【2020年 赤白レッドゾーン】回し方、対策方法が分かる解説記事!【赤白バイク】

PV 33,992 いいね 114 コメント 13

【2020年 赤白レッドゾーン】回し方、対策方法が分かる解説記事!【赤白バイク】

・この記事は2020年7月1日施行の殿堂レギュレーション変更以前に執筆されたものとなります。あらかじめご了承ください。

はじめに

初登場から息の長い人気を誇るビートダウンデッキ【赤白レッドゾーン】 。

《ヘブンズ・フォース》による強襲、《音奏 プーンギ》《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》《U・S・A・BRELLA》の妨害など、最序盤から極めて強い動きを行えるデッキです。

継続的な新戦力の追加により着々と強化が行われた結果、環境において無視できない存在となっています。

この記事では攻撃力と妨害力、2つを兼ね備えた【赤白レッドゾーン】、通称【赤白バイク】について詳しく解説していきます!

超高速でビートする爽快感と、いつでも強い安定感を同時に味わいたい方にお勧めのデッキです!

目次

【赤白レッドゾーン】とは

【赤白レッドゾーン】は《GOOOSOKU・ザボンバ》などの4コストのコマンドを《ヘブンズ・フォース》で2ターン目に踏み倒し、そのターン中に進化コマンドに侵略させてシールドを大量に割り、早期決着を目指す速攻デッキです。

《ヘブンズ・フォース》での超速攻プラン以外に《音奏 プーンギ》《奇石 ミクセル》《U・S・A・BRELLA》などのメタクリーチャーを展開するサブプランも強力であり、事故率が低い点も魅力です。

このデッキの長所

  • 突破力が高い
  • メタクリーチャーを豊富に採用可能
  • サブプランがあり、安定した動きが可能

このデッキの短所

  • 手札消費が激しい
  • トリガーが薄い
  • 一度凌がれると立て直しが難しい

【赤白レッドゾーン】のデッキレシピ

【赤白レッドゾーン】の回し方

1、最初からクライマックス!!《ヘブンズ・フォース》で超侵略!

このデッキの最大の特徴は、2ターン目《ヘブンズ・フォース》からの4コストコマンドクリーチャーを展開→進化コマンドへの侵略という超速攻ムーブです。

ヘブンズ・フォース

【呪文】
文明光 / コスト2

■S・トリガー
■コストの合計が4以下になるように、好きな数の進化ではないクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出す。

この動きが実現するだけで2ターン目にして相手シールドを2枚まで削ることができるだけでなく、侵略元が《GOOOSOKU・ザボンバ》ならばマジボンバーによるメタクリーチャーの展開、《暴走獣斗 ブランキー》なら追加ブレイクかドローというさらなるボーナスがついてきます。

【 クリーチャー 】
種族 ソニック・コマンド / チームボンバー / 文明 光/火 / パワー4500 / コスト4

■スピードアタッカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を見る。そのカードを、山札の一番下に置いてもよい。
■マジボンバー 3(このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を見る。その後、コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札または山札の上から、バトルゾーンに出してもよい)

暴走獣斗 ブランキー

【クリーチャー】
種族 ソニック・コマンド /文明火/パワー4000+ / コスト4

■スピードアタッカー
■このクリーチャーが攻撃する時、相手のシールドを1つ選ぶ。相手は、このクリーチャーにそのシールドをブレイクさせてもよい。相手がそうしない場合、自分はカードを2枚引く。
■バトル中、このクリーチャーのパワーを+3000する。

侵略先の進化コマンドには、除去効果とT・ブレイカーの《轟く侵略 レッドゾーン》と、シールド焼却つきのW・ブレイカーである《熱き侵略 レッドゾーンZ》が存在します。

もし手札に両方ある場合は《轟く侵略 レッドゾーン》が上になるように二枚同時に侵略すると、シールド焼却・除去を行ったうえでTブレイクという非常に強力な動きも可能です。

轟く侵略レッドゾーン

【進化クリーチャー】
種族 ソニック・コマンド/侵略者/ 文明火/パワー12000/コスト6

■進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
■侵略―火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
■T・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、一番パワーが大きい相手のクリーチャーをすべて破壊する。 

【進化クリーチャー】
種族ソニック・コマンド/ 侵略者/ 文明火 /パワー11000/ コスト6

■進化-自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
■侵略―火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
■W・ブレイカー
■このクリーチャーを進化ではないクリーチャーの上に置いた時、相手のシールドをひとつ選び、持ち主の墓地に置く。

手札に侵略元と侵略先、《ヘブンズ・フォース》が揃っていれば、2ターン目の最速ムーブを狙っていき、相手の態勢が整っていないうちに一気に押し込みましょう!

