現出来るという所が素晴らしいと思い、自分も普段会うことの出来ない友達ともオンラインデュエルに誘って遊戯王を楽しみたいと思いました!

2
ぜくせろ

お読み頂きありがとうございます!
やはり実際にカードを触りながらプレイすると気分も違いますし、面白さも上がりますよね!
こんな状況を逆に利用して、リモートデュエルで新しい輪を作るのもまた一興かもしれませんね!

0
ぜくせろ

ミスコメントです!かもめ先生氏すみません!

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

51