【2020年 リースNEXT】回し方、対策方法が分かる解説記事!

PV 12,142 いいね 22 コメント 18

【2020年 リースNEXT】回し方、対策方法が分かる解説記事!

はじめに

デュエマ屈指の人気デッキ【モルトNEXT】。

ドラゴンを大量連打して相手を圧倒するこのデッキに、新たなる風が吹こうとしています。

その名も【リースNEXT】。

光文明と新たなる切札《雷龍 ヴァリヴァリウス》の力で生まれ変わったこのデッキについて、紹介していきます!

ドラゴンが大好きなあなたに超おすすめのデッキです!

目次

【リースNEXT】とは

【リースNEXT】とは、《超戦龍覇 モルトNEXT》をはじめとした様々なドラゴンを連打して勝利に向かう連ドラデッキの一種です。

また、デッキ名にある「リース」とは光・火・自然文明を指す「リースカラー」を指しています。

既存の【モルトNEXT】との大きな違いは、最速3ターン目に《超戦龍覇 モルトNEXT》をバトルゾーンに出す事が出来る《雷龍 ヴァリヴァリウス》を採用している点です。

これにより、既存のものよりスピーディで爆発力のあるチューンに仕上がっています。

長所

  • 3ターン目に動き出すルートが既存のものより多い
  • 光文明を採用しているので無理なくブロッカーを入れる事が可能

短所

  • 既存の【モルトNEXT】と比べて文明が多く、事故率が高い
  • 盤面をひっくり返すカードに乏しい

【リースNEXT】のデッキレシピ

【リースNEXT】デッキの回し方

①まずはマナ加速!

全力で切札級のドラゴンにたどり着くため、多くのデッキと同じくマナ加速が重要になります。

特にこのデッキでは「龍マナ武装5」で強化される 《超戦龍覇 モルトNEXT》を使うため、マナには可能な限りドラゴンを置きたいところです。

2ターン目に《メンデルスゾーン》が使えれば、メインデッキ39枚中33枚がドラゴンであるこのデッキでは高確率で2枚ブーストを狙う事が出来ます。

そうなれば、3ターン目《超戦龍覇 モルトNEXT》という超強力ムーブも可能です。

【 呪文 】
文明 火/自然 / コスト2

■自分の山札の上から2枚をすべてのプレイヤーに見せる。その中からドラゴンをすべて、タップして自分のマナゾーンに置き、それ以外のカードを墓地に置く。

また、《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》はうまくいけばこのデッキの守りの要《ボルシャック・ドギラゴン》を手札に加えつつマナ加速が可能です。

クリーチャー面がドラゴンなので《メンデルスゾーン》等の邪魔をしないのも非常にありがたい一枚です。

【 ツインパクトカード 】
種族 アーマード・ドラゴン / 文明 火 / パワー6000+ / コスト6

■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
■攻撃中、自分の墓地にある火のカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。

【呪文】
【文明】火
【コスト】3

■自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から、《ボルシャック》と名前にあるカードをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
■チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く)

② 全力でドラゴンを射出せよ!

5マナ溜まれば、《雷龍 ヴァリヴァリウス》《フェアリー・ギフト》《スクランブル・チェンジ》による《超戦龍覇 モルトNEXT》の早出しの準備が整います。

【クリーチャー】
【種族】ニトロ・ドラゴン/チームボンバー
【文明】光/火
【コスト】8
【パワー】11000

■バトルゾーンに自分のクリーチャーがなければ、このクリーチャーの召喚コストを3少なくする。
■スピードアタッカー
■W・ブレイカー
■マジボンバー7
■このクリーチャーの攻撃の終わりに、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置いてもよい。

バトルゾーンにクリーチャーがいなければ5マナで《雷龍 ヴァリヴァリウス》 を召喚する事ができ 、攻撃時にマジボンバーでコスト7以下のクリーチャーを踏み倒す事が出来ます。

ここで《超戦龍覇 モルトNEXT》を出せれば最高ですが、そうでない場合にもクリーチャーを踏み倒したうえで山札の確認とシールド追加が行えます。

加えてこのカードがドラゴンである為、ドラゴンサポートカードの邪魔をしないのも大きな利点です。

殿堂カードの《フェアリー・ギフト》《スクランブル・チェンジ》も言わずもがな強力です。

【 呪文 】
文明 自然 / パワー- / コスト1

このターン、次に召喚するクリーチャー1体は支払うコストが3少なくなる。ただしコストは1より少なくならない。

【 呪文 】
文明 火 / コスト3

■このターン、次に自分が召喚する火のドラゴンのコストを最大5少なくしてもよい。
ただし、コストは0以下にならない。
そのクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない) 

切札のコストを大幅に下げることが可能なこの二枚は、デッキ内のドラゴン比率を下げてでも採用する価値のあるカードと言えるでしょう。

《トップ・オブ・ロマネスク》は優秀なマナ加速カードです。踏み倒しパーツがないときはこちらを召喚し、次のターンに《超戦龍覇 モルトNEXT》 等の大型クリーチャーの召喚を狙いましょう。

【 クリーチャー 】
種族 アポロニア・ドラゴン / アーマード・ドラゴン / アース・ドラゴン / 文明 光/火/自然 / パワー3500 / コスト5

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■ブロッカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を、タップしてマナゾーンに置いてもよい。

ブロッカーであることから、攻撃的なデッキが相手なら守りにも回る事も可能です。マナ基盤としても優秀なこのデッキの縁の下の力持ちなカードです。

これらのカードによるマナ加速は、《轟牙忍 ハヤブサリュウ》による防御にもつながるので無駄になりません。

③ドラグハートでドラゴンの嵐!