【呪文】
文明 火 / コスト3

相手の「ブロッカー」を持つパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊する。
次のうちいずれかひとつを選ぶ。
コスト2以下のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
コスト4以下の火または自然のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(ゲーム開始時、サイキック・クリーチャーは山札には含めず、自分の超次元ゾーンに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、そこに戻す)

2ターン目に《ヘブンズ・フォース》が使えなくても、3ターン目に《超次元キル・ホール》が使えれば超次元ゾーンから《STARSCREAM -ALT MODE-》を出してしまえば侵略の動きが可能です。

《超次元キル・ホール》はそれ以外にも《その先の未来へ、カミヤ・ミキ・ユア・ナルハ》による除去や《時空の英雄アンタッチャブル》での選ばれないクリーチャーの召喚など、相手によって動きを変えることが可能です。

②相手の動きを制限!!《音奏 プーンギ》《奇石 ミクセル》《U・S・A・BRELLA》

《ヘブンズ・フォース》が手元にない、あるいは相手の動きを牽制したいという場合に輝くのが光文明のメタカード《音奏 プーンギ》《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》と、新戦力の《U・S・A・BRELLA》です。

《音奏 プーンギ》は特に先攻で活きるカードで、相手の初動の《フェアリー・ライフ》《ジョラゴン・オーバーロード》などを機能させなくします。高速化した環境ではこの1マナの不足が勝負を分けることもしばしばあり、非常に大きな影響を持ちます。

音奏プーンギ

【クリーチャー】
種族メタリカ/ ワンダフォース /文明光/パワー2500/コスト2

■相手の呪文を唱えるコストは1多くなる。
■自分のターン中、相手が呪文を唱えた時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

相手の呪文トリガーに反応するGR召喚も魅力的で、クリーチャーを起き上がらせる《マシンガントーク》、スピードアタッカーである《ソニーソニック》などで追加打点を用意する動きは非常に強力です。

相手のコスト踏み倒しを咎める《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》は、速攻デッキのこのデッキでこそ輝く存在です。

奇石ミクセル/ジャミング・チャフ

【ツインパクトカード】
種族メタリカ/文明光/パワー2000/コスト2

■相手のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストが大きいクリーチャーを相手がバトルゾーンに出した時、相手はそれを自身の山札の一番下に置く。

【呪文】
【文明】光
【コスト】5
■次の自分のターンのはじめまで、相手は呪文を唱えられない。
■カードを1枚引く。

相手の踏み倒しを対策できるのはもちろんですが、大型のトリガークリーチャーや3マナ時点で出てきた相手のコスト4のGRクリーチャーの定着を防げるのは、一刻も早くゲームを終わらせたいこのデッキにとって大きな助けとなります。

最後に《U・S・A・BRELLA》ですが、これは環境で流行しているGRクリーチャーへの対策となります。

【 クリーチャー 】
種族 ビートジョッキー / チームボンバー / 文明 火 / パワー4000 / コスト3

■相手のコスト4以下のクリーチャーが、手札以外のどこからでもバトルゾーンに出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを墓地に置く。
■コスト4以下の呪文の効果によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

手札以外からの登場を許さないため、ルール上超GRから登場するGRクリーチャーのほとんどは出てくることができません。これは環境トップの【ドッカンデイヤーループ】等にはとても刺さり、除去しなければコンボ始動が不可能になるために時間の猶予が生まれます。その隙に勝負を決めてしまいましょう。

もちろん例外はありますが、基本的にコントロール相手には《音奏 プーンギ》。ビートダウン相手は《奇石 ミクセル》。GRゾーンを使う相手には《U・S・A・BRELLA》で対応しましょう。

③最後の締めはこれで決まり!!《伝説の禁断ドキンダムX》

伝説の禁断ドキンダムX

【禁断クリーチャー】
【文明】火
【種族】-
【コスト】99
【パワー】99999

■T・ブレイカー
■このクリーチャーが禁断解放した時、相手は自身のクリーチャーすべてに封印をひとつ付ける。
■コスト4以下の呪文によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。
■このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける。

相手の防御札や妨害によって勝負がもつれ込んだ時に頼りになるのが《伝説の禁断ドキンダムX》です。

コマンドの多いこのデッキでは封印を一気に3枚以上剥がせるというケースも珍しくなく、禁断開放後は相手クリーチャーをすべて無効化したうえで一定の呪文耐性も持つ強力なフィニッシャーとなってくれます。

ただし、このカードが除去されてしまうと即座に敗北してしまうことには注意が必要です。【ドッカンデイヤーループ】などに防御トリガーとして採用されている《テック団の波壊Go!》など、警戒すべき除去カードは存在します。

そのため、相手によっては《伝説の禁断ドキンダムX》の封印を残した状態で攻撃を続けるというのも選択肢になります。リスクとリターンを考えて禁断開放するかどうかを決めましょう。

【赤白レッドゾーン】のバリエーション

直接的な【赤白レッドゾーン】のバリエーションではありませんが、「火文明の攻撃力と光文明の展開力・メタクリーチャー」の組み合わせはこのデッキに限らず非常に強力で、多数のデッキタイプが存在します。

ジョーカーズのGRクリーチャーで波状攻撃を行う【赤白ビートダウン】や、自然文明のGRと《S級原始 サンマックス》を使いこなす【赤白サンマックス】など、それぞれ特徴のあるデッキがありますのでぜひチェックしてみてください!