切札の《超戦龍覇 モルトNEXT》に辿り着いたら、ドラグハートを活かして攻勢をかけましょう。

【 クリーチャー 】
種族 ガイアール・コマンド・ドラゴン / ヒューマノイド爆 / ドラグナー / 文明 火 / パワー9000 / コスト7

■マナ武装5:このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンに火のカードが5枚以上あれば、火のコスト5以下のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
■龍マナ武装5:各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、自分のマナゾーンに火のドラゴンが5体以上あれば、攻撃の後、このクリーチャーをアンタップする。
■W・ブレイカー

《超戦龍覇 モルトNEXT》で出すドラグハートは基本的には《爆銀王剣 バトガイ刃斗》を選びましょう。高確率で後続のドラゴンを呼び出せるうえ、自身も龍解してさらなる打点を用意することが可能です。

【 ドラグハート・ウエポン 】
文明 火 / コスト5

これを装備したクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。
これを装備したクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。それが進化ではないドラゴンなら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分の山札の一番下に置く。
龍解:自分のターン中に自分のドラゴンがバトルゾーンに出た時、それがそのターンに出す最初のドラゴンでなければ、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップしてもよい。

【ドラグハート・クリーチャー】
【文明】火
【種族】ガイアール・コマンド・ドラゴン
【パワー】12000
【コスト】8

■スピードアタッカー
■T・ブレイカー
■このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。その後、進化ではないドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
■相手のドラゴンではないクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、攻撃できない。 (ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、ドラグハートまたはそれを装備したクリーチャーがバトルゾーンを離れた場合、そこに戻す)

また、相手の守りが薄そうな場合は《超戦龍覇 モルトNEXT》と合わせて確実に致死打点が作れる《闘将銀河城 ハートバーン》、バトルによるクリーチャーの破壊が必要なら《覇闘将龍剣 ガイオウバーン》など、状況に応じてドラグハートを使い分けていきましょう。

時には《蒼き団長 ドギラゴン剣》と《武闘世代 カツキングJr.》の革命チェンジも絡めて、一気に攻撃して勝利を掴みましょう!

【リースNEXT】のバリエーション

このデッキ自体が【モルトNEXT】のバリエーションであることから、基本的に採用カードはそちらに準じることになります。

ただ、あちらに採用されることのある《終焉の禁断 ドルマゲドンX》は非コマンドのクリーチャーが多い為、このデッキでは採用が厳しいことにご留意ください。

【リースNEXT】が有利とするデッキ

骨太に圧倒せよ!【ダッカルパラノーマル】

【ダッカルパラノーマル】に対しては、《凄惨なる牙 パラノーマル》でやられるクリーチャーの少ない【リースNEXT】は比較的有利に戦えます。

よほど相手がうまく回らない限り、こちらが先に相手の表向きシールドごと全てのシールドをブレイクしてしまえるでしょう。

これに限らず、最速3ターンというスピードで質・量ともに優れた展開を行えるため、一度動き始めれば相当受けが強いデッキでもない限りは押し勝つことが可能です。

【リースNEXT】が不利とするデッキ

出る前に叩かれる!?【ハンデス】系列

高速で走りだす際に必要になるキーパーツを叩き落としてくるのが【ハンデス】系列のデッキです。

一度回りだせば連鎖的に展開を行える【リースNEXT】ですが、その反面手札を増やす手段は多くありません。トップデッキに祈りながらの苦しい戦いを強いられるでしょう。

2マナの天敵!【赤白レッドゾーン】

初動マナブーストを咎める《音奏 プーンギ》や早出しを許さない《奇石 ミクセル》といった、致命的なメタクリーチャーを採用してくるのが【赤白レッドゾーン】です。

妨害性能に加えて高速でのビートダウンを行ってくるため、【リースNEXT】が十全に動き出す前に倒される可能性が高いです。

おわりに

光文明の力でさらなる速度を手に入れたこの【リースNEXT】。

強力なドラゴンをどんどん連打する楽しさは、時代が変わっても色あせることがありません!

最後にカーナベルでは【リースNEXT】デッキを組みたい方に向けて、今回の記事内で紹介した【リースNEXT】関連カードや相性の良いカードを豊富に準備しております!

即日発送のカーナベルでまとめてデッキパーツを手に入れ、対戦相手にドラゴンの圧倒的な力を見せつけましょう!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (18)

ジュダイオウってモルネクから出せなく無いですか

3
ガチまとめデュエマ担当

ご指摘ありがとうございます!
ただいま修正させていただきました。

1
匿名

最近のデッキ解説記事の不備の多さよ

4
匿名

は?

1
匿名

確かに多いとは思う

1
ぶろっこ

新殿堂発表されて環境変わってネクが入ってきそうだな。

3
匿名

結局赤緑でいいやみたいな所ある

3
匿名

それは割とある

2
衰退したダムド

赤緑と比較すると、サブプランをとれるグレンモルト覇や小型を殲滅するメガマグマが投入出来ない事等を考えると速い事に対するデメリットが大きい気がする。

2
匿名

もともと弱くは無かったし充分回ってたデッキを
わざわざ前寄せにする意味が分からない

2
不死鳥モルネクの方が安定してて好き

匿名

1
ナスのてんぷら

3ターンネクストのルートが多いのは間違いなく強いと思いますし、使ってみたいと思うけど、多色が多すぎて理想のマナカーブ通り動けなさそうな気がします……

2
匿名

モルネク握ったことない人が想像で書いてそう

1
ガチまとめデュエマ担当

持ってます

0
匿名

公式ちゃうやん

0
匿名

公式ちゃうやん

0
バングリッド

強そうだけど、色事故起きそうで怖いけど、勝てそう。

0
匿名

モルネクは騒がれるけど、2色でも苦しいところに余計にタップインをぶち込む余裕はないようだなー
準赤単がずっと幅をきかせてる

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

22