【赤白レッドゾーン】が有利とするデッキ

GRゾーンを封鎖!【ドッカンデイヤーループ】

GR召喚を主体とする【ドッカンデイヤーループ】には、《U・S・A・BRELLA》が突き刺さります。先攻ならマナ加速やキームーブを《音奏 プーンギ》で遅らせられるのも魅力です。

ただし、よく採用される《テック団の波壊Go!》がトリガーするとメタクリーチャーが吹き飛ぶばかりか《禁断~封印されしX~》が強制的に禁断開放してしまうことにはご注意を!

呪文を封殺せよ!【カリヤドネループ】

呪文主体のデッキである【カリヤドネループ】に対しては、《音奏 プーンギ》を採用できる【赤白レッドゾーン】は有利に戦えます。もしトリガーで除去されたとしても、その時点でGR召喚の置き土産を残してくれるため攻めの継続が可能です。

相手がもたついている隙に勝負を決めてしまいましょう!

シールド恐るるに足らず!【ダッカルパラノーマル】

ギャラクシールドを使いこなし防御力の高い【ダッカルパラノーマル】ですが、《奇石 ミクセル》で相手のシールドからの展開を止められる【赤白レッドゾーン】であればその防御をぶち抜くことが可能です。

《凄惨なる牙 パラノーマル》にはメタクリーチャーこそ焼かれてしまいますがコマンドたちにはほぼ影響がなく、よほどひどいトリガーの踏み方をしない限りはおおむね有利であると言えるでしょう。

【赤白レッドゾーン】が不利とするデッキ

バイクと正面衝突!?【零龍墓地ソース】

同じ高速ビートダウンデッキの【零龍墓地ソース】ですが、せっかく出したこちらの大型クリーチャーをノーコストの《百万超邪 クロスファイア》で殴り返されてしまうため【赤白レッドゾーン】側が不利です。

こちらが用意したメタクリーチャーも1体までなら《墓地の儀》で除去されてしまうので、なかなか厳しい相手と言えるでしょう。

大事故を引き起こす!?【ハンデス】系列

始動に複数枚のパーツが必要になる【赤白レッドゾーン】にとって、それらのパーツを落として「進化コマンドはあるのに侵略元がない!」などの事故を誘発させてくる【ハンデス】系列は天敵と言えます。

ハンデスを主戦略とするデッキは受けの強いコントロールであることが多く、除去手段やSA対策、トリガーも豊富なのも向かい風です。

おわりに

優れた攻撃力、展開力と高い妨害能力を持った【赤白レッドゾーン】は速攻デッキの見本とも呼べる存在です。

ファーストアクションから全力で駆け抜ける感覚は他のデッキにはないものであり、使っていて爽快感さえ覚えます。

最後に、カーナベルでは【赤白レッドゾーン】デッキを組みたい方に向けて、今回の記事内で紹介した【赤白レッドゾーン】関連カードや相性の良いカードを豊富に準備しております!

即日発送のカーナベルでまとめてデッキパーツを手に入れ、バトルゾーンを一瞬で駆け抜ける楽しみを感じてください!

あなたの欲しいカードがすぐ手に入る!
デュエマ通販サイト「カーナベル」


〜3つの特徴〜

  1. 毎日最大12%ポイント還元
  2. 当日15時までの注文で即日発送
  3. 圧倒的な19,000種以上の商品数

ガチャを回して大量ポイントGET!!
▼毎日ガチャ開催中▼


徹底した在庫管理で圧倒的な品揃え
デッキパーツをお得にGET!!

ガチまとめからのお知らせ

関連記事

コメント (13)

匿名

墓地ソ赤白バイクに対して不利じゃね

0
匿名

ですね。呪文に依存してるのでプーンギが刺さりますし、GT等マナより大きいコストのクリーチャーを出すのでミクセルも刺さります。また、なんだかんだウサブレラがザロスト、ドルマークスに刺さっているので墓地の儀で除去可能であるとはいえ墓地ソ側は相当やりずらいと思います

0
匿名

最近の零龍墓地ソは赤白バイクにも追いつける?

0
速攻嫌い焼却嫌い

まずそんな速さのデッキがいる

0
匿名

墓地ソは最近トリガー切ってるし、ザロストもミクセルとウサブレラで出せないから追い付けなさそう

0
正社員田中

バイクの可能性とカスタマイズは無限大です。ウサポリスもセイバー+メタ展開役に入らないことはない。

0
ゼニスが嫌いな男

キッズはどうぞお帰りくださいキモスギィ

0
ゼニスが嫌いな男

キッズキモスギィとっととお家え帰ろうね🏠

0
ゼニスが嫌いな男

お家へ出した

0
匿名

また間違ってて草

0
ゼニオ

レッドゾーンZ殿堂、殿堂

0
速攻

どうすんねん………

0
しんだわ

しんだわ

0

※コメントを投稿する際は「利用規約」を必ずご確認ください。

